マンガでよめる痔のこと・薬のこと

化学が苦手なので説明が詳しそうな厚めの参考書を少しずつ読んでいます。学研のよくわかる化学という参考書です。

たしかに詳しいことは詳しいのですが、一つ一つの項目の説明にところどころよくわからない箇所がでてきます。

例えば直近で読んだ箇所ですと、鉛蓄電池の図が載っていて負極板(Pb)が(+)端子につながっていて正極板(PbO2)が(-)端子につながっていたり、起電力が約2.1Vとあるのですがどうやって計算したのかの説明がなかったりします。

こういうのは気にせず流してざっと読み進めて、その先でわかったり2度目に読んだときにわかったりするようなものなのでしょうか?

数学や物理の本を読むときは不明箇所がでてきたら徹底的に調べて理解する癖がついているのですが化学でそれをやるとドツボにはまるらしく、参考書の読み方がイマイチわかりません。

投稿先のカテゴリーがここでいいのかどうか迷ったのですが不適切でしたらご容赦ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>起電力が約2.1Vとあるのですがどうやって計算したのかの説明がなかったりします



よく知らないケド、たぶん、
「事実」(測定したらそうだった)を書いてるだけと思われる。
たぶんそのへんは大学でやる…かも?
(よくしらないけど)

化学のカテで聞くと、回答もらえるとおもう。
---

問題演習やってくなかで、
「問われないもの」(問題にでてこないもの)は、
気にしなくていい。
問題で問われたら、気にすればいい。
これが受験生としての基本路線。
---

もしくは、
「東大やその近辺を受ける」とかの場合は、
「より詳しい参考書」を、調べもの用に1冊用意しておいて、
気になったことはそれで調べ、
そこにのってないなら、「気にしなくてよい」。
より詳しい参考書というのは、
「化学の新研究」とか?(読んだことないケド)

「どつぼにはまる」というのは、おそらく、
「(大学レベルにまでふみこんだ)より詳しい参考書」自体を、
「読書するような感じになる」ことを指すモノと思われる。
ようするに、「受験で出ない」ことに無駄に時間をさいてしまうこと。

だから、受験生として安全なのは、
問題集でとわれたこと、
あるいは過去問で問われたこと(とその近辺)を
気にするようにし、
それ以外は過度にこだわらないことだと思う。
そのへんの割り切りを心がけるとよいかと。
---
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご紹介の『化学の新研究』を書店で探したら平台に積んでありました。結構売れてるんでしょうね。起電力の項目を引いてみたら原理の説明が載っていましたのでこれで話が繋がりそうです。

割り切りについて。たしかにそうですね。それが見極められるようになったら相当実力がついた証でしょうからその方法を探るのは無意味でしょうし、詳しく調べたくなったときに専門書が必要ならば欲望を我慢するということかなと思いました。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/01 21:44

それを他の本や参考書で調べるということをしないと、良い教材にも巡り会えません。


普通の高校生では知らないかもしれませんが、例えば岩波だったか、理化学事典、なんてのがあります。
理化学事典を買えとは言いませんが、参考書等は色々買った方が良いでしょう。
起電力に関しては、物理定数みたいな物ですから、理由もへったくれもたぶん無いんでしょう。そのケースではそうなるもの、としか。
勿論丸暗記する必要はありません。
どういう条件での話なのかは判りませんが、負極正極については、出版社に電話で問い合わせるなどした方が良いのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理化学辞典は図書館で見掛けたことがあります。こういうときに使えばいいんですね。

その後、先に進んで電気分解のところとか読んでいて面白くなってきてしまったので興味に任せて調べてみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/01 21:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング