AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

戦いを煽るような歌詞の歌といえば、何がありますか?

最近では、進撃の巨人の「紅蓮の弓矢」が該当するかなと思います。

ご存知の歌があれば教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

・とある科学の超電磁砲OP 「only my railgun」



古いのだと、

・TOP GUN 「DANGER ZONE」

・MAN DOM「Lovers Of The World」


 辺りかな。
    • good
    • 1

HYBRID INFINITY 影山ヒロノブ


LEGEND of KAISER
戦いの詩 野川さくら
歌詞は不明ですが レクイエム ニ短調 K.626 ディエス・イレ
などですね
    • good
    • 1

QueenのWE Will Rock You は如何ですか?



    • good
    • 0

あまり興味はないでしょうが「軍歌」があるよ。




「同期の桜」とか。
    • good
    • 3

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦いたくなる映画音楽はありますか?

イベントのBGMの選曲を頼まれています。
パイレーツオブカリビアンの
He's a pirates
のように、情熱的で戦いたくなる映画音楽が他にあったら教えていただきたく思います。

Aベストアンサー

MI:2の Theme from Mission Impossible by Limp Bizkit
Speed 2 の TK remix by TK
007 の Die another day by Madona
Eye of the tiger by ?
映画ではないけど SKY HIGHT (ミルマスカラスのテーマソング)

Qやる気・闘争心が沸く、奮い立つ感じの音楽を教えてください。

やる気・闘争心が沸く、奮い立つ感じの音楽を教えてください。

洋楽、トランス等、アニメ・ゲームBGMなどを探しています。
参考として、以下のような音楽をよく聞きます。

・ロッキーのテーマ
・Danger Zone
・Sandstorm
・トルキア(攻殻機動隊2nd BGM)

パイレーツオブカリビアンのテーマのような戦闘風の曲や、
ラピュタの「ハトと少年」やオーケストラ風の音楽でも構いません。

というのも朝の長時間のランニングで聞かせて頂きたいと考えていますので、
聞く度に疲れた体を加速させてくれる音楽を探しているのです。

誰でも知ってそうなポピュラーな曲、一部の人しか知らないだろう隠れた名曲、
ちょっと古めの音楽、長く愛されてる音楽などジャンルは問いません。

1曲でも構いませんので、知恵をお貸し頂ける方いらっしゃいましたら、ご回答の方をよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「ロッキー」や「デンジャーゾーン」のイメージで、
映画関連が多いですが以下がおススメです。

○KING KOBRA「Iron Eagle(Never Say Die)」
○CHEAP TRICK「Mighty Wings」トップガン
○ROBERT TEPPER「No Easy Way Out」ロッキー
○JOURNEY「Separate Ways」
○BON JOVI「Runaway」

Yチューブで検索して下さい。

Q戦闘系BGMでオススメ曲を教えてください

戦闘シーン系の壮大なBGMを探しています。
どういったものかというと、エースコンバットの小林啓樹さんのような壮大で、
戦闘シーンに使われるような曲です。

他にもAvalonのログオフとかがすきなのですが、他にオススメの曲がありましたら、
ぜひ教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

また自衛隊画像で恐縮ですが、「エースコンバット」という曲もあります。
http://www.youtube.com/watch?v=I0a50qPMc2M&feature=related

Q四次元というのはどんな世界ですか?

そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?
三次元の世界とは縦横高さのある空間の世界だと思います。
これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?
我々の世界にも時間があるので、四次元といってもいいのでしょうか?
それとも四次元とは時間とは無関係の世界なのでしょうか?
あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタインでした。
 彼は、リーマンという数学者が作った、
曲がった空間の幾何学(現在リーマン
幾何学と呼ばれています)を使い、4次元の
空間が歪むという状態と、重力や光の運動を
あわせて説明したんです。これが相対性理論。

>これに時間の概念を足せば四次元になるのでしょうか?

 物理学的にはそうです。

 相対性理論の話に関連付けて説明するとこんな感じです。
例えば、下敷きの板のような平面的なもの(数学的には
これを2次元空間と言ったりします)を曲げると
いう動作を考えてみて下さい。下敷きに絵が書いて
あったとして、曲げながらそれを真上から見て
いると、絵は歪んで見えます。平面的に見て
いても下敷きという2次元空間が歪んでいる
ことが感じ取れます。
 2次元的(縦と横しかない)な存在である下敷きが
歪むには、それ以外の方向(この場合だと高さ方向
ですが)が必要です。

 19世紀に、電気や磁気の研究をしていた学者たちが、
今は小学校でもやる砂鉄の実験(紙の上に砂鉄をばら撒いて
下から磁石をあてると、砂鉄が模様を描くというやつです)
を電磁石でやっていたときに、これは空間の歪みが
原因ではないかと直感したんです。
 電磁石の強さを変えると、砂鉄の模様が変化します。
これを砂鉄が動いたと考えず、砂鉄が存在して
いる空間の歪みが変化したのでは?と考えたんです。

 3次元の空間がもう1つ別な方向に曲がる。
その方向とは時間という方向だということを
証明したのが、相対性理論だったんです。


>あるいは時間と空間を自由に行き来できるのが四次元なのでしょうか?

 4つ目の方向である時間は、存在していても
その方向に、人間が自由には移動する方法は
現在ありません。時間方向を自由に動ける機械と
いうのは、タイムマシーンのことなんですが。

 日常生活を考えてみたとき、縦、横といった
方向は割りと自由に動けます。1時間ちょっと
歩けば4kmくらい楽に移動できますが、
道路の真中で、ここから高さ方向に
4km移動しろと言われたら、人力だけでは
まず無理でしょう。
 飛行機やロケットといった道具が必要と
なります。
 時間方向というのは、このように存在していても
現在のところ自由に移動できない方向なんです。

 例えば、人間がエレベーターの床のような
平面的な世界に生きているとしましょう。

 この場合、高さ方向を時間と考えて下さい。

 エレベーターは勝手に下降しているんです。
この状態が、人間の運動と関係なく、時間が
経過していく仕組みです。

 人間もほんの少し、ジャンプして高さ
方向の移動に変化をつけることができます。

 同様に時間もほんの少しなら変化をつける
ことができます。

 エレベーターの中で、ジャンプすると
ほんの少し下降を遅らせることができる
ように、時間もほんの少し遅らせることは
できるんです。




 

>そもそも我々の住んでいる世界は三次元ですか、四次元ですか?

4次元であると考えると都合がいいというのが
現段階の結論です。

 100年ほど前、スイスのチューリッヒ工科大学
のミンコフスキー教授が物理学的な4次元の理論というのを
考えました。物理的な計算をするのに、縦、横、高さ
方向以外にもう1つ方向があるとして計算すると
うまく計算できることがあるというもので、
彼の教え子の一人が、4次元時空の理論と
して有名な相対性理論を完成させた、アルバート・
アインシュタイン...続きを読む

Q週何日くらい練習しますか?

うちの主人は、柔術をやっていますが、週に4日練習に行きます。
本当は週5日あるけれど、家族のために4日にしている、とのたまわります。
本当は、海外の大会にも行きたいらしいです。
主人の先生は、「妻より柔術が大事」と平気で言います。

先月第二子が産まれたのですが、出産前後も相変わらず練習に行っていました。
私が風邪をひいて寝込んでいても練習に行きます。
彼にとって、「練習を休む」という選択肢はほぼないに等しく(本人は否定しますが)、いかに練習を休まずに別のサポートをつけるか(病人の私の世話を他の人に頼むなど)ということにつきるようです。

一週間練習に行かないと、体がなまるそうです。

私はもう半分あきらめて、いかに自分の時間を楽しむかということを考えることにしました。

質問ですが、
ここのカテゴリーには、格闘技関係のスポーツをされている方がたくさんいると思いますが、
みなさん、週何日くらい練習に行きますか?奥さんとけんかになりませんか?
で、うちの主人みたいなのは、普通ですか?

Aベストアンサー

私は学生時代から合気道を始めて、週4日は稽古をしていました。
結婚してからは、週1日(日曜日だけ)にしましたが、これでも妻にはストレスがたまったらしく、子供が生まれてからは実質行くことができなくなりました。
子供が4歳になった頃に、再び始めましたが、それでも月2~3回、それでも妻がストレスを貯めはじめたので、恐る恐る行っている状態です。
私は、もう技を極めるとか考えなくなりましたが、今は仕事のストレス解消として続けています。とりあえず、稽古に行けば仕事のことはその間だけ忘れれるので。

私の知っている人でも、合気道が自分の趣味を超えた存在になって、2回離婚した人もいます。こういう人は、何をいっても聞きません。一方、私と同様に独身時代は熱心に稽古に通っていたけど、結婚したら道場から足が遠のく人はたくさんいます。そう言えば、盛大と合気道に打ち込んで、定年退職後も同じペースでやっていたら奥さんに離婚を切り出されて慌てて辞めた人もいました。
私は、家族が大事ですから、合気道は趣味以下の存在にしました。確かに合気道を止めた直後は、何か自分の行き方を否定された様で悲しかったですが、結局、自分が大事か、それとも家族を持った責任を大事に考えるか、を考えると家族と考えるしかないと思った次第です。

でも、心の広い奥さんですね。私の妻なら、とっくに実家に帰っていますね。

私は学生時代から合気道を始めて、週4日は稽古をしていました。
結婚してからは、週1日(日曜日だけ)にしましたが、これでも妻にはストレスがたまったらしく、子供が生まれてからは実質行くことができなくなりました。
子供が4歳になった頃に、再び始めましたが、それでも月2~3回、それでも妻がストレスを貯めはじめたので、恐る恐る行っている状態です。
私は、もう技を極めるとか考えなくなりましたが、今は仕事のストレス解消として続けています。とりあえず、稽古に行けば仕事のことはその間だけ忘れ...続きを読む


人気Q&Aランキング