こんにちは。
身内が胃癌で、腹腔鏡手術で4分の3程度、胃を摘出しました。

その際、胃の近くにあるリンパも摘出したのですが、
生検の結果、胃とリンパにも癌が見つかりました。

ステージは2Bです。

癌を完治させるために、
抗がん剤の話をされました。
TS-1という抗がん剤を1年程度使うそうですが、
断ってもいいそうです。


この場合、抗がん剤治療はやはり受けるべきなのでしょうか?

はっきり言って、副作用や悪い話も聞くので、
不安もありますし、
断るべきなのか、受けるべきなのか、
本人も本当に悩んでいます。

アドバイスや経験談などありましたら、
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

その身内の方の周囲で相談して自分自身が判断する事だと思います。



抗がん剤については、その方の体質、体調、免疫力、なと゜色々な
要因によって効くか効かないか分かれます
ステージ2Bで転移がある同じ程度の方でも抗ガン剤の効果は様々です
また、抗ガン剤が一時的に劇的な効果があったとしても、ガン細胞が
抗ガン剤に対して免疫ができて効かなくなる時期もきます
副作用がいやなら副作用の少ない抗ガン剤に変えてもらうとかは出来ると
おもいます

抗ガン剤をやめて、自分自身の体力をつけ免疫力をアップさせるか
又は、あとあと後悔の無いように抗ガン剤を続けるかは本人が決断する事です
このコーナーでは無責任な意見が出てくる、とは言いませんが
一番責任を持っている主治医に納得いくまで相談して判断するのが
今のところは最善かと思います
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変参考になりました。
やはり最終的には本人が決めることですよね。
ちなみに抗がん剤が効く確率は10%です。主治医に相談して、よく話し合いたいと思います。

お礼日時:2014/12/03 15:37

ステージ2Bの胃癌の再発を確実に防ぐことのできる方法は存在しません。

数十パーセントの人は助かりますし、残り数十パーセントの人は残念ながら再発するのです。ネット上では「~すれば再発を防げる」などという記載をよく見かけますが信用すべきではありません。
どうすればよいのか決めかねてしまうのはよく分かりますが、癌の治療に関してネットで調べることはあまりお勧めしません。「癌」、「治す」などで検索すれば怪しいサイトが多数ヒットします。詐欺紛いの治療を受けて大金を失ったり、適切な治療を受ける機会を逸したりする可能性もありえます。担当の先生とよく相談してよく考えて決めましょう。1人の医師の意見で決められないのならセカンドオピニオンという手もあります。
    • good
    • 4

目に見える癌はとれ、胃の上部が残っていることは幸いだと思います。


胃の上部が残っていることは食事による栄養素の摂取に影響も少ないですし、希望は充分と思います。
TS-1も患者の意思によるとのこともありがたいです。

私は免疫療法をなされることを勧める者です。
なぜなら、治癒が得られるか得られないかは、抗癌剤をするしないにかかわらず、最終的には自身の白血球による免疫が癌を駆逐できるかできないかに関わっているからです。
残され散らばった癌細胞の存在を白血球が認知し排除する能力と、その目を逃れる癌細胞の増殖とのせめぎ合いということです。
白血球の活性化が決め手です。そのための免疫療法は様々なものがありますが、抗癌剤との併用は意味をもたなくなります。細胞毒を入れればそれほど白血球は活性化しないからです。
ハスミワクチンか丸山ワクチンをすれば再発はまず防ぐことができましょう。

以下は免疫療法の種類です。
------------------------
癌免疫療法
■癌免疫療法とは、白血球の働きを強く活性化させて、癌細胞の存在を認知させて破壊させようとするものです。
■免疫療法の種類は大きく分けて2つの方法があります。
1つは、癌細細胞の持つ成分をマクロファージや樹状細胞という白血球に食わせ、癌の存在を認知させるもの。
2つは、癌細胞の成分は使いませんが、間接的に白血球を刺激するなどして活性化し、癌の存在を認知させるものです。
1の方法に、ハスミワクチン、ペプチドワクチン、樹状細胞療法があります。
2の方法に、丸山ワクチン、ラック療法(LAK)、NK細胞療法、癌抑制遺伝子治療などがあります。
------------------------------------
1の方法 (特異的免疫療法)
・ハスミワクチンは、世界初の癌ワクチンです。
冷凍保存した癌を増殖させ、すりつぶして乳剤化したものを限界濾過し、癌細胞膜の蛋白とウイルスを抽出し、これを癌抗原材料とするワクチンです。癌の種類ごとに開発され、数十種類の適合する一般ワクチンがあります。
これを5日ごとに皮下接種することにより、マクロファージや樹状細胞が貪食して分解し、その他の白血球に蛋白分子を伝達し、同型の蛋白分子をもつ癌細胞を認知させ破壊排除に向かわせるものです。
患者自身の胸水や腹水、また尿から癌抗原を抽出し、自家ワクチンも作成できます。

・ペプチドワクチンは、癌細胞が持つ蛋白分子を人工的に合成したものを材料とするワクチンです。これを接種し、同型の蛋白分子を持つ癌細胞を白血球に認知させ破壊排除に向かわせようとする療法です。
現在はWT1というペプチドがメインとして使用されています。

・樹状細胞(DC)療法は、患者の癌細胞の一部を取り出し、患者から取り出した培養した樹状細胞に食べさせて接種する方法と、患者から取り出し培養した樹状細胞を腫瘍内に直接注入するHITVという方法があります。
変性させた癌細胞の成分を食わせて、他の白血球に伝達させ、破壊排除に向かわせようとするものです。
HITVは、3センチほどの癌を5つ程度は消すことが可能とされています。
--------------------------------------
2の方法 (非特異的免疫療法)
・丸山ワクチンは、結核菌を煮沸しバラバラにした成分を抗原材料としています。この異物を皮下接種することで皮下のマクロファージが貪食(どんしょく)し、他の白血球に分解した成分を提示します。接種を継続することにより、今まで鈍かった白血球が活性化し、それまで認知していなかった癌細胞の存在にも認知が及び、破壊し、縮小なども起きることがあるものです。ただ、癌の腫瘍が存在する場合消失までの確率は低いでしょうが、再発予防としては有効です。

・LAK療法は、患者のTリンパ球(T細胞)を取り出して、IL2(インターロイキン2)というリンパ球が出す伝達物質を与えて培養し数千倍に増やし、キラー活性化させて患者に点滴で戻すもので、免疫細胞療法の草分けです。

・NK細胞療法は、患者のNK細胞を取り出して、IL2(インターロイキン2)というリンパ球が出す伝達物質を与えて培養増殖させて患者に戻すものでLAKの応用です。

LAK療法をはじめIL2での培養法は、そのほかにTIL療法などにも応用されていて、患者のリンパ球を取り出して=養子に出して増強させるという意味で、以前は養子免疫療法と呼ばれたことがあります。
いずれも米国の研究によるもので、現在もLAK療法やNK細胞療法は様々な免疫療法をされている医療機関で行われ、ある程度確立されている免疫細胞療法です。
これらの欠点は、培養して戻したそれら免疫細胞もいつまでもは生きていないことであり。結局は患者自身の白血球自体が活性化しない限りは完全治癒はしません。

・癌抑制遺伝子治療は、基本的には白血病ウイルスなどのレトロウイルスに、欠落しているP53などの癌抑制遺伝子を組み込んで、癌細胞の遺伝子に挿入させてアポトーシスという自然死を狙うもので、ウイルスの感染を利用したものですが、発癌の危険性もあり、そのほかのウイルスを使用するなどの研究がされていますが、確率されたものはまだ存在しません。
    • good
    • 0

私もガン患者です。


転移も2度経験したStage4です。

>癌を完治させるために、

ガンは完治しないと認識しましょう。
医師は完治などと言わないはずです。
ガンには、寛解という言葉があります。
CTや肉眼では見えない、あるいは小康状態という意味です。
ガンは血液に中で何年も生き続け、ある時他の臓器などに付着し
そこで増殖することもある病気です。
だから恐ろしいいのです。

>はっきり言って、副作用や悪い話も聞くので、不安もありますし、

手術後の抗がん剤は補助科学療法といいます。(手術で目に見えるガンは取り切った場合)
これは、再発を防ぐための予防的な抗がん剤です。
手術で取りきれないガンがあり、そのガンを叩くための抗がん剤とは全く目的が違います。
ですので抗がん剤は使ったほうが良いとのデータがあります。

「抗がん剤は効かない」や抗がん剤の副作用に関する著書は多くありますが
固形癌を取り切った後の補助科学療法については、抗がん剤は効果があると言われています
固形癌を無くすための抗がん剤治療と手術後の再発を予防する目的としての抗がん剤は
全く違うと認識しましょう。

ですので無理しない程度で抗がん剤を使うことをアドバイスします。
なお、副作用を少なくするために漢方やサプリメントなども使うと良いです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

本人が飲んでみて副作用に耐えきれなかったら辞めると言ってるので、そうしたいと思います。経験談、アドバイスありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2014/12/07 11:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q胃がんの症状について

胃がんの症状に、胃の不快感、痛み、食欲不振とありますが、
不快感や痛みはどの程度のものなんでしょうか?
食欲不振は食べ物を一切受け付けませんか?

Aベストアンサー

これはですね「特定の自覚症状ではない」と覚えておいてください。
それくらいに「わかりずらい」と思っておかれたほうが良いと思います。

ほぼ自覚症状無く、スキルス性の胃がんの場合もあります。
かと思えば、痛くてのたうち回っているけど、悪性ではなく胃潰瘍であった、ということもよくあります。
つまり、決まった自覚症状はないんです。

心配であるなら、今のところは胃カメラを飲むしか無いんですよね、残念ながら。
血液検査もまだまだ特定までは行かないですし…そういうことですね。

Q胃癌の抗ガン剤治療後の胃全摘出手術 今年2月に 父64歳ステージ4の胃癌になりました 転移もあり手術

胃癌の抗ガン剤治療後の胃全摘出手術

今年2月に 父64歳ステージ4の胃癌になりました
転移もあり手術は不可能で 余命宣告は13ヶ月から18ヶ月とゆわれました

それから父は癌専門の病院で抗ガン剤治療で1週間入院 2週間は自宅で抗ガン剤を服用 1週間は薬は休み

とゆう1ヶ月のサイクルでの抗ガン剤治療が始まりました。とかも辛そうでした。。。尿の出が悪かったり、腹水の可能性、検査もしながら、本当に辛そうでした。

そして2ラウンド目の事でした 急な高熱や便秘食欲は毎日なく急遽入院し1ヶ月ほど、点滴だけ水しか飲めず食事はなく間食の制限もされ、痛み止めのテープを貼り、やっと食事を出して貰えるようになっても、美味しくはなく、そして食べるのが怖いといい一切手を付けない日々がしばらく続きました。
本当にあのままじゃ、胸に埋め込みをされ、衰弱していき小林麻央ちゃんのような急変が起きていたかも知れません。お母さんも凄く心配し、そして、凄くいろいろ治療法に対して悩んでいました。

それでも家族が親戚がみんなが諦めてはいませんでした。
母もお薬と思って食べないとと毎日のように言っていました、本当はダメだけど ふりかけをかける許可を貰ったり、父はパンが食べやすかったようで、朝食はパンにして貰ったりと、私も少しずつでも食べてね お父さん大好きだから食べれるようになって早く回復して欲しいと励まし、沢山の孫がいる父に子供の日にみんなジィジに会うの楽しみにしているんだよと励まし、みんなが支えてくれたお陰で、父は食べてくれるようになり 父は見事に回復をしてくれたのです!!

回復したら…さぁまた抗がん剤治療のスタートです。
ちょうどこれで3ラウンド目です やはり辛くて、父は弱音を苛立ちを口にし出しました。もう抗がん剤治療を辞めたいと…寿命が縮まろうが、薬なく元気ではありませんが、元気にラクに好きな物め食べて過ごしたいと…でも、尿も問題なかって腹水の心配も消え、抗がん剤治療をまた続けられているのに勿体無いよ
先生と本当にちゃんと話しを聞いて、相談して結論を出すのはそれからにしよう!と説得とゆうか励ましとゆうか、父の抗がん剤治療に対しての検査結果はいつも本当に効いてくれていて、カンマカー指数はみるみる下がっていってくれていました!弱音や苛立ちや涙を流しながら、父は今まで頑張ってきてくれました!
その結構、先生から転移していた癌が何十ヶ所?何百ヶ所?もあったものに対して抗がん剤が効いてくれて全て消えている!癌その物も縮小しているよ!と嬉しい結果報告でした!検査次第ですが、この状態であれば手術に臨む事が可能ですと先生が!!

本当に奇跡だって思いました!!
余命宣告を受けた時には、抗がん剤治療をして回復してからの手術も不可能だと覚悟しておいて下さいと始めはゆわれていました。

検査の検査、父は手術が可能とゆう結果を頂きました!そして…本日2017/06/29 父は胃全摘出手術に臨んでいます!!

胃全摘出した後は一年をかけて食べるのを慣らしていって徐々に食べれるようになっていくそうです。

ここまで頑張ってくれた父に本当に感謝
そして、支えてくれた お母さんに本当に感謝
いつも治りますようにと祈っていてくれた親戚や子供達に感謝

でも…やっぱり不安なのは手術で完治するの??
やはり、寿命は限らているの??

ステージ4だった胃癌リンパ節への転移は無数にあった父、他の臓器での再発の可能性は??

嬉しいのですが、不安だらけで…

どなたか似た経験をされている方とお話しができれば嬉しいです!よろしくお願いします

胃癌の抗ガン剤治療後の胃全摘出手術

今年2月に 父64歳ステージ4の胃癌になりました
転移もあり手術は不可能で 余命宣告は13ヶ月から18ヶ月とゆわれました

それから父は癌専門の病院で抗ガン剤治療で1週間入院 2週間は自宅で抗ガン剤を服用 1週間は薬は休み

とゆう1ヶ月のサイクルでの抗ガン剤治療が始まりました。とかも辛そうでした。。。尿の出が悪かったり、腹水の可能性、検査もしながら、本当に辛そうでした。

そして2ラウンド目の事でした 急な高熱や便秘食欲は毎日なく急遽入院し1ヶ月ほど、点滴...続きを読む

Aベストアンサー

とにかく良い方向に向かっていて何よりです。
不安に思っても仕方無いことですから、やれることはすべてやればよいことです。
以下は参考までに

手術の知識に
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%83%83%E3%80%80%E5%8D%81%E4%BA%8C%E6%8C%87%E8%85%B8%E3%80%80%E7%A9%BA%E8%85%B8&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=bzt1U_jXDM-GuASymYCYDA&ved=0CFkQsAQ&biw=1288&bih=598&gws_rd=cr

術後の注意
下記サイトの胃切除後症候群はどれも重要なので知識を得ておきましょう。
ただ少し加えると胃切除後貧血のところでビタミンB12不足によって悪性貧血は3年以上後とありますが、そこに至る前にビタミンB12不足による認知症様神経障害が発生する可能性があります。定説にはなっていませんが福井大学の濱野氏がレポートされていますので、1年後からはビタミンB12の血液検査項目を入れておく方が良いでしょう。
http://www.cool-family.com/i/syougai.html

術後の腸閉塞の薬の一つの知識に
https://allabout.co.jp/gm/gc/405186/

癌に良いと思われる食品
http://ww35.tiki.ne.jp/~genese63/tranquil/foods.html
http://www.minamitohoku.or.jp/kenkokanri/201008/yasai.html
もたれない為に癌に良いジュースを加えるのも良いと思います。
https://www.amazon.co.jp/%E4%BB%8A%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%8C%E3%82%93%E3%81%AB%E5%8B%9D%E3%81%A4%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9-%E6%B8%88%E9%99%BD-%E9%AB%98%E7%A9%82/dp/4405091897

万が一の為の知識の一つに
今は自由診療薬代ですが今年秋ごろうまくいけば保険診療になるかも?
http://kusuri-jouhou.com/medi/cancer/nivolumab.html

頑張ってください。

とにかく良い方向に向かっていて何よりです。
不安に思っても仕方無いことですから、やれることはすべてやればよいことです。
以下は参考までに

手術の知識に
https://www.google.co.jp/search?q=%E8%83%83%E3%80%80%E5%8D%81%E4%BA%8C%E6%8C%87%E8%85%B8%E3%80%80%E7%A9%BA%E8%85%B8&hl=ja&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=bzt1U_jXDM-GuASymYCYDA&ved=0CFkQsAQ&biw=1288&bih=598&gws_rd=cr

術後の注意
下記サイトの胃切除後症候群はどれも重要なので知識を得ておきましょう。
ただ少し加えると胃切除後貧...続きを読む

Q胃がんの末期症状を教えてください。

末期の胃がんでしたが、医師の判断で胃は全摘出。余命1、2年の宣告。
胃がない状態で迎える、末期の症状とは、どのようなものになるのでしょうか?
通常は、末期だと胃の摘出をすることはないと聞きますが、胃を摘出すると、通常の末期症状とは異なるものが出てくるのでしょうか?

Aベストアンサー

専門家ではありませんからごめんなさい。
末期と言う事はすでに転移していると言う事ですよね。
そして胃がないとなると、胃の症状はないんじゃないですか。
転移した臓器の症状と言う事で、一定していないと思います。
胃を摘出していないと、癌が大きくなって食べ物が通りにくい、吐き気がするという事が起き、食べ物が通過するようにバイバスを作ることなど良く聞きますね。
胃が無くなってそういう事はないでしょうが、仮に腹部に転移したがんがあると、吐き気が起きる事は多いようです。

Q身内が胃がんの手術を受け 進行がんステージⅢ-Bと言われました

先月半ば身内(女性66歳)が胃がんの手術を受け来週から抗がん剤の服用をします。
漿膜まで行き、リンパ移転15個と言われました。
来週から抗がん剤服用をする予定です、先生に私も会いますので聞いておく事教えて下さい

1、他の臓器に転移していないか
2、リンパ移転の意味
3、他に先生に確認をする事は
4、今後の生活
      お願いします

Aベストアンサー


他臓器への転移(肝臓や肺)は、手術前に検査しているはずです
もし、転移があれば、予後を考慮して胃の手術を中止することがあります。


胃の手術が成功しても他臓器への転移の確率が高いということです
リンパ節は身体中を巡っており、リンパに転移があるということは
これから肺などへの転移の可能性があります。


これから始まる抗がん剤治療は、補助化学療法と言い
すでにガンの細胞がリンパ節を巡って身体のいたるところへ
回っていると考え、そのがん細胞を叩く治療です。


胃をどれぐらい摘出したかわかりませんが
通常は、食事を何回にも分けて食べ、胃に負担をかけない生活になります
無理をしないことです。

Q胃腸症状について 逆流性食道炎、胃潰瘍、胃がん?

当方、23歳の大学生です。

元々胃腸が弱く、3年ほど前より胃薬を飲み続けていました。
かかりつけのお医者様からは、「逆流性食道炎+過敏性腸症候群」と言われ、それ以来、胃酸を抑える薬や整腸剤等を飲み続けていました。

しかし、当方が引っ越したためお医者様を変えることになりました(変更先は消化器専門の方です)。
数ヶ月前に定期検診で診てもらった際は、「緊急事態ではないと思うけれど、お互いの安心のためにも、おいおい胃カメラをやっておいた方がいいでしょう。」ということでした。
この時には、とりあえずの検査としてエコー検査をやっていただきましたが、臓器の腫れや水がたまる等は全くなく、(エコーで見れる範囲で)臓器は健康そのもの、とのことでした。

そして、数日前に再び診てもらったのですが、いつも飲んでいる薬を飲んでも飲まなくてもあまり変化が無い事、それでも胃痛やむねやけ、便秘等の胃腸症状があることをお伝えしたところ、
「エコー検査も前回やったので、急を要する問題ではないと思うけれど、確認と安心のためにも胃カメラをしておいた方が良い(大腸検査はたぶん不要)。もしかしたら、胃潰瘍の可能性はある。その場合、治療が有効なので調べておきましょう。」と仰っていただきました。
しかし、当方が9月に大学院入試があります関係で、検査は9月末ということになりました。

しかし、「胃潰瘍」と聞いて不安になってしまいました・・・。
私自身、心気症的なところがありますので、色々考えてしまいます。

胃潰瘍とはどのような状態でしょうか?
また、逆流性食道炎では無かったのか、胃がんとは違うのか(実は胃がんだった、なんてことも)等々と考えると不安です。

また心因的なものとして、ここ数年、家庭や学校で大きな変化が立て続けに起こった事(引っ越し、立て続いた家族の入院、私の他大編入等)、私自身が異常に神経質であったり憂鬱になる時も多い事(強迫的な潔癖症で、手洗い過多です。)、院試等の大きなイベントがあること(私自身は苦痛には感じていませんが、やはり緊張はしています)も関係してますでしょうか?

なんか最近痩せたような気もしますし、不安です・・・。
教えてください!

当方、23歳の大学生です。

元々胃腸が弱く、3年ほど前より胃薬を飲み続けていました。
かかりつけのお医者様からは、「逆流性食道炎+過敏性腸症候群」と言われ、それ以来、胃酸を抑える薬や整腸剤等を飲み続けていました。

しかし、当方が引っ越したためお医者様を変えることになりました(変更先は消化器専門の方です)。
数ヶ月前に定期検診で診てもらった際は、「緊急事態ではないと思うけれど、お互いの安心のためにも、おいおい胃カメラをやっておいた方がいいでしょう。」ということでした。
この時に...続きを読む

Aベストアンサー

急ぐ話ではないですが、一度胃カメラをやって、ピロリ菌陽性の慢性胃炎なら除菌したほうがいいでしょう。ピロリ菌感染が胃十二指腸潰瘍の原因であることは20年以上前に証明されていますが、胃癌の原因でもあると疑われていました。

日本は胃癌の発生率が高く、昔は塩分摂取が多いのが原因とかいわれていましたが、今ではピロリ菌感染率が高いことが主因だと考えられています。ピロリを除菌すれば胃癌が減るのか、これを証明するのは色々と難しいかったのですが諸氏の努力により、慢性胃炎がある場合ピロリ除菌が保険適応となりました。抗生物質等を1週間のむだけですけどね。

年齢から考えて今胃癌がある可能性はかなり低いと思いますが、ピロリ菌感染があれば若い時に治療した方が良いと思います。

Q胃癌手術 腹腔鏡?開腹?支援ロボットって...

父(75才)が胃癌の診断を受けました。
ステージは1B(2に近い1)です。
転移はなく胃の3分の2切除手術をします。
内視鏡という選択肢はなく
腹腔鏡手術(支援ロボット)にするか医師による開腹手術にするか選ばなければいけません。
医師による開腹手術にするつもりでいましたが
病院では傷がキレイに切れるので腹腔鏡の方が
術後の癒着のリスクは少ないと言われました。

腹腔鏡手術支援ロボットというのは安全なものなのでしょうか?
内視鏡と違うことはわかりますが 開腹するかしないかの違いでカメラを見ながらの手術ということではないのですか?
胃癌の手術として一般的?というかお薦めというか
...
胃癌の摘出手術について何かご教授頂けないでしょうか?
また胃癌についても教えて頂けると助かります。

何卒 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

手術をするなら支援ロボット(ダヴィンチ)が良いですね。

今のロボットは、手ぶれも防ぐことができるようになっており

高度になってきています。

私は12年前に、幽門側を3分の2取りました。

スキルス性悪性胃癌でした。

開腹手術でした。

あの頃、ダヴィンチがあれば良かったのに、、と思います。

12年も経つと、胃も大きくなり、以前と同じように

食べられるようになりますよ。

Q胃がんの初期症状教えて下さい

先週から胃痛の不快感や食欲不振が顕著に出ていて、病院で処方された胃腸薬飲んでも治らず、げっぷがたくさん出てたまに胃液が混じってたりもします。

暖かいところではそんなに胃痛はしませんが、少し寒いとキリキリ痛みだすのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

胃がんは初期の場合、自覚症状がほとんどないことが多いです。
心配なら、内視鏡や、バリウム検査をしてもらうことをお勧めします。

Q大腸癌 2年程、抗がん剤の治療をしてました。これからも抗がん剤の治療はするつもりですが、転移がある

大腸癌

2年程、抗がん剤の治療をしてました。これからも抗がん剤の治療はするつもりですが、転移があるのと、原発を取り切れて無い事も含め、今回の抗がん剤治療は在宅ケアにする予定になりました。
大体で構わないので、金額がお分かりになる方教えて頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

金額とは、抗がん剤治療費用ですか?

CVポートを埋設するFOLFOXやFOLFIRI、さらにアバスチンなど
大腸ガンに使われる抗がん剤は多種ありますよ
しかし大半は限度額認定が受けられますので
所得や健康保険の種類によりますが1月4万円代8万円程度では?

Q胃がんの症状

低栄養による腹水が溜まると、なぜ腸蠕動運動が低下し、便秘につながるのですか?
腹水によって腸が圧迫されるからですか?
調べてみたのですが、答えが見つからず困っています。教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは!
腹水がたまると超を圧迫してしまうため、便秘になりやすくなるようですね。

下記サイトを参考にしてみてくださいです!

http://www.devillesonline.com/item/symptom.html

Q早期大腸がんで腹腔鏡手術を受けるんですが。

横行結腸(大腸)に早期がんがみつかり、腹腔鏡手術を勧められました。不整脈などこれまで、検査では起きたことは無いのですが、階段を上がるとすぐはぁはぁするなど、術後に不整脈になったらどうしよう、とか、不安です。でも、ここでがんを取ってしまえば、治るんだから、がんばらなくちゃ、とも思い、心が揺れています。心構えとして、術後どんなことがおきるのか、知っておきたいと思います。経験談などお聞かせいただければ、と思います。私は40代女性です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは、40歳代で病気ということで大変な御心労と思います。しかし、早期の大腸癌で、まして腹腔鏡でおこなえるのは非常に幸運です。少なくても低侵襲(体の受ける負担が少ない)です。手術は、当然全身麻酔なので麻酔科の専従医がいますから安心です。術後も、しっかりした監視モニターが着くので安心ですよ。誰しも経験したことがない事には不安がつきまといますが「手術によって被る利益」を考えればどうってことはありません。40代女性(受胎年齢)であれば、ピルの内服や特別の体質でないかぎり狭心症は考えにくいし、ヘビースモーカーでなければ肺気腫や肺繊維症なども考えにくいです。
施設や方針によって異なりますが、私の経験では内視鏡手術は、お腹に数個の穴があきます。カメラの穴、器械の入る穴、中の腸をよけたりする補助の穴等です。切り取った腸を外に出す穴は通常4cmくらい、その他は2cmくらいでしょう。術後は、あけた穴にドレーン(ゴムの管)が入り腹腔内のリンパ液の排出、万が一の出血の確認をしますが経過順調であれば数日で抜けるとおもいます。その辺の説明を担当医師に十分説明を受ければ不安はないです。それを(説明を)嫌がったりおっくうがったりする医師はお勧めできません。どうぞ、十分な説明を受けて不安感なく手術を受けてください。応援しています!

こんばんは、40歳代で病気ということで大変な御心労と思います。しかし、早期の大腸癌で、まして腹腔鏡でおこなえるのは非常に幸運です。少なくても低侵襲(体の受ける負担が少ない)です。手術は、当然全身麻酔なので麻酔科の専従医がいますから安心です。術後も、しっかりした監視モニターが着くので安心ですよ。誰しも経験したことがない事には不安がつきまといますが「手術によって被る利益」を考えればどうってことはありません。40代女性(受胎年齢)であれば、ピルの内服や特別の体質でないかぎり狭心...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング