ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

現在、カトリックを中心にキリスト教を学んでいます。プロテスタントとの違いは少しずつ分かってきたのですが、正教会との違い、そして正教会についてまだよくわかりません。

先日ニコライ堂を訪問したのですが、何か神秘的な感じがします。ただ、何となく近寄り難い雰囲気もあります。その点、カトリックはファミリアな感じがします。

どなたか、正教会についてよく御存じの方、正教会の教義、活動状況、信徒以外への受容度について、教えていただけないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こまごまとした話を書くよりも、こちらの日本正教会のサイトをご覧になって、リンク先等を見ていけば色々情報は見られると思います。



http://www.orthodoxjapan.jp/

あとは、初心者への信頼度の高い情報原としては参考URLとして挙げておきますが、上記サイトの「正教会の手引き」というPDFファイルをご覧になると宜しいかと思います。

他には以下のURLで参考書を正教会の司祭職の方が書いておられるので興味がおありでしたら読んでみてはいかがでしょうか。

http://kliment.cocolog-nifty.com/kandazoshi/2014 …

参考URL:http://www.orthodoxjapan.jp/pdf/new-tebiki.pdf
    • good
    • 0

僕はクリスチャン(カトリック)です。

従って、カトリックについては知り得る限りの事を懇切丁寧にお伝えします。ニコライ堂に行かれたと言う事ですが、神田のニコライ堂でしょうか?其所なら以前に行った事があります。
    • good
    • 0

 基本的には、同じイエス=キリストを信じており、教義においてはあまり変わりません。

ですので、聖書の日本語訳を一緒にしようとしたり(結局のところ、これまで日本の両教会が使っていた固有名詞を一緒にすることができず、断念。正教会=イエスス、カトリック=イエスなど。)するなどの交流は行われています。

 ただ、違いは国ごとにおられる主教(ニコライ堂は、ロシア正教)を中心に、物事が決定されるのに対して、ローマ=カトリックでは、教皇さまを中心として決め、それに基づいて各国の司教団や、特別な使命をもった修道会(ラサール会(子ども教育)、上智大学を運営しているイエズス会(神学教育))などが多様な活動をするという特徴を持っています。

人数的には、正教徒が1万人、カトリックが日本人45万人と日本在住の外国籍信者が48万人で約93万人となります。

それぞれ、いいところ、特徴があると思いますので実際に信者さんに会って確かめてみるのが一番確実かとおもいます。あとはwikiで日本のカトリック、日本の正教会とか検索するとそれなりの情報は出てきます。

※カトリックの回答者です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング