消費税について教えてください

切手を譲渡した場合は非課税と本にありました

それでは郵便局で切手を買った場合はどうなるのでしょうか
今は課税対象の通信費で仕訳しているのですけども間違いなのでしょうか?
ご存じの方お教え願います

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

郵便切手を販売譲渡しただけでは役務の提供がありませんので非課税ですが、実際に郵便物に切手を貼って使用したときに役務の提供が有ったとして課税対象となります。



従って、購入して使用したときに課税仕入となります。
商品券や印紙も同じ扱いです。

なお、消費税法基本通達で、購入時に継続して課税仕入として処理をしている場合は、その処理が認められますから現在の処理方法で問題ありません。
参考urlをご覧ください。

参考URL:http://members.at.infoseek.co.jp/himi13/document …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます 大変参考になりました

お礼日時:2004/06/09 08:34

NO.4 の方の回答が正しいと思います。


ちなみに、印紙も切手同様、日本郵便公社や郵便切手類販売所等以外の譲渡は課税対象です。

印紙を買った場合は課税対象とはなりませんが・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます 大変参考になりました

お礼日時:2004/06/09 08:37

> 切手を譲渡した場合は非課税と本にありました




「郵便切手類等」の譲渡と「物品切手等」の譲渡の場合では取り扱いが違います。


郵便切手類等(郵便切手や郵便葉書等)の譲渡の場合は、消費税法で限定された一定の場所(日本郵便公社や郵便切手類販売所等)での譲渡に限って非課税とされており、チケット業者が郵便切手類を販売した場合や、事業者が購入した郵便切手類を他に販売した場合等は課税対象となります。(消費税法基本通達6-4-1 )


郵便切手の販売譲渡が全て非課税となるわけではありません。


物品切手等(商品券やビール券等)の譲渡の場合は、郵便切手類等の譲渡の場合のように、特定の販売場所における譲渡のみ非課税とする規定はありませんので、物品切手等の譲渡の場合は、販売場所を問わず非課税となります。(物品切手等の発行元を除く)


> それでは郵便局で切手を買った場合はどうなるのでしょうか


原則的取り扱いでは、郵便切手類を購入した段階では消費税は非課税ですから、税額控除の対象とはならず、郵便物を使用したとき(郵便物に切手を貼って使用したとき)に課税の対象となり、税額控除の対象となります。

ただし、郵便切手類又は物品切手等を購入した事業者が、自ら使用するものである限りは、継続処理を要件として、購入時に税額控除(課税仕入)とすることも認められていますので、今現在の仕訳が、この条件に合致しておれば間違ってはおりません。(消費税法基本通達11-3-7)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございます 大変参考になりました

お礼日時:2004/06/09 08:34

切手そのものの譲渡は非課税です。


一般に、郵便局で切手を買うのは、小さな紙切れを買うことが目的ではなく、手紙 (等) を送ってもらう行為を買うのです。
たとえば、普通郵便 80円の内訳を見ると、すでにそこに、3円80銭ほどの消費税が含まれています。仕訳として課税扱いでかまいません。

なお、冒頭述べたように、切手を通常の使用目的で他人に売買するときは、非課税ですが、趣味の世界で、額面を超えて売買するときは、課税扱いとなります。

また、厳密には、切手や印紙類は買ったときに経費になるのではなく、使ったとき初めて経費に計上できます。年末に切手・印紙をまとめ買いしたときなどは、ちょっと注意を要します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます 大変参考になりました

お礼日時:2004/06/09 08:34

冒頭の「切手を譲渡した場合・・・」については


詳しいことがわからないので何とも言えませんが、
郵便局で買う切手は内税の取引なので、課税仕入で
処理して間違いないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます 大変参考になりました

お礼日時:2004/06/09 08:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q郵便局での料金支払いに切手は使える?

NTTの窓口にて電話料金を支払う際にテレホンカードが使える、という話は聞いたことがありますが、郵便局での各種料金の支払いに切手を使うことは可能なのでしょうか?
(ゆうパックの送料に充当出来ればよい)

不要な切手がそこそこ大量にあり、もしそのように使えたら 助かるのですが…。

ゆうパックは送り状に「料金別納」となっていなければその切手を直接貼付すればよいのでしょうが…。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

切手は郵便物の郵送料にしか使えません。各種料金の支払が切手で出来ないか?とのことですが、郵便局は料金収納の代行を行ってるだけで切手で支払いができるわけありません。あなたがお店をしてて、お客さんが他店の商品券で買い物できるか?と聞かれるのと同じ質問をしてるものです。
 それからはがき等の購入にも切手は使えませんが、書損はがき等の交換手数料を切手で支払うことは可能なようです。

Q[金券ショップから切手を購入し、その一部を使用した場合の仕訳について]

[金券ショップから切手を購入し、その一部を使用した場合の仕訳について]

こんにちは、
インターネットショップを開業しました個人事業主です。

金券ショップから、10,000円分の切手を
5%引き9,500円で現金購入しました。

その切手を週1回の商品発送で1,200円程度使用しています。
(切手400円を封筒に貼って発送/3通)

この場合、仕訳はどのようにすれば良いですか?

1月1日  貯蔵品(課税仕入)?  9,500 /  現金  9,500
1月10日 通信費?  1,200 /  貯蔵品  1,200   商品発送3通
でいいのでしょうか?

9500円しか払っていませんが、切手は10,000円分あります。
差額500円分の切手は、どう処理したらよいのか?
切手購入時と使用時の消費税の扱いなど全くわかりません・・・・


宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。

→金券ショップから切手購入
1月1日 〔借方〕通信費9,047/〔貸方〕現金 9,500
    〔借方〕仮払消費税等453/

OKです。



→お客様から5400円(商品代5000円+郵送料400円)振込みがあり、
その日に切手を貼って発送した
1月5日 〔借方〕普通預金5,400/〔貸方〕売上 5,400

1月5日
〔借方〕普通預金5,400/〔貸方〕売上  4,762
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税等238
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕雑収入   381
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税等 19
です。



→お客様から5400円(商品代5000円+郵送料400円)振込みがあり、
切手は無くなったので、郵便局窓口から発送した場合も、
1月20日 〔借方〕普通預金5,400/〔貸方〕売上 5,400

1月20日
〔借方〕普通預金5,400/〔貸方〕売上  4,762
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税等238
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕雑収入   381
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税等 19

〔借方〕通信費 380/〔貸方〕現金 400
〔借方〕仮払消費税等20/

です。

#3です。

→金券ショップから切手購入
1月1日 〔借方〕通信費9,047/〔貸方〕現金 9,500
    〔借方〕仮払消費税等453/

OKです。



→お客様から5400円(商品代5000円+郵送料400円)振込みがあり、
その日に切手を貼って発送した
1月5日 〔借方〕普通預金5,400/〔貸方〕売上 5,400

1月5日
〔借方〕普通預金5,400/〔貸方〕売上  4,762
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕仮受消費税等238
〔借方〕………{空欄}……/〔貸方〕雑収入   381
〔...続きを読む

Q郵便局で切手の代わりに貼る赤い紙 あれ何

普段は地元の郵便局に行って、書き留めやら速達やら
その場で「これを送りたいんですが…」なんていうと
料金を教えてくれてその分の切手代を払い、買った切手を
ベタベタと郵便物に貼って(800円分とかだったら6枚
ぐらい張ることになります)たのですが
ついこの間、(郵便局の)本局に行って同じように
「これ速達でお願いします」と封書を渡したら
「600円になります」と言われ600円を払い
また切手を貼るかなと思いきや、係りの人が機械に何か入力すると
一箇所600円と書かれた一枚と切手より少し大きなぐらいの
白紙をベースに赤のインクで印刷された切手まがいなもの
が出てきて、それをペタッと貼って終わりでした。
同じお金なのに切手を何枚も貼るよりこっちのほうが
断然見栄えがよかったんです。
で、地元の郵便局でも同じやり方でやってもらおうと
思ったのですが何ていうものかわからなくて…。
というかあれは本局ならではの技だったのでしょうか?

誰か教えてください!(><;)
その前にこの汚い日本語を理解していただきたい;

Aベストアンサー

郵便証紙じゃないでしょうか。

大きい郵便局だと、不在窓口やATMがある、夜も開いている入口あたりに、お客が自分で操作する郵便証紙の機械が置いてあることもあります。
はかりに郵便物を載せて、速達にする?とかを選び、お金を入れるとその赤い文字の紙が出てきます。

特に特殊なものではないので、ないか聞いてみてもいいのではないかと思います。
しかし窓口でも、切手を売るより証紙を作ったほうが楽でしょうから、切手が出てくると言うことは証紙を作る機械が窓口にもないかもしれません。

お客操作用は「証紙君」という名前がついているようです。
下記URL写真の機械は窓口用と思いますが、御参考までに・・。

参考URL:http://www.japanpost.jp/Procurement/spec/Products/Products01/Products01-04-j.html

Q課税資産の譲渡等に要する課税仕入れについて

当社は、ITベンダーです。
現場の社員の通勤交通費及び売上が計上される部署が入っているテナントに係る賃借料等、判断の難しい課税仕入れについて

課税資産の譲渡等にのみ要する課税仕入れ(A対応)
課税資産の譲渡等とその他の資産の譲渡等に共通して要する課税仕入れ(C対応)

を、どこで線引きすればよいかの判断についてご助言をお願いしたいと思い質問させていただきました。

例えば、
入社2年目のお客様のところでシステム開発をしているプログラマーのA君の通勤交通費はA対応でよいと思うのですが、
A君と同じ職場で働く、入社5年目の主任のプログラマーのB君(B君は、月に1回その仕事にかかる損益会議に参加している)はA対応でよいのか?
A,B君と同じ職場で働く入社10年目の係長のSEのC君(C君はB君が参加する損益会議の他に、月1回行われるC君が所属する課全体の損益会議に出席している)の通勤交通費は?
その上の、売上に直接対応する業務と間接的に対応する課の管理業務及び全社的に行われている品質会議等にも参加する課長のDさんの通勤交通費は?・・・

私は、主任のB君までならA対応でよいと思うのですが、係長のC君はどっちなんだろうって悩んでしまいます。

また、システム開発部が作業をしているオフィスについて、ビルの2フロアを借りて、別々に家賃を払っているとした時、
そこにはその部門の部長や課長も、また、その部署だけの庶務を担当する庶務係の女性もいるとした場合、仮に1つのフロアには技術者ばかりが集まり、もう1つのフロアに部長や課長や庶務係が入っていればA対応とC対応に区別しても良いのか、それとも庶務係の女性はその部門の技術者の雑務をしているのだから彼女はA対応と判断しても良いのか・・・とか・・・

それ以外にも、課税売上のみを計上している客先との飲食代について、当社の売上計上部門の部長と、客先のお仕事をいただいている部門の部長が会食をした場合の飲食費はA対応でよい?
A対応でよいとすれば、うちの社長とその客先の社長が飲食をした場合の飲食費は?

などなど、最終的には当社の判断で経理を行わなければならないのでしょうが、きっちり基準を作って、
「会社として、こういう判断で経理処理をしている」
と税務調査があったとき言えるようにしておきたいと思っているのですが・・・

ご意見をお聞かせいただければ幸いです。

どうぞ宜しくお願いいたします。

当社は、ITベンダーです。
現場の社員の通勤交通費及び売上が計上される部署が入っているテナントに係る賃借料等、判断の難しい課税仕入れについて

課税資産の譲渡等にのみ要する課税仕入れ(A対応)
課税資産の譲渡等とその他の資産の譲渡等に共通して要する課税仕入れ(C対応)

を、どこで線引きすればよいかの判断についてご助言をお願いしたいと思い質問させていただきました。

例えば、
入社2年目のお客様のところでシステム開発をしているプログラマーのA君の通勤交通費はA対応でよいと思うのですが、
A君と...続きを読む

Aベストアンサー

開発したシステムが全て課税売上になるのなら、システム開発部門で使用される費用は全て(A対応)と考えて問題ありません。
営業収入たる売上高に非課税売上高がないのであれば、共通課税仕入(C対応)に該当するのは総務・経理部門での発生費用と事業を総括する役員(社長など)から生ずる費用で、営業に直接関係ない費用だけです。

したがって売上が発生する部門にだけ所属する人間の使った費用は全て(A対応)です。
開発部門の庶務で発生する費用も、当然にも全て(A対応)です。
社長と客先の飲食は営業に直結しているので(A対応)にできます。

Q郵便局での切手交換について

超大量の切手があります。諸事情でどうしてもこれらすべて現金化しなくてはいけません。
切手の種類がばらばらで(1円~1000円切手)金券ショップでも額面の半額くらいと言われました。
ショップの店員さんから郵便局で全部80円切手のシートに変えたほうが
買取率がいいと言われました。

ここで質問ですが、郵便局の窓口で一度に額面100万円以上の切手交換は嫌がられますよね?
色んな郵便局で3万円ずつくらいなら大丈夫でしょうか?

ちなみにこの切手はDMを出す予定で購入した切手ですが
このたび廃業するため、従業員さんたちへの給料に当てたいのです。

Aベストアンサー

100万円分でも嫌がりません。
それより、手数料がかかるため損しますよ。
切手の場合は1枚につき5円です。

http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/charge.html

Q消費税の課税・非課税

よろしくお願いします

消費税の課税・非課税の区分をどちらにすればいいのか教えてください。自動車整備業です

ナンバープレート交付料(陸運事務所で支払)はどちらでしょうか。

Aベストアンサー

非課税です。

-------------------------------------------------
(7) 国等が行う一定の事務に係る役務の提供
国、地方公共団体、公共法人、公益法人等が法令に基づいて行う一定の事務に係る役務の提供で、法令に基づいて徴収される手数料
なお、この一定の事務とは、例えば、登記、登録、特許、免許、許可、検査、検定、試験、証明、公文書の交付などです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6201.htm
-------------------------------------------------

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q切手シールは郵便局ならどこでも購入できますか?

日本郵便のHPでディズニーの切手シールを見つけました。
↓↓↓この切手が欲しいです。
http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2013/h250808_t.html

発効日が2013(平成25)年8月8日(木)とあるので、今は買えないのは
分かったんですが、8月8日になったらどこの郵便局でも(小さな郵便局含む)
購入出来ますか?

大きめな郵便局には行くつもりですが、行って無かったというのを避けたいので
どれ位大きな郵便局に行けばいいかなどあったら教えてください。

Aベストアンサー

欲しかったら郵便局へ行くなり電話で仕入れてもらって
とっておいてもらえば確実です

Q消費税で課税売上か非課税売上か

中国から商品を仕入れて国内で販売している法人です。
中国の業者との契約で、ある商品について、販売すればその3%を紹介料として頂けます。この場合、当社としてはこの売上(紹介料)は、課税売上になるのでしょうか?非課税売上になるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

これって、委託販売手数料になるのかな。
消費税法7条の輸出免税等で非居住者に対する役務の提供
国内に支店を持たない非居住者に対する役務の提供で、国内において直接便益を受けないものは、輸出免税等に該当する。
たとえば、国内に支店を持たない非居住者(質問の場合、中国の会社)の依頼により、その会社の新商品の市場調査(委託販売)を行ったことに
受け取った手数料(紹介料)は、免税売上になります。
ご質問者の方の場合も、上に当たるのではないでしょうか。
専門家ではないので、断言はできませんが。

Q郵便局でゆうパックを出すとき低額切手を17枚渡したら嫌な顔をされましたが・・

1000円のゆうパックを出すとき、60円切手16枚と40円切手1枚を手渡しました。局員は貼る場所がないとか言って1000円切手をわざわざ貼っていました。
料金別納の消印をゆうパックに一つ押して差し出した切手にも全部消印を押せばいいのではないですか。
家族でやっているような簡易郵便局での出来事です。

Aベストアンサー

それは局員の心得違いでしょう。
春場所がなければその旨を記載しておけば裏に貼ってもいいはずですし、言われるとおり別納扱いでもいいわけですから。

Q消費税の課税か非課税か、について

基礎的なことですが、前から気になっていました。

地方公共団体に支払った、たとえば市役所の印鑑証明の発行手数料や地方公共団体の主催した研修費用は、消費税は課税でしょうか非課税でしょうか。

ご教授のほど、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1) 市役所の印鑑証明の発行手数料→非課税
(2) 地方公共団体の主催した研修費用→課税

(1) → 国、地方公共団体、公共法人、公益法人等が法令に基づいて行う一定の事務に係る役務の提供で、法令に基づいて徴収される手数料は非課税取引。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6201.htm

(2) → 民間でも類似のことができるものは課税取引。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング