人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

アコースティックギターを始め、先輩に「マイナーペンタは基本だから覚えろ」と教えていただき、
他人が弾いているコードになんとなくアドリブで合わせることができるようになってきたのですが、
やはり理論を熟知せず弾いているのでどうしても手癖になってしまいレパートリーが限られてきています。

例えば、Cのダイアトニックコードで、「ド(ルート音)」から単音を弾き始めると明るくなり、
「ラ(6度)」から単音を弾き始めると暗くなる……というのを何処かで読んだ記憶があるのですが、
ラから始めて、ラで終わるしっくり来る手癖がまだありません……

理論、手癖、どちらでもいいので、どのような動きをすれば哀愁ただよう様なフレーズが弾けるのでしょうか。
ご存じの方がいらっしゃいましたらご教授ください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>例えば、Cのダイアトニックコードで、「ド(ルート音)」から単音を弾き始めると明るくなり、


「ラ(6度)」から単音を弾き始めると暗くなる……というのを何処かで読んだ記憶があるのですが、

それは私が別の人に対して答えた回答文に書いたことかもしれません。
正確には、アドリブのフレーズは全く同じ、文字通り「全く同じフレーズ」を弾けばよいのです。
例えばキーがCメジャーでとして、あなたはCメジャーペンタでアドリブフレーズを弾くとします。
ここで注意しなければならないことは、「キー」とは「伴奏のキー」であるということで、伴奏トラックを鳴らすか、誰かにギターかピアノなどで伴奏してもらわないと何の意味もありません。
これで、明るい調子のカントリー調ミュージックが鳴ります。
そこで、あなたはそのままCメジャーペンタでアドリブを弾き続け、伴奏の人にキーチェンジをお願いします。
キーをCメジャーからAメジャーに変更して伴奏を弾いてもらうのです。
そうするとア~ラ不思議、ブルース調の渋い感じの音楽に変わりました。
逆に伴奏のキーを固定した場合は、アドリブフレーズを弾いている左手のポジションを、上に3フレットスライドしたポジションで弾けば、同じ効果が得られます。スライドする前はカントリー調で明るい感じ、スライドさせると渋い感じになります。
この現象についてはもちろん理論がありますが、理論を知らなくてもそのような現象が起こることを知って入れば、同じフレーズの使いまわしとして広く応用できます。
また、キーがAメジャーのときにCメジャーペンタでアドリブを弾くと渋い感じになりますが、コードが変わった時に、それを無視して同じポジションで弾き続ける方法と、コードが変わった時に左手のポジションをスライドさせる方法があります。左手の手癖で同じフレーズを弾いたとして、Aコードの時にはnポジション、Dコードのときにはn+5ポジション、E7のときには、n+7またはn-5ポジションにスライドさせて弾くのです。これだけでも聴いている人には響きが変わったように聞こえます。
いずれにせよ、もっとも重要なことは、「伴奏をつけて練習すること」です。
アドリブは、伴奏の音と自分で弾くアドリブの音とがぶつかったり溶け合ったりすることを楽しんでイルノデスカラ、アドリブの練習と言いながら、伴奏なしでやっているのでは練習の意味は薄いものとなります。

>理論、手癖、どちらでもいいので、どのような動きをすれば哀愁ただよう様なフレーズが弾けるのでしょうか。

上記のとおり、伴奏キーをAメジャーとして、あなたがキーCメジャーペンタでアドリブを弾くと哀愁漂うブルースになります。もちろんキーCメジャーペンタとAマイナーペンタは全く同じものです。その音列はドレミソラドであり、どの音から始めても同じです。また、この音列にミ♭を追加すると一層ブルージーになります。哀愁を漂わすためには、「Cメジャーキーでは、Cマイナーペンタを使う」「キーAメジャーのときには、Aマイナーペンタを使う」ということを覚えておいてください。始まりの音は関係がありません。
またカントリー調の明るい響きが欲しいときには、「Cメジャーキーの時には、Cメジャーペンタを使う」「Aメジャーキーのときには、Aメジャーペンタを使う」ということも覚えておいてください。
始まりの音とか、どのようなフレーズを作るかは全く関係がありません。伴奏のキーとアドリブに使うペンタのキーの相互関係だけで、哀愁が漂ったり、明るくトボケた響きになったリします。
しつこく・くどく言いますが、明るいカントリー調か渋いブルース調かは、あなたの弾くフレーズには全く関係がありません。「伴奏のキー」によって左右されるのです。逆に伴奏キーを固定した場合は、あなたの左手のポジションによって響きが変わるのです。もし、伴奏が無ければ、ぶつかることも溶け合うこともないので、無味乾燥なだけで、哀愁の漂いようがありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかり易い解説有難うございます!文句なしのベストアンサーです。
確かに伴奏があってこそのアドリブですね……
ループステーションなどの購入を視野に入れます。
ありがとうございました

お礼日時:2014/12/07 01:55

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング