個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

勤務先の会社を退職するとき
会社の就業規則では、1か月以上前に申し出ること。
しかし、民法の規定では、2週間前に申し出をすれば良い。(解約の申し入れ)
判例では、民法の2週間で退職できる。

質問です。
入社する際に、誓約書で、「自己の都合で退職するときは2か月以上前に申し出る」
にサインをして提出していた場合は、誓約書と民法の規定のどちらが優先しますか?

A 回答 (3件)

ケースバイケースですよ。



だから、一般的には、「1ヶ月前に申し出ること」
ということになっているのです。
民法の2週間という規定がオールマイティだったら、
「1ヶ月前に申し出ること」という規定が法律違反となって、
規定が無意味になってしまう。
でも、実際には、この規定が生きている。
それは、ケースバイケースだからです。

2ヶ月前に申し出るという規定に、社会常識的に問題がない
特殊なケースと判断されれば、誓約書が有効になります。
しかし、そうでなければ、2週間ということになります。
だったら、最初から1ヶ月にしておけば、
1ヶ月が認められるのか?
ということになりますが、その可能性は高い。

また、雇用期間が予め決まっている場合、
例えば、1年契約の雇用契約を結ぶ場合、
2週間という民法の規定は、適用外となります。

なので、単純な問題ではないのです。
    • good
    • 0

この場合は民法が優先します。



一般的には、誓約書が優先するのですが、
民法のこの規定は、強行法規と解されて
おりますので、
この規定に反する誓約書は、その部分は
無効になります。


これは、誓約書を優先させてしまうと、
強制労働を強いることになりかねない
というところから来ているものです。


という訳で、二週間前に申し出れば、法的には
問題ありません。
    • good
    • 0

誓約書優先、だと思います。



強制規定>当事者の意思表示>慣習>任意規定
当事者の合意ですから、最も優先されます。

この回答への補足

守らず、もっと早期に退職したらどうなりますか?
ただ、2か月は長い。1か月なら効力がある、という先生もいます。

補足日時:2014/12/02 00:35
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング