グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

購入中古車を検討中ですが
過去、5車種に乗ってきました。

1 S49年初年度登録のブルーバードU
2 マツダのファミリア
3  〃 カペラ
4 平成元年のブルーバード
5 平成7年のウィンダム

4 のブルーバード のみ新車,それ以外は中古車
ウィンダム(高級車なので丈夫なのか?)以外、大体10年目あたりで高額な修理費が必要な故障になり乗換えました(ウィンダム102000Km以外は10万Kmはるかに未満の走行)

友人が言うには最近の車は昔と違い、造りが良くなってきてるので10年以上平気だとのことですが、本当でしょうか?(高年式の車は高額)






 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

5、6万の修理費は決して高くないですよ。

維持費のレベルです。

たとえば買い替える気になった時点で、今まで乗ってきた車の購入費用を使用年数で割った金額が20万だとしたら、本当なら買い替えずに毎年20万円ずつ修理代を払っても問題ない計算です。これならエンジンも消耗品として考えることが出来、載せ替えもできます。

確かに10万キロを過ぎると、数万円単位での消耗品の交換が必要になってきますが、現実には交換しないで買い替える人が多いのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

去年6月に9万7千Kmのときエンジン不調で、ディストロビュータキャップ及びローターとエンジンコントロールコンピュータ交換で95,000円かかったのが一番の修理で、あとは消耗品程度です。
今年の初めからタコメータの針の電球が切れてしまい、回転数が見にくくなっていますが、その程度です(メーターごと取替えで7万円と言われたのでそのままです)。

しかし、この12月中旬に車検切れで、初年度登録がH10年だし10万Km越したことで、そろそろ更に大きな修理費が必要な故障が出てくる可能性が近くなってきたかなと思っています。

以前から街の中を往復30Km程度で、ここ2年近くは月に1度程度しか乗っていません。

郊外の空いた高速を走るのは爽快ですが、街の中の広くない混雑した道を走るのは、大きな車は逆に疲れますし不経済です。リッター6Kmに届きません。

なので、次は1500cc程度のコンパクトな車にしようと思っていますが、Webで見ているとけっこう低年度車が出品されているので、友人に聞くと最近の車は10年くらい平気だと言うもので、本当かなと思い質問しました。

お礼日時:2014/11/28 23:27

>キッチリ保障が切れた途端に故障するようでは、ユーザーの心は離れていってしまうでしょうね。

レンタル期間終了じゃあないのですから。

通常、保証は6万kmですが、最近(過去20年くらい)の車は10万kmは大きな部品交換なしで走りますので時十分でしょう。
故障が出始めるのは12,3万kmでしょう。
ただ、リコールに至らないが、不具合のある部品が、無料保証の延長が後からメーカーのサイトの片隅でひっそりと発表される場合もあります。(結構多いです)
後は使い方によってばらつきがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

通常、保証は6万kmですか・・・
今回の質問のやり取りで、最近は品質が良くなって10万Kmが普通かと思っていました。

私の場合、距離は走らないので、年数が初年度登録から16~7年たいした故障もせずに使用できたらいいのですが。
以前は、往復4~5Kmの距離も車を使ってましたが、去年あたりから時間的余裕があれば、10Km程度なら歩て、または自転車で行くようにしてますので、車を使う機会が減ってきました。

>リコールに至らないが、不具合のある部品が、無料保証の延長が後からメーカーのサイトの片隅でひっそりと発表される場合もあります。

そんな話を何回か聞いたことがあります。リコール未満の故障。

点検とか車検でディーラーに入庫したら、こっそり修理してしまう。その部分が故障で来たら「今回は無料でいいですから」とオマケしたような顔をしとくとか。
何も言ってこないユーザーは、ほったらかしなんてこと。
ディーラーにだけにこっそり通知する。

お礼日時:2014/11/29 13:54

>しかし、オーナーとしてはいちばん悔しい壊れ方ですね!「保障期間が切れた途端に壊れやがって、どうせなら期間内に壊れろよ!腹立なァー!!」と・・・



あ、でも、適正な設計寿命は、消費者にもメリットはあるんですよ。
例えば、ショックアブソーバの設計寿命を20万kmにするつもりが、寿命予測技術の未熟で実際には100万kmはもつように設計してしまったとして、それによる新車価格のコストアップが10万円だとすると、20万kmで他の高額部品が寿命を迎えたら、10万円も多く出して買ったことが無駄になるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

その理屈はよく理解しています。正論です。
ただ、感情論の話です。人間はそんなにドライでビジネスライクではいられません。

保障期間内に故障が起きれば、メーカーの信用をなくすし、無償修理しているようでは経営的にも問題がある。
かと言って、キッチリ保障が切れた途端に故障するようでは、ユーザーの心は離れていってしまうでしょうね。レンタル期間終了じゃあないのですから。

1社独占か圧倒的な市場シェア状態ならば、それでも良いでしょうが・・・

しかし、過剰設計しているとメーカーのコストアップになり、ひいては製品価格の上昇につながる。
だから、冗長性をどのあたりに置くか、微妙なメーカーの戦略部分ですね、

お礼日時:2014/11/29 10:24

日本最初の旅客機YS-11は、機体が過剰に丈夫に設計されていたため、結局、商業的に失敗しました。

今後も、海外では、中古がずっと使われ続けるはずです。

昔、学校で習った覚えがあるのですが、各部品が設計寿命どおりに壊れるように作るのが良い設計法です。

アンバランスな寿命の部品の組み合わせで作っても、一部の長寿命の部品にかける生産コストが無駄になります。
これらは部品の単価や交換頻度などによっても変わります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

YS-11は東南アジアで使われていたように思います。車も日本で廃車になったものが使用されているし、
エンジンが大丈夫なら、それにスクリューを付けて船外機として使用されているのをテレビで見たことがあります。

>設計寿命どおり壊れるのが良い設計法
なるほどねー、理屈ですね。PCのソニータイマーみたいですね!
しかし、オーナーとしてはいちばん悔しい壊れ方ですね!「保障期間が切れた途端に壊れやがって、どうせなら期間内に壊れろよ!腹立なァー!!」と・・・

昔の車は、10年で丁度壊れることが多かった。他の人からもよく聞きましたし、私も経験しました。
車検も10年目以降は有効が1年間でしたし。

しかし、私が今の車に16年間も乗ってる間に、当然技術も進歩し車の造りも良くなって、10年ぐらいでは大丈夫になった様ですね(ゴム類の劣化は仕方ないですが)。

まぁ、せめて5~6年落ぐらいのを探します。

お礼日時:2014/11/29 02:13

どえらい車好きの友人は、「eroeroさん、車は70年代に限りますよ」といいます。

なぜかというと、構造が今の車に比べて単純で、手を入れればいくらでも乗ることができるからだそうです。「今の車はぜんぶ電子制御だからどこもいじれないし、基盤がパーになったらどうにもならない」なんだとか。
だから、「丈夫」の基準をどこに置くかってのはありますよね。

確かに素材の改良や技術の改良というのはあるでしょうが、デフレ時代の日本車はとにかくコストカットが最優先ですから、コストをカットするとなるとやはり安全性や耐久性に限界は生まれるのはしょうがないでしょうね。あと、スチール(鋼材)とアルミではやはり耐久性はスチールが優れていますから、アルミエンジンは限界はあるでしょうね。

個人的な意見ですが、三菱がかつて出していたコルトって車はフレームはしっかり作ってある車だと思いました。あれを一度運転すると、ヴィッツなんてフレームに剛性がないのが丸わかりで運転するのが怖くなるくらいですよ。
元レーサーの自動車評論家が「剛性のない車はだめだ」といっていた意味がそのときわかりました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

そうですね~
最初に買ったブルーバードUなんか、エンジンルーム内はスカスカでした。
クーラーのコンプレッサが何度も故障して、ポンコツ屋でもぎ取った物を自分で取替えしていました。

平成元年に買ったときのブルーバードは、もうエンジンルーム内がパイプや配線でゴチャゴチャで手の入れる隙間もない状態でした(排ガス規制のため)。

ヴィッツとは、そんなんですか~、それはいいこと聞きました。
トヨタのスパシオあたりを考えていますが、どうでしょうね?自分で確かめればいいのですが・・・

けれども、その当時の車は個性的で、デザインも多様で興味深い車種が多かったですが、今の車は、スパシオもヴィッツも、他にオーリスとかフィットなど同じようなスタイルばかりで、面白味がなく興味が涌いてこないです。しかし、ないと不便なもので、いいのがないかと探しています。

お礼日時:2014/11/29 00:40

新しい素材が出てきたり、材料の精錬技術が向上し熱処理などの技術も向上してきたので材料自体が痛みにくくなり、加工技術が向上して精度が増したため消耗が少なくなったなど、長持ちする要素が増えていることは確かでしょうね。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくの回答有難うございます。

仰るとおりだと思います。
Webでみていると結構低年式の車が出ています。

買ったとたんに、あっちこち修理で挙句にドカンと費用のかかる故障が発生するとたまらないですからね。

車に詳しい友人に聞くと、今の車は10年10万Kmで大故障を起こすなどと言うことはない。
などと言ってますが、本当かなと・・・

お礼日時:2014/11/28 18:42

確かに20年前の10年落ちと今の10年落ちじゃ全く違う印象は受けますね。


自分の車も2005年式で来年10年目を迎えますが10万キロを余裕で越えてまだまだ問題なく走ります。

ただ、逆に部品が欠品するのは昔より早くなってますね。
部品が入らないと修理が出来ないんで手放す事になるでしょう。
昔は長く部品が出ると言われた欧州車でも今は10年位経つとポチポチ欠品が出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答有難うございます。

そうかー 部品がね~!

その車種を生産終了してから12年間は部品を製造している様ですが、8年9年落ちの最終生産車を買うと
3~4年で部品製造が終了。
まあ、在庫としてはしばらくの間あるだろうけれど、それも考えないといけないですね。

お礼日時:2014/11/28 17:49

中古車を狙うなら、5年落ちのメルセデスを購入し15年乗るのがお勧めです。


走行距離は40万キロぐらいは問題ないです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくの回答有難うございます。

メルセデスね~・・・
そんなのに乗れるとスバラシイのですが、今のウィンダムは3ナンバーは維持費が高く付くと、今度は、軽にしたら・・・
などと嫁に言われ「ウィンダムから軽四は落差が大き過ぎる」、せめてと1500cc程度の車を探しています(涙)

お礼日時:2014/11/28 17:27

最近の車も10年でブッシュ類がへたってきます。


また、各種ベルト類も走行距離に関わらず経年変化でもろくなっているので交換が必要です。
車は10年が一つの目安で各消耗品を交換しておく事をお勧めします。

壊れないけどいつ壊れてもおかしくない、というのが本当のところです。
壊れ方によってはエンジンに致命的な損傷を与えることもあります。
10年以上の車は交換しとけば安くついたのに・・とならないようにヤバそうなとこは交換すべきですよ。
平気と言うのは言いすぎでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すばやい回答有難うございます。

今乗っているウィンダムも10万Km越すとタイミングベルトの取替え必要(メーカが責任持てないとのこと)
「切れた場合、最悪エンジンがぶっ壊れる」と去年に言われながら、“10万超えたからと言ってすぐには切れないだろう”などと言いながら、それから2千Km超走ってると、今度はセルが回らなくなりJAFに来て貰い、バールでセルをたたくと動いた・・・

などがありタイミングベルト4万円、セルモータが4~5万円と言われ買い替えを決意しました。

お礼日時:2014/11/28 17:14

乗り方次第です。


以前家の車10年以上オイル交換されていなかったですが(開けたら空っぽでびっくりしました)
動いていました。(ヨクブジダッタ・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答有難うございます。
それは、ビックリですね。

私自身は不精なたちですが、ガソリンスタンドでもセルフ以外のところへ行くと、じきに「オイルと冷却水を点検しましょか?」
などと言って商売につなげようとしているので、点検は出来ています。

お礼日時:2014/11/28 16:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車は何km、または何年走れるか

一月に1回は洗車とワックスがけをして、オイル類やタイヤなど(エンジンなどの交換したらめちゃ高く付く部品はのぞく)をちゃんと定期的に交換している場合、車は何km、または何年くらい走れるものなんですか?
一般的には10万kmくらいが寿命みたいですが、中古車市場では15万kmも走ったベンツなどが売られていますよね。 国産車は10万kmが限度で、ベンツなどの高級外車は15万km走ってもへっちゃらなんでしょうか。
お願いしますー。

Aベストアンサー

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に交換しているという前提で)
タイミングベルトなど交換する時期でもありますが
それらをちゃんと交換していれば10万キロ以上でも
走行は可能です

運転手さんの乗り方にもよりますが
短期間で走行距離が嵩むよう乗り方なら
必要な油脂類や部品の交換をしていれば
20万キロでも問題無いでしょう
実際に私は5年間で16万キロ程度走行した車両が
3台程ありますし特に大きな故障はありません
(新車から乗っていると仮定して)

中古車で低年式の走行距離が嵩んでいる車両は
流石に購入する気にはなりませんが
新車購入で長く乗るなら特に定期的な整備点検をして
長期間乗る事は問題無いでしょう

ただ何年まで大丈夫とか
何キロまで平気だとかは
各々の個体の問題なので結果論ですから
言い切る事は出来ませんが
メーカーから部品が供給されている間は
苦労も無く乗り続ける事は出来るでしょう

こんにちはm(__)m

今までは”10年”経過すると
乗用車は車検が1年しか受けられなくなっていたので
一つの区切りとして”10年”と言われていました
(今は2年取得出来ます)

ですが色々な意味で性能が上がっているので
年数で判別する理由が無くなっています
本来は機械のように”稼働時間”で判断する事が良いと思いますが
車であればやはり”走行距離”が一つの目安になります

さて”AT”の車ですと10万キロを越すと壊れると言われていましたが
今の車ではそのような事はありません
(オイルを定期的に...続きを読む

Qクルマの走行距離で30万キロ突破は難解ですか?

クルマに関する質問が有ります。
ぜひ、お教え下さい。

Q1.クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?
   また、とてつもない記録に入りますか?

Q2. クルマの走行距離が30万キロを超えると、スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載される  のは事実か?

Aベストアンサー

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行っているだけです。

>また、とてつもない記録に入りますか?

自家用車として利用していれば、記録になりますね。
国土交通省は「国産車は、世界最低水準の性能・品質だ。10年乗ったら廃車だ!」と、今でも運輸省時代の方針を堅持していますよね。
この命令に従わない者には、毎年車検という罰を科していました。
(アメリカ政府の命令で)毎年車検罰が廃止になりましたが、今では代わりに「自動車税UP」という罰を科しています。
国・自動車業界に反する行動をする訳ですから、記録になります。^^;

>スバル社など自動車メーカーの広報誌に掲載されるのは事実か?

事実です。
先に書いた通り、国内では10年落ちの車は「廃車が原則」です。
が、廃車になった車は「海外に輸出されて、現地で高性能車として高く売買」されます。
東南アジア各国等では、10万キロ・20万キロ・30万キロ走行は普通の事。
実際、マレーシア旅行の時にチャーターした車は「20万キロ超え」のツワモノでした。
えっ?何故、20万キロって分かるの?
この国産車は、オドメーターが6桁でした。^^;

>クルマの走行距離が30万キロ突破するというのは難しいことですか?

難しい事では、ありません。
私自身、新車から25年間乗り続けた(国産車)経験がありますからね。
また、旧車を趣味にしている方にとっては普通の事です。
質問者さまも、本屋で「Old Timer」という月刊誌を読んでみましよう。
新車で購入してから、数十年乗り続けているオーナーの記事(写真付き)が載っていますよ。
長く乗り続けているオーナーの多くは・・・。
「定期的なオイル交換+定期点検整備+異常を感じると修理」を行...続きを読む

Q現代車の走行寿命距離について

こんにちは。
現在、走行距離125,000kmのマークIIの乗っています。
毎日乗っていたり高速走行を多用していたせいか、
かなり元気です。が、そろそろ限界近いでしょうか。
巷では100,000kmを超えると・・なんて噂もありますが、実情はどうなのでしょう。昔、パトカーで200,000km走行車なども見た事があります。

ちょっと気になったので質問させて頂きました。

Aベストアンサー

特別不調が出ていないのなら、まだまだ乗る事は出来ますよ。

限界と言うのは使用者が決める事なのです。
なので、故障が多発して来たから寿命と判断する方も居りますし、事故で再生が不可能だから寿命と言う場合もあります、また、車歴が10年過ぎて税金が高くなったから寿命と判断する方も居ます。

いくらお金が掛かって良いから、部品がある内は修理して乗るのでしたら寿命とは言いません。

今の車でしたらきちんとメンテさえしていれば、20~30万キロでも走ります。

Q車は何万キロまで乗れますか?

よろしくお願いします。

現在、平成19年(2007年)式のトヨタ・アイシスに乗っています。
職場が遠いので年間25,000kmくらい走っています。年内に走行距離200,000kmに達しそうです。

今の車の燃費が11km/lくらいですが、最近はもっと燃費の良い車も出てるので、そろそろ買い換えようか悩んでいます。具体的には今年出たVOXYのハイブリッドを候補としています。


そもそも、今の車は何万キロ走る事ができるのでしょうか?
乗り方や使い方にもよると思いますが…。

その距離ならさっさと買い換えた方がいい、または、まだまだ乗れる!などご意見をよろしくお願いいたします。

ディーラーからは消耗品は交換すれば乗り続けられるが、200,000km前後で電気系統の部品の劣化が目立ってくると言われました。
(買い換えさせるための口実?)


以下、現在の状況です
・次回の車検は平成28年(2016年)1月
・現在の走行距離は約190,000km
・エンジンオイルやATFなどの消耗品はこまめに交換しています
・現在履いている夏タイヤは今シーズンで履き潰し。スタッドレスもこの冬に新しいものを買わないといけない状況。
(もしこのまま乗り続けるとスタッドレスと夏タイヤで15万円くらいかかる)

よろしくお願いします。

現在、平成19年(2007年)式のトヨタ・アイシスに乗っています。
職場が遠いので年間25,000kmくらい走っています。年内に走行距離200,000kmに達しそうです。

今の車の燃費が11km/lくらいですが、最近はもっと燃費の良い車も出てるので、そろそろ買い換えようか悩んでいます。具体的には今年出たVOXYのハイブリッドを候補としています。


そもそも、今の車は何万キロ走る事ができるのでしょうか?
乗り方や使い方にもよると思いますが…。

その距離ならさっさと買い換えた方...続きを読む

Aベストアンサー

以下は実際の数字を当てはめて計算しなおしてください。

2007年に新車で買ったと仮定して、その時の初期費用合計が仮に200万円だったとします。

7年経過しているとして、200万円÷7年=約29万円
年間29万円掛けてきたことになります。
ここで、同クラスの新車に買い替えるのと比較すると
この先維持するのに修理費用が年間29万円ずつかかったとしても、損はしない計算になりますが、これには、後述の修正が入ります

上記を踏まえたうえで、新車に乗り換えた時の実走行燃費が仮に16km/lに改善されると仮定します。

現在11km/lですから、年間25000km÷11-25000km÷16=年間約710リットルの節約になります。
この先のガソリンの値段がわかりませんが、170円/lとして170×710=約12万円の改善です。

年間にかけて良い修理代は29万円-12万円=17万円
つまりあと5年乗り続けるのに17万×5年=85万円は修理代として払っても良い計算です。
年間17万円以上(あくまでも例です)の修理費用が実際にかかるかどうか考えつつ、数字をはじき出したうえで新車価格とにらめっこしてみてください。

以下は実際の数字を当てはめて計算しなおしてください。

2007年に新車で買ったと仮定して、その時の初期費用合計が仮に200万円だったとします。

7年経過しているとして、200万円÷7年=約29万円
年間29万円掛けてきたことになります。
ここで、同クラスの新車に買い替えるのと比較すると
この先維持するのに修理費用が年間29万円ずつかかったとしても、損はしない計算になりますが、これには、後述の修正が入ります

上記を踏まえたうえで、新車に乗り換えた時の実走行燃費が仮に16km/lに改善されると仮定します。...続きを読む

Q現代の車の寿命

電子回路系の仕事をしていた関係で疑問に思うことがあります。

その時言われていたのはハンダは10年も経つとクラックが入ってくるという事でした。
アルミ電解コンデンサーなども10年も経つと容量抜けしてきます。

30年も40年も前の車が現在も走っているのを見かけます。
その当時は電装部品は少なく、現在もメンテナンスし易いのだと推測します。

現在の車は電子回路満載です。
冒頭の通り、10年も経つと電子回路は確実に劣化してきます。
と言うことは、現在の車の寿命は部品の供給も考えても10年とか15年程度でしょうか。

仮に10年後にストックされていた新品電子回路部品があったとしても、それらは確実に劣化しています。
金属系機械部品だったら10年後も20年後も油やグリスを塗り直せば使えますが、電子回路はそうはいかないです。

Aベストアンサー

10年15年ということはないです。既に90年代はかなり電子化が進んでいますが、その頃の車でもちゃんと走っていますから。10年で壊れるような設計では、信頼を失いかねません。家電よりも過酷な環境で、ずっと長く使われることを想定していますから。
コンデンサも、より寿命の長いものを選定しています。

それでも、その車固有のウイークポイントはあって、ある車はやはりハンダクラックでエアコンユニットが不調になる、またある車はECUのコンデンサ液漏れでアイドリング不調になる、ということはあります。
10年でという話はそれほど多くはなく、20年位でしょうか、そういう電子部品の不具合がちらほら聞かれるのは。
10年程度だと、ウイークポイントの部品が、メーカーのサービスキャンペーンで交換対応になることもあります。

もちろん、メーカーも進歩していまして、そういったウイークポイントはフィードバックされ、しっかり対策を入れています。
ハンダクラックが発生しないよう、取付部に振動対策を行ったり、基板をアクリル樹脂等で固めるというのもあります。より集積回路化して、はんだ接合部そのものを少なくする設計もしています。

車やその他飛行機など乗り物は、摂氏-30度以下や40度以上、湿度90%以上といった様々な環境に長期間耐えうる
設計をしており、それ相応のノウハウが蓄積されており、屋内で使われる電気製品とは、根本的に設計が異なります。

10年15年ということはないです。既に90年代はかなり電子化が進んでいますが、その頃の車でもちゃんと走っていますから。10年で壊れるような設計では、信頼を失いかねません。家電よりも過酷な環境で、ずっと長く使われることを想定していますから。
コンデンサも、より寿命の長いものを選定しています。

それでも、その車固有のウイークポイントはあって、ある車はやはりハンダクラックでエアコンユニットが不調になる、またある車はECUのコンデンサ液漏れでアイドリング不調になる、ということはあります。
10年...続きを読む

Qスバル車の耐久性ってどうなんですか?

自動車でもメーカーや車種によって耐久性の違いってあると思います。

例えば、あのメーカーはミッションが弱いとか、あのメーカーは電装品がすぐ壊れるとか、あの車種はあそこの箇所がよく壊れる、とかです。

それで言うと、スバル車ってどうなんでしょうか?
やっぱり販売台数からみても小さい会社なので、作りこみや部品の精度なんかにコストはかけていないのか?
それとも車作りにこだわりがあると評価も高いブランドだけに、そのあたりも他社より優れているのか?

自分はMTのレガシィB4ターボの中古の購入を検討しています。
15年・15万キロは重大な故障がないかぎり乗り続けたいのですが、実際
スバル車の耐久性ってどうなんでしょうか?


特に気になる点は
・エンジンのオイル漏れ
・MTミッションの耐久性
・ターボの耐久性
・エアコンや各所操作系、電装系のトラブルのおこりやすさ
などです。

水平対向エンジンはオイルがにじんできやすいのが弱点と聞いたことがあります。
15年・15万キロをシリンダーガスケットの交換などの大掛かりな整備無しで乗り切ることは可能でしょうか?


