プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

 よく「天文学的な確立」だとか「天文学的な数字」ということを本で目にしたり、聞いたりしますが、それはどういうことですか?恐ろしく大きな数字を表しているのでしょうか?それとも恐ろしく小さい数字を表しているのでしょうか? 
 たとえば、~が起きる確率はそれこそ「天文学的な確率だ」とかいうのは、どういうことですか?

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

辞書には


天文学で使われるような、非常に桁(けた)数の多い数字。現実ばなれのした大きな数。 と載ってました。

惑星の数は太陽系で約10。
銀河系には恒星系が数千億。
この宇宙には銀河が数千億個あるといわれます。
全部かけたら気が遠くなりそうです…
    • good
    • 1

基本的には、大きい方です。


星の数ほどあると言いますよね。
星の数=天文学的数字なのです。
確率は、それだけ沢山あるものの1つに当たるのは非常に少ないと言うことですね。
    • good
    • 2

両方の意味だと思います。


ものすごい大きい数か、ものすごく低い確率かのどちらかでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング