AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

いつもお世話になってります。
エブリイワゴンを新車または中古車(新古車)で購入しようと考えております。
以下の2択で皆様ならどちらで購入されますか?
またメリット、デメリット、ご自身の体験談等
ございましたらご享受頂けると幸いです。

●価格(総支払額)
新車購入だと173万円
中古車(走行4km)だと162万円

というのが最終商談での見積り価格です。
※現在乗っている車が古いため下取りは0
●保証
新車の場合はディーラーでの次回車検までのメンテナンスパックつき、新古車(中古車)の場合は通常の新車保証のみ。(保証継承)
※メンテナンスパックは1.3.6.12ヶ月~初回車検までの定期点検、エンジンオイル・エレメント交換無料
何か不足のことがございましたら補足させて頂きます。何卒よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

たった11万だけど・・・されど11万円ですね・・・



私の場合は、
そう言った車だと、どうしてもメーカーオプションが付くので新車しか購入出来ませんが・・・
欲しい装備がそろっているなら新古車でも・・・

メリットは11万円安い
デメリットは車検が少し短い
あとは欲しい装備がすべてそろっているか?ってところです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
やっぱり11万の差は大きいですよね。
それだけあればその気になええばナビ、タイヤもつけれますもんね。
お忙しい中のご回答ありがとうございました。
参考にさせて頂きますね!

お礼日時:2014/12/05 22:52

新古車は、最低限の装備しか無い車が多いのが難点。


お気に入りのグレード、色、装備が付いていて満足のいくものであれば新古車でも良いと思います(^^)
なければ、新車で!
購入時じゃないと付けられない装備もあるので注意。


それと、メンテナンスパックは以外と高いのでつけなければもっと安くなるのではないかと…
正規ディーラー+純正品に拘るのなら必要かなと思いますが。

余談ですが、そろそろ時期的にエブリ系はフルモデルする様な…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
グレード、色も希望のものでしたので
新古車で決めてきました。
近々エブリイ、モデルチェンジするみたいですね!

お礼日時:2014/12/07 23:31

新車。



グレードやカラー、欲しい装備品(メーカー+ディーラーオプションの有無)がどうなっているかがわからないけど、仮に同じだった場合は新車ってこと。
たった11万円の差というのと、メンテナンスパック付(個人的に入らないけど、点検・オイル交換費用もそれなりの額になるし)という点で。
新車のほうは値引き込でこの見積額かな?もしそうなら、5万くらいは値引きとしてあるので、実質たったの5~6万の差って事にもなるしね。
それに、いくら走行距離が短くても、登録した日によって車検がそれだけ短くなるし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
メンテナンスパックというのは惹かれますよね。
新車を購入するのは初めてなのですがディーラーで買うと後が安心という話も聞きますもんね。
(新車での購入が初めてなので恥ずかしながらこの安心というのが実はよく分からないのです。(笑))
グレード、カラーは全く同条件です。
オプションはウインドウのワイドバイザーと社内マットがディーラーでは純正品で中古車の方は社外品となっております。
新車は値引き込みでこの額です。
(値引き総額は知人の紹介ということもあり
20万値引きです。)
車検の差は約2ヶ月の差があります。
大変参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2014/12/05 22:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽貨物バンに乗用タイヤを履かせたい

4ナンバーの軽貨物バンに乗っていますが、滅多に荷物を載せない(載せてもたいした量ではない)ので
乗り心地とブレーキング性能を改善するべく乗用車用のタイヤを履かせたいと思っています。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5639434.html
↑のNo.2の回答で、タイヤの耐荷重能力が純正タイヤと同等なら車検に適合するとありますが、
145R12 6PR LTタイヤと同等以上の耐加重値を持った乗用車用タイヤはありますか?

また、インチアップも可能とありますが、タイヤの外径の変化はどの程度までが許容範囲ですか?

現在乗っている車の車両重量は980kgで、最大積載量は350kg(4名乗車時250kg)です。

Aベストアンサー

http://tyre.dunlop.co.jp/b_tyre/attention/shogen.html

この諸元表の中の、「 LIGHT TRUCK ○ 小型トラック用 」をご覧下さい。

145R12-6PRの最大負荷能力は 「450kg」 です。

一方、乗用車タイヤは、「 ロード・インデックス値 」で表されることが多いものです。

その ロード・インデックス値が 450kgの対荷重を満足するものは・・・

http://www.bridgestone.co.jp/tire/basic/ap_list.html#basic-ttl01

「 ロード・インデックス値 」が 「 80 」のものです。
この数値以上を持ったタイヤならば、どんなサイズであれ、現在の保安基準には適合します。

ただし、注意が必要です。

先の 「145~」の貨物用タイヤの 最大負荷能力は、「空気圧 350kPa」の時です。
乗用車タイヤのロード・インデックス値は、「 240kPa」を前提としてます。

ですので、今後購入された 「 ロード・インデックス 80以上 」のタイヤには、
必ず 「 240kPa」の空気圧を守らなければなりません。
その空気圧の時に、「 450kg 」の耐荷重能力が発揮できるのですから。
(ただ、軽貨物車で、350kPaなんて空気いれてるクルマに とんと出会いません。 当方、自動車修理工ですが。)

あと、ホイールの強度に関して。
もともと貨物を積むのが本来の「軽貨物車」ですので、タイヤのみならず、ホイールにも強度要求されます。
アルミホイールの場合、 「JWL」マークが付いてることが必要です。
(厳密に言えば、JWL-T ですが、そこまでは求めないかも。っていうか、このJWLでさえ認識されずに通っているのが現状です。)


質問者さんが どんな乗り方(滅多に荷物を載せない、載せてもたいした量ではない)されようとも、検査基準では、「 ロード・インデックス 80 」を満足していなければ、車検には通りません。

また、外径が変わるとスピードメータに誤差が生じます。
絶対に誤差があってはならない・・・というものでもありません。

プラス側に15%、マイナス側に10%まで許されてます。
(ほんのチョット前までは、マイナス側への誤差は一切ゆるされてませんでした。
いつも法がコロコロ変わるのには閉口してます!)

というわけで、タイヤサイズに関しては、

http://www.tiresize.net/rim/rim.htm

・・・なサイトを参考に、検討してみてください。

(空気圧、240kPa というのは、単純に1/100にして 「2.4キロ」と考えてくださって結構です。 350kPaも同様です。 「3.5キロ」と考えてください。厳密にはチョット違いますが、まあ、ザックリと。)
 

http://tyre.dunlop.co.jp/b_tyre/attention/shogen.html

この諸元表の中の、「 LIGHT TRUCK ○ 小型トラック用 」をご覧下さい。

145R12-6PRの最大負荷能力は 「450kg」 です。

一方、乗用車タイヤは、「 ロード・インデックス値 」で表されることが多いものです。

その ロード・インデックス値が 450kgの対荷重を満足するものは・・・

http://www.bridgestone.co.jp/tire/basic/ap_list.html#basic-ttl01

「 ロード・インデックス値 」が 「 80 」のものです。
この数...続きを読む


人気Q&Aランキング