第二次世界大戦の北アフリカ戦線について調べています。
政治的背景や戦いの流れはある程度資料が手に入ったのですが
現地の風俗や兵隊の装備や行動、戦地での日常などはわかりません。

なんか資料に心当たりがありましたら紹介をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

    • good
    • 0

オスプレイ・ミリタリー・シリーズってのがありますが、ご存じですかね。


北アフリカ関連で和訳されているものといったらこの辺になるかと思います。

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%82%BB%E3%83 …
http://www.amazon.co.jp/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E6%AC …
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82 …

DAKはロンメル将軍もあって人気ジャンルですから、大きな書店のミリタリーコーナーに行くと写真集やらなにやら一杯ありますよ。結構な値段がしますけどね・笑。

また、兵隊さんの装備などに関してはこのオスプレイ・ミリタリー・シリーズの原書(英語)版ならビジュアル的なものが出ていると思いますよ。20年くらい前にブームがあって当時のミリタリーやゲーム関連のお店によく置いてありましたが、今はどうなのかしら?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWWⅡの北アフリカ戦線に投入された車輌 艦船 飛行機等の兵器を教えてください

WWⅡの北アフリカ戦線に投入された車輌 艦船 飛行機等の兵器を教えてください

Aベストアンサー

きついようですが、ちょっと調べればずらっと出てきますよ。
一度調べて、それでも疑問があれば再度ご質問されたほうがよいかと。

北アフリカ戦線と言ってもそれに伴う地中海まで含むのかでも変わってきますしね。

Q関が原の戦いにおける戦線の長さ

ちょっと地図で調べてみたのですが、三成の陣と小早川の陣を直線距離にすると2キロ強くらいしかありません。7万人が布陣するとなると、3キロとしても1メートルにつき20人以上桃の密度になります。こんな事が可能なのでしょうか?なぜこんなに高密度なんでしょうか。戦国の合戦というのはみなこのような密度なのでしょうか。

Aベストアンサー

小早川勢は松尾山城にいましたので、高低差があります。これを外して考えると、笹尾山から山中村までの2kmで、軍勢は4万足らずになります。7万というのは、南宮山も含めての数字ではありませんか?
で、前線で戦闘するのは軍勢の3分の1程度、多くて半分です。残りは荷物持ちなので、普通は後方にいます。
2kmの前線に2万人がいたとしても(多く見積もってます)、2m間隔で20列になる計算かな? 計算違いだったらごめんなさい。
納得できる数字になるんじゃないでしょうか。

余談として。
行ってみるとわかりますが、大軍が戦うには、ほんとに狭いです、関ヶ原。

Qヨーロッパ戦線についてです。 米軍機はヨーロッパ戦線でも無差別に機銃掃

ヨーロッパ戦線についてです。 米軍機はヨーロッパ戦線でも無差別に機銃掃射を行っていたのでしょうか? 

Aベストアンサー

 ヨーロッパの空にドイツ空軍機が姿を消した頃の戦争末期なら、そのようなこともあったでしょうが、通常は地上を機銃掃射する必要性があるときに限って行っていました。

 兵站ルートや軽設備、兵士、それに輸送トラック群や鉄道機関車などが目標でした。しかし全ての機銃弾を撃ち尽くすことはありませんでした。そんなことになれば基地へ帰投する時点で敵戦闘機とかち合えば大変なことになりますからね。

 あとは書くのもむかつきますが、余裕をかましたパイロットたちが遊び半分でやるようなこともままあったようです。

 日本でも必要もないのにB29を護衛して日本本土へ飛来した戦闘機などが、田んぼにいる一般人や民家、それに罪もない人間を満載した機関車、漁船などを機銃で掃射している映像を見ることがあります。これらはすべてただの遊びであり無意味な殺戮です。

 当時米戦闘機にはすべての機体にガンカメラが備えられていました。これは機銃のトリッガーを押せば自動的にカメラが作動するもので、主に戦闘時の戦果を確認するのが本来の目的でした。しかし戦争が優位に進むにしたがって米パイロットたちは基地へ帰投後、そのガンカメラの映像に映る非戦闘員たちの逃げ惑う様や死んでいく姿を、酒を飲みながら笑って観ていたということです。 

 ヨーロッパの空にドイツ空軍機が姿を消した頃の戦争末期なら、そのようなこともあったでしょうが、通常は地上を機銃掃射する必要性があるときに限って行っていました。

 兵站ルートや軽設備、兵士、それに輸送トラック群や鉄道機関車などが目標でした。しかし全ての機銃弾を撃ち尽くすことはありませんでした。そんなことになれば基地へ帰投する時点で敵戦闘機とかち合えば大変なことになりますからね。

 あとは書くのもむかつきますが、余裕をかましたパイロットたちが遊び半分でやるようなこともままあっ...続きを読む

Q平地での戦いで用いられる主な戦術 騎馬での戦いで用いられる戦術 攻城の

平地での戦いで用いられる主な戦術 騎馬での戦いで用いられる戦術 攻城の際に使われる戦術 籠城の際に用いられる戦術 水軍で用いられる戦術などを教えてください
時代は古代から中世です
またこのような事を説明してるサイトや本を教えてください

Aベストアンサー

最近NHKでやっている、「名将の采配」が参考になるかも?

参考URL:http://www.nhk.or.jp/program/saihai/

Qソンムの戦い(フレール=クレスレットの戦い)で登場した戦車に関して質問です。

タイトル通りです。第一次世界大戦中の1916年7月から開始されたソンムの戦いでは、イギリス軍がドイツ軍相手に攻撃を仕掛け、多大な犠牲を被ったのち、1916年9月の調べてみるとフレール=クレスレットの戦いから戦車を投入したとの記載がありました。ただ、この時にイギリスは用意した49両もの戦車のうち、実際に戦闘に投入できたのはわずかに5両であったと聞きました。

第一次世界大戦のソンムの戦いではじめ投入された戦車というのは、ドイツの砲兵にやられたり砲弾でできた穴にはまって動けなくなるなどの情報もありますが、戦車というのはそれ単体では威力を発揮しなかったのでしょうか?

現在においても戦車単体では、敵の対戦車砲などによってすぐに潰されてしまいますが、第一次世界大戦だと防御側は有刺鉄線や塹壕、機関銃などによって圧倒的に優位であったため、あまり戦車は役に立たなかったという認識は合っていますか?それとも、違いますか?

Aベストアンサー

>フレール=クレスレットの戦い~の時にイギリスは用意した49両もの戦車のうち、実際に戦闘に投入できたのはわずかに5両であったと聞きました。

 49両中、10両が故障で前線まで移動できず、攻撃開始地点から実際に戦闘に参加したのは14両。戦闘開始で前進中5両が泥濘にはまって行動不能となった、ということでした。

> 第一次世界大戦のソンムの戦いではじめ投入された戦車というのは、ドイツの砲兵にやられたり砲弾でできた穴にはまって動けなくなるなどの情報もありますが、戦車というのはそれ単体では威力を発揮しなかったのでしょうか?

 そもそも、戦車が開発されたのは、塹壕や鉄条網を超越し、歩兵の進撃路を確保することによりこう着する戦況を打開するためで、戦車戦の用兵思想はなかったのです。

 ゆえに、防御装甲は船舶ボイラー用の鋼板を流用した程度で、ドイツ軍が敵の監視哨狙撃用に装備していた小銃用徹甲弾(smK弾)で戦車側板を打ち抜けていました。また、速度は時速約6キロていどでしたから、歩兵の協同がないばあい、ドイツ兵は容易に死角から戦車に迫って集束手榴弾を使用したり、開口部を銃剣でこじ開けたりして中の乗員を射殺しました。さらに、泥濘での立ち往生や故障などからドイツ軍に手に渡る例もありました。
 
 実際、のちにドイツ軍が戦車部隊を編成した際には、イギリス軍から鹵獲した改造戦車が主力となっていたほどでした。

 このように戦車が登場した初期は、前線のドイツ軍将兵に恐怖を与えた効果はありましたが、戦車戦闘の運用思想の欠如により戦況に大きな変化を出すには至りませんでした。
 
>第一次世界大戦だと防御側は有刺鉄線や塹壕、機関銃などによって圧倒的に優位であったため、あまり戦車は役に立たなかったという認識は合っていますか?それとも、違いますか?

 1917年11月、カンブレーにおけるイギリス軍の戦車大量投入(476両)による奇襲作戦は、それまで何度も失敗していたドイツ軍の前線を一日で突破するという画期的な戦果を挙げました。反面歩兵の協同を欠いた戦車群のみで前進したフレスキエルの戦闘ではドイツ軍野砲部隊により約30両の戦車が破壊されました。

 第一次大戦中の戦車の運用は、戦車の奇襲的な大量投入や、戦車と歩兵、砲兵などの諸兵科の連合的運用という大量殺りく戦へつながり、続いて起こった二次大戦、ついで現代までのきわめて重要な戦訓を生んだといえるでしょう。

資料:歴史群像 欧州戦史シリーズ『WWⅡ ドイツ軍装甲部隊全史Ⅰ』 学習研究社 2000年

>フレール=クレスレットの戦い~の時にイギリスは用意した49両もの戦車のうち、実際に戦闘に投入できたのはわずかに5両であったと聞きました。

 49両中、10両が故障で前線まで移動できず、攻撃開始地点から実際に戦闘に参加したのは14両。戦闘開始で前進中5両が泥濘にはまって行動不能となった、ということでした。

> 第一次世界大戦のソンムの戦いではじめ投入された戦車というのは、ドイツの砲兵にやられたり砲弾でできた穴にはまって動けなくなるなどの情報もありますが、戦車というのはそれ単体で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報