個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

大相撲で「インフルエンザにつき休場」とか「風邪で病欠」とかあまり聞きません。いくら健康管理といっても限度はある筈です。無理矢理出場してるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

さすがに関取クラスではそうはいきませんが(大なり小なり客足に影響する)、幕下以下の力士の場合「感冒(カゼ)のため○日間の安静加療を要する」という理由で休場届を出す例は実際にあります。



ちなみにインフルエンザの予防接種については、毎年12月前半に健康診断と共に行われています。もちろん体格が違うのでその効果がいかほどかは分かりませんが、元々力士の生活自体がインフルエンザ含む風邪菌・ウィルスは発生しにくい環境下にありますので(特に稽古場はその稽古そのものに伴う通気の良さ・適度以上の湿度)、力士はそれこそ寝床に当たる住環境(関取以上なら自宅、それ以下は住まう各所属部屋の合宿所)の風邪対策さえ整えれば、それほど感染するリスクは高いものではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほど、言い方は悪いですが下っ端は休んでも実害が無いのですね。

お礼日時:2014/12/04 19:47

こんばんは。


何年か前に力士が集団でインフルエンザにかかった事があると記憶していまして、ネットで調べたら、2009年に新型インフルエンザに感染していますね。

一般の方と同じように予防接種もされてますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
当時は日本上陸するしないで大騒ぎでしたね。隠し通せないと判断して公表したのかも知れません。

お礼日時:2014/12/04 19:36

No.1の回答のほかに「予防接種をしている」ということもあるかと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
彼等なら当然やっていると思います。

お礼日時:2014/12/04 19:32

会社員が仕事を病欠する感覚を力士に当てはめるのは、少し違うのかなという気がしました。


力士やプロスポーツ選手は、病気に対する意識が一般人とは違うと思います。


一般人なら「風邪=不運にも他人からもらった」という感覚ですが、力士やプロスポーツ選手にとっては「病気=不養生・不摂生の結果」なんじゃないでしょうか。
怪我でさえセルフコントロールの不足と批判されることがあるんだから、病気が許されるような甘い世界ではないんじゃないでしょうか。
その意味では、まず病気に罹らないようフィジカルコントロールは当然のように高い次元で取り組んでいると思います。

本人はもちろん、周りのスタッフ・付き人も、無用なリスクに繋がるような接触は避けさせるよう計らってると思います。
マスクに咳ゴホゴホしてるような人が力士にサイン貰いにいったって、多分接触は断られるんじゃないでしょうか。
それに比べると、一般人は力士と比べると、見ず知らずの人と接触する(病気をもらう)機会が、すごく多いと思います。
電車だったり街中だったり。興行中の力士が、無防備にそういった危険を冒すことはしないだろうし、周りもさせないんじゃないかと思います。

全て推測で書いてしまって申し訳ありません。
ですが、もし質問どおり無理矢理出場してる力士がいたとしても、推測ではなく「実際そうなんですよ」と認められる人は存在しないとも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに「インフルエンザだけど、まぁいいじゃん」と言って通用しないでしょうね。

お礼日時:2014/12/04 19:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング