私の恩人が末期癌で肝臓を患っています。

知人の方の医者から「ビワの葉治療」と病院の薬で痛みが和らぎました。

でも肝臓癌が癒されるのでしょうか。とても心配です。自分なりに調べました。


色々な代替療法・民間療法について

ビワの葉療法 
                      
ビワの葉には、抗ガン作用のある アミグダリン(ビタミンB17)が含まれています。

アミグダリンは正常細胞には何の影響もなく、ガン細胞にだけ強い毒性を示す、というものです。

子宮ガンのときに火のついたモグサをビワの葉の上から下腹部に当てて、温圧療法をしました。

モグサを燃やしたときに出る遠赤外線は摂氏45度で体内に入ることが確認されています。

ガン細胞の生命線は42度といわれているので

(それ以上熱くなるとガン細胞は死滅する)、

遠赤外線の温熱とアミグダリン成分が浸み込み、

血液を浄化し、ガン細胞を破壊するとのこと。

また、モルヒネでも止められない末期ガンの痛みも止めてくれるそうです。

東洋医学系の治療院では ビワ療法をメニューに取り入れているところもあります。

モグサがない場合は、コンニャクをゆででおいて、ビワの葉の上にあたためてタオルに包んだ

コンニャクをのせて、ビワの葉を直接、患部にあてるという温湿布をしてもOKです。

(モグサより効果は減ですが)



モグサによる温圧、コンニャクによる温熱療法は じわ~っとからだに浸み込む感じが

本当に気持ちよくって、ウトウトしてしまいます。

庭に、ビワの木を植えてあるので (生命力が強いのでよく育つのです)

疲れたときなど、ビワの葉で温湿布をしてからだをケアしてます。



あと、大事なことは、手当てに使うビワの葉は、若葉ではなく

ゴワゴワした堅い深緑色の葉っぱを使うことです。

手にしただけでも違いを感じるほど、薬効が違います。


このビワの葉治療と医者の薬で肝臓癌が治るか、何年生きられるか知りたいです。

癌関係の医師の方の意見をお聞きしたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>癌腫瘍に「ニトロ」をカテーテル手術で適量に埋め込んで癌を粉々に「散らす」治療


法で癌が転移する可能性があるためエビデンスのない治療法は推薦できませんでしょうか。

書いてある内容が全く理解できませんが、癌に対して直接的に選択的に抗癌剤を投与
するのにTACE(肝動脈化学塞栓療法)があります。標的腫瘍は小さくなりますが、それ
が生存率の向上には必ずしも直結しないところが癌治療の難しさです。
特にC型肝炎の肝細胞癌はもぐら叩き(一か所をつぶしてもまた、すぐ違う所に癌ができる)
になるのも癌治療の難しさを増悪しています。

ビワの葉治療をして本人が楽に慣れて希望されるなら使えばいいでしょうが、得てして
周囲の人の自己満足(大きなお世話)になりがちになることには、留意されるべきです。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

わけのわからない知識を失礼しました。

私の知人も抗癌剤投与を8回近くしているので意味がないと思っていました。

しかし癌治療の難しさがよくわかりました。

抗癌剤を投与するのにTACE(肝動脈化学塞栓療法)を教えてくださりありがとうございました。

お礼日時:2014/12/09 08:20

いわゆる民間療法の一つで、効果があったという方もいらっしゃいますが、医学的に広く証明されたものではないと思いますよ。

    • good
    • 3

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

がんに関しては、「○○で医者も見放した余命三ヶ月の末期がんがたちどころに治った」って話がゴロゴロしています。

それは民間療法からサプリメントみたいなのから御祈祷に至るまで、沢山あります。

なぜがんにはそういう話が多いかご存知ですか?「○○で末期がんが治るだなんてウソだったじゃないか」って訴える人がいないからです。そう、本人は死んじゃってますからね。
    • good
    • 3

癌関係の医師の方の意見をお聞きしたいです


   ↑
これ聞いてどうするの? 医師なら そんなの役に立たない 自己暗示の領域だとしか言わないでしょうね

それで治るのなら 現代医療なんて覚えずに 民間療法で治療してる

わざわざ手術の勉強なんかして無い


民間療法では治らないから 現代医療が発達して来たのです
    • good
    • 8

副作用がなくて特別高価でもない民間治療を併用されることを否定はしませんが(副作用があったり異常に高価な民間療法には強く反対します)、医師としてはエビデンスのない治療法は推薦できません。

ビワの葉に本当に効果がありそうならば製薬会社が既に研究しているでしょう。実際、植物から抽出された抗癌剤は多数あります。

この回答への補足

この分野において、「エビデンスがある」と言えば、一般的には「科学的根拠」という意味であり[2]、「エビデンス・レベル」は、個々の修正が適切であれば、確率の「信頼度」と言い換えることができる。

丁寧なコメントをありがとうございました。

やはり肝臓癌が癒されることがないことは覚悟しています。
ただ痛みを和らげる働きはあります。

あと「ニトロ」で心臓病の人は助かる場合があります。
私の実父が心臓病で「ニトロ」を携帯しています。

癌腫瘍に「ニトロ」をカテーテル手術で適量に埋め込んで癌を粉々に「散らす」治療法で癌が転移する可能性があるためエビデンスのない治療法は推薦できませんでしょうか。

Oubli様に御意見いただきたいです。

補足日時:2014/12/09 00:43
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q葉の形について

針葉樹の葉の形
多きい葉、小さい葉、
葉の縁のギザギザが有るものないもの、

など、葉には色んな形、大きさがあります。
植物には、生きる為に、色んな戦略が有ると聞きます。
植物の生きる為の戦略という観点から、「葉の形」の意義について教えてください。

Aベストアンサー

 (^^; (何で、私一人なの?多分問題が広すぎるからだと思うけど?)

 先ず、葉が細いと風の抵抗を受けにくいですね。そこで細い葉のものは風の強いところに順応できますね。そういう差し障りがなければ、葉は広い方が日を沢山受けられるから効率的ですね。

 さらに、針のようになったものは、それに加えて鳥なんかの被害も防いでいるでしょうね。松なんかは海岸沿いに生えるものも多いですから当然の進化かもしれませんね。

 葉っぱが薄いと寒さですぐやられてしまいますね。常緑ということ、つまり冬でも光合成をするためには葉を丈夫にしなければ、すぐ傷むようではどうしようもありませんね。

 また、時々例外的なものもあるでしょうが、そういうものは今の環境がそう古いものじゃなくて比較的急に環境が変化したために昔の名残を残すことになっていると考えられます。さらに、下から上に植生を広げていったとか、上から下へ伸びていったとか?

 こんなとこでどうですか?

Q末期の肝臓癌でインターフェロンって言う治療は どんな物なのですか?

家族が末期の肝臓癌なのですが、今地元の病院に入院しています。それで、もしかしたら大学病院の方が医療のレベルは上かも知れない・・・そう思い、資料を持って大学病院に飛んだんでです。
そしたら、先生は一番に私にこう言ました。「で、何を希望されて来ました?」 私は一瞬なぜ、そんな事を聞くのだろう…っと思いました。癌の治療に決まっているのに何故…?って。
大学病院なら希望的な治療がもしかしたら出来るかも知れない そう思って行ったんです。でも、右の門脈に癌が噛んでいるから もう手術は出来ない。出来る治療の可能性はインターフェロンだと言われました。
しかし、患者の体力が余りにも無い為 (もう歩く事が出来ず、寝たきりって訳ではないのですが、ベットから起き上がるのがやっとなんです)ここまで体力が無いと治療の対象外だと言われました。

その時、私はハッとしたんです。もしかしたらインターフェロンって言うのは延命治療になるのでしょうか?
どっちにしても、もう体力が殆ど無く日々弱って行く状態なんです。結局、治療の対象外って言われた時点で終わってしまったのですが、私ももう詳しい事が聞けず そのまま帰って来たのですが、
やはり先生が「何を希望されて来ました?」って言ったって事は 癌その物の治療は もはや出来ないって事なのでしょうか? 

家族が末期の肝臓癌なのですが、今地元の病院に入院しています。それで、もしかしたら大学病院の方が医療のレベルは上かも知れない・・・そう思い、資料を持って大学病院に飛んだんでです。
そしたら、先生は一番に私にこう言ました。「で、何を希望されて来ました?」 私は一瞬なぜ、そんな事を聞くのだろう…っと思いました。癌の治療に決まっているのに何故…?って。
大学病院なら希望的な治療がもしかしたら出来るかも知れない そう思って行ったんです。でも、右の門脈に癌が噛んでいるから もう手術は出...続きを読む

Aベストアンサー

私の父も最近肺がんでなくなりました。
症状が悪化して体力が減少、がんセンターなどにも行きましたが今の体力じゃ治療は無理って言われました。

なぜ無理なのか、それはがん治療において効果があるとされる手術、化学療法、放射線療法のすべてにリスクがあるということです。なので治療をしたところで、寿命を早めてしまうということでした。なのであとは、がん治療ではなく痛ければ鎮痛薬を使うなどの対症療法を行うということでした。

インターフェロンは父も考えていた治療方法の一つのようです。父のメモ書きに残されていて、それを今noel025さんの質問を見て思い出して探しました。

私は医師ではないので正確なお答えはできませんが、参考URLを提示することしかできなくて、すみません。

http://www.geocities.jp/agosu22000/page161.html
http://www.geocities.jp/medaka101jp/page014.html
http://www.mscabin.org/bfn01.html

noel025さんのそのご家族の方はだいぶ体力がないようで、それでその医師は無理と判断したのでしょう。治療することができない、それは本当に心痛いものですよね。医者はそれを軽々と慣れた口調でいいますが、聞かされたときの脱力感と怒り、そしてがん治療技術がどれほど発達途上なのか痛感させられます。


病院は3病院以上回りましょう。なるべく都心などのいい病院にいってください。成績ランキングなんかも本で載っていたりします。体力のあるうちに回るべきです。ですが、歩けないとなると大変だと思いますので、無理はしないほうがいいかもしれません。それで、何も治療できない、そういう結果であるのなら、最期までの間を無駄にせず大切に過ごしたほうがいいです。私の父の宣告された余命なんて全く当てになりませんでした。ずっと早く逝ってしまったんです。明日死んでもいいくらいの気持ちで毎日を一緒に過ごさなければなりません。つまらないお話をしてしまい、本当にすみません。

私の父も最近肺がんでなくなりました。
症状が悪化して体力が減少、がんセンターなどにも行きましたが今の体力じゃ治療は無理って言われました。

なぜ無理なのか、それはがん治療において効果があるとされる手術、化学療法、放射線療法のすべてにリスクがあるということです。なので治療をしたところで、寿命を早めてしまうということでした。なのであとは、がん治療ではなく痛ければ鎮痛薬を使うなどの対症療法を行うということでした。

インターフェロンは父も考えていた治療方法の一つのようです。父の...続きを読む

Q樹形と葉の形

植物学はこちらでよいでしょうか?
いろいろな樹木の枝の生え方(樹形、というのだと思いますが)と葉の形を紹介したサイトを教えてください。
樹形は木の写真ではなくて、枝の生え方をダイヤグラム的に書いた絵を希望しており、葉のほうは木に生えている写真ではなく、一枚の葉をはっきり撮影したものを希望しています。
注文が多くて申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

樹形のイラストでしたら下記URLが参考になりませんでしょうか。

一枚の葉の写真をご希望のようですが,専門家はやらないことと思います。環境等による個体差が大きく,一本の木でも葉の付く場所により形に違いがあるためです。

参考URL:http://www.wood.co.jp/mz/index.html

Q肝臓ガン末期?の治療方法について 

私の伯父のことですが、事の始めは伯父が自宅でろうそくの火が足に燃え移り両足にかなりのやけどをおい2ヶ月間も外科にその治療に通っていました。ある日週に2回通っている老人施設で入浴サービスを受けようとしたとき担当から体に黄疸がでていることを指摘され病院で診察したところ肝臓ガンの末期と診断されました。肝臓のど真ん中にかなり大きくあるとのことで手術しても無理だといわれました。その後入院し点滴治療のみで二週間すごし黄疸が引いてきたので一度退院しましたが、すぐに食欲がなく体のだるさがましてきて黄疸が出てきたので再度入院し現在にいたっています。現状は入院しているのですが点滴もせず、薬を投薬するのみで日に日にやせ、元気がなくなりオムツになってしまいまいました。今日担当医に私の母が治療はどうなっているのか、このままただ病院で食事をさせるだけでどうなっているのかと聞いたところ急に慌ててエコーを取ったそうでその先の説明や治療の方針については一切聞けませんでした。
ここで質問ですが、このようにガンが大きく手術で全摘出できない場合の患者はこのまま何もせずにだんだん症状が悪化していくのを待つのみなのでしょうか。
ちなみに伯父は現在75歳です。
やけどのときに通っていた病院の対応といい(おうだんがでていたのはわかっていたのに放置していたこと)、手遅れだと何もしない医者の対応といい本当に怒りでいっぱいです。来週早々に転院させる予定でいますがなにかよいアドバイスや体験談があったらどなたか聞かせてください。

私の伯父のことですが、事の始めは伯父が自宅でろうそくの火が足に燃え移り両足にかなりのやけどをおい2ヶ月間も外科にその治療に通っていました。ある日週に2回通っている老人施設で入浴サービスを受けようとしたとき担当から体に黄疸がでていることを指摘され病院で診察したところ肝臓ガンの末期と診断されました。肝臓のど真ん中にかなり大きくあるとのことで手術しても無理だといわれました。その後入院し点滴治療のみで二週間すごし黄疸が引いてきたので一度退院しましたが、すぐに食欲がなく体のだるさがま...続きを読む

Aベストアンサー

私の父が肝臓癌で亡くなりました(59歳)
癌が見つかった時はすでに末期で肺に転移をしていたので
全く何もできない状態でした。
6月に入院してる病院の検査で発見したのですが
すでに年内まで厳しいという状況で10月に他界しました。
父は何度もその病院に入院に検査をし、
3月にも検査をしてるはずなのに癌だと言われず、
突然の癌宣告に病院に不信感一杯で無理やり退院しました。
その時は総合病院でしたが、退院して自宅の近くの
内科の先生に通ってました。
入院施設も無い小さな病院でしたが、先生が親身に話しを聞いてくれて
とても満足でした。

手遅れだと何もしないと書かれてますが、何もできない状態なのかも知れませんね。
私の父は持病で喘息も持ってた為モルヒネが使えませんでした。

病院に入院するのを拒んでたので自宅で看護をする事になり
レンタルのベットや在宅看護サービスを利用しました。
と言っても、ベットが届き看護婦さんが来た時に亡くなりました。

父は結果的にはどちらの病院でも治療という治療は受けてませんが
先生との信頼関係という事を考えると後から通った病院の先生のおかげで
残された時間を有意義に過ごせたと思います。

質問者さんの叔父様については納得できる病院が見つかるといいですね。

私の父が肝臓癌で亡くなりました(59歳)
癌が見つかった時はすでに末期で肺に転移をしていたので
全く何もできない状態でした。
6月に入院してる病院の検査で発見したのですが
すでに年内まで厳しいという状況で10月に他界しました。
父は何度もその病院に入院に検査をし、
3月にも検査をしてるはずなのに癌だと言われず、
突然の癌宣告に病院に不信感一杯で無理やり退院しました。
その時は総合病院でしたが、退院して自宅の近くの
内科の先生に通ってました。
入院施設も無い小さな病院でした...続きを読む

Q私の盆栽は葉が枯れるし形がおかしい。原因は?

山もみじを育てています。春先に葉をつけて、6月には葉狩り(全部)をして、8月にはまた、葉をつけ始めました。
しかし、その葉が大きくなる前に枯れてしまいます。また、大きくなる葉もあるのですが、形がどうも美しくない。春先に出た葉は、きれいな形のもみじの葉でした。なぜなのでしょうか?

7月ごろにスミチオンを散布したのですが、それが強すぎたのではないかと思っています。700倍に薄めて、週一回散布しました。合計4回。

水遣りは、夏は一日一回朝にやっています。
肥料は発酵油かすを月に一回、少しだけ置いています。かびてしまうので、1週間くらいで外します。
置いている場所は、マンションのベランダですが、日当たりはいいほうです。大きい鉢に土を入れて、そのうえにモミジの小鉢を置いています。

葉が枯れてしまったり、形がおかしいのは何故でしょうか?
考えられる理由と、対策を教えていただけますか?

Aベストアンサー

モミジはどうも全葉狩りにむかないらしく最近は「部分葉狩り」
をする愛好家の方が多いようです。
これは大きい葉だけを切り、中くらいのは葉を小さくするものです。
これなら樹勢を全葉狩りほど落とさずに
葉の大きさをそろえ、内部への通風日当たりを良くできます。

薬剤散布はほどほどに。
規定倍率を守ってやっているので有れば大丈夫ですが。
それと月4回はまあOKですがこちらでは月一で十分間に合っています。

水遣りは・・・ああ、これが原因かもしれません。
モミジをはじめとする雑木は水が好きです。
水遣り回数は
春  一日1~2回
夏  一日2~3回
秋  (春に同じ)
冬  週2~3回

です。

肥料 これも問題ありです。
一週間でかびるのは・・・よほど日当たりが悪いんでしょうか?
とりあえず発酵油粕は効き始めるまでに最低1週間はかかります。
これは有機質肥料は微生物に分解されて無機物になってから
植物に吸収されるためです。そして効き目は一ヶ月です。
(骨粉入りは1ヶ月過ぎてからもおいておく必要があります。)

対策は 化成肥料の使用がいいと思います。
発酵肥料よりも速効性があり、かびにくいです。

頑張って下さい。

モミジはどうも全葉狩りにむかないらしく最近は「部分葉狩り」
をする愛好家の方が多いようです。
これは大きい葉だけを切り、中くらいのは葉を小さくするものです。
これなら樹勢を全葉狩りほど落とさずに
葉の大きさをそろえ、内部への通風日当たりを良くできます。

薬剤散布はほどほどに。
規定倍率を守ってやっているので有れば大丈夫ですが。
それと月4回はまあOKですがこちらでは月一で十分間に合っています。

水遣りは・・・ああ、これが原因かもしれません。
モミジをはじめとする雑木は...続きを読む

Q救急で入院し、アルコール性肝硬変末期で肝臓が機能していないと診断されたようなのですが、どのような覚悟が必要でしょう。

私の兄が、1週間程前に倒れ、入院したと兄嫁から連絡があり、標記の状況です。

兄の家族は、兄嫁、高校生の長男、次男、長女の4人で、子供達がいることで、大変助かっているとは言うものの、大人の相談役があれば心強いということから、私の嫁にヘルプを依頼してきました。 

私達は、米国在住ですので、簡単に行ったり来たりが出来ませんので、それなりの覚悟が必要なのかとも思っています。

医師によると、点滴で数値が良くなるはずのものが、悪くなっている。 と言うことは、肝臓が機能をしていない状態であること。
他の臓器も段々衰弱していくと思われるので、覚悟するようにと言われたようです。 
また、口の中が切れているようで、血が出ているそうです。
見舞いに行くと、時には理解不明ながら、色々と話すようです。

連絡内容が断片的であるために、今ひとつ理解出来ないこともあるのですが、私には、小康状態に思えますが、これは危篤で、一刻をあらそうという状況なのでしょうか。

この状態から、今後ちゃんと会話が出来るような回復を期待することは無理なのでしょうか?

取り敢えず、家内は、来週に発てるよう準備を始めています。

よろしくお願い申し上げます。

私の兄が、1週間程前に倒れ、入院したと兄嫁から連絡があり、標記の状況です。

兄の家族は、兄嫁、高校生の長男、次男、長女の4人で、子供達がいることで、大変助かっているとは言うものの、大人の相談役があれば心強いということから、私の嫁にヘルプを依頼してきました。 

私達は、米国在住ですので、簡単に行ったり来たりが出来ませんので、それなりの覚悟が必要なのかとも思っています。

医師によると、点滴で数値が良くなるはずのものが、悪くなっている。 と言うことは、肝臓が機能をしていない...続きを読む

Aベストアンサー

残念ながら回復は不可能です。
肝硬変末期で肝機能停止状態ではこの先にあるのは「死」です。
今は重篤な危篤状態です。

言葉は悪いですが、「最悪の状態」に備えてください。

Q三角形の葉を持っている、花の名前を、教えて下さい

葉の形は三角形ぽく、その中に白い縁取りをした、色の少し濃い三角形があります。葉の長さは10cm弱です。葉の縁は、鋸状です。
40cm位の背丈です。
今花は散ってしまったようですが、確か以前には2cm位の大きさで、白かったような気がします。
花の名前を教えて下さい。

Aベストアンサー

花は2cmというのがちょっと違いますが…。
”ペルシカリア”の一種かもしれません。
ペルシカリアの花は小さな花が幾つかまとまって咲きます。

Qリウマチと肝臓癌

父が肝臓癌で2ヶ月入院待ちをしています。
お医者様も肝臓に2つ、3センチと1センチの腫瘍があります。腫瘍マーカーの数値やCTなどから癌であるという診断はありました。とにかく入院をしてから造影剤をつかっての検査をして、色々調べてから治療方法を相談しましょう・・・とのこと。もともと手足の痺れが続き、リウマチを疑い、専門のクリニックを受診し、血液検査でリウマチと診断され、副作用はあるという薬を1ヶ月飲み続け、翌月の血液検査で異常があったのでしょう・・・翌日受診で大学病院へ紹介を受けたのです。そこで肝臓癌の告知・・・そんな状況で今日までおりますが、3日前から父のリウマチが悪化、膝の関節が赤く腫れ、動けないとのこと。トイレも間に合わず失禁・・・痛くて痛くてどうしようもなくおります。肝臓癌で入院待ちですが、リウマチの痛みがひどく、相談しても治療は癌のあとに・・・とのこと・・・どうしたらいいのでしょうか?何をしたらいいのか苦しくて悩んでいます。絶対後悔したくないので皆様どんなことでもいいのでアドバイスいただけないでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 すこし現在の関節炎の状態が関節リウマチによるものか疑問を感じます。確かにリウマチの関節炎もひどく痛むことは珍しくありませんが、体の中でこの膝の1カ所だけが極端に腫れて皮膚が赤くなって(発赤)、さわるとひどく熱い状態(局所熱感)があるとすると「偽痛風」(ピロリン酸カルシウムという物質による‘結晶性の関節症’)を起こしていたり、ばい菌がついて化膿性の関節炎を起こしているなどの状態も考慮すべきでしょう。特に体力が低下していて知らず知らずのうちに脱水状態になり、精神的にもストレスがたまったりしていると偽痛風はよく起こります。体温はいかほどでしょうか。偽痛風では38℃を超える発熱も珍しくありません。化膿性の関節炎でも発熱しますが膝のところだけならせいぜい37.5℃くらいではないでしょうか。もちろん片足全体にばい菌がひろがれば敗血症の状態に近くなり高熱も出ますが。関節リウマチでも発熱することはしばしばみられますが、この場合には全身の状態が悪くなっており、ひとつの膝だけがひどく痛い(関節炎がひどい)ために高熱となることはありません。
 偽痛風と関節リウマチのどちらが原因であってもこのようなひどい状態であれば関節穿刺(針をさす)をして関節液を抜き、副腎皮質ホルモン剤を注入するのが良いかもしれません。経験豊富なリウマチをよく見ている整形外科医にご相談下さい。
 なお、もし今すぐに診ていただけないようでしたら、そして比較的早期に診ていただけるとしても直ちに氷水(ビニール袋に氷をいれ、ほぼ同量の水もいれ、しっかり空気を抜いて水が漏れないようにゴムなどでしばって下さい。不安があればビニール袋は二重にして下さい。これをバスタオルなどでくるんで腫れている膝の部分にあてて下さい)で冷やし続けて下さい。そして使用してもよいといわれている痛み止めの坐薬がありましたら、これも応急処置として使うのもよいでしょう。それから、恐らく脱水の状態でしょうからとにかくのめるものなら水でもジュースでも飲んでもらって下さい(ビールなどはもちろんダメですが)。
 一刻も早く強い痛みがとれると良いですね。

 すこし現在の関節炎の状態が関節リウマチによるものか疑問を感じます。確かにリウマチの関節炎もひどく痛むことは珍しくありませんが、体の中でこの膝の1カ所だけが極端に腫れて皮膚が赤くなって(発赤)、さわるとひどく熱い状態(局所熱感)があるとすると「偽痛風」(ピロリン酸カルシウムという物質による‘結晶性の関節症’)を起こしていたり、ばい菌がついて化膿性の関節炎を起こしているなどの状態も考慮すべきでしょう。特に体力が低下していて知らず知らずのうちに脱水状態になり、精神的にもストレスが...続きを読む

Qつる植物の葉の形

つる植物の葉の形がたいていハートマークの形(あるいはそれっぽい形)であるのはなぜですか。「科」の枠を超えた共通点ですよね。単子葉類、サトイモ科のポトスという観葉植物もそうです。何かに対する適応でしょうか。

Aベストアンサー

#1&4です。

> あえて種の実例をあげて、もう一度、確認させてほしいんですけど、ギシギシよりもツルドクダミの葉のほうが水をしたたり落ちさせるのに適しているんでしょうか。

 あくまで仮説であるというのは#1のところで断ったとおりですが、ギシギシは丈夫な茎と葉柄を持ち、体を支えることにそれなりの投資をしています。雨滴の付加による重量増加に耐える力はそれなりに高いでしょう。そのかわり、茎を抱くように葉をつけているので光を獲得する効率は幾分犠牲にしているでしょう、下の方の葉が自分の葉の陰になったりするでしょうから。このように比較的密に葉をつける戦略が有利になるのは、他の植物が上を覆うことが少ない、荒れ地のような環境でしょう。

他の植物がすでにあることを前提としている蔓植物ではこの戦略は難しい。まず求められるのはコスト削減。そしてとにかく他の植物の上に出ること。ですから、ギシギシとツルドクダミとどちらの葉が水を効率よく落とすかを評価するには、葉を作るのにかかっているコストもコミで評価する必要があるでしょう。

そしてもちろん、物理的な特性は実験してみないと判りません。

#1&4です。

> あえて種の実例をあげて、もう一度、確認させてほしいんですけど、ギシギシよりもツルドクダミの葉のほうが水をしたたり落ちさせるのに適しているんでしょうか。

 あくまで仮説であるというのは#1のところで断ったとおりですが、ギシギシは丈夫な茎と葉柄を持ち、体を支えることにそれなりの投資をしています。雨滴の付加による重量増加に耐える力はそれなりに高いでしょう。そのかわり、茎を抱くように葉をつけているので光を獲得する効率は幾分犠牲にしているでしょう、下の方の葉が自分...続きを読む

Q末期の食道癌です。

72歳の父が食道癌と診断されました。
以前から体重減少があり家族も診察を進めてましたが本人も不安があったのでしょう、受診を先延ばしした結果です。
3月初旬にやっと受診した結果、食道癌で動脈に転移浸潤しており又、もともと体の弱い父には手術は不可能といった医者の判断です。
抗癌剤も体力の心配があり、放射線を30回照射する事になりました。しかし15回経過後も改善がみれず、本日から抗癌剤投与を医者から提案されました。現在の父は放射線の影響か食道がほぼつぶれててつば・痰も飲み込めなく、鼻から胃へのチューブで栄養補給してます。
現在の担当医に不信は無く任せているのですが、今後父のような状況でどのようになっていくのか?抗癌剤投与のメリットはあるのか?又抗癌剤と放射線で改善出来るのか?抗癌剤の副作用にもちこたえれるか?どのくらいの寿命なのか?非常に予測出来ないことばかりです。癌診断時には当然担当医からの説明はあってますが、不透明な言い回しで・・・。
専門家の方・経験者の方、推測の範囲でいいですので指針となるような回答をお願いします

Aベストアンサー

大変ご心配のことと思います。
10年近く前、叔父を同じ病気で亡くしました。
50代後半でした。
tks431028様のお父様と同じく、発見したときは末期でした。
余命3ヶ月との告知を受け、体力面を考え放射線での治療を行いましたが効果なく、抗がん剤での治療に切り替えましたが、3回目の投与の後、亡くなりました。
告知から2ヶ月後のことでした。
体力の落ちた身に抗癌剤が強すぎたのではと感じました。
主治医からもそのような趣旨のことを言われました。
叔父の日記を後に見つけましたが、抗癌剤治療は相当辛かったようです。
もっとよく副作用や効果について主治医と話し合うべきだったと今更ながら思います。

これはあくまでも私の経験ですので、なんのご参考にもならないかもしれません。
ひとつの情報として聞き流して下さい。
出来るだけお父様のご意思を尊重し、主治医ともよく話し合って治療されることをお勧めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報