人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

原子力発電所の近くに住む人が、原発被害に対する保険をかけることはできるのでしょうか?
また、既存の災害保険では、保険金が支給されるのでしょうか?
福島の場合は、津波の後で原発事故になりましたが、天災という解釈がなされているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

そもそも原発事故は約款上の絶対免責条項ですので


特約をつけて有責にするという発想自体がありません。

また原発事故は第三者行為による賠償事故になる
可能性が高いので、電力業者が加入の原子力保険の
範疇になります。

ただこれも損保業界に巨額の損害に対応できるだけの
余力がない現状から上限があります。

それに対し政府が一定の限度で補償する制度もあります
が、いずれにしても1個人が1保険会社に保険をかける
という仕組み自体はありません。

福島の場合には、津波であれ地震であれ、原発事故として
扱われています。
    • good
    • 1

>原子力発電所の近くに住む人が、原発被害に対する保険をかけることはできるのでしょうか?



保険という商品の性格上、そういう保険は存在し得ません。
周辺全体に対する被害が尋常でない額になるからです。

しかし、個別に話せば可能かもしれません、ただし、保険料と保険金が同額になると思います。
※以前ジャクサが保険をかけようとしたとき、あまりにも失敗続きだったので、保険料が保険金を上回りました。

>既存の災害保険では、保険金が支給されるのでしょうか?

契約の基本中の基本で、「保険金をお支払いできないとき」の一覧にわかりやすく書かれていると思います。

>福島の場合は、

地震による被害となります。
    • good
    • 1

(Q)原発被害に対する保険をかけることはできるのでしょうか?


(A)そのような保険は、発売されていません。
保険会社と交渉すれば、そのような保険を扱ってくれる
可能性はあります(確率的には、極めて低い)。
損害保険会社は、そのような特殊な保険を扱ってくれます。

有名なのは、モデルの顔などに掛ける保険、
美術品の搬送など、1回限りの保険など
特殊な保険を扱ってくれます。

(Q)既存の災害保険では、保険金が支給されるのでしょうか?
(A)支払われません。

(Q)津波の後で原発事故になりましたが、天災という解釈がなされているのでしょうか?
(A)津波は天災なので、
原発自体が受けた損害は、そのような契約内容に
なっていれば、補償されている可能性があります。
例えば、電源施設が壊れたことに対する補償。

しかし、その後に起きた原発自体の事故は、
保障の対象外でしょう。

周辺の民家は、津波そのものによって生じた被害ではないので、
津波を保障する保険に入っていても、保障の対象外です。
    • good
    • 1

>原子力発電所の近くに住む人が、原発被害に対する保険をかけることはできるのでしょうか?


できる、できないというのは無意味です。
保険会社がリスクに対しての金額と確率を算定し、そこから出される費用に対して
加入するメリットがあるかどうかです。
現在までは原発には事故が無いのが暗黙の了解だったので、そういう保険が設定されて
いませんでした。

>福島の場合は、津波の後で原発事故になりましたが、天災という解釈がなされているのでしょうか?
自然災害に対しての支払いの有無も設定次第です。
地震による被害などでは一度に大量の保険金請求が出るので、保険会社が存続できないので
免責になっている場合が多いです。しかし、ユーザーが多くの保険料を支払うのならば、
保険会社は海外の保険会社にリスクを分散することによって支払いが可能になります。

個人的な意見ですが、原発は被害エリアが広く、程度も重大であることが多いので、
民間会社の保険はふさわしくないと思います。国が対策をするべき問題です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング