出産前後の痔にはご注意!

私は、バターです。日本製のバターです。
私は、小さい頃から、外国に輸出されることが夢でした。
インターネット通販を通じて、ニュージーランドやカナダに、同じバター仲間を持つことができました。
嬉しく思っていますし、とても、会いたいです。
けれども、それを両親に言うと、激怒されましたし、母は泣き出しました。
「私達のご先祖を裏切るの?」
「お前、関税撤廃なんて受け入れるつもりじゃないだろうな!! 断じて、日本の乳製品として、戦う!! お前は売国奴だ!!」
と怒られるのです。
「僕は、外国に行って、僕達、日本の製品の良さを知ってもらいたいだけなんだ!!」
と言うのですが、父は、そんなことをしたら、日本の酪農はおしまいだ、絶対に鎖国継続だって言います。
友達のことを言うと、敵、と言うのです。
「どうしてだよ!! クラスメートの、大豆くんは、ほとんどアメリカ産じゃないか!! トラウトサーモンさんなんか、ノルウェー産だよ!?」
と僕も言い返しましたが、どうか、ご先祖を大事にしろ、とばかり言います。
僕は、早く、TPPというパスポートを通じて、世界に羽ばたきたいのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一寸、待って下さいよ。


ご両親の言われている事を良く聞いた方が良いでしょう。

TPPというパスポートを取ったところで、外国へ行って友達と会って、試食して貰うだけなら良いかも知れません。
でも、日本のバター君が、留学して、継続的に、可愛がって貰おうと思えば、ニュージーランドのバター君のように、価格が安くならならないと愛顧して貰えませんよ。
で無ければ、外国製よりも、格段に上手くて品質の良いバター君にならなければ。。。

それには、もっと勉強して技術革新しないと、外国でバター君達の仲間には入れません。
親の立場に立てば、心配で、可愛い息子を旅立たせる分けには行きませんよ。

和牛のビーフ君や、一個3、000円もするような大玉のリンゴ君のようにならないと。。。と思うのが、親心です。

でも、バター君が、世界の仲間を越えて、これは美味しいと思えるようになれれば、世界へ羽ばたけるようになるでしょう。
若いバター君が、TPPのパスポートで世界旅行出来る日を期待しています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング