個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

警察の仕事って、実に多様ですね。大部分は被害者と加害者のいる犯罪で加害者を捕まえるのが、
主な仕事だと思いますが、山岳での遭難者を捜索したり、選挙のように 被害者と加害者のいない犯罪を取り締まったりと....私も小さい時は 警察のイメージと 選挙の取り締まりの結びつきが いささか ピンと来ませんでした。
さて、衆議院選も近づいてきましたね。全国の警察も年末ということもあり、さぞ忙しいことと思います。

しかし、選挙の取り締まりを見ていると どうも恣意的というか不公正な要素も感じます。
警察は建前上は 公平・中立で無ければならないはずですが、なぜか、泡沫候補みたいのが 小さな違反で叩かれるケースばかりが多く、警察に大きな影響力を持つ国会議員が立候補すると警察の捜査も及び腰になっているのではないかと疑いたくなることも少なくありません。

そこで質問ですが、警察の選挙の取り締まりって、政治的な圧力を受けていることってないんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

警察・検察と癒着しているのは自民党の中でも町村派です。



私の知人の妻はレイプされ妊娠までさせられました。
口にはタオルを押し込められ・・・。

しかし、犯人側に財界有力者がいたためそこからの依頼(町村派元幹部経由)で警察は動こうとしなかったとのことです。そればかりか被害届けも受理しようとしなかったそうです。
被害者側はそのことを読売に告発したそうです。
ところが読売はそのことを即座に警察に連絡し隠蔽を促したのです。

警察(公安)は告発側の(親類、友人、知人を含む)粗探しをし逮捕寸前であることを持ち出し、司法取引的に口封じしたのだそうです。

知人とその家族はしぶしぶ泣き寝入りすることを受諾したそうですが、いまでも警察や読売を憎みつつ苦しみ続けているのです。(常に監視されているとも・・)

国家権力からの知人家族への脅しは相当に厳しいものらしく、子供の将来を考えたらこのことは絶対に口外できないといっていました。

本当に汚い日本の毒素は自民党町村派、警察の幹部、読売新聞社にあるのだと私は思っています。

当然、選挙においても警察の動きは不公正なものです。

自民党町村氏の選挙区でも、町村氏を破った民主党議員が警察によって潰されましたが「やっぱりやってきたか」と思いました。

ご参考まで・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

警察ってひどいところですね。でも、このサイトには 警察びいきのお目出度さんも多いですが。

お礼日時:2014/12/07 14:41

>警察が最初から当選しないと見込めば、勇み足で捜査するということですかね。



そういう無駄なことはしない。
そもそも、選挙違反は、微罪なので、
立件しても、たいしたことない。
ただ、大げさに報道されるので、注目が集まるだけのこと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ということは警察も張り切って捜査しているわけでもないということでしょうか?

お礼日時:2014/12/07 18:59

与党や実力者には、警察は弱いと聞いています。



やはり権力者にはかなわないのでしょう。

野党とりわけ日本共産党には厳しいと聞いております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>野党とりわけ日本共産党には厳しいと聞いております。
目の敵にしている面もあるかもしれませんが、やはり、一目は置いていて、少し恐れているところはあるかもしれせん。

お礼日時:2014/12/07 11:52

”大部分は被害者と加害者のいる犯罪で加害者を捕まえるのが、


主な仕事だと思いますが”
   ↑
大きく分けて、司法警察と行政警察があります。
司法警察というのは、発生した犯罪を取り締まる仕事で、
行政警察てのは犯罪の予防を目的とする仕事です。
交通安全教室なんてのが後者です。


”選挙のように 被害者と加害者のいない犯罪を取り締まったりと”
     ↑
犯罪の種類分けには色々ありますが、侵害される
法益で分けるのが一般的です。
殺人などは個人的法益と言われますが、
選挙犯罪は国家的法益と言われます。
つまり、被害者は国家であり、国民全般という
ことです。

ちなみに、公然わいせつなどは、被害者無き犯罪と
言われることもありますが、この場合は社会が被害者
だと言われています。


”警察の選挙の取り締まりって、政治的な圧力を受けている
 ことってないんでしょうか?”
    ↑
政治的圧力を受けているのは少ないです。
その代わり、自主規制てのがかなりやられているそうです。

昔の話ですが、警察庁が次のような訓示を出して
問題になったことがあります。
「野党候補は徹底的に取り締まれ。
 自民党の時は慎重にやれ」

検察官、警察に、オフレコで訊いたことがありますが
やはり、大物とか与党の場合は慎重になるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど、社会通のhekiyuさんらしく、シビアな分析ですね。

>ちなみに、公然わいせつなどは、被害者無き犯罪と
言われることもありますが、この場合は社会が被害者
だと言われています。
でも、これは間近で目撃した人が被害者に近いと思いますが。

>その代わり、自主規制てのがかなりやられているそうです。
結局は見えない政治的圧力でしょうね。


ただ、私が公平性を疑ったのは 選挙というより、賄賂なんですが、小さな町の町長が 数10万円程度の収賄でパクられたかと思えば、知事が 億単位の収賄疑惑があっても、警察の捜査が入らないことです。

