ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

知り合いの話で何て言ってあげたらいいかわからないので相談させて頂きます
アドバイスお願いします

気になっている男性がいるそうです
結構前(一年未満)に遠くに行かれ、なぜかいなくなってから気になり始めたそうです

その後、何かのHPにその方の本名、役職、画像、県、支社名が公開されていたのをたまたま見つけたそうです
そしてどこでどう関わったか等、正体はうやむやにして明かさず、名前、連絡先、会社に送る事になった経緯、(もし名前を覚えていて)良ければ連絡して欲しい旨のメッセージを記入した手紙を送り、一ヶ月程経ったみたいですが何も音沙汰ないそうです
この様に似た様な経験されうまくいった方おられますか?
私的にはまだ可能性はあるなど言って励ましたいけど、相手の気が分からないのであまり期待させない方がいいかもとも思います

A 回答 (1件)

貴方の言う通りだよね?


中途半端な煽りは、
その後の落胆を深めるだけ。
良かったら連絡して欲しい。
今連絡が無いのは、
単純に「良く無かった」から。
彼女側がしたためた「良かったら」は、
あくまで表現上の謙遜であって、本心じゃない。
本心は、
是非連絡ください!なんだよ。
ただ、
突然の飛来に加えて、
感情的に圧のあるメッセージを届けても・・・
おそらく熱過ぎて、怖過ぎて触れない。
そう思った彼女なりに、
少しクッションとして「良かったら」と書いた。
でも、
本音は連絡して欲しくて欲しくて堪らない。
そんな彼女は、
手紙を投函して以来、
音沙汰を気にする日々なんだよ。
送信した時点で、受信体勢になっているから。
彼女の体感としてはとてもじれったい1か月。
彼には、
彼女側の心の変化が良く分からない。
遠くに「行かれた」関係。
彼は、
遠くに行った後更に彼女の存在感を後ろに廻している。
どんどん小さくなっている。
対して彼女は、
遠ざかった後に気になり出している。
彼とは全く逆の作業をしている事になる。
自分の中に大きく大きく育て出している。
日々気持ちを更新して、時間を距離を遡ろうとしている。
そういう自分の延長上で、
思い切って手紙での再連絡をという舵を切った。
届いた手紙は、
読めばそれなりには分かる。
でも、
彼の体内時計(流れ)とは全然合わないんだよ。
合わないからこそ、返事が出来ない。
手紙自体も擦れ違いの関係を具現化したような部分もある。
しかも、
良かったらという言葉を残している分、
どんな連絡が届いたとしても・・・
彼女目線では良かった「から」返事が来たんだ!
そんな単純な理解をされそうなんだよ。
それも、
相手にとって返事が難しい真実。
貴方がアドバイスするなら。
貴方(友達)はもう貴方のタイミングで動いたんだから。
後はもう相手のタイミング、相手の自由を尊重したら?と。
相手にも相手の自由がある。
動く動かないも相手は選べる。
貴方(友達)は、
常識の範囲(大体今年いっぱい)は待つ事にして。
来年になってしまったら、
返事が無い事が相手側の返事だったんだ。
そう受け止められるようにフォローしてあげれば良い。
受け止める相手あってこそ「活きた」思い。
上手く彼女の心の換気をしてあげられると良いよね☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

的確なアドバイス有難うございます☆
送った側と受け取った側の心理が分かり易く、納得しました
とりあえず今月中まで待ってみたらと伝えて無理だったなら来年フォロー頑張ります

お礼日時:2014/12/04 23:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング