痔になりやすい生活習慣とは?

こんにちは。はじめて利用させていただきます。
11歳の娘は、今年、斜視の手術を受ける予定なのですが、
娘は2年前に急性虫垂炎の手術をうけ、術後2ヶ月の頃、傷口が不良肉芽となり、縫合糸が体内から出てきました。
 皮膚科の先生からは「縫合糸に対する拒否反応」と言われました。
 ご相談したいのは、眼の手術でもこの拒否反応が起こる可能性があるかどうか、そして、起こった場合はどのような症状でどんな治療がなされるのかです。
 主治医の先生は縫ったところが炎症を起こす事はあるけども、拒否反応は今のところ経験がないおっしゃっています。 よろしくお願いいたします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。


それは恐らくアレルギーの一種なので、同じ種類の縫合糸を使えば当然また起こると考えられます。

この場合、一番理想なのは、その皮膚科の先生と今回の主治医で連絡をとってもらう事です。

今回の主治医に前回の顛末と、その先生のいる病院を伝えてください。

この回答への補足

盲腸を手術していただいた先生に、糸の種類などの内容に関するお手紙を書いていただいて、それを眼科の先生にはすでに見ていただいています。 眼科の先生は50歳台の経験豊富な斜視専門の院長で、その先生が縫合糸による拒否反応は今まで1度も経験がないとおっしゃっています。
 今日、実は近くの総合病院の眼科の先生にも相談に行ったのですが、「盲腸の術後の事は本当に糸に対する拒否反応だったのか?自分も14年間、網膜はく離や、緑内障、斜視の手術をしてきたが、縫ったところがばい菌で炎症を起こした事は有るが、糸に対する拒否反応は経験がない」と、主治医の先生と同じ事をいわれました。 
 明日、盲腸を切っていただいた先生に、本当に拒否反応だったのか、それとも他に原因が考えられるのか聞きに行こうと思っています。
 

補足日時:2004/06/09 11:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返事ありがとうございます。
お礼のやり方を間違えてしまい、遅れてしまいました。
失礼致しました。
 もし、よければもう少し詳しく聞かせていただけないでしょうか?
 私が現場の医師3人(眼科)にたずねた範囲では、縫合糸による拒否反応は経験がないとおっしゃっています。
 娘はきわめて稀な体質なのでしょうか。
それとも、盲腸の術後、糸が出てきたのは、他の事が原因しているのでしょうか?
 私の中で考えが繋がっていないのです。

お礼日時:2004/06/10 09:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手術後の部位から糸のようなものが出てきました。

主人は二年前に足を複雑骨折して、手術をしています。
今日、その手術した傷口から青いナイロン素材のような釣り糸にもみえる糸が出てきました。
普通は透明なようなものではないのですか。

最近手術には溶ける縫合糸を使うといいますが、
溶けているようにはみえないのですが・・・

まだ他にも残っていないか心配です。

主治医に聞くのも失礼かなと思うのですが
はっきり聞いたほうがいいのでしょうか。
 
経過が悪く未だ完治していないので、これがげいいんなのかなと思えてしまいます。
何度もレントゲンをとっているのにうつらないのですかね。

Aベストアンサー

いろいろな病状にあわせて縫合糸を使うのでなんともとりとめのないアドバイスになってしまいますが、

病状によっては固定のため溶けない糸を使用する場合もあります。
生体への異物反応が少ないものを使用するのですが、なんといってもそこは生物なので「絶対に」異物反応がないかといわれるとその限りではありません。
異物に対して生体が反応すると質問にあるように「傷の外に糸がでてくる」ことがあります。
その場合にはでている糸を取る(切る)ようにします。
糸はレントゲンには映りません。
開放骨折で感染の既往があり、いまだ完治していないという質問の内容からすると、
縫合糸に対する異物反応が強くおきていて体外に糸が排除されているという可能性が否定できません。

なんにせよ医師に創部を処置してもらう以上の的確なアドバイスはできませんので、ご参考までに。

Q手術後の傷口から白い糸が出てきました

2ヶ月前に心臓を手術して、縦に20センチほど傷があります。

傷は赤い線のようになってるのですが、傷の、下から1.5センチ位のところから白い糸が出てきているのを見つけました。

1ミリほど出ているので引っ張ってみたのですが取れません。
強く引っ張るのも怖いし、かといってこのままでは気になるし…

どうしたら良いでしょうか。

Aベストアンサー

真皮層の縫合糸だと思われます。手術創は、表皮の糸だけで皮膚を縫合しているのではなくその下に何層もある筋肉なども縫合しています。吸収糸もしくは絹糸で縫合するのが一般的ですが、まれにこれらの糸に対して拒絶反応を示す患者がいます。また糸がなんらかの原因で感染を起こし、異物として排除される場合もあります。どちらも糸が表皮にぽつんと顔を出すことで気がつくわけですが、主治医に診察し除去してもらう必要があります。早めに診察してもらってください。

Q溶ける糸が溶けない

ちょうど一ヶ月前に、乳腺の良性腫瘍の摘出手術をしました。
その時に溶ける糸を使ってるから自然に溶けますが、溶けなかったら教えてねといわれました。

糸の端(結び目の端?)が丁度外に向かって出ているので触るとチクチクするし目にも透明な糸が見えて1,5mm位飛び出ていますが、触っても硬くて溶けそうな様子はありません。。

色々と検索してみたんですが出産時の話や整形の話ばかり引っかかってきて私のようなケースに使う糸の話があまり出てこないのですが、そこには糸が溶けるには結構時間がかかって完全には2,3ヶ月かかると書いてあったんですが・・

私のこの糸はもう少し待っていれば溶けてくれるのでしょうか?
乳腺の手術に使う糸はどの程度の期間で溶けてくれますか?
教えてください。
それによっては病院に言わなければなりませんが、遠いので出来るだけ避けたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

外に出てる部分は溶けません。

 溶けたら保管とかできないですから(^_^; 使おうとしたら溶けていたら困りますもん(^_^;


皮膚の中の部分が溶けます、だから境界面で千切れちゃうんですが。
体調や体質によって溶ける期間は違いますが一月経ってまだ溶けない、邪魔ならば切ってもらうのがいいでしょう。

Qこれは医療ミスじゃないですか???

去年12月に急性盲腸で手術をして、今年の2月頃に鈍い痛みと縫い傷から出血が!病院でみてもらったら、「抜糸の時にとり損ねた糸が中で化膿している。」とのことで抗生剤をもらって飲みました。その時はそれでよくなったのですが、最近になってまた痛みが・・・!
そういえば・・・前に見てもらった時「何度も繰り返す可能性があるので、次にまた同じ状態になるようだったら、もう一度手術で摘出した方がよいでしょう。」と異っていたのです。
でも、よく考えたら医療ミスではないんですかね???
訴える事とかできないんでしょうか???

Aベストアンサー

医療ミスではありません。

No.7のお答えにあるように、この状態は「縫合糸膿瘍」といいます。
虫垂炎のように手術野が汚染される手術では、手術に何の不手際や落ち度がなくても起こりうることです。「虫垂に炎症がおきてしまった」のと同じように、「縫合糸に感染をおこしてしまった」という新しい病気が発生したととらえるべきです。

訴えを起こすのであれば、医療ミスの訴えは認められないでしょう。
病院としてもカルテの改ざんを図るような必要はまったくありません。どうぞごらんになって下さい、と言うでしょう。

「抜糸しの時に取りそこねた糸」というのは間違った説明でしょう。そのような糸が縫合糸膿瘍の原因になることはまずありません。抜糸をしない、深部の縫合糸に感染したのだと思われます。

訴えることができる可能性があるとすれば、
1.手術前に、このようなことが起こる可能性があることを聞いていなければ、術前の「説明責任」を問う。あるういは、縫合糸膿瘍について十分に説明をしなかった、間違った説明をした可能性があることの責任を問う。
2.何度もくりかえして、通院が長引いたことに対する慰謝料の請求。
になると思います。これも判決で認められるかどうか微妙なところです。勝ったとしても金額は些少でしょう。(裁判というのは最終的に金銭で決着をつけるので、勝訴したとしてもお金を得ることができるだけです。このようなことがあることを世間に訴えるとか、謝罪を求めるとかはできるものではありません)

医療ミスではありません。

No.7のお答えにあるように、この状態は「縫合糸膿瘍」といいます。
虫垂炎のように手術野が汚染される手術では、手術に何の不手際や落ち度がなくても起こりうることです。「虫垂に炎症がおきてしまった」のと同じように、「縫合糸に感染をおこしてしまった」という新しい病気が発生したととらえるべきです。

訴えを起こすのであれば、医療ミスの訴えは認められないでしょう。
病院としてもカルテの改ざんを図るような必要はまったくありません。どうぞごらんになって下さい、と...続きを読む


人気Q&Aランキング