今日会社から源泉徴収票を頂きました。てっきり年末にかけておこなわれるものと思っていたのですが、会社によって違うのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

会社や個人が、人を雇って給与を支払ったり、税理士などに報酬を支払ったり


する場合には、その支払の都度一定額の所得税を天引きすることになっています。
会社や個人が、人を雇って給与を支払ったり、税理士などに報酬を支払ったり
する場合には、その支払の都度一定額の所得税を天引きすることになっています。
 そして、天引きした所得税は、原則として、翌月の10日までに国に納めなけ
ればなりません。この所得税を天引きして、国に納める義務のある者を源泉徴収義務者といいます。 源泉徴収義務者になる者は、会社や個人だけではありません。
 給与などの支払をする学校や官公庁なども源泉徴収義務者になります。
http://www.taxanser.nta.go.jp/2502.HTM 
と国税庁の説明です.
会社をやめた時に所得税をいくら支払ったかを記しているのが、源泉徴収票です.
国税が対象ですので、地方税は前年度の分を対象に支払っていますので、源泉徴収票がないのです.地方税は会社をやめた以降の未払い分を支払うことになります.国税は、会社をやめたその年が対象になりますので、その年の12/31まで、税金を納める時もありますので、源泉徴収票が必要なのです。源泉徴収はなにも給料だけではないのですよ。バイトしても、懸賞金でも源泉徴収されるときがあります。源泉徴収票は会社の都合ですぐに出るところと出ないところがあります.それは上の文章にもあるように10日までに納税しなければならないのですから、遅ければ10日以後になるでしょうか.会社自体の支払う国税とは別です。普通は年末調整後に源泉徴収票会社をくれると思います.それは、鑑定申告される方には必要なのです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごくよく分かりました。丁寧に教えて頂きありがとうございました。

お礼日時:2001/06/12 10:54

通常は、其の年の最後に支払われる給料か賞与の時に「年末調整」という作業を行い、毎月概算で源泉徴収してきたものを、1年間の合計で精算します。


この、精算したときに「源泉徴収票」という書類が作られて、各人に配付します。
そして、医療費控除の適用を受けたりする人は、確定申告書を記入して「源泉徴収票」を添付して税務署に提出するのです。
これは、会社によって違うことは有りません。

年末に貰った記憶が無ければ、会社が忘れていて、今になって配られたのでしょう。

なお、この時期には、住民税の給料からの控除が始まります。
各市町村から、会社に個人別の明細が届き、それを各人に配ります。
これと勘違いはされていないでしょうか。
違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

年末調整と源泉徴収は兄弟のようなものだと(変な比喩?)思っていました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/12 10:51

企業の予定納税は、半年後とに行ったと思います。


一月から六月末までの従業員に支払った給与や社会保険等の金額によって支払い七月から十二月末までを最終 翌年の一月七日前後までに納税することになっていたと思います。

あなたの会社の場合、六月待つまでの支払給与が確定したために 半年分の計算書を渡してくれたものと思います。
しかし、年末のような源泉徴収書は渡さなかったと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

半年毎とは知らなかったのです。今までの会社では、年末にしか源泉という言葉をきかなかったもので。無知ですね~。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/12 10:49

個々の会社で扱いはちがうのかもしれませんが・・・



私も先月の給料明細に源泉徴収なるものが添付されてました。(私の会社では半年毎にこの様な形で添付されます)

kohjiさんも述べてる様に年末のものは「年末調整」という
かたちで書類提出が義務付けされてます。

尚、くれぐれも紛失されないように・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

個々の会社で違うのですね。勉強になります。ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/12 10:47

源泉徴収は、年月日関係なく、給料が払われた時点で行われます。



それを年末に、その年の所得税に合うように調整するのが「年末調整」と呼ばれるものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうだったのですか。最近仕事をかわったもので…そういう事なのですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/12 10:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q液性に応じてpHメータを校正するのはなぜですか?

pHメーターで試料溶液のpHを測定する際、試料溶液が酸性の場合はpH4とpH7で、試料溶液が塩基性の場合はpH7とpH9でpHメーターを校正しなければなりませんが、なぜこのような操作が必要なのでしょうか?

pHメーターの電極に関係があるのではないかと思い、自分なりに調べてみましたが、よく分かりませんでした。

お分かりの方がいらっしゃいましたら、何でも結構ですので教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

pHメーターは電極で発生した電位をPHに変換して表示しています。
酸性のものを測定する時には、PH7とPH4で電位を規定値に合わせることで、直線であることとします。それをPH9とPH7で合わせると
直線からのずれが大きくなるためです。
PH4,7,9以外にもありますので、なるべく、測定液のPHの近いものであわせるほうがいいですが、最近の機種は、5点校正とかの出来るものもありますので、
そのほうが精度が高くなります。

Q年末調整・源泉徴収票作成に係るそもそも論で質問します

お世話になります。
会社で経理を担当していますが、年末調整等に係る幾つかの質問があります。
1.年末調整は支払者(即ち会社)の義務(法律)だと聞きましたが、12月に転職で入社された人の年末調整は、前勤務先からの退職時の源泉徴収票が間に合わない為物理的に無理だと思いますが、この場合どうすればよいでしょうか?
2.来年1月末までに源泉徴収票を税務署に提出しなければなりませんが、そもそも、何故源泉徴収票を税務署に提出しなければならないのでしょうか?(同じ内容の給与支払報告書なら、もらった市町村が翌年度の住民税計算に必要なために提出する必要があることが分かるのですが、税務署は源泉徴収票をもらっても翌年度の源泉所得税の計算をして会社に連絡するわけでもないので、税務署に提出する意義が分かりません。前年に支払者が収めた源泉所得税が正しいかをチェックする為に源泉徴収票の提出を求めているなら、社員・役員全員分の源泉徴収票が必要なはずですが、別途提出範囲を定めており全員ではありません。一部社員・役員の源泉徴収票だけでこのチェックができるとは思えないのですが。)
3.「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出しない人(しなくても良い人?)とはどのような人でしょうか?
4.税務署への源泉徴収票の提出範囲が、給与の支払金額によりいろいろ分れていますが(役員なら150万円、年末調整をせず且つ「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出しなかった者は50万円等のミニマムバーが設けられている)何故これらの提出範囲が設けられているのでしょうか?(逆に言えば、何故、源泉徴収票は全て税務署に提出すること、としないのでしょうか? 提出義務の有無を設けている意味が分かりません。)

いろいろ質問してしまいましたが何卒よろしくお願い致します。

お世話になります。
会社で経理を担当していますが、年末調整等に係る幾つかの質問があります。
1.年末調整は支払者(即ち会社)の義務(法律)だと聞きましたが、12月に転職で入社された人の年末調整は、前勤務先からの退職時の源泉徴収票が間に合わない為物理的に無理だと思いますが、この場合どうすればよいでしょうか?
2.来年1月末までに源泉徴収票を税務署に提出しなければなりませんが、そもそも、何故源泉徴収票を税務署に提出しなければならないのでしょうか?(同じ内容の給与支払報告書なら、...続きを読む

Aベストアンサー

1.出来る限り提出を待つこと、間に合わなくとも、年末調整の再調整を行うことも可能です。どうしようもないときには、本人に対して確定申告する旨を伝えることで良いのでは?

2.提出を受けた源泉徴収票は、他の税務行政で利用するためであり、納税者等への直接何かを行うためではありません。ですので、提出を受けた源泉徴収票が同一個人に対して他の会社から提出があれば、確定申告の対象者であることもわかりますし、他の支払調書なども関係するでしょう。ただ、すべての源泉徴収票を扱うまでは考えておらず、一時的な退職金や高額な給与所得者などを対象者にしているでしょう。

3.他の会社からの給与所得があり、他の会社に対して扶養控除等申告書を提出している場合には、他方の会社に対しては提出してはいけないことになっています。これは、源泉徴収が仮払い的な存在で年末調整や確定申告で精算する上で、不足とならないようにするため、人的控除等が考慮する甲欄とそれ以外を区別するためにこのように取り扱います。

4.2と同様に、税務行政のために必要と考える範囲の情報収集のための資料提出義務を負わせているに過ぎません。

1.出来る限り提出を待つこと、間に合わなくとも、年末調整の再調整を行うことも可能です。どうしようもないときには、本人に対して確定申告する旨を伝えることで良いのでは?

2.提出を受けた源泉徴収票は、他の税務行政で利用するためであり、納税者等への直接何かを行うためではありません。ですので、提出を受けた源泉徴収票が同一個人に対して他の会社から提出があれば、確定申告の対象者であることもわかりますし、他の支払調書なども関係するでしょう。ただ、すべての源泉徴収票を扱うまでは考えてお...続きを読む

Q体内の場所によって最適pHが異なる理由

ペプシンはpH2、だ液アミラーゼはpH7、トリプシンはpH8が最適pHです

が、何故、同じ体内でこんなにも最適pHが異なるのでしょうか?

Aベストアンサー

個人的見解なので正確ではありませんが、
生体内の反応はまず酵素ありきなわけですから、
消化酵素類が指定する最適pHは絶対なもののように思います。
身体はその反応を最大限効率的に行えるように臓器内のpHを
変えるように進化していったのではないでしょうか。

最適pHに関しては酵素を形作るタンパク質の性質に起因するので、
人体が作り出せるタンパク質の種類が限られている以上、
なぜ違うのかという問いには明確な答えはないのではないでしょうか。
あえて答えを出すならば、そうするより他に効率的な消化を行う酵素を
人体は作れないから、だと思います。

リンクは酵素の最適pHが決まる理由について書いてあるページです。

参考URL:http://www.t.soka.ac.jp/~shinsaku/bc-enzyme.html/sld008.htm

Q年末に提出する源泉徴収票の生命保険控除についての質問です。

年末に提出する源泉徴収票の生命保険控除についての質問です。
私は、現在パートで働いており、昨年まで、早期退職した夫を扶養にいれておりましたが
今年から、夫が年金収入が入り、扶養範囲額を超える為、扶養から外しました。
そこで質問ですが
現在、私が加入している保険の支払額が年間5万円程度、夫が加入している保険料が年間20万円
程度なのですが、源泉徴収の生命保険控除額として、どちらの分を記入したら特するのか
(還付金が多いか)教えて下さい。
現在、夫とは同居しています。

Aベストアンサー

>現在、私が加入している保険の支払額が年間5万円程度、夫が加入している保険料が年間20万円
程度なのですが、源泉徴収の生命保険控除額として、どちらの分を記入したら特するのか
(還付金が多いか)教えて下さい。

それは20万のほうでしょうね。
生命保険料の控除はその保険料を誰が払ったかによります。

1.妻の口座から支払った

それでしたら妻の控除になります。

2.夫の口座から支払った

それでしたら夫の控除になります。

3.現金で支払っていた

それでしたら夫でも妻でもかまいません。
この場合は例え保険料が妻の懐から出ていても、税務署がそうだと証明することは不可能なので夫の懐から払ったといえばそれでも通ってしまうということです、逆の場合も同様です。

支払いが前述の1,2,3のどれに当たるかによって異なります。

QpHメーターとpH試験紙の測定結果の食い違い

検体のpHをpHメーターとユニバーサルpH試験紙で測定したところ、pHメーターでは3.0、試験紙では4と5の間でした。検体は水溶液で、どのような成分が含まれているかは不明ですが、見た目は無色透明でにおいもありませんでした。

pHメーターは中性と酸性(pH4)のpH調整用緩衝液で調整しており、pH4の緩衝液は試験紙でもpH4の呈色でした。ユニバーサルpH試験紙での測定が大ざっぱであることはわかるのですが、二つの検体(この場合は検体と酸性緩衝液)でどちらがpHが高いかということまで食い違ってしまうものなのでしょうか?また、その場合、どのような原因が考えられますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

断言は出来ませんが、問題は2つあります。
1.pHメーター:なぜpH4以下の標準液で、校正していないのでしょうか?
四シュウ酸カリウム・二水和物 は1.681です。

2.混合水溶液には還元性や酸化性の物質は含まれていないでしょうか、たとえば酸化性の物質が含まれているとph試験紙は脱色してしまいます。
又時にはph試験紙の色素が溶け出すことさえあります、
ユニバーサル試験紙でなく、ph範囲を限定した試験紙を必ず用意してください。

Q源泉徴収票の発行は会社以外でも可能か?

そろそろ今の会社を退職し、他の会社に再就職をするつもりです。
再就職先から源泉徴収票の提出を求められたのですが、
今の会社に源泉徴収票の発行を頼むと詮索されそうで悩んでいます。
今の会社に秘密裏とは言いませんが再就職を感づかれない為には
どうしたら源泉徴収票を無事に手に入れる事ができますか?
所轄の税務署などでは発行して頂けないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

退職時にはもらえますよ。
行き先の会社でも、入った時点で必要となるだけで、現在の状況では不必要だと思われますが。
新しい会社で給与の決定に使われるというのなら、給与明細でいいはず。

Qphについて…

phについて…



0.1mol/lの塩酸(完全に解離)のphは1ですよね。
では1mol/lの塩酸はphいくつですか?

Logをつかうと[Hイオン]=-Log(1mol/l)は0になりますよね。って事はph0ですか?でもph1な気もします(Logは抜きにして…)


で、もし0.1mol/lと1mol/lがともにphが1だとすると
ph1の塩酸を10倍に薄めた時のphは2と3 二つ出てしまいますよね?



0.1mol/l⇒ph1ではあるがph⇒0.1mol/lにはならなるなりますか?



なんか脈絡の無い文章になってしまって 大変読みにくい文章になってしまいすみません。

解答お願いします。

Aベストアンサー

電離度を1とすればですが...
塩酸 0.1〔mol/L〕のpHは1です。
1〔mol/L〕ならばpH=0です。
10〔mol/L〕ならばpH=-1です。

pH=-10を超えるスーパーアシッドも開発されているようです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E9%85%B8

Q離職票と源泉徴収票の再発行

辞めた会社から離職票、源泉徴収票が届いておりません。会社側は送ったというのですが家には届いておりません。こちら側で確認しろというのですが確認のしようがなく困っております。しかも会社側は離職票、源泉徴収票の再発行はできないと言っております。そんなことはあるのですか?ネットで調べたところどちらも再発行できるようなのですが?

Aベストアンサー

請求に応じ発行しなければなりません。発行できない法的根拠はありません。

QpHの単位

pHの正しい単位(表示方法)を教えてください。

いままで、pHに単位はないものと思っていましたが、計量法ではpHの計量単位はpH(ピーエイチ)となっていました。単位記号は、数値の後ろにつけるものとだと思うのでpHも7.0pHとか8.0pHのように表示することが正しい表示方法なのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは。No.3です。補足します。
 pHの正しい表記法は、No.3で述べました通りですが、ご質問の中にある
「7.0pH」とか「8.0pH」という書き方はどうかと申しますと、これは明らかに
間違いということになると思います。

 単位というのは、
「ある量を表すとき、比較の基準となる同種の量の名」(広辞苑 第2版補訂
版、1976)であり、値の決まった定数です。一方、「pH」というのは、No.3で
その定義を示した物理量で、いろいろな値を取りうる変数です。物理量pHの単
位をpHとする、というのは、物理量を単位に用いようとすることで、これは明
らかに間違いです。例えば、「7.0pH」と言われても、「pH」の部分がいろい
ろ変わりますので、値が一つに決まらず、値を表す上で不都合が生じてしまい
ます。

 比較の例を挙げますと、例えば「長さが7.0 m」とか、「質量が8.0 kg」な
どは正しい物理量の表記法です。これらはそれぞれ、長さが「m」(メートル)
という長さの基準値の7.0倍、質量が「kg」(キログラム)という質量の基準値
の8.0倍、という意味で、「m」や「kg」の値は動きません。pHの場合は、No.
3で「pHの単位は数字の1」と申しましたが、メートルやキログラムの例に当
てはめて考えてみて下さい。無次元の物理量の単位はすべて数字の「1」とい
うことになります。単位記号はありません。例えば、屈折率や比透磁率も無次
元の物理量で、単位は1です。
(それから、細かいことですが、物理量を単位を用いて表記する場合、数値と
 単位の間に空白(スペース)をおきます。これには意味があって、No.3の「物
 理量=数値×単位」の掛け算の意味なのです。「7.0 m」は、「7.0×m」、
 「8.0 kg」は、「8.0×kg」という意味です。もっと複雑な単位の場合でも、
 例えば気体定数は「8.314 J K^(-1) mol^(-1)」で、空白のところはすべて
 掛け算の意味です。)

 私も少し法令を調べてみまして、計量単位例の別表第3を、次のサイト
http://www.houko.com/00/02/H04/357.HTM
http://list.room.ne.jp/~lawtext/1992L051/table3.html
で見ました。これらを見る限りでは、確かに、pHが単位として定められている
ようですね。しかし、これらは上で述べた種々の原理・法則から考えて、物理
量を単位として定めた間違いであると思います。

 ここからは私の推測ですが、なぜこのような間違いがおきたかの原因の一つ
として、No.3の最後に補足しましたように、「pH」という物理量の表記法の例
外的な性質にあるのではないかと思います。No.3の最後に述べましたように、
物理量pHは、物理量としては例外的に2文字で表し、ローマン体(立体)で印刷
されますが、このことが、pHを単位のように扱う間違いを起こしたのではない
か、と思いました。「物理量の記号はイタリック体、単位の記号はローマン体」
などの決まりは、例えば次のサイトなどをご参照下さい。

参考URL:http://www.nmij.jp/chishiki/SI8JC.pdf

 こんにちは。No.3です。補足します。
 pHの正しい表記法は、No.3で述べました通りですが、ご質問の中にある
「7.0pH」とか「8.0pH」という書き方はどうかと申しますと、これは明らかに
間違いということになると思います。

 単位というのは、
「ある量を表すとき、比較の基準となる同種の量の名」(広辞苑 第2版補訂
版、1976)であり、値の決まった定数です。一方、「pH」というのは、No.3で
その定義を示した物理量で、いろいろな値を取りうる変数です。物理量pHの単
位をpHとする、というのは、物...続きを読む

Q同一の会社からの源泉徴収票が複数枚あります

昨年度の所得税の申告の際に漏れがありました.
複数の会社に勤務しているために,源泉徴収票も複数枚届き,そのため確定申告も毎年行ってきたのですが,いままで特にそういったミスはありませんでした.
今回のミスはそのうちのひとつの会社に関連しておこりました.

(1)昨年法人化しました
(2)チェーン店で,そのうち二つに勤務しており,今まで源泉徴収票はそれぞれから一枚ずつありました(合計2枚)
(3)昨年に関してはなぜか源泉徴収票は全部で(5枚)あったようです
(4)(5枚)のうち(1枚)が郵送されてきませんでした
(5)輸送されてこなかった源泉徴収票金額の漏れが発生しました

このような感じです.
そもそも,源泉徴収票は一社につき一枚である,と思っていたために,このような事がおきてしまったように思われます.
一般的に法律上は納税義務者に延滞金等の払込義務があるようですが,この場合も同様でしょうか.
また,郵送されたか否かも大きな問題となるような気がしますが,わたしの紛失の可能性が否定できない限り,わたしの責任となってしますのでしょうか.

今回の事は,実際の毎回の給料を一年トータルですべて計算しなくては判明
しないように思われます.
今後も自己確定申告から逃れられない生活が続くことが予想され,今後の自衛の意味もこめ,質問させていただきました.
よろしくお願いします

昨年度の所得税の申告の際に漏れがありました.
複数の会社に勤務しているために,源泉徴収票も複数枚届き,そのため確定申告も毎年行ってきたのですが,いままで特にそういったミスはありませんでした.
今回のミスはそのうちのひとつの会社に関連しておこりました.

(1)昨年法人化しました
(2)チェーン店で,そのうち二つに勤務しており,今まで源泉徴収票はそれぞれから一枚ずつありました(合計2枚)
(3)昨年に関してはなぜか源泉徴収票は全部で(5枚)あったようです
(4)(5枚)のうち(1枚)が郵送...続きを読む

Aベストアンサー

>一般的に法律上は納税義務者に延滞金等の払込義務があるようですが,この場合も同様でしょうか.
はい。そうなります。

基本的には自分で受けた給与額ともらった源泉徴収票をチェックするしかないですね。

ひどいケースでは税理士に依頼して税理士が申告内容を間違った場合でも本人に支払い義務がありますのでね。
まあこの場合には申告ミスについては税理士に損害賠償請求してよいと思いますけど。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報