牛乳の種類でカルシウムの多く含んでる牛乳ってスーパーでもよく見かけますが、あれって吸収の面もいいのでしょうか?体に栄養が吸収されにくかったらいくら、カルシウムの多く含んだ牛乳飲んでもあれなんで・・。
 それと、今スーパーで売られてる牛乳の中で一番栄養の吸収率がよい牛乳ってありますでしょうか?
良かったら教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

牛乳に含まれているカルシウムは、カルシウムの中でも特に吸収の良い「ミルクカルシウム」です。


カルシウムが牛乳中のタンパク質(カゼインといいます)と複合体を形成し、より吸収に適した形になっているからです。
ところで、市販のカルシウム強化乳の中に含まれるカルシウムの原料はミルクカルシウムではないことが多いです。
ドロマイトというカルシウムとマグネシウムの混合物を使用しているケースが多いんです。
このため、加工乳よりも生乳(いわゆる牛乳)を勧める人が多いのでしょうね。
でも、中にはミルクカルシウムを使用したものもあるので、探してみてください!

それから、カルシウムは運動することによって初めて身に付いていきます。
摂取しただけではあまり意味がないので、気をつけてください!

スーパーで売られている「牛乳」はどれも同じモノです。
「牛乳」と表示できるものは、栄養素の添加等を一切行わないもののみだからです。
味が違うのは、殺菌温度の差及び牛の種類の差だけです。
栄養素を添加した加工乳についても大差ないですので、お好きなものをお飲みください。(^_^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。とても参考になりました。

お礼日時:2001/07/02 00:29

ビタミンD配合の牛乳は、体内のマグネシウムを減らすということがあります。


また、ビンに入って販売される牛乳は、外部の光によって、栄養が損なわれます。
マグネシウムを多く含んだア-モンドやビタミンDを多く含むマグロの脂身など
と一緒に摂取するのが、カルシウムの効果が期待できそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。ビンに張って販売されてる牛乳って外部の光によって栄養が損なわれてるなんて、、はじめて聞きました。いろいろあるんですね。会社の方はそれを知ってるんでしょうかね・・。御回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/02 00:27

栄養というのは、非常にバランスが大切です。

なにかに偏るという事が、一番感心しません。
カルシウムのことですが、単体で摂っても効果は無く、他に、マグネシウム・リン・ビタミンD等が必要です。
しかも、カルシウム2・マグネシウム1・リン1の割合で摂るのがベストです。
ビタミンDはカルシウムの吸収を助けてくれます。
詳しい事は忘れてしまいましたが、カルシウムには4種類のパターンがあり、どれも性質が違うそうです。吸収し易いもの、しにくいもの、ビタミンDとくっつき易いもの、そうでないもの等があります。また含有量も違いますよね。
牛乳は、比較的多そうですが、その分脂肪も多く含んでいます。
なので、牛乳のカルシウムについてそんなに深く考えなくてもいいと思います。
それよりは、バランスのとれた食事を心がけることのほうが大事では?(小魚とか色々)
最近、カルシウムが必要だと聞くと、そればっかり摂ってしまう人が多いですがこれは、健康の面から言って危険です。何事も適量というものがありますしやはり、バランス!!これが一番です。
長くなりましたが、過去に杏林予防医学研究所の先生の講義を受けたことが有ったので回答してみました。すごく面白く、参考になりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カルシウム取り過ぎると危険なんですか?はじめて聞きました。御回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/02 00:24

カルシウムはマグネシウムと一緒に摂取しないと吸収しにくいので


多分マグネシウムが含まれているのかと思います
普通の牛乳でもメーカーによって成分はまちまちです
加工乳のことはよくわかりませんが
成分表などを見て比べて見てください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/02 00:21

牛乳の中で栄養素の高い(カルシウムの含有量が多い)ものは色々あり、何を飲んでいいのか分からないのは分かります。

でもいくらカルシウムの高い牛乳をちゃんと選んで飲んでも、きちんと運動をしなければカルシウムは骨にはなりません。

あるTV番組でも取り上げていましたが、カルシウムは他の栄養素と違い「吸収」さえすれば良いものではないそうです。ちゃんと需要と供給を一致させないと、身体はカルシウムを不要の物とみなし、そのまま尿として身体の外へ排出してしまうそうです。その基本が分かってないと、毎日毎日きちんと飲んでいても、骨の強化や成長の役にはたたないということですよね。

ちなみにそのTV番組では、カルシウムを多く含んだ牛乳として売り出している「加工乳」よりも、濃度の高い「生乳」をおすすめしていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。とてもためになりました。

お礼日時:2001/07/02 00:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカルシウムを多く含む野菜は?

カルシウムは野菜から採ったほうがよいと言われていますが、どんな野菜に含まれていますか?

Aベストアンサー

野菜の中では「小松菜(コマツナ)」が一番だと思っています。

食材100グラム中290ミリグラム含み、ほうれん草の2~5倍だそうです。
アクがなく熱を加えるとかさが減るのでたくさん食べられますし。
妊婦のための本・雑誌には必ず小松菜のレシピが載っているといっていいほどです。
骨そしょう症予防にもいいようです。

Qカルシウム(吸収のいい)

吸収のいいカルシウム商品を教えて下さい!!ワダカルシウムは知ってます!

Aベストアンサー

コラーゲンユニカル。
配置薬の仕事をして取り扱っているカルシウムですが、世界7カ国で高吸収カルシウムとして特許をとっているカルシウムです。
 臨床データによると骨粗鬆症患者に4ヶ月投与試験で、カルシトニン注射週二回と活性型ビタミンD投与による試験では0.17%減少したのに対してコラーゲンユニカルは5.1%増加という結果が出ています。
 この驚異的な結果の原因は1000°のカルシウムにクエン酸とフカヒレを入れるという作り方で、一旦胃酸でイオンになったカルシウムが腸内で再石灰化しないようにしたことが特許だという説明でした。
 もしかしたらお医者さんの治療よりも、効果的な健康食品です。
値段も手ごろではないでしょうか。

参考URL:http://www.maeda-office.co.jp/sapli.html

Q一番吸収がいいカルシウムは?

リン酸水素カルシウム、L型発酵乳酸カルシウムなど種類が色々あってわかりません!一番吸収がいいとされるカルシウム単体を教えて下さい!!(ビタミンDなどの吸収を助けるものを入れないで教えて下さい)

Aベストアンサー

たびたび顔を出します。
L型発酵乳酸カルシウムの溶解度の話しですが、溶解度とイオン化は全然関係ありませんので、、。溶解度が高いものが一番イオンになるという保証もありません。

 何が一番いいかといわれると電解カルシウムでしょうか。もう既にイオンになったカルシウムです。牛乳の乳酸カルシウムはたしかに水に溶けやすいです。しかし溶けていないから濁っているのです。イオンになっていないのです。

 何が目的の質問か分かりませんが、骨を丈夫にしようと思われるのでしたら、益学的な研究では環境汚染が骨粗鬆症を増やしています。少し前までは日本の倍もカルシウムを摂取しているアメリカが骨粗鬆症が多かったですが、現在は日本が越しています。このことと環境汚染の指数が一致するそうです。という事で、活性酸素、酸化ストレスが骨粗鬆症を悪化させる事が分かってきました。 酸化ストレスが骨からカルシウムが逃げていきやすくなるそうです。
 ですから、マルチビタミン、マルチミネラルを補給すると治療効果が上がる事が知られていますが、その他に抗酸化物質を補給する事も、骨密度を回復させるのに役にたつでしょう。
健康食品ではフランス海岸松、プロポリスなどでしょうか。

たびたび顔を出します。
L型発酵乳酸カルシウムの溶解度の話しですが、溶解度とイオン化は全然関係ありませんので、、。溶解度が高いものが一番イオンになるという保証もありません。

 何が一番いいかといわれると電解カルシウムでしょうか。もう既にイオンになったカルシウムです。牛乳の乳酸カルシウムはたしかに水に溶けやすいです。しかし溶けていないから濁っているのです。イオンになっていないのです。

 何が目的の質問か分かりませんが、骨を丈夫にしようと思われるのでしたら、益学的な研究では...続きを読む

Qカルシウムを効率的に吸収する摂取方法について

カルシウムって、それだけ摂取しても吸収されないんですよね??
何と一緒に摂取すれば効果的にカルシウムを吸収できるのでしょうか??

Aベストアンサー

CPP(カゼインホスホペプチド)
機能性食品を積極的に摂取する必要はありません。
乳製品、ヨーグルトやチーズと一緒に取ると摂取率が良くなります。

参考URL(図を参照して下さい)
CPPとは

参考URL:http://www.meijifm.co.jp/foodmat/c_cpp_1.html

Qカルシウムの吸収率

よく「カルシウムは一日600mg」といわれますよね。食品や食べあわせによって吸収率の違いがでてくると思うんですが、600mgとっていれば吸収率がよくても悪くても許容範囲ってことでしょうか。
別の聞き方をすれば食品などによる吸収率の良し悪しの幅はどのくらい大きいのでしょうか。

Aベストアンサー

「カルシウムは一日600mg」は
カルシウム体内蓄積量180mg
吸収率30%で
必要量600mgの計算です。

食品中のカルシウムは、炭酸カルシウムかリン酸カルシウムの形。
この吸収率を決めるのは、同時に摂る食事中の成分で、タンパク質、リン酸、食塩、蓚酸、フィチン酸、食物繊維が多いと減り、アミノ酸のアルギニン、リジン、糖のラクトース、スクロース、ビタミンD、胃酸が多いと増えます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報