こんにちは。いつもお世話になります。
先日父が他界し、何度となく墓参りに行きましたが
墓掃除のとき、香炉が、もろっ、と崩れてしまいました。
屋根型の屋根部分が欠けて、たまねぎのような形に・・・。
えええっ、どうしよう・・・という感じで。

墓は20年以上前に立てたもので、香炉だけはなぜかコンクリ製のようです。
苔が生えて、風化したものと思われますが、こういうことって、あります?
この場合、香炉だけの買い替えって、出来るのでしょうか?
単品(?)で買うとしたら、いくらぐらいなのでしょう?
材質は同じコンクリか、墓と同じ「白みかげ石」で。
寺の墓地にあり、指定業者があるので
その業者は避けられないと思うのですが、
一応、相場を知っておきたいと思いまして。
ネットではなかなか探しきれなくて、よいURLあったら教えてください。

また、やはりお盆までにとか、一周忌とか、節目に合わせてそろえ、
ご住職にお経を唱えていただくほうがいいのでしょうか。

アドバイス、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

屋根付き香炉の値段ですが白系で探せば4、5万円ぐらいから購入することができますよ。


あと香炉を設置する時にお経を説いてもらう必要はありません。お墓本体を交換する時は必要ですが、お墓周りの小物交換の時は必要なしです。香炉ぐらいでしたら指定業者に頼まなくても個人で設置しても問題無いと思います。それこそ工事費等は必要ありません。
そのような業者はやめましょう。私は元業界人で今でも商品手配ができますが名前、URLを出すことができないのが残念ですね!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。tamotyさんから買いたいな~(笑)!
お寺の指定業者って(失礼ながら)「ふっかける」といいますよね。
特に、こちらが無知なだけに恐くて。
ただ、ボロボロになった(多分、もすこし力を入れると木っ端微塵?)
香炉の始末をどうしようか、と思ったときに、指定業者のほうがいいかな?
と思った次第で。まだこれから百か日をお願いする段階で、
ご住職に悪く思われるのも・・・とか、考えちゃいました。なんて臆病なんでしょ!
でも、故人のためにも早く、家族が納得できるようなお墓にしてあげたいと思います。

今回質問してみて、いろいろと勉強させていただきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/12 17:25

そうなんですよねぇ~。

処理方法について少し問題がありましたね。粗大ゴミに出す事はダメですからねー。持っていってくれないと思います。Oresamaさんが言う通り
普通石材店は廃棄処理に出しますね。(石材店の倉庫に古い物がころがっていることも多々ありますが)
本当の事を言いますと指定業者が決まっている霊園は香炉等の付属品を交換する時も指定業者に頼むのが規則です。(古い香炉も処理してくれます) もちろん、お金儲けのためですが、指定業者が決まっている霊園は協同で霊園開発するために出資しているため墓石に関する全ての商品を指定業者で扱って出資金を回収したいと考えているためです。
私なら電話で値段を聞いて高ければ、安い物を購入して自分で置き、古い物は庭かベランダに置いといても気にはなりませんが!(業界人ですからねー)こうなるとef81さんの指定業者が香炉をどんくらいで販売してくれるかですね。まずは電話で見積りを聞いてみてはいかがですが?屋根付き香炉もいろいろなサイズがあり値段も変ります。とにかくぼったくられないようにしましょう!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん、本当にありがとうございました。
実は、皆さんのアドバイスをもとに、つい先ほど申し込んできました。
ここで報告させてもらいますね。

私としては、やはり墓石の色目とのバランスを重視したかったので、
結局、指定業者に頼むことにしました。
無知な私がお店に見に行っても、色目はわからないでしょうし、なんてったって遠いものですから。
電話で「屋根型白みかげ、予算は5万以内」と申しますと、
「じゃ、今からさっそく見てきます」とお墓までいってくれた様子(店からお寺まで約5キロ)。
見積もりの答えは、「中国産の既製品でよければ、3万にしておきます」
ですって!色も似たようなものだというので、即決してしまいました。
実物を見ないで買うのもなんですが、指定業者ゆえ、万一問題があっても連絡がとりやすいし、最初からお任せしてよかったかもしれません。
次の法要までにとお願いしておいたので、きれいなお墓で迎えることが出来そうです。
ちなみに、工事費は要らない(ただ置くだけなので)と言われました。
皆さんのアドバイスのおかげで、改めて良心的な業者とわかりましたし、
(疑って申し訳なく思っています、反省)、落ち着いて話を進めることが出来ました。

業界ウラ事情もちょっと垣間見て、本当に勉強させていただきました。
改めてみなさん、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/14 16:50

 古い香炉を処分する際ですが、


持ち帰って燃えないゴミ?粗大ゴミ?
に出すのに抵抗があるなら、
指定業者に頼んだら如何でしょう?
 石屋さんはどうやって処分してるんでしょう?
 →tamotyさん
産業廃棄物扱いですか。

 墓石は、お寺で抜魂供養をしてから、
石屋さんに処分をお願いしてますが。
    • good
    • 0

白御影の屋根型香炉の値段が出ていましたので,ご参考までに.


価格50,000円で送料別はわかるんですが,工事費別ってなんでしょうね?

墓石 石材などで検索すると他にもあるようですので,探されては如何でしょう.

参考URL:http://www.mito.ne.jp/~works/kouro.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます!
まあ、具体的な数字が出ていますね!助かります。
10万超えるかと思ってたのに、ちょっとほっとしました。
この値段ならコンクリでなく、白みかげにしたほうが見栄えもいいかな。
しかし、工事費って??ですね。20キロとはいえ、固定するわけじゃないから
ちょいとふんばって設置すればよさそうですが、
やはり専門業者がやりますよってことかしら?
引き続き探してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/11 15:01

相場まではちょっとわかりませんが、


> 苔が生えて、風化したものと思われますが、
> こういうことって、あります?
> この場合、香炉だけの買い替えって、
> 出来るのでしょうか?
コンクリ製のものは、熱(線香の)等で劣化しても
不思議ではないと思います。
単品で買えますよ。

で、香炉ですから、備品なので、
お経をあげる(こういう場合は開眼供養ジャンルなのですが)必要はありません。

でも、お墓参りの際、無いと困るでしょうから、
お盆か一周忌どちらか近い方に間に合うように、
ご準備したらよろしいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のレス、ありがとうございます!
熱で劣化したりするんですね。よかった、私の怪力のせいだけでなくて(苦笑)。
そうですね、早めにそろえてあげることにします。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/06/11 10:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q本願寺派の仏壇。金香炉を火舎に転用可能ですか?

真宗本願寺派の仏壇の荘厳について教えて下さい。

数年前に母が他界し、初めて仏壇を購入しました。
殆ど無知であったので、葬儀屋に相談して選びました。

五具足の仏具が付属していましたが、奥行きがあまり無いため、土香炉と金香炉を前後に並べることが出来ません。
また、小さな仏壇で、上卓はありません。
現在、須弥壇には華瓶一対と仏飯器+仏飯台をお供えしています。

※恥ずかしながら、いまある香炉が金香炉なのか火舎なのかもよく分かっていません。
※香炉は燃香には使えないような小さなものです。

そこで質問ですが、
1、金香炉と火舎の違いは何ですか?
2、両者は転用可能ですか? また、可能であれば須弥壇への並べ方も教えて下さい。
3、転用不可の場合、金香炉は仕舞い込むしかないのでしょうか?

以上を教えて頂きたく思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

場所を広く使うのであれば(仏具の間隔を空けるのであれば)、左から、華瓶、土香炉、燭台の3つだけを、手の届きやすい手前に並べるというのが、毎日、一番、便利な気がします。(さらに、リンを、自分の右前に置くということも考えられます)。

お内仏が三折本尊だったら…と、思ってしまえば、これがミニマリズムなんではないでしょうか…。

もっと言えば、北前船の船の中においてあったお内仏には立派なものもあったでしょうが、全部が全部、巨大な金仏壇ではなかったであろうと思いますし、、薬売りの人が持ち歩いていたミニミニお内仏(懐中仏壇?タバコの箱くらいの大きさの中に阿弥陀様の木像様が入っているもの。多分、宿で、高い場所に置いて、朝、夕のお勤めが勤まったもの)でも、伝統的にOKと思えば、左から、華瓶、土香炉、燭台の3つだけを、手の届きやすい手前に並べるというので、全くかまわない気がします。

我が家には、英語の辞書くらいの大きさの、何と言うのでしょうか、お厨子?の中に、阿弥陀様の木像様がはいっていて、両開きに開くと、内側が金箔というご本尊が伝わっているので、それをお内仏のご本尊としていますが、元は、多分、報恩講にご本山にお参りする道中用なのだと思います。トランスポータブル仏壇ですね。それをさらに仏壇に置いているので、仏壇内仏壇になっているのかも知れませんが…(お脇掛けは、掛け軸ですが、ご本尊は木像さまとなっているわけです)。

お勤めが勤まるということの方がお荘厳の荘厳さ(?)より、優先するように思います。

お荘厳をきっちりとというのは、もちろん、尊いことではありますね。

場所を広く使うのであれば(仏具の間隔を空けるのであれば)、左から、華瓶、土香炉、燭台の3つだけを、手の届きやすい手前に並べるというのが、毎日、一番、便利な気がします。(さらに、リンを、自分の右前に置くということも考えられます)。

お内仏が三折本尊だったら…と、思ってしまえば、これがミニマリズムなんではないでしょうか…。

もっと言えば、北前船の船の中においてあったお内仏には立派なものもあったでしょうが、全部が全部、巨大な金仏壇ではなかったであろうと思いますし、、薬売りの人が持...続きを読む

Q現在の墓は父が建てた墓です。

父が自分の両親(私にとって祖父母)の墓をたてました。先祖の墓はありません。先祖の名前も刻まれていません。
私の両親が亡くなった場合、唯一の跡取りである自分が墓を作りなおすべきなのでしょうか?
その場合、現在の墓石は破棄して、新しい墓石を買って、建立者名に私の名を刻み、没人に両親と祖父母の名前を刻むのでしょうか?
でもそうなったら、子孫の代に墓に刻むところが無くなってしまいますよね。骨壷も一杯になるかもしれない。
墓の常識がわかりません。どなたかわかる方いますか?

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

御質問の「お墓を作りなおす」というのは、現在のお墓の竿石(「○○家之墓」等と刻まれている石)を取り換えるということでしょうか。
結論からいうと、竿石を取り換える必要はありません。すでに建立してある墓石に後から刻字することができます。また、納骨されている故人すべての戒名等を墓石に刻まなければならないということはありません。
納骨されている方の戒名を墓誌という形で備えているお墓もありますが、これも絶対にしなければならないということではありません。故人の記録は、過去帳などで確認できればよいので、必ずしも墓誌が必要ということはありません。

Q中原中也「時こそ今は花は香炉に打薫じ」の意味は?

中原中也の詩で、
「時こそ今は花は香炉に打薫じ、そこはかとないけいはいです。」
で始るものがあります。
この文の意味がよくわからないので、解説してください。

「時こそ今は」=今がそのときorたった今
「花」=さくら?
「香炉に打薫じ」=香炉に入れて薫らせた

花びらを香炉に入れて燃やしているのでしょうか?
それとも香炉に活けてある花が香っているのでしょうか。
どうして「時こそ今は」なのでしょうか?
特別なことが起こっている場面ではないのですが。
また「しほだる花や水の音や」の「しほだる」の意味が不明です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

時こそ今は花は香炉に打薫じ ボードレール

原文は
Voici venir les temps où vibrant sur sa tige
Chaque fleur s'évapore ainsi qu'un encensoir;
訳せば
いまこそ、花という花が、その茎の上で震えて、香炉のようにその香りを振りまく時 かな。

全体の文から、しほだる は、潮垂れる(元気がない)ということかもと思います。 想像です。

Q墓相学でお墓を建てた方が良い?

今年中に新しくお墓を建てる(建て直し)することが決まりました。
墓相学というのがあるみたいですが、これに添ってお墓を建てた方が良いのでしょうか?

インターネットや本で、いろいろと調べましたが、細かいところは微妙に違いますが、大体は同じような事を言っています。
五輪塔が必要。墓は夫婦墓で一基ごとに建てる。(○○家の墓とか○○家先祖代々の墓という表記は間違い)建てる位置。方角。墓の色。などなど

過去に墓相学がブームになって、詐欺まがいの商法が、はやったみたいですが、お墓も小さくして、石も国産でも安いものを選べば、それほど費用もかからないと思いました。本やインターネットで調べれば、大体の基本は分かりますので、偉い先生に頼む必要もないです。

こういった基本があるのなら、ちゃんとしておきたいと思っているのですが、そこまで必要なのかな?とも思います。

墓相学に添ってお墓を建てた方、石材店の方、お坊さんなど、ご意見を伺いたいと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 No.8 です。

前回のご質問同様「やりたいんだけど、納得できる理由付けをしたい。」
ということとおもわれます。ですから、あえて“あとはご自身で・・・”と述べました。
当方にはお役に立てませんが、さらに述べさせていただきます。

1、一般階級が石塔を建てることを認められるようになったのは、元禄年間。
2、前回のご質問でも述べたとおり、以前は土葬の個人墓だった。故に夫婦墓も新しいもの。また、古い先祖は五輪塔に合祀も一部の地域の、しかも新しい慣習。
3、五輪塔は密教系宗派が用いるもの。また、本来、五輪塔は供養墓であり、埋葬墓ではない。
4、墓相とは新しい考え方で、間違いなく石屋が考案したもの。当然“正しい建て方”では無い(もっとも、正しい建て方など、そもそも存在しない)。

しかし、墓相も風水等を用いていますので理にかなったところもあります。
墓相にしたがって建てたいのならば、思い通りになさればよろしいでしょう。「ダメ」という理由もありません。

“悪いということを好んですることはやめましょう。”とは、
青や赤や黄色が好きだからと墓石に用いる・・・等はやめましょう
と、言うことです。

墓相の通りに建てるのなら、相談に乗リマスッテ!ハハハハ・・・



再 拝

 No.8 です。

前回のご質問同様「やりたいんだけど、納得できる理由付けをしたい。」
ということとおもわれます。ですから、あえて“あとはご自身で・・・”と述べました。
当方にはお役に立てませんが、さらに述べさせていただきます。

1、一般階級が石塔を建てることを認められるようになったのは、元禄年間。
2、前回のご質問でも述べたとおり、以前は土葬の個人墓だった。故に夫婦墓も新しいもの。また、古い先祖は五輪塔に合祀も一部の地域の、しかも新しい慣習。
3、五輪塔は密教系宗派が用い...続きを読む

Q香炉をささえているのは誰?

大阪府箕面市の勝尾寺本堂にある香炉の写真です。
香炉を支えているのは誰ですか。
教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「邪鬼足外香炉(鬼足香炉)」と呼ばれているタイプの香炉で、支えているのは天邪鬼(あまのじゃく)でしょう。


ここにくわしい解説が
http://naranokoto.seesaa.net/article/167426698.html

Qお墓の面倒、相続、自分のお墓について教えて下さい。

複雑でわかりづらいのですが、アドバイスお願いします。
未成年の時に両親が離婚し、苗字は父親のままで、母親が親権を持ち、母親と一緒に暮らしていました。成人後、結婚して、自分が筆頭者となって新しい戸籍を作りました。離婚した両親は死んだら、それぞれ代々のお墓に入るようですが、2人ともお墓の面倒を見てくれと言っています。両方にお墓参りには行くつもりですが、面倒をみるというと、管理費を払ったりすることですか?管理費などを払えば、2つのお墓の面倒見る事は可能なのでしょうか。また、将来、自分はどちらの墓に入れば良いのでしょうか?戸籍が別になったので、自分で新たに墓を買った方が良いのでしょうか?(ちなみに、次男です。しかし両親ともに長男より自分に面倒を見てもらいたいと言っています。)
また、父親には借金があり、遺産相続は放棄しようと思っています(負の遺産も相続しなくてはならないと聞いたので)。その場合、墓だけを相続する事は可能なのでしょうか?不可能な場合、墓も含めて放棄することになると思いますが、その場合、父親の墓に入る事はできないのでしょうか。父親の墓はどうなるのでしょうか?

複雑でわかりづらいのですが、アドバイスお願いします。
未成年の時に両親が離婚し、苗字は父親のままで、母親が親権を持ち、母親と一緒に暮らしていました。成人後、結婚して、自分が筆頭者となって新しい戸籍を作りました。離婚した両親は死んだら、それぞれ代々のお墓に入るようですが、2人ともお墓の面倒を見てくれと言っています。両方にお墓参りには行くつもりですが、面倒をみるというと、管理費を払ったりすることですか?管理費などを払えば、2つのお墓の面倒見る事は可能なのでしょうか。また、将来、...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして^^

2つのお墓を面倒見る事は可能です。
年会費や法事(3回忌7回忌17回忌など)に伴う
費用が必要となります。
うちは長男なのでお墓を守ってますが1つのお墓を
守る事も結構大変な事です。
金銭的にも結構かかるものです^^;
お兄様がいらっしゃるとの事で兄弟で守って行く事に
なるのでしょうか。
質問者様世代が守って行ったとしてもそこで終わりに
する訳にはいかないのでお子様達次世代に引き継ぐ事
も考えないといけないですよね。

相続を放棄した場合のお墓についてですが皆様がおっしゃって
る通り相続には関係ありませんのでご心配はいらない
です。

将来ご自身がどのお墓に入るかですが質問者様の
奥様のご意見もあるでしょうが好きな所にお入りに
なるのがよろしいかと^^
お父様のお墓でもお母様のお墓でもご自身でお作りに
なったお墓でも…。
ただお墓の数が多くなると守って行くお子様達が大変
になるかと思います。
無縁墓になるのは一番嫌ですよね。

Qフクロウグッズ!!

いつもお世話になっています!

母親が、フクロウにとりつかれたかのように
フクロウグッズを集めはじめました(笑)

もうすぐそんな母の誕生日なので
何か、フクロウグッズを贈りたいと思っています。

フクロウのついたブランド(ってあるんでしょうか??^^;)や、おすすめのフクロウグッズがありましたら
ぜひ教えて頂きたいです!!
(ぬいぐるみと置物以外でお願いします)
予算は¥4000以内で考えています。
ちょっとでもフクロウが描かれていれば
喜ぶと思います!
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

北海道のみやげもの店に行けば、ふくろうグッズ
たくさん置いてあるんですけど・・・

Tシャツ・サンバイザー・帽子・ハンカチ・スカーフ
イヤリング・ネックレス・キーホルダー・ストラップ
メガネケース・メガネ立て・財布・タペストリー・壁掛け・ホルダーフック・耳かき・シール・タオル・カップ・爪楊枝立て・ポプリ入りサシェ・のれん

などなど、革製品に木彫り、象牙風や布製品とかぞえきれないほどあるんですが、北海道以外で購入する方法がわかりません。ネットで買えるかなぁ・・・

ごめんなさい、あまりお役にたてませんが商品の参考までに・・・

Qお墓から新しいお墓にお骨を移すとき・・・(長文)

今年の8月までに、という契約で購入した墓地(お墓自体はまだ建てていない)にお墓を建て、25年も前から主人の実家に預けたままになっている息子(生存一日)のお骨を移したいと思っています。
息子を亡くしたのが元で体調を崩し、それがきっかけで入信した宗教に従って供養してきました。その宗教からは8年前に離れ、その後はお寺さんといえども団体の中に入るのは抵抗があり、自分なりの供養で至っています。
細木数子さんの「先祖のまつり方」の本では、「分家の場合、夫婦どちらかが亡くなったときに建て、それ以前に子供を亡くしたときは親のを建てる予定の左手前に小さなのを立てる。またお骨は土に埋める。周りを塗り固めない」等、色々あります。
他人様からの情報では、「新しい方に移すときだけお経をあげていただく」とか、「移すためだけにお寺にお願いしたとしても、お経をあげてくださった方の宗派の魂が入ってしまうので、家族でそっと移したほうが良い」と聞いたこともあります。
実家のお墓までは往復で約5時間もかかるので、近くに移し都度都度お参りしたいという気持ちは強くなる一方なのですが、お墓に下手なことをしたらいけないという観念があります。お墓は白みかげの石で、一般風のお墓でいいのだったら掃除の良く行き届く小さめのお墓を、とだけは決めているのですがその先が一向に進みません。
どなかた詳しい方がいらっしゃいましたらアドバイスいただけないでしょうか。よろしくお願いします。

今年の8月までに、という契約で購入した墓地(お墓自体はまだ建てていない)にお墓を建て、25年も前から主人の実家に預けたままになっている息子(生存一日)のお骨を移したいと思っています。
息子を亡くしたのが元で体調を崩し、それがきっかけで入信した宗教に従って供養してきました。その宗教からは8年前に離れ、その後はお寺さんといえども団体の中に入るのは抵抗があり、自分なりの供養で至っています。
細木数子さんの「先祖のまつり方」の本では、「分家の場合、夫婦どちらかが亡くなったときに建て、...続きを読む

Aベストアンサー

浄土真宗本願寺派(西本願寺)の僧侶です。
広く仏教的な視点からは、No2の曹洞宗僧侶さんの言われるとおりです。
・墓地の多くは石材店さんが販売していますので墓石を建てる時期が決められているのは通常です。
・25年も前から「ご主人の実家」に預けたままになっている遺骨は、寺院等や納骨堂又は墓地でなく、ご自宅に当時の火葬証明書(埋葬許可証)と共に保管されているということでしょうか?もしそうなら、No2さんがご案内の改葬手続きは必要ありません。一旦、納骨堂又は墓地に預けたのでしたら改葬となります。
・細木数子さんの本は、細木さんは仏教者ではないので仏教的にはまったく間違いであり参考になりません。仏教とは関係の無い万象学,算命学,易学などを独自に研究し独自の占術を編み出された方で宗教家でもありません。いわば独自の細木流・細木教と言えるものと考えています。伝統的な一般的なことではないので真剣な方には惑わすだけのもの(娯楽としてはおもしろさはあるかもしれませんが)と思います。
分家の方は世の中に多く、また私もそうですが先に子供を亡くされた方も多いです。ですが周辺の霊園や墓地を見て回っても「親のを建てる予定の左手前に小さなのを立てる。」というお墓を見たことがありますか?まったくありません。また「お骨は土に埋める」も自治体等の条例・規則や霊園の使用規定等でそのように出来ない(骨壷で納骨)という地域が多いはずです。
また、他人の無責任な情報の
「新しい方に移すときだけお経をあげていただく」とか、「お経をあげてくださった方の宗派の魂が入ってしまう」というような、どの宗派のどの寺院も言わないようなことに惑わされることの無い様にご注意申し上げます。
無宗教なら無宗教でも良いですが、一度、自分の命の連続として、親、またその親・・・と連続して受け継がれてきていた宗派についても本で簡単に勉強するとかして、一度相談されてはいかがでしょうか?
寺院等の宗教家に抵抗があるのでしたら担当の石材店さんに「普通はどうなのか?」とお聞きになればそれでも参考になるでしょうし、今の迷いは減少すると思います。
合掌

浄土真宗本願寺派(西本願寺)の僧侶です。
広く仏教的な視点からは、No2の曹洞宗僧侶さんの言われるとおりです。
・墓地の多くは石材店さんが販売していますので墓石を建てる時期が決められているのは通常です。
・25年も前から「ご主人の実家」に預けたままになっている遺骨は、寺院等や納骨堂又は墓地でなく、ご自宅に当時の火葬証明書(埋葬許可証)と共に保管されているということでしょうか?もしそうなら、No2さんがご案内の改葬手続きは必要ありません。一旦、納骨堂又は墓地に預けたのでしたら改葬と...続きを読む

Q香炉が鳴く?

石川五右衛門が秀吉の寝所に侵入した時 香炉が鳴いて秀吉に知らせ五右衛門は捕らえられたといいます…

しかし香炉とは 今で言うアロマキャンドルみたいなものですよね?
鳴くとは思えないのですが どういう事なのでしょうか?

Aベストアンサー

>香炉が鳴く?
しかし香炉とは 今で言うアロマキャンドルみたいなものですよね?
鳴くとは思えないのですが どういう事なのでしょうか?


香を焚く容器ですが、香道[茶道や華道と同じように香の作法]で、香りを嗅ぐ事を聞くと言いますが、粋と言う意味合いとそこに精神や生命が存在するかのような擬人法的な表現でもある。
同様に、石川五右衛門が侵入した事で、お部屋の風の流れや空気が変化する(灰が動く、香りが変わる)様を、香炉が鳴くと表現したもの。

アロマキャンドルと言うよりは装飾された懐炉や芳香器のような物であり、香道や香遊び(聞香:香りを聞く)・(組香:香りを聞きわける)に使われる香を焚く道具(容器)。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E9%81%93

Q古い香炉ですが、

家に昔から仏事に使われてきた大きめの香炉があります。
形は灯篭のような格好をしていて、屋根を外すとその中に灰が敷いてあり、そこで香を焚くようになっています。灰を置く所は30×30cm位。

使い方ですが、
1、灯篭の屋根のような部分を外し、まず灰をならす
2、灰に板で1cm位の溝を押して作り、何往復かさせるように幾筋か作る。
3、粉状の香(カレー粉のような香)を埋める
4、粉状の香を板で押し固める。
5、香の端に添加すると、導火線のように燃え、半日から一日燃え続け、芳香を放ち続ける。

香を埋める溝の形ですが、
↓始まり
------------------」
L-----------------」
L-----------------
                    終わり↑

と言う、感じで何回か往復して燃え続けるように作ります。

この香炉で香を焚くのは、お彼岸や仏事の時、朝から一日中焚き続けます。この時は別途に線香は使いません。
昔、粉末の香が貴重な時代は、陰干しにした杉の葉を石臼で引いて、粉状の香に足して増量して利用した時代もあるそうです。

今これを使う習慣が残っているのは、私の地方では家だけだそうです。父は若死にでしたので、何も言わないまま亡くなったので、何のために使うのかとか、言われ等は良く解りません。

なんと言う香炉なのでしょうか?特別な意味のある香なのでしょうか?
上手に説明できませんが宜しくお願いします。

家に昔から仏事に使われてきた大きめの香炉があります。
形は灯篭のような格好をしていて、屋根を外すとその中に灰が敷いてあり、そこで香を焚くようになっています。灰を置く所は30×30cm位。

使い方ですが、
1、灯篭の屋根のような部分を外し、まず灰をならす
2、灰に板で1cm位の溝を押して作り、何往復かさせるように幾筋か作る。
3、粉状の香(カレー粉のような香)を埋める
4、粉状の香を板で押し固める。
5、香の端に添加すると、導火線のように燃え、半日から一日燃え続け、芳香を放...続きを読む

Aベストアンサー

坊さん@浄土真宗です。
それは「常香盤」(じょうこうばん)ではありませんか?
(例)
http://www.kajiso.co.jp/cgi/shop/13_340.html

現代のお線香は江戸の末期頃からのもで、線香の無い時代には常香盤が用いられ、長時間供香する際に用いられていたものです。
下記参考URL欄にご質問の例の使い方の説明もあります。
現代の線香は、あくまで常香盤で抹香を燃香する代用なのです。

参考URL:http://www.urban.ne.jp/home/omijo/tokusyuu/okou/jokoban.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報