スイッチングハブにバックプレッシャーという機能があるらしいのですが、この機能がIEEEシリーズの規約に含まれているのかどうかを調べています。
どなたかご存じの方、ご教授ください。
また、IEEEに関する説明が、日本語でされているサイトを知っている方がいたら、教えてください。
宜しくお願いいたします。

A 回答 (1件)

「バックプレッシャー」という機能については特に規格化されているわけでは


ありません。

「バックプレッシャー」とは、衝突検知信号を使った輻輳制御です。

スイッチングハブは、データのバッファリングを行いますが、そのバッファが
あふれそうになったときに、入力側に衝突信号を返します。そうすると、
入力側のホストは衝突があったときの処理(ランダムな時間間隔を待つ)に
入るので、入力側のデータ量が一時的に抑えられる、ということになります。

参考URLのページの中ほど「□ 衝突検知による輻輳制御」に簡単にまとめられ
ています。

参考URL:http://www.rieb.kobe-u.ac.jp/riebcomp/tech/BackP …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答を頂きまして、ありがとうございました。
参考となる文献も、やや古めではありますが信頼に足るものです。
これからもお世話になることがあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

お礼日時:2001/06/11 22:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報