この他にも、レガシィ以外や、上記の特に気になる点以外でもいいのでスバル車全般の「各箇所の耐久性」について詳しい方や経験のある方がおられましたら教えていただけませんか?

よろしくお願いします。m( . . )m

自動車でもメーカーや車種によって耐久性の違いってあると思います。

例えば、あのメーカーはミッションが弱いとか、あのメーカーは電装品がすぐ壊れるとか、あの車種はあそこの箇所がよく壊れる、とかです。

それで言うと、スバル車ってどうなんでしょうか?
やっぱり販売台数からみても小さい会社なので、作りこみや部品の精度なんかにコストはかけていないのか?
それとも車作りにこだわりがあると評価も高いブランドだけに、そのあたりも他社より優れているのか?

自分はMTのレガシィB4ターボの...続きを読む

Aベストアンサー

乱暴な使い方おせず
規則正しいメンテナンスをすれば 持ちます。15万kmは楽勝ですね
相性の良いオイル 高級でなくてもよいのですが 5千kmを越えぬように交換していけば良いと思います。
自分は車検の度に クーラント、ミッション、デフオイル、ブレーキオイルを交換してます 車検と一緒にやれば安く済みます。
 パワステオイルは車検2回に1回の割合で交換
自分は BG5 GT-Bを 9年9万km ノントラブルでした。

オイル漏れ、にじみは どんなエンジンでも7~8万kmまでに起きるものです N社 SRエンジンオイル漏れで有名です。
メンテナンス性の悪さを言われますが M社デアマンテの横置きV型エンジンのほうが 大変です 
水平対抗エンジンにに慣れてる ディーラー及びスバル専門チューニングショップさん曰く 問題なく出来ますよ!と当然ながら言ってくれます。
エンジン基本ブロック自体 もうかなり古く OHVからの設計変更での進化エンジンです 新型エンジン開発に予算が出せないメーカーですが その分 他社に無いほど長い期間熟成させてきたエンジンでもあります。 

余談ですが 知り合いの大工さん サンバーを32万km走行で使ってます。 国内メーカー内でも 小型車・軽共に 耐久性は高い方でしょう。

車のエンジンピーク 一番調子が良く出る所 T社は 2.7万km位当たり SUBARUは 4.5~5万km位当たりに設定してるそうです
技術者談
このことからも T社は 馴染みは早く来ますが その後下降線だといえます。 車として美味しい期間が短いといえます。
こういわれてみると なるほどと思い浮かぶ事が自分にはあります。

乱暴な使い方おせず
規則正しいメンテナンスをすれば 持ちます。15万kmは楽勝ですね
相性の良いオイル 高級でなくてもよいのですが 5千kmを越えぬように交換していけば良いと思います。
自分は車検の度に クーラント、ミッション、デフオイル、ブレーキオイルを交換してます 車検と一緒にやれば安く済みます。
 パワステオイルは車検2回に1回の割合で交換
自分は BG5 GT-Bを 9年9万km ノントラブルでした。

オイル漏れ、にじみは どんなエンジンでも7~8万kmまでに起...続きを読む

Q一番長持ちさせる車の乗り方/毎日5キロしか乗らない

家族のお出かけ用に新車(ホンダフリード)を購入しました。

普段は妻の買い物にぐらいしか使っておらず、走行距離は毎日5キロほどです。

そんな乗り方をしているので、走行距離が全然伸びないのですが、
毎日5キロという乗り方はどういう問題があるでしょうか?

他にもう一台、軽自動車を所有しています。

この新車(フリード)を出来るだけ長く(10年くらい?)乗りたいという理由で、
出来る限り新車に乗らない(軽自動車に乗る)というのは、意味のあることなのでしょうか?
週末などは出来るなら新車で遠出(長めに乗る)した方が車にとっては良いのでしょうか?

車は消耗品と聞きましたが、乗ってなくても消耗するというのはなんとなく理解出来ます。
バッテリーなどは毎日5キロしか乗らないと全然充電出来ないと思いますし…。
ただバッテリー以外のところがよく分かりません。

「毎日5キロしか乗らない車」と「週一回遠出する車」ではどちらが長持ちするでしょうか?

どういう乗り方が車を一番長持ちさせる乗り方なのでしょうか?

メンテナンス次第だと思いますが、よろしくお願いいたします。

※「なんのために新車を買ったの?」という突っ込みは承知の上です(^^;

家族のお出かけ用に新車(ホンダフリード)を購入しました。

普段は妻の買い物にぐらいしか使っておらず、走行距離は毎日5キロほどです。

そんな乗り方をしているので、走行距離が全然伸びないのですが、
毎日5キロという乗り方はどういう問題があるでしょうか?

他にもう一台、軽自動車を所有しています。

この新車(フリード)を出来るだけ長く(10年くらい?)乗りたいという理由で、
出来る限り新車に乗らない(軽自動車に乗る)というのは、意味のあることなのでしょうか?
週末などは出来るなら新車...続きを読む

Aベストアンサー

毎日5キロはシビアコンディションですね。
オイルは半年交換が良いと思います。

エンジンをいたわるなら暖気をしっかりした方がよいです。
ただし、環境には悪いですし地域によっては条例違反となりますが。

エンジンが暖まったらたまには3000回転以上まわしてください。
カーボンの付着を防ぐことができます。
せっかくのV-TECですからたまにはV-TECゾーンまで回してはどうでしょうか。
おそらく5000回転くらいでカムが切り替わると思います。
まあ、この辺のことを奥さんに要求するのは難しいかもしれませんから、土日に質問者さんが実践されるとよいと思います。

普段の家の周辺のドライブコースでアクセルを開けられる場所を見つけておくと良いと思います。

エンジンさえきれいに保っておけば問題ないです。
他は消耗品ですから、壊れたら交換です。

あっ、すいません、トランスミッションのことを忘れました。
4WDのAT車だったら車検ごとのATFの交換をお奨めします。
交換を怠ると後のち変速ショックが大きくなったり変速しにくくなったりと状態が悪くなる可能性があります。
CVTはわかりません。
とくにホンダのCVTは特殊なようなので、御自分でリサーチしたりディーラーの整備士に聞いたりしてみてください。

毎日5キロはシビアコンディションですね。
オイルは半年交換が良いと思います。

エンジンをいたわるなら暖気をしっかりした方がよいです。
ただし、環境には悪いですし地域によっては条例違反となりますが。

エンジンが暖まったらたまには3000回転以上まわしてください。
カーボンの付着を防ぐことができます。
せっかくのV-TECですからたまにはV-TECゾーンまで回してはどうでしょうか。
おそらく5000回転くらいでカムが切り替わると思います。
まあ、この辺のことを奥さんに要求するのは難しいかもしれません...続きを読む

Q車の生涯寿命30万km以上走行する車はどんな整備をしているのでしょうか?

どんな整備をしてそれだけ延命させているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは♪
No.3です。

そうなんですよ・・・エアコンのコンプレッサーは14万円かかりました。(約200,000Kmの時)

ショックは確か数万円???
ショック交換は約120,000Kmでの交換で、高速で飛ばされそうになってヤバッってなったのでした。
ところが以後293,000Kmまでそういう現象は起きませんでした。
品質上のバラツキなのか走行履歴条件なのかなんですが、高速走行は変わらず多いのでバラツキなのではないかと思っています。

おそらく今のツーリングワゴンは300,000Km以上乗ることになるか私の寿命が先になるかですね(^^)

Qダイハツか、スズキの軽自動車の中で、燃費もよく、エンジンも強く、事故の

ダイハツか、スズキの軽自動車の中で、燃費もよく、エンジンも強く、事故の際の強度もばっちりな分で収納が多い分が何か教えてください。

タントを考えていましたが、660ccにしたら、重量が重過ぎて、夏がんがんエアコンしたら走りがのろく、坂道、山道が大変と、長いこと乗れないと知人にいわれました。

高い買い物なので いてつも車買うときは12年以上は乗るつもりなので、教えてください。

幼児つれて走ります。軽自動車にかぎります。(普通自動車はかんがえていません)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

再びA.No.4です。

続き

このワゴンRのフロントフェンダーを見てみろ!!他社は、ボルト締めなのに鉄板ビス↓※1で留めてある!!
大概、フロントフェンダーを交換する時に、錆びていて途中で折れて穴がバカになる。
交換する事など、最初から考えていない!!それが、スズキの車作り(-_-)

よってボデーの強いのは、ダイハツ!!私は、ハイゼットトラック9代目S200P↓に乗っていて対向車のいすゞビッグホーン4駆RV車がセンターラインを越えて飛び込んで正面オフセット衝突※2しましたが、近所の消防士の話じゃ他社の軽トラなら命は助かっていなかった!!と思う。と言われましたしね。(現在も、乗っています新車買って)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:DaihatsuHijet123.jpg

※1
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Screw_(bolt)_21A-J.PNG
↑真ん中スクリュー参照の事
http://store.shopping.yahoo.co.jp/fujix/9354710252.html

鉄板ビス=ドリルねじ
ドリリングタッピンねじと同様に、下穴加工を必要とせずにねじだけで穴を開けてタップを作り締結まで行える。先端部にドリル状の部分を持つ。比較的薄い鋼板から多少厚みのあるものまで自身で穴を開けられる。以前は「セルフドリリングねじ」と呼ばれていた。

※2オフセット衝突
http://www.honda.co.jp/safety/technology/car-safety/labo/way/index.html
http://www.mlit.go.jp/jidosha/carinf/ast/05/inf/oinf.htm
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9D%E7%AA%81%E5%AE%89%E5%85%A8%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC

後輩の弟も、スズキのディラーメカニックですが・・・・・

新車を売ると他社では、考えられないクレームで修理に入庫してくる。

新車からエンジン不調・水漏れ3日もホースで水をかけて原因を追及したり、とんでもない内装他の樹脂パーツが折れて(破損して)交換。

そんな修理ばかりしている・・・・・僕が言っちゃいけませんが、スズキの車はお勧めしません!!

それが、ダイハツとスズキの違いです。

車好きなら、細部の作り等一目瞭然!!

エンジンも、焼付きが多いのがスズキ!!近所の解体屋にスズキのエンジン焼付きがゴロゴロしていますよ。

スズキのエンジンは、最初は力・出足があり良いですが5万キロ超えるとね・・・・・(汗)
燃費も悪いし・・・・・

A.No.2さんの友達他、7000kmも軽のターボエンジンでOil交換ならそりゃエンジン壊れますよ(- -;)

軽のエンジンは、普通車より負荷を掛けていますからね。

再びA.No.4です。

続き

このワゴンRのフロントフェンダーを見てみろ!!他社は、ボルト締めなのに鉄板ビス↓※1で留めてある!!
大概、フロントフェンダーを交換する時に、錆びていて途中で折れて穴がバカになる。
交換する事など、最初から考えていない!!それが、スズキの車作り(-_-)

よってボデーの強いのは、ダイハツ!!私は、ハイゼットトラック9代目S200P↓に乗っていて対向車のいすゞビッグホーン4駆RV車がセンターラインを越えて飛び込んで正面オフセット衝突※2しましたが、近所の消防士の話じゃ他社の軽トラな...続きを読む

Q本当のところ ホンダ車は

あらかじめお伝えしますが
私はホンダ車が嫌いです 
 それは 車種によって整備がとてもしにくい事と ホンダに努めている知り合いから
社内の雰囲気の環境の悪さを聞いているからです


しかし 最近 町の整備工場でバイトしている友人から 「工場長がいうには ホンダ車が一番エンジンがいい、 中古で購入(中古販売している工場です)したいが ホンダ車の中古は高く 手が出ない

との 話を聞いたそうです

そこで 整備士の方に お聞きします  


本音で お勧めの メーカーは どのメーカーでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

民間整備工場でも 特殊工具が必要 他メーカーとは ちょっと違うと言われてます。
ステップワゴンも 良く売れたが 何であんなに 壊れるの?と 民間整備工場の奥さんは ぼやいてました
繊細で ナイーブなエンジンだから と言ったら 笑ってました。

タイプRのエンジンなど 分解し内部を見ると レーシングエンジン並み構造
他メーカーディーラーの整備士も 自社エンジンなら自身が有るが 
ホンダエンジン分解して元に戻せるか 自身が無いと 言ってました。
マニアックな 整備士なら 腕が鳴る構造
サラリーマン整備士には、面倒なエンジン構造かな

一般耐久 ガチャガチャに使用しても 壊れにくい耐久力を持たせる 作り方で無く
性能を出させる 考えが強いメーカーでしょか
オイル交換を 怠ると タペット音 メカノイズが 多くなってしまたり
エンジン、ミッション(AFT)なども相性があり とてもシビアです。

ボディーは、強度、作り込みが甘いのか 弱く タイヤノイズが 多く室内へ入り込みます。
エンジン足回りの技術は 優れているか ボディー作りの 考え方は 称賛出来ません。

中古相場も スポーツタイプは 価値が高いですが
ミニバンでは イマイチ オデッセなど 週で下取り額が 下がるので 商談が長引くと 損害が大きいと 車やさんは 嘆いています。

家電メーカー SONYに 似た 他社の手法を まねず 自社オリジナル技術で 売るメーカーです。
マニア向け
素人が 無難と選ぶ トヨタ、日産とは、全く異なった 車作りをするメーカー

ぶっちゃけ スポーツタイプなら お薦め
ファミリーカーは、お薦めしません まあ マツダよりは 全然 良いですよ

各メーカー 一兆一旦あります 何処が良いではなく 購入する 人が 満足するメーカーの 希望車種を選べば 良いのでしょう。
人の評価や 口コミを 厳密に 調査し 納得し購入しない限り 話が違うなど 嫌気がさす物です。

自分の 五感で 良い車は、捜しあてるもの

民間整備工場でも 特殊工具が必要 他メーカーとは ちょっと違うと言われてます。
ステップワゴンも 良く売れたが 何であんなに 壊れるの?と 民間整備工場の奥さんは ぼやいてました
繊細で ナイーブなエンジンだから と言ったら 笑ってました。

タイプRのエンジンなど 分解し内部を見ると レーシングエンジン並み構造
他メーカーディーラーの整備士も 自社エンジンなら自身が有るが 
ホンダエンジン分解して元に戻せるか 自身が無いと 言ってました。
マニアックな 整備士なら 腕が鳴る構造...続きを読む


人気Q&Aランキング