お礼日時:2014/12/07 11:26

有力候補は所属政党や候補者本人に”選挙のプロ”というか、相応のアドバイザーが就いているから、立件のためには投票行動に直接的な影響を与えかねない捜査が必要になると判断される、微妙なラインを突いているケースが多い。



一方で、泡沫候補は選挙の制限を読み切れずに(理解能力が無い?)、微罪の範疇(稚拙な違反)であっても、あからさまな選挙違反であり、”(面倒であっても)警察が動かざるを得ない”行動が多かったんじゃないか と。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

なるほど、疑問も残りますが、そういうのも一理あるかもしれませんね。

お礼日時:2014/12/07 10:52

国会議員には、いわゆる不逮捕特権があります。


なので、当選してしまえば、訴追をすることは、
余程の事件でなければ難しい。

また、選挙期間中の操作は、選挙結果に影響を
与える可能性があるので、情報収集だけで、実際に動くことはない。

なので、落選した候補があげられるという傾向があるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ということは、警察が最初から当選しないと見込めば、勇み足で捜査するということですかね。

お礼日時:2014/12/07 10:09

わざわざ公示されてからネットで政府批判をしているのは、もっぱら野党支持者です。


なので、取締は”公平で平等”ですが、実際に取締を受ける方は恣意的と感じるかも知れません。

政府側は、わざわざ野党を攻撃しなくてもいいので、しないだけですね。
勝手に自滅するだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

少なくとも、今の自民党には入れたくありませんね。

お礼日時:2014/12/07 10:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察が選挙違反を取り締まるのは

警察の主要な業務と言えば、犯罪が起きたら犯人を捕まえることですよね。そして、選挙違反を取り締まるのもまた警察の仕事ですよね。どちらも社会のルールを破っているわけですから当然と言えば当然なのですが、いまいち腑に落ちない部分があります。というのは、泥棒と選挙違反を同じ組織が扱うという点に少し疑問があります。先ず、選挙というのは政治に直結するものであり、国家権力が干渉すると ややこしい問題を含むことです。次に、警察は点数目的の為に選挙違反を捏造して冤罪を出す可能性もあることです。大分県の志布志市の事件がありましたよね。そのくせ、警察に大きな影響力を持つ国会議員が立候補すると警察の捜査も及び腰になりがちです。あと、関係ないんですが 本来は別の役所が管理しているものを警察が受け持つと、すぐ逮捕とかなっちゃいますよね。極端な話、食料品店でで賞味期限を過ぎた商品を売ったら、店員が逮捕されてしまいます。
そこで質問ですが、警察が選挙違反を取り締まるのは問題がないんでしょうか?

Aベストアンサー

まず
・政治家の汚職は野放しに出来ない。
・対応できる組織が警察しかない。
という現実問題があります。

確かに問題が無いわけではありません。現に戦前の官僚たちは政党の力をそぐ為に警察の選挙取締りを利用しました。完璧な対応が難しい部門ですから、仕方ない面が大きいと思います。
この時、何よりも重要なのは世論と世論を動かすマスコミです。
ですから全て警察任せにするのではなく我々一人一人が疑問を持ち注意深く権力(政治家も警察もマスコミも全て権力です)を見張る必要があるのです。
完璧な制度などこの世にはありません。そして民主主義とは制度に任せきるモノではなく、国民一人一人によって支えら保たれているモノです。



鹿児島県志布志市の事件は、完全なミスでしょう。
圧力があったのかなかったのか、何が原因かは分かりませんが、それを明らかにするのはジャーナリストの仕事でしょう。また、起訴したからには何が何でも有罪にするという思想も、極度に自白に頼る走査手法もそろそろ時代に合わなくなってきていると思います。
ただ、人間はミスをするもので選挙に限らず冤罪と言うのは発生するものです。ミスを減らす事は出来るでしょうし、減らす努力はするべきでしょうが無くす事は出来ません。
あの事件は責められるべきですし再発防止の対策は必要ですが、何が何でも絶対にミスを許さないというのであれば行政はリスクが取れなくなります。それは結局我々の生活を悪化させるので必要以上に過剰反応するのも考え物です。

ちなみに理想的には、政治家も叩いても埃が出ないようにすることが理想なのでしょうし、今は昔と比べれば随分クリーンになったと思います。
たかだか、1500万円の金の使い道が不明なだけでここまで社会問題化したり、数十万円の経費で都政の私物化言われるくらいですからね。ここ10年でここまで政治が変わるというのは凄まじい事だと思います。
まあ正直たかだか1500万でここまで騒いで80兆の予算審議ががうやむやになったり、数十万の経費で他の都政の話が殆ど押しつぶされているところを見ると少々衆愚政治に陥っていると思いますが…

まず
・政治家の汚職は野放しに出来ない。
・対応できる組織が警察しかない。
という現実問題があります。

確かに問題が無いわけではありません。現に戦前の官僚たちは政党の力をそぐ為に警察の選挙取締りを利用しました。完璧な対応が難しい部門ですから、仕方ない面が大きいと思います。
この時、何よりも重要なのは世論と世論を動かすマスコミです。
ですから全て警察任せにするのではなく我々一人一人が疑問を持ち注意深く権力(政治家も警察もマスコミも全て権力です)を見張る必要があるのです。
...続きを読む


人気Q&Aランキング