ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

こんにちは!
別の方の質問で子宝運について
占っていただいている方を
見たので私も占っていただきたくて
質問させていただきました。
去年、流産してから妊娠せず
このまま子供を授かることが
出来ないのではないか、と
凄く不安です。
もしよろしければよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

ご返事有り難うございます


普通に生活なされている方には閉じこめられて壷でも買わされるんじゃないか?とか加持祈祷や護摩行の儀式の怪しさ?にもびっくりされるでしょうが安心してお参り下さい。
私の見立ての中心は過剰な不安と少難です。これは第一子誕生~少しの間までは加護を頂いて、なるべく通常日出産へ持って行き自信を付ける様な方向にできれば以降は加護は離れてよいと思います。
ともあれ
乗り越えて得る!
がここ数年の課題キーワードとなされて下さい。

この件で守護を頂く方向なら占いの吉凶方位方角や時期であるとか霊障とかは外してよいでしょう。
前に申した様に
事前に〈傾向〉を知っておき、気を備え占断吉凶に元づき現実的行動で対処するのが占い。
神仏(超越)に加護をいただき内面不安を取り除き現実行動は困難に立ち向かい乗り越え希望へ向かい達成する。
例えが飛んでアレですが、内科と外科の科目違いの様な感じです。
では願い叶う様に私もお願いしときます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
昨日、江ノ島大師で
検索させていただいたのですが
護摩行や相談は現地まで
参拝に行くことによって出来ると
いう感じのことが書かれていました。
護摩行は一度、地元でですが
参拝させていただいたことがあるので
怪しいなどは一切思いませんが
場所が神奈川とのことで
住んでいる地域から
結構遠いので残念ですが
参拝させていただけないと思います。
せっかく教えていただいたのに
申し訳ないです。すいません。
ただ乗り越えて得るは心得て
生活させていただきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/04 12:34

占いはその占断内容を知り、やがて来るであろうな困難や難局をかわしたり努力で乗り越える予防科学(唯物科学ではない)です。


貴女は普通にしてれば授かるのですが、今は不安意識強く少難あるも希望は明確ですし年齢的な事もあろうから、これは神仏加護の方向へ頼るがよいと私は見立てました。妊娠しても母子共無事健康体であるべきですから、で、当方からは
藤沢市江ノ島大師で[検索]
なされ電話なりで予定詳細を確認し住職に直接相談なされて下さい。今月相談日は24~25日もろクリスマスの予定am11:00より相談~加持~護摩行の流れとなってます。
こちらは高野山真言宗ですが、他宗檀家さんで祈祷をする霊媒っぽい怪しい寺院に抵抗ある方でもカソリックの尼さんでも「申し込まれた相談は答える!」を信条にしており、相談以後の加持~護摩行は任意での参加です。原則相談料は寸志となります。(初めは青い紙一枚でよいです)

追伸)よく言われる水子霊のナンヤラはないと私は観てますので
流産を乗り越え子宝に恵まれたい件
として希望を全面に相談をなされて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
普通にしていれば授かることが出来るという回答と
水子霊がないということで、少し安心しました。
ちゃんと供養が出来ているのかが少し不安でした。
江ノ島大師さんを一度、検索します。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/03 06:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング