パイナップルに含まれるたんぱく質分解酵素は筋肉などに含まれるたんぱく質も分解してしまうのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

生のパインを食べると舌がピリピリする感覚ってありませんか?


これは舌の表面のたんぱく質が分解してしまうからなんだそうです。
つまり、「たんぱく質に直接触れる」と分解することになるんです。
口径摂取では、直接筋肉に付着する訳ではありませんのであまり気にしなくてもよろしいかと思います。
筋肉を分解してしまうほど摂取すれば、間違いなくお腹を壊すでしょうね^^
    • good
    • 0

お肉のお料理にパイナップルを入れて肉を柔らかくする方法があります。


ですから人間のお肉も、お料理みたいな環境下ではやわらかくなると思います。

つまり、もう死んだお肉で、おなべの中という意味です。

というのは、お料理のお肉も最後まで分解して溶けてしまうわけではないので、分解するのはごく一部と考えられること、生きている体の中では、そういう悪事を働く物質に対して免疫やその他の阻害作用が働くと考えられるからです。
    • good
    • 0

パイナップルから抽出される蛋白質分解酵素「ブロメリン」は、主に輸血検査の際に用いられ、これ以外にもこの検査に使われる蛋白質分解酵素に「フィシン(イチジク)」、「パパイン(パパイヤ)」等があります。


こういった蛋白分解酵素を経口摂取しても、胃酸等の消化酵素の働きにより分解されるため、体内に作用を及ぼす事はないですが、試験管内等の体外(in vitro)で赤血球や免疫抗体等以外にそういった作用の有無を調べたようなことは聞いたことはありません。
どんな蛋白分解酵素もある程度決まった条件(反応至適環境、標的蛋白)がそろえば、その作用を発揮します。
あまり参考にならなかったかも知れませんが。
    • good
    • 0

それは人体に入ってからのことですか?


でしたら、吸収される前に胃液で酵素自体が破壊されるため、問題ないと思いますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなにかと身体に良さそうなので、リンゴ、キウイ、パイナップルなどを使って

なにかと身体に良さそうなので、リンゴ、キウイ、パイナップルなどを使って果実酢を作ろうと思っています。フルーツによって効能の違いはありますか?

Aベストアンサー

はじめまして、よろしくお願い致します。

以前、聞いた話ですが・・・

寒い地域で栽培されたものは、体を温める作用がある

暑い地域で栽培されたものは、体を冷やす作用がある

すなわち、同時に摂取すると効能が悪くなります。(食べ合わせ)

ご参考まで。

Q動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の違いは?

たんぱく質には動物性と植物性があります。
同じたんぱく質なのですが、どう違うのでしょうか?
植物性たんぱく質の方を摂取する方が健康によい気がしますが、正しいでしょうか?
両者が体内で消化されると違う物質になるのでしょうか?
両者の違いを簡単に教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

動物性たんぱく質は動物に含まれるモノ(肉、魚、卵などのたんぱく質)
植物性たんぱく質は植物に含まれるもの(野菜、果物、豆、種実、)
動物性のもののほうがアミノ酸のバランスはいいです。しかし、同時に動物性脂肪やプリン体も多く含まれてしまう。

Qパイナップルローションを使っている人、教えてください

いつかのスパスパ人間学で、パイナップルローションでムダ毛がなくなるというのをやっていました。

しかし、そのローションを作るには、パイナップルの芯が必要だったんです。

でも、そのためだけにパイナップルを買うのもどうかと思うんです。

それで質問なんですが、市販の缶詰のパイナップルでも、パイナップルローションは作れますか?
もし作れるのなら、効き目は落ちるとは思うんですけど、効果の程はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

お答えしますね。パイナップルを買われるのを一瞬躊躇う気持はとてもよく解かります。が、実は今の時期パイナップルはさほど高くないんです。実際私が回ったスーパー数件で1番安い所で200円、高い所で300円でした。缶詰ではおそらく効果は全くなくはないと思いますが、かなり落ちると思います。作るとしたらやはり身をミキサーにかけるわけです。形にはなりますが、フルーツ酵素の濃度が全く違うでしょう。パイナップルは結構安いですし、私も久々に食べましたがかなりおいしかったです。ですので、一度スーパーにいかれてみてはいかがでしょうか?高いパインもありますが、安いものが絶対にありますので☆

Q栄養素(たんぱく質

食物のたんぱく質保有量を調べたいんです。具体的にはバナナ一本に何グラムのたんぱく質があるか?いわし(大)一匹に何グラムのたんぱく質があるか?です。教えてください!そういう食べ物の栄養素が調べられるサイトがあったら重ねて教えてください!

Aベストアンサー

下記のサイトはいかがですか?

分類を選んで検索をかけると,さらに詳しい食品選択が出来ますので,調べたい成分の食品を選択するとたんぱく質やエネルギーが表示されます.
ご参考まで・・・

参考URL:http://food.tokyo.jst.go.jp/selectFood/sel_top.pl

Qすぱすぱで放送されたパイナップル豆乳ローションについて

この前すぱすぱで放送されたパイナップル豆乳ローションの回で
パイナップルの他に
パパイヤ、キウイも候補に選ばれてましたよね。
なぜ他二つを差し置いてパイナップルで
作るのか、というところを見逃してしまったんです。
なぜパパイヤやキウイはだめだったのか
放送を見た方でもしよかったら教えてください。
パイナップルで作ったんですが、
かなり手間だったもので、
できたらキウイで作りたいなぁと思ったんです。

Aベストアンサー

前の方への補足になるのですが。
今回の三つの果物での採用理由は以下の三つ。

1:効果
2:お手軽
3:経済率

効果はもっとも高く全く毛が生えて着ませんでした。
お手軽度もこれから入手しやすくなります。
加えてパイナップルの芯なので普段は切り捨ててしまいます。
加えてこれから夏になるのでパイナップルの価格は下がると言うのも捨てられない理由です。

ただし欠点があり全ての人の肌に合うわけではありません。
パイナップルを使ってみて肌に問題がある様でしたらキウイに変えてみてはいかがでしょう?

Qスポーツ選手の食事はたんぱく質中心?それとも糖質?

ティム・グローバーという、マイケルジョーダンの専属トレーナーがいうには、バスケのような瞬発力を必要とするスポーツ(僕もバスケをやっています)のエネルギー源は、たんぱく質であり、筋力をアップさせる上でも重要であるから、食事はたんぱく質を中心にとるとよい、というのにたいし、ナンシー・クラークというアメリカのスポーツ医学界の権威は、瞬発力のスポーツも持久力のスポーツもエネルギーも源は糖質であり、筋力アップにかんしては、たんぱく質はそれほど必要ではないので、糖質を中心にすべき、と言っています。僕はずっと前者を信じていたのですが(僕のほかにもたくさんの人がしんじているでしょう)、この説をきいて、どちらが正しいのか迷っています。ぜひ、おしえてください。

Aベストアンサー

マラソンを趣味でやっています。私たちの世界では持久力にはたんぱく質と脂肪が必要だと言われています。持久力系は白く柔らかい筋肉を形成し瞬発力(短距離)系なら赤い筋肉に頼るため糖質を要すると言われています。
持久力をたき火に例えるなら薪をくべながらメラメラと燃やす感じ(体脂肪を燃焼させ持続させる)、瞬発系ならマッチです。その場限りとでもいいましょうか?
トライアスロンやマラソン、自転車競技などの雑誌を参考にすればもっと詳しく分かると思います。持久系スポーツには筋トレは不要と謳う指導者もいますよ。

Qパイナップル

困り度 0 です。(^^;

パイナップルって花が咲いた後にできる実でしょうか。それともパイナップルの頭にあるモヒカンみたいなものから花が咲いてなにか種ができるんでしょうか。
もしパイナップルが種ならそれは何処にあるんでしょうか?なんか全部実のようですが熟すと種ができるんでしょうか。もし種じゃないならなんのためにパイナップルってできるんでしょうか?う~ん、不思議

Aベストアンサー

パイナップルは、花の咲いた後の、果実です。
では、種はどこか、ということですが、種はありません。(^^)
元はあったんですが、おいしく食べるため、品種改良を重ね、現在売られているパイナップルには種がなくなってしまったんです。(バナナとかも痕跡しか残ってないですよね)
パイナップルの実の構成は、真中に芯がありますよね。あれが、茎です。
で、その周りにまつぼっくり(pineパイン)みたいに見える、六角形っぽい一つ一つが、種なのです。その小種の付け根の部分が、大きくなってくっついて、おいしいパイナップルになっているんですね。
ですから、花もあの1つの実にたくさん咲きます。(参考URLに写真があります)
それから、モヒカンみたいなのは、クラウンとか冠芽と呼ばれます。
あの葉を切って、植えるとまたパイナップルが生えてきます。

参考URL:http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/painappuru.html

Q明治カールの「たんぱく加水分解物」

明治のカールを半袋くらい食べていたら(チーズ味)、口の中の口蓋(上のあたり)がひりひりします。

食べ方に問題があるのでしょうか?口蓋にこすれるような食べ方をしたからでしょうか?

それとも、「たんぱく加水分解物」のせいでしょうか?パイナップルにはたんぱく質をとかす物質が含まれているといいますが、これとは別のものでしょうか?

Aベストアンサー

たん白加水分解物は植物または動物性たんぱく質を酵素や酸で加水分解したものです。
たんぱく質を分解するものではありません。
これはNo.1の方の回答のとおりです。

ただ、たん白加水分解物はグルタミン酸ナトリウムではありません。
グルタミン酸ナトリウムはその名のとおりうまみ成分のアミノ酸のグルタミン酸とナトリウムが結合したもので、食品添加物として「調味料(アミノ酸)」と表示されます。
ご飯をよくかむと唾液の酵素ででんぷんが分解されて甘みが出ますよね、それのたんぱく質バージョンと考えていただければわかりやすいかと思います。
たんぱく質も分解されるとうまみやコクを出すための調味料となります。ただ、これはあくまでも食品素材としての扱いとなりますので添加物ではありません。

ちなみに、口がひりひりするのは何か刺激が強いのだと思うのですが・・・単純にペッパーなどの香辛料とか・・・添加物の調味料などは人によって舌にぴりぴりと刺激を受けたりするようです。

Qスーパーなどで、カットされたパイナップル売られたりしてますよね!私はそのカットされたパイナップルを

スーパーなどで、カットされたパイナップル売られたりしてますよね!
私はそのカットされたパイナップルを2粒以上食べると、胃が痛み、お腹を壊したり、吐き気がしてきます。

これってパイナップルアレルギーなんですか??
また、パイナップルで具合が悪くなる人が、他に気をつけた方がよい食べ物はありますか??

Aベストアンサー

パイナップルを食べて胃腸などの消化器にアレルギー反応として、炎症が起こる場合もあります。パイナップルを摂取してから、30分ほどで激しい腹痛や吐き気、下痢などの強いアレルギー症状が出ることがあります。アレルギーの程度によって、吐いた後も不快な気分が長時間続く場合もあります。
内容は、https://welq.jp/13451リンク先の5番をみてください。

Qパン作りの小麦粉、たんぱく質、灰分について

こんにちは。
最近、パン作りを始めました。
小麦粉について調べていると、たんぱく質、灰分というワードが出てきました。

一応調べたのですが、
・たんぱく質が高ければ、釜伸びが良くなる(13%以上の強力粉?)
・たんぱく質が高ければいいわけではなく、菓子パン、食パンなどで使い分けると好ましい
・灰分はミネラル、栄養素のこと
・灰分が高いと色が茶色(黄色)っぽい、逆に低いと白っぽい(小麦の等級?)
・灰分が高い方が小麦の風味が豊か
というような認識でよろしいでしょうか?
何か小麦粉を選ぶ際に、参考になることがあれば教えていただけると幸いです。

また、中力粉でもたんぱく質、灰分共に強力粉に匹敵するほどのものもあります。
http://item.rakuten.co.jp/bears-k/2102/
例えば上のURLの小麦粉は中力粉に分類されるようですが、たんぱく質14.9%、灰分0.77%と数値だけで見ると強力粉?と思ってしまいました。
何故これが中力粉に分類されているのでしょうか(灰分が高いので等級の問題等?)?
この中力粉でパンを焼いた場合は強力粉と同じような感じなのでしょうか(普通に中力粉でパンを作るレシピはありますが、これの場合は特殊?)?


何分素人ですので、粉の違いがわかるのかと言われればそれまでなのですが…
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひご教授願います。
よろしくお願い致します。

こんにちは。
最近、パン作りを始めました。
小麦粉について調べていると、たんぱく質、灰分というワードが出てきました。

一応調べたのですが、
・たんぱく質が高ければ、釜伸びが良くなる(13%以上の強力粉?)
・たんぱく質が高ければいいわけではなく、菓子パン、食パンなどで使い分けると好ましい
・灰分はミネラル、栄養素のこと
・灰分が高いと色が茶色(黄色)っぽい、逆に低いと白っぽい(小麦の等級?)
・灰分が高い方が小麦の風味が豊か
というような認識でよろしいでしょうか?
何か小麦粉を選ぶ際に、参考...続きを読む

Aベストアンサー

 小麦粉の分類の仕方は主に2つです。
1.タンパク質の量と質によって分類
  強力粉、準強力粉、中力粉、薄力粉
  NO1の方が回答されているように主となる原料小麦が違います。

2.品位(グレード)での分類
  灰分の量(粉の色の白さ)によって
  一等粉、二等粉、三等粉、末粉と便宜的に分けています。
  灰分は小麦の粒の胚芽・フスマ部分に多く含まれています。
  当然全粒粉は灰分量が高くなります。
  また灰分量は製パン性の指標にもなります。
  灰分が多いという事は小麦の粒の外側も製粉され入っている
  ということなので酵素活性も高くなるためです。
  

この魁皇とういう粉ですがつなぎ用なので多分グリアジンを多量に含有していると思います。
グルテンはグリアジンとグルテニンとういう2つのタンパク質を結合させて作ります。
タンパク量が高くてもこの2つのタンパク質がバランスよく含まれていないとパン用粉として適していません。
タンパク量が少なくてもこの2つのタンパク質がバランスよく含まれていればパンは出来ます。
フランスパンはタンパク量の少ない粉で作ることが多いです。
その為ミキシングを抑えて発酵時間を長く取ります。

小麦は農産物なので天候により成分が大きく変化します。
しかし製粉メーカーは色々な粉をブレンド調整し成分が一定になるようにして出荷しています。
どれ位グルテンが出来るかも試験(決められた試験法があります)をして調べています。
小麦粉はエージング(熟成)が必要なのですがそれも製粉メーカーが今は行っています。
従ってパン用粉以外でパンを作るとうまく出来ないと思います。
理由は用途に合わせて製粉メーカーが調整している為です。

では13%以上の強力粉で作れば引きの強いパンが出来るか?
出来ません。粉にその能力はあります。
しかしそれを引き出すのは作る人です。
パンは発酵と熟成が重要です。
小麦粉以外にも水、塩がこれらに大きな影響を与えます。
どんなパンを作りたいかで粉を選びます。
タンパク質量はグルテンが出来る能力と考えて下さい。
灰分についてはパンの内層色と考えて下さい。
そこで引きの強い柔らかい食パンを作るならタンパク量の多い強力粉
ケーキのような歯切れの良いサクイ食感の菓子パンなら強力50%薄力50%
そんな感じで選んでみては如何でしょうか?
非常に簡単に書きましたが実はもっと奥が深いです。
まとまりのない回答になってしまったと思いますが参考になれば幸いです。







余談ですがフランスパンは砂糖が入っていません。
イーストの栄養は砂糖(ブドウ糖)です。長時間砂糖無しにイーストはどうやって発酵しているのか?
また焼くとカラメル化(砂糖が焦げる)反応で色が付きます。
砂糖が入っていないのに何故?
これも小麦粉に秘密があります。
(ヒント:デンプンのままではイーストの栄養になりません。)
調べてみて下さい。

 小麦粉の分類の仕方は主に2つです。
1.タンパク質の量と質によって分類
  強力粉、準強力粉、中力粉、薄力粉
  NO1の方が回答されているように主となる原料小麦が違います。

2.品位(グレード)での分類
  灰分の量(粉の色の白さ)によって
  一等粉、二等粉、三等粉、末粉と便宜的に分けています。
  灰分は小麦の粒の胚芽・フスマ部分に多く含まれています。
  当然全粒粉は灰分量が高くなります。
  また灰分量は製パン性の指標にもなります。
  灰分が多いという事は小麦の粒の外側も...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報