グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

5年前から趣味でウナギを捕まえて飼育したり、
どういう餌を好むか、
成長速度はどれくらいか、などを観察してきたんですが、
飼育している個体で半年で、28cmから40cm以上に成長する個体が19匹中2匹ほどいて、
成長早いなぁなんて微笑みながらふと思ったんですが、こやつら平均どれくらいまで成長するんでしょう?
図鑑では何十年前のものでは、60~90cmと記載されていたんですが、
2013年の図鑑では、約60cmと、別のものでは70cm。
なんか小さくなってる、どれくらい成長するものなのか、よく分かりません。
網で岩場を覗いたり、ただの塩ビ管や竹筒で捕る方法で農業用用水路で捕まえてきましたが、
結構70cm代がちらちら泳いでたりしてるんですよね、
去年は目測80cm以上が4匹、そのうち一匹は捕獲、病気か怪我で尾びれが腐って、
かけてる状態でしたが、94cmありました(尾があれば97cmは軽くある固体でした)
観察したかったんですが、尾のためかあえなく2日後死亡しちゃいました。
絶滅危惧種のニホンウナギは大体どれほど、大きくなる魚なのでしょうか?
ご意見お待ちしています。

A 回答 (1件)

URLを見る前に一言・・「見ない方が良いかも!?」



http://www.h4.dion.ne.jp/~h1414235/hamanako/tenn …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有り難う御座ます。
何か思い違いをしているようですが、飼育しているウナギは食べません。
犬を飼っている人に「犬食うの?」と同じで、こちらからすれば失礼です。

お礼日時:2014/11/29 14:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうなぎってペットとして飼えますか?

どうでしょうか?
方法や注意点などいくつか教えて下さい。


と言っても、ウナギなど飼っている人などあまりいないですから、回答付くのかどうか?

Aベストアンサー

ウナギはアクアリウムの本場、ヨーロッパでは人気の魚種です。
小形種(15cm)から大形種(150cm)まで、様々なウナギが水槽飼育されています。
ウチの水槽にも一匹、暮らしていますが、滅多に見かけることはありません。
参考:
http://allabout.co.jp/gm/gc/46264/

もちろん、蒲焼きでお馴染みのニホンウナギも飼育できます。
ニホンウナギは大形種ですが、ペットとして水槽飼育した場合、成体の大きさは水槽に左右されます。
90cm~120cm水槽で飼育した場合、40cm~60cm程度で成長は停止します。

春から秋にかけて、太平洋沿岸でウナギの幼体(レプトケファルス)や、河口付近でシラスウナギが、比較的簡単に採取できます。
ですが、レプトケファルスやシラスウナギの餌の確保が難しく、淡水順応も手間が掛かるため、オススメできません。
自然採取するのならば、河口から3km程内陸の体長15cm程度の小ウナギをオススメします。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%97%E3%83%88%E3%82%B1%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%B9

飼育方法は、特に難しくなく、一般の淡水魚(大形魚)と同じ方法設備で飼育できます。
飼育上の注意点は・・・
・土管や流木など、ウナギの隠れ家(シェルター)を必ず作ること。
・水槽内水流は、多少、強め。
・ウナギは肉食性ですから、餌は、チビの時は冷凍赤虫。
20cmを超える頃には、メダカやヌマエビなどを主体に与えます。
(時間を掛けて馴らすことにより、人工飼料にも餌付きます。)
・ウナギは夜行性ですから、日中は、ほとんど動きません。
・ニホンウナギは60cm以下の小形水槽で生涯飼育は出来ませんから、飼育設備や月額維持費は高額な部類になります。
http://www9.plala.or.jp/n-hiro/eel.html

ウナギはアクアリウムの本場、ヨーロッパでは人気の魚種です。
小形種(15cm)から大形種(150cm)まで、様々なウナギが水槽飼育されています。
ウチの水槽にも一匹、暮らしていますが、滅多に見かけることはありません。
参考:
http://allabout.co.jp/gm/gc/46264/

もちろん、蒲焼きでお馴染みのニホンウナギも飼育できます。
ニホンウナギは大形種ですが、ペットとして水槽飼育した場合、成体の大きさは水槽に左右されます。
90cm~120cm水槽で飼育した場合、40cm~60cm程度で成長...続きを読む

Qうなぎのえさ

大き目の水槽があるので うなぎを飼って大きくなったら食べようと思うのですが どんなえさだと食べるのでしょうか?

何かほかにも育てやすくておいしい淡水で育つのがありましたらお教えください。
ヨロシクおねがいします。

Aベストアンサー

うなぎは肉食なので、ドショウ、カエル、オタマジャクシ、バッタ、コオロギ、ゲンゴロウ、タガメ、メダカなど
口に入れば何でも食べます。
でも大食漢なので餌の調達が大変ですよ。

淡水生物で食べられるものなら、川エビ、ザリガニ、シジミ、タニシ、カラス貝、ドブ貝、ドジョウ、鮎、鯉、鮒、虹鱒、岩魚、山女魚、アマゴ、ブラックバス、鯰、カジカ(魚)、ハゼ、イカナゴ、淡水フグ、食用ガエル、スッポン、沢蟹、
他にもたくさん食べられると思うけど、今思いついたのはこのくらいです。

Qウナギの寿命って何年あるのでしょうか

趣味でニホンウナギを5年飼ってるのですが、カメと同時期に飼育しだしたので
ふと思ったのですが「カメとウナギってどっちが長生きなんだろw」と。
現状10年は生きると思うのですがどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

魚類は飼育さえ間違えなければメダカ、タナゴ、モロコでも5年は生きますし、コイ、フナでは50年以上はザラにいます。ウナギ、ナマズの場合ではコイ等と同じ位の寿命です。

 カメは下手な飼育者の例で他の回答者が書かれていますが、家にいたカメは曽祖父が子供時代の個体で80年以上生きていましたし、この段階で50年以上の個体でしたので確実に100年以上は生きています。

 参考までにサンショウウオは200年の記録、ヘビでの50年に記録がありますので次世代まで飼育する事を頭において飼育をしないと駄目です。

Qウナギの泥抜きの賛否

ウナギ特有の臭みを消すには「泥抜き」が必要と言われます。
しかし、人によって1日から1ヶ月と日数が異なり、そもそも泥抜きは必要なく、
焼き方の問題という人もいます。
また、個体差があって泥抜きしても臭いものは臭いという場合も。

うなぎ屋さんのような臭みの無い蒲焼きはどう処理するのがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

東日本と西日本で、同じ蒲焼きという名でも、調理が道具や手順から違う別料理だからねぇ。
匂いの元は脂で、脂の元は餌で、匂いを消すのは炭の温度と焼き方で、
突き詰めると、養殖のほうが天然よりも、脂が乗ってって臭みがなく柔らかいって結論が出ちゃっているので、
自分の探求で落とし所を作らないと、完璧な焼き方ってないのです。
関東流で臭いなら関西流でやってみて、関西流で臭いなら関東流。

割と科学的なハナシなので、理論だてるとひとつづつ解きほぐせる問題だしね。
そもそも生態的に天然うなぎは砂礫やうなぎのぼりするような岩場に住み、泥に住まないし、食性も肉食で食いちぎるタイプで、鯉のような泥を漁るスキャベンジャータイプじゃない。
ワタを抜いて開く訳だし、皮が厚いからうな裂きがあるんで、泥抜きして泥臭さが抜ける根拠が無く、うなぎ臭さは泥臭さとは違う皮が脂で焼ける臭さなのです。
イールレザーってうなぎ革として革製品があるくらいケラチンとコラーゲンが多い。牛豚だって皮ごと焼けば非常に臭い。
それを焼き切る高温で焼かないと、身に臭いが入ってしまう。
そのために関東流は蒸しがはいる。蒸してケラチンとコラーゲンをプルプルにして柔らかくしてから炭火で焼ききる。これをしないとゴムみたいな皮の食感が残る。
関東ではなぜ蒸しがはいるかというと、うなぎの養殖は明治の深川で成功したから。この養殖池が泥性だった上、淡水魚専門店である深川名物鯉こく屋やどぜう屋などに卸したので、泥抜きがはじまった。鯉もどじょうも生態から泥抜き必須だから。深川は他にあさり丼や牛鍋、桜鍋も名物。ようは深川料理は脂と匂いにうるさい。
江戸時代は関東でも蒸しはなかったと聞きます。

こうやって、科学と歴史の両側面から見ていくと、どっかの名店で丁稚制の修行でもしていなきゃ、個人の焼き方の落とし所が見えてくると思いますけど。

科学と歴史の両側面と調理技術と魚の飼育理論から、常識を完全無視して私が論理建てるとすれば、
・養殖ウナギを使用
・泥抜きしない、その代わり水かけ養生を半日行い、胃の消化を促進、皮下脂肪を減らす
・腹開き、竹串でなく金串で縫い串を行い筋繊維を断つ。縫い串はステーキの筋切りと同じ意味がある。
・備長炭など白炭使用、白炭は吸湿するので新品に限る。火起こしは完全に行い、七輪など土製の竈を使用し800度以上を狙う。だから竹串は向かない。
・白焼きは皮面のみ。身は表面を炙るのみにし、金串の輻射熱に依存
・蒸しは行わない。行う場合、70度で10分以上。70度は脂を落とさずケラチンを乳化させる温度。
・本焼きはタレが身に入らない高温で焼き付ける。身に塩分が入ると身が締まる。

これで泥臭いだ、身が硬いだはなくなるはず。
書いてて思いましたが、おそらく真空パックのうなぎの蒲焼は、3枚におろして、等間隔で串打ち、コンベクションオーブンで同じような表面温度で焼成、本焼き後に真空パックして70度湯煎を10分以上かけ柔らかくして、蒸し過程の代用とする製造をされていると思われます。
うなぎ屋と違って加工段階を見せないですから。

東日本と西日本で、同じ蒲焼きという名でも、調理が道具や手順から違う別料理だからねぇ。
匂いの元は脂で、脂の元は餌で、匂いを消すのは炭の温度と焼き方で、
突き詰めると、養殖のほうが天然よりも、脂が乗ってって臭みがなく柔らかいって結論が出ちゃっているので、
自分の探求で落とし所を作らないと、完璧な焼き方ってないのです。
関東流で臭いなら関西流でやってみて、関西流で臭いなら関東流。

割と科学的なハナシなので、理論だてるとひとつづつ解きほぐせる問題だしね。
そもそも生態的に天然うなぎは...続きを読む

Qうなぎが釣れたら・・・

うなぎは夜行性なので基本的に夜釣りになるかと思いますが、そうなると、その場で捌いて焼いて食べる!というのも難しいかと思います。
その場合、翌日に食べたいのですが、24時間くらい うなぎを生かしておく方法はないでしょうか?死んでしまったら食べられないと思いますし、水道水でいいのかもわかりません。

Aベストアンサー

こんにちは。うなぎは意外と丈夫な魚です。結構生きてますよ。
私はいつも灯油用のポリタンクのようなものに水道の水4分の1と釣った場所の水4分の1くらいの中に入れて帰ります。針ははずそうとしないでください。触っていると弱ってしますので。糸を持ってそっとタンクの中に入れて糸つきのまま持ち帰ります。
エアー(ブクブク)は2時間以上家までかかるならあったほうがいいです。氷はあってもなくてもいいと思いますがあったほうがおとなしくしてくれます。
家に帰ったらタライや多き目の水槽で1週間くらい飼う(もち論餌は与えない)と泥と釣り針は吐き出します。
飼う場合は表面積の大きな入れ物なら何でもいいと思いますが水道の水でいいと思いますので毎日換えてください。
捌くときは、氷水の中で仮死状態にしておとなしくしてから処理するといいと思います。最初はうまくいかないかもしれませんが、きっと10匹くらいやると何とか形になって来ますよ。ちなみにうなぎ屋でも生きたうなぎしか捌けない人とか、死んだのしか捌けない人とかいるみたいです。死んでるから食べれないということはないです。

こんにちは。うなぎは意外と丈夫な魚です。結構生きてますよ。
私はいつも灯油用のポリタンクのようなものに水道の水4分の1と釣った場所の水4分の1くらいの中に入れて帰ります。針ははずそうとしないでください。触っていると弱ってしますので。糸を持ってそっとタンクの中に入れて糸つきのまま持ち帰ります。
エアー(ブクブク)は2時間以上家までかかるならあったほうがいいです。氷はあってもなくてもいいと思いますがあったほうがおとなしくしてくれます。
家に帰ったらタライや多き目の水槽で1週間くらい...続きを読む

Qうなぎの飼い方を教えて下さい

3日前、近所の川で25cmくらいの小さな、うなぎを捕まえました。
20cm×32cmの水槽にじゃりを6cm位入れ、水位は11cm位にしています。
餌はメダカ(川で捕まえてきました)と赤虫(購入)をやっていますが
食べてくれません。
どなたか飼い方をご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

たびたびですみません.
どんこってこっちの辺の呼び名かと思いながらも書いてたのですけど
ご存知で良かったです.川のへりとかにピタッとへばりつくようにして
いるとこを捕まえようとしてもすんぜんのとこで逃げるのかうまい
あの魚です.
書き忘れていたのですけど参考になるかどうか.....
エビは直径か2cmもないようなほんの小さなものを虫アミですくって
捕まえてそれをうなぎにやっていました.
どんこもたしか直径5cmあるかないかくらいのを
虫アミで捕まえてうなぎにやっていました.

水替えはやっぱりカルキぬきが家になかったので
水道水をくんでから1日か2日置いたあとその水を半分と
水槽の古い水を半分づつ混ぜてやっていたと思いますけど
余りよく覚えていません.
ベランダで飼っていて水槽にはフタを閉めずに飼っていたら
ある日うなぎの姿がなかったのでもしかしたら
逃げたのかもしれないです.あの時は
かわいちょーなことしてしまいました.

小魚やエビ,カニ,昆虫などを食べるみたいです.

うなぎの生態
http://www3.ocn.ne.jp/~t-takao/unaginonedoko/seitai/index.html

うなぎの養成
http://www1k.mesh.ne.jp/maruhama/yousei.htm

http://isweb9.infoseek.co.jp/area/eel-ml/

たびたびですみません.
どんこってこっちの辺の呼び名かと思いながらも書いてたのですけど
ご存知で良かったです.川のへりとかにピタッとへばりつくようにして
いるとこを捕まえようとしてもすんぜんのとこで逃げるのかうまい
あの魚です.
書き忘れていたのですけど参考になるかどうか.....
エビは直径か2cmもないようなほんの小さなものを虫アミですくって
捕まえてそれをうなぎにやっていました.
どんこもたしか直径5cmあるかないかくらいのを
虫アミで捕まえてうなぎにやっていました.

水替えはや...続きを読む

Qウナギ複数飼育

ウナギを複数飼育を去年したのですが、会えなく失敗(失敗と言っても噛み合いがひどいので無理そう的な感じです)
何かいい方法はないでしょうか?
水槽:60cm水槽
ウナギ:45~60cm
5年前に30cm2匹24センチ1匹を60cm水槽で飼育していたのですが、一匹は噛み合いでご臨終
もう一匹はムシャムシャされて40cm参考写真の様なことに・・・(もちろん餌のスジエビは30匹は常に居るようにしていました)
もう90cm水槽を購入してしまう他方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

ウナギ等の若魚はパイプ等で隠れるか単独で入る場所を設けると効果はありますが、親の場合は共食いではなく縄張り争い等の喧嘩には効果があります。飼育をする上でウナギの場合はナマズ、ライギョと違い未だ未知な点が多く、養殖をするにもシラスの段階で捕獲して飼育をしている事からウナギはこれ等の中では難しい部類に入ります。

 私の家は一軒屋ですが外で150cm、120cmの水槽で飼育をしていますが、金魚や錦鯉を大きな複数の池で曽祖父、祖父、父が飼育をしていましたので土盤がしっかりしていましたからこの金額で収まりましたし、バブルの時でしたので問題はありませんでした。室内にある90cm水槽に関しても数年置きに修繕が必要ですし、補修だけでも費用は馬鹿になりません。90cm水槽等を購入して階上等での飼育に関しても相当な補強をしないと駄目ですのでその体験から書きましたので決して上から目線での回答でありませんし、厳しい事も書きました。家の補修や修繕等を御家族の方に対して費用の面での説明はできますか?これをクリアしないと水槽は置けませんし、御家族も納得をしません。 

Qうなぎ 焼き方手順

皮から焼くのがいいのか、身から焼くのがいいのか? またその理由は

今、ガス台で焼いているのですが、火力は強い方がいいのか、少し低めの位置で焼くのがいいのか? 
現在 仕事でうなぎを焼いているのですが、教わる人によって焼き方が違うので悩んでいます。 出来れば同業の魚屋さんや、うなぎを焼くことを仕事としている方にお答え頂けるとありがたいです。 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

元うなぎ専門店で修行していた者です。
まず、miwa_2009様は関東の方ですか、関西の方ですか?
何故かと言いますと、関東と関西で、腹から焼くか、背から焼くかが違うからです。

まず、関東からですが、「背開き」したうなぎの頭を落とし半分に切り串を刺し、「背」から白焼きした後、セイロで蒸しその後タレに浸け矢張り「背から」焼き目を入れこってりつやが出るまで焼き上げ終了です。

関西は、「腹開き」したうなぎの頭をつけた状態で長いまま串を刺し、「腹から」白焼きしたのち、「腹から」タレを上からかけながら本焼きをして焼き目を入れこってりつやが出るまで焼き上げ、頭を落として終了です。

関東風と関西風の違いは、
・腹開きか背開き。
・白焼き後、セイロで蒸すか、蒸さないか。
・焼き始めが「背」からか「腹」からか。

味の違い、
・関東風は、白焼き後セイロで蒸し上げるので、脂が落ち柔らかくて淡白な味に仕上がる。
・関西風は、セイロで蒸さない為、脂が乗っておりとても濃厚な味に仕上がる。

なので、どっちの焼き方が正解と言う答えは無いと思うのですが、目安としては、
・背開きで2枚にカットしてあるうなぎは背から焼く。
・腹開きで姿焼きのうなぎの場合は腹から焼く。
と覚えれば良いかと思いますよ。
例外として、背開きしても姿焼きのうなぎもありますので、「背開き」か「腹開き」かで判断されれば良いかと思います。

こんにちは。

元うなぎ専門店で修行していた者です。
まず、miwa_2009様は関東の方ですか、関西の方ですか?
何故かと言いますと、関東と関西で、腹から焼くか、背から焼くかが違うからです。

まず、関東からですが、「背開き」したうなぎの頭を落とし半分に切り串を刺し、「背」から白焼きした後、セイロで蒸しその後タレに浸け矢張り「背から」焼き目を入れこってりつやが出るまで焼き上げ終了です。

関西は、「腹開き」したうなぎの頭をつけた状態で長いまま串を刺し、「腹から」白焼きしたのち、「...続きを読む

Q金魚とウナギの混泳

6~10cmのすくってきて大きくなった金魚8匹と、指くらいの太さで30cmくらいのウナギがいます。

これらを同じ水槽(60cmスリム)で混泳させることは可能でしょうか?
また、エサはどのようなものがいいでしょうか?

ウナギは釣りに行った際、リリースするのを忘れてキープサイズと一緒に持ち帰ってしまいました。
せっかくなので飼ってみようかと思っています。

まだ、口に針がありますので当分エサは食べないと思いますが、金魚を襲わないか気になります。
金魚はとても一口で食べれるサイズではないのですが、かじられたりするものでしょうか。

経験のある方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この段階では問題はありませんが、環境が整うと金魚(ワキン)は20㎝以上になり、多頭飼育は難しくなります。私の家の桜尾(5尾)のワキンは飼育から数ヶ月を過ぎた段階でこの大きさになり、トロ舟に移動させる事になりました。

 ウナギは成長が遅いのですが、太さは金魚が縦に育つのに対し、ウナギ、ナマズ等は横が成長します。単独での飼育では砂利ではなく、珪砂、ソイルでの飼育になり、潜れるだけの床材が必要になります。水槽も120㎝以上の大きさの水槽が数ヶ月で必要になり、水も掛け流しで常時水の汚濁をしない様にする事がポイントとなります。この事が前回の回答で私が書いた点であり、これが飼育をクリアする際の内容になります。

 古代魚(アロアナ、ハイギョ)、ナマズ、ウナギの類は魚病薬の処方箋は使用が不可ですし、処方をすると粘膜の炎症で個体を殺す要因になります。金魚が金魚掬い、金魚釣りでの個体、餌金の個体の場合は感染症の皮膚炎等になりますし、金魚、錦鯉には抗体がある程度ありますから発症する事が少なく、発見が遅れますので留意してください。

Q雨の日の渓流釣りって釣れるんですか?

釣りを一度しかしたことが無い釣り初心者です、
釣りデビューは解禁直後河津川で、ボウズだったあげく川に落ち、
糸や針を木や岩に根掛かりさせまくって、退場を覚悟したほどセンスが無いです。
でもやはり上手くなりたい、お魚とりたい。
下手でも回数を積んでコツを覚えたいのですが、会社員の性か休日は限られています。雨を理由に釣りを休みたく無いのですが釣れないのなら意味はありません。
雨の日というのはそもそも釣れるのでしょうか?
ちなみに自宅からそう遠く無い同志、丹沢付近でやるつもりです。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。
色々な人がおっしゃるとおり濁りはチャンスです。とはいえ濁りにも大きく分けると3つのタイプがありまして、ひとつはまるでコーヒー牛乳のようなドロドロな濁り…これを便宜上“カフェオレ色”と呼びます…で、これは「釣れる」という人と「釣れない」という人にはっきり分かれます。もうひとつはある程度透明度が回復して水がキレイな笹の葉のよ若葉のような色の濁りで、これは俗にササ濁りと言って大釣りのチャンスと言われています。最後にカフェオレ色とササ濁りの中間で、抹茶に練乳を混ぜたような色…便宜上これを“抹茶ミルク色”と呼びます…の時は過半数の人が「釣れる」と言います。
概して「釣れる」という人は警戒心が解けたトラウト相手に良い思いをした経験からそういうもので、実際私も濁りは大歓迎です。雨が降れば雨音で足音をある程度消してくれる、薄暗いのでこちらの姿がサカナに見切られにくくなる、などのメリットも考えられます。

ただ渓流を手竿で攻めるとなれば 晴れの日より薄暗い=目印が見づらくなる=釣りづらい となるのでデメリットもあります。それなりの対策も必要になりますね。

老婆心ながら道志・丹沢(去年まで私のホームグラウンドでした)ですと雨や濁り以前に”根こそぎ”で釣れないという悲しい現実が…年寄りエサ釣りをしている人が大多数ですが、20cm未満であれもう10尾以上釣っているのであれ、「釣れたものは俺のモノ」とばかりに持ち帰ってしまいます。私と私の仲間うちではこういった貧しい心の釣り人を「ハイエナ」「貧乏人」「ヒョットコ」とバカにしています。特に道志川ではキャッチ&リリースが廃止され魚影が極端に少なくなっています。
釣果を上げるのも釣り人としての腕ですが、まずはサカナに“愛”を持って接して行くことが21世紀の釣り師への第一歩だと思います。せめて「家族が食べる以上は持ち帰らない」愛に満ちたスマートな釣りを心がけたいものですね。

どうも、釣りバカです。
色々な人がおっしゃるとおり濁りはチャンスです。とはいえ濁りにも大きく分けると3つのタイプがありまして、ひとつはまるでコーヒー牛乳のようなドロドロな濁り…これを便宜上“カフェオレ色”と呼びます…で、これは「釣れる」という人と「釣れない」という人にはっきり分かれます。もうひとつはある程度透明度が回復して水がキレイな笹の葉のよ若葉のような色の濁りで、これは俗にササ濁りと言って大釣りのチャンスと言われています。最後にカフェオレ色とササ濁りの中間で、抹茶に練乳を...続きを読む


人気Q&Aランキング