http://www.koreaoroshi.com
http://www.kidsmecca.com

この2つは詐欺サイトでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

必要な情報がありませんので、相手にしない方がよいでしょう。



トラブルがあっても、韓国の裁判所ではまともな裁判が行なわれません。
日本から仏像を泥棒していても、返す必用がないとほざいている国です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhttp://www.sample.co.jp/●● の / ~以降は検索されないのか?

http://www.sample.co.jp/というドメインのサイトがあったとします。
検索では、ここはヒットするのですが、
http://www.sample.co.jp/●●.htmlとなると検索されません。

http://www.sample.co.jp/と
http://www.sample.co.jp/●●.htmlは、
まったくの別サイトで、
サーバを2つ借りる余裕がないため、
ディレクトリで区切って、2つのサイトを運営しています。
サイトのサービス内容もサイト名も待ったく別物です。

http://www.sample.co.jp/●●.htmlは、http://www.sample.co.jp/と、
タイトルもメタタグもすべて別のものを入れて、
それぞれのキーワード、タイトル名などで検索させようとしているのですが、
http://www.sample.co.jp/は、
キーワードでも、ダイレクトにタイトルを入力してもヒットしますが、
http://www.sample.co.jp/●●.htmlはキーワードどころか、タイトルを直接いれても、まったくヒットしません。

googleロボットは回ってきてます。アクセス解析で、ありますので。
これは何か理由があるのでしょうか?
また解決するのはどうしたらよいでしょうか?

※不明の部分は補足しますので、どうぞよろしくお願いします。

http://www.sample.co.jp/というドメインのサイトがあったとします。
検索では、ここはヒットするのですが、
http://www.sample.co.jp/●●.htmlとなると検索されません。

http://www.sample.co.jp/と
http://www.sample.co.jp/●●.htmlは、
まったくの別サイトで、
サーバを2つ借りる余裕がないため、
ディレクトリで区切って、2つのサイトを運営しています。
サイトのサービス内容もサイト名も待ったく別物です。

http://www.sample.co.jp/●●.htmlは、http://www.sample.co.jp/と、
タイトルもメタ...続きを読む

Aベストアンサー

まだGoogleのほうでインデックスされていないのではないでしょうか?
インデックスされるのはけっこう時間がかかる場合があります。
また、ルートディレクトリからのリンクがない場合はルート以降のディレクトリは重視されない傾向があるようです。

Qhttp://message.nifty.com/ ってなんでしょう

http://message.nifty.com/

アクセス元としてあがってくるのですが、クリックしてもページがないといわれます。

Aベストアンサー

そういうサイトがあり、そこからアクセスされているということです。
クリックしてもページがないのはサイト側がページを用意していないか
閲覧を制限しているためです。
特別めずらしいことではありませんよ。

QここのQ&Aサイトで時々見かけるhttp://url.ms/○○○

こんにちは。
ここのQ&Aサイトで、回答者側の人間が回答文の最後に
http://url.ms/○○○ というアドレスを貼っているのを
時々見かけます。
私の質問に対してもその様な回答をされました。
同じ人がいろいろなカテゴリーでそのような回答をしていることが多く
明らかに回答者が何か利益を得るための宣伝で
規約違反のため管理者が見つけ次第
そのような回答はどんどん削除されているのですが
どの様なビジネスなのでしょうか?
アドレスはhttp://url.ms/○○○と、みんな似ていて
クリックをすれば情報商材や個人?のHPなどに飛びます。
ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

アフィリエイトで、そのURLをクリックした人が商品を購入したら
収入になるものでしょうね。
ただ、アフィリエイトURLをそのまま記載するとばれてしまうから
短縮するわけです。
その短縮した後のURLが http://url.ms/・・・なんでしょう。

そのほかにも、いろいろなURL短縮ツールがあり、TinyURLなんかが
有名ですね。
こちらは短縮すると、すべてhttp://tiny.url/・・・となります。

Qamazon.co.jpとsofmap.comのサイトは似ている。ページ構成はパッケージ製品?

アマゾンとソフマップのサイトを見比べてみると非常に似ているということに気づきます。これは、このようなサイトを作るシステムがパッケージとして流通しているのでしょうか?教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

デザイナーの立場から
まず、パッケージではありません。
通常デザインする時にユーザービリティーという立場から考えていくと、ほぼ同じデザインになっていきます。
その為、似たようなページデザインになった物と思われます。
また、余談ですがボタンの位置や、商品の説明位置などを変える事を、個性と考える方がいますが、これはナンセンスとしか言いようがありません。
その例としては、コンビニエンスは何処に入ってもすぐに置いてある商品の位置が分かると思いますが、これもデザインの一つなのです。
これは、お互いに似たような形が、相乗効果を上げるという事に繋がるからです。

本関係の置いてある位置、飲み物関係、お弁当など、ほぼ同じ位置に置いてあります。
この為、初めて入ったコンビニでも、何処に何があるかすぐに分かります。

ホームページで他に似たよう物としては、新聞社などもそっくりです。
また、これ以外でもパーツの配置なども暗黙の了解がありロゴなどは左上となっています。
他にも、作り方のパターンというのがあります。

Qこのペイパルメールは詐欺でしょうか?→@paypal-exchanges.com

ペイパルを利用して数年以上経ちますが、
最近”メールアドレスご確認のお願い”という件名でメールが届くようになりました。
アドレスは→paypal@paypal-exchanges.com です。

内容は、自分のメールアドレスを確認しないと
支払いに制限がかかるかもしれないので確認してください、
といった内容です。

確認する際、ログイン名とパスワードを入力せねばらなず、
今さらなぜメルアドの確認?もしかして詐欺?と思い質問させていただきました。

ご存知の方がおられましたらご教授いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。
 私のところに来たことがあったかどうか覚えていませんが、調べたら問題は無いとのことです。
 paypal自体のアナウンスはこちら。
https://www.paypal.com/id/webapps/mpp/email-whitelist?locale.x=en_ID
 日本人が書いている記事の例。
http://fanblogs.jp/windows10/archive/25/0
 もう一つおまけ。
http://www.scamadviser.com/check-website/paypal-exchanges.com

 どうもペイパル日本語サイトには何のアナウンスも無いようです(相変わらず役に立ちませんね)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報