初めての交通事故なので、相手方から送られてきた示談書が正しい内容なのか判断出来ません。
詳しい方、専門の方がご覧になっていましたら、どうか教えてください。

車と自転車の交通事故です。
車(相手):過失8
自転車(当方)過失2

診断:全身打撲
治療期間:4カ月半
治療日数:113日

示談書内訳
治療費:765,570円
治療費(当方立替):24,710円
交通費:91,230円
慰謝料:579,665円

小計:1,461,175円
過失2割分減:-292,235円
既払い分治療費:-765,570円

解決金:403,370円
但し+αし、409,180円を支払います。

示談書内容
慰謝料:384,470円
治療費立替費:24,710円
示談解決金:409,180円を支払う事とする。

郵送されてきた示談書の内容は上記の通りなのですが、このまま受けて妥当でしょうか?
不当でしたら、被害者救済センターなり弁護士さんと相談することも視野に入れております。

どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

妥当かどうかはあなたが決めることです。


他の回答にあるとおり、過失割合が妥当かすら、事故状況が書かれていないので、判断できません。

金額だけざっと見れば、計算は間違ってなさそうですね。
それは保険会社の社内基準なので、そういう意味では妥当なんでしょう。

あとはあなたが何を求めるかです。
あくまで裁判基準を要求するなら、弁護士に相談して裁判するということでしょう。

お金をかけたくないなら、紛争処理センターや日弁連交通事故相談センターを利用することです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

計算が間違っていないとのことで、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/22 18:17

加害者側が示談を急ぐのは


行政罰(免停&取消)や刑事罰(禁固&罰金)を軽減するためです。
質問者様が納得していれば良いのですが
少しでも疑念が有れば法テラスで弁護士に相談しましょう。
無料相談もありますが資料一切を持参し有料相談をお勧めします。30分で5000円程度です。
    • good
    • 0

私は専門家ではありませんが、


事故の詳細がわからないので過失割合について何も判断できません。
おそらく専門家が見ても、この部分は変わらないでしょう。
事故の詳細を補足しておいたほうがいいと思います。

素人でもひとつだけいえることは
総額146万円の2割は大きな額であり
1割かわればあなたは30万近く負担を軽減できるということです。
相手からしたらそれだけ支払わなくてすむわけです。
示談を言ってきたのが保険会社なら一人分の一月の給料が出てしまいますよ。
あなたの金でね。

たぶん、わざとでしょうが、物損が含まれていませんね。
まあ、あなたからわざわざ言わなくてもいいかもしれませんけど、
何しろ、自転車と自動車の修理代、他あなたの服や持ち物が5万を超えるようなら、
2割負担したら1万ですから自転車ぐらい買い換えられますからね。
普通にそのくらいすぐに超えるでしょ。
もちろん、あなたが自転車以外のものも壊れたり敗れたりしたものがあれば、
その場合はしっかり請求したほうがいいですけど。

で、なんでわざと黙ってるかというと、
これをやると、被害者がふざけるなとという気持ちになるんですよね。
被害者の自分が自分の自転車より高い修理費を支払いを要求されるわけですからね。
そしてそうやってもめてしまうと、結局過失割合がおかしいってばれちゃうからです。
大きく損するより小さく損して、あなたが自転車を買い換えるより高い物損なんて請求できませんよ!!
とでもいっておけば、気持ちよくあなたは払わなくてもいい、過失割合上乗せ分を支払ってしまうと。
その上、あそこの保険屋さんは親切ね~。などと宣伝までしてくれると。

まあ、最後のほうは調子に乗って適当なことを書きましたが、
過失割合というのが、もっとも重要で大事なところだということです。
必ず弁護士を通して、割合を見直されたほうがいいと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昨年2009年5/27に交通事故に遭い、当方1 先方9の過失割合で過失

昨年2009年5/27に交通事故に遭い、当方1 先方9の過失割合で過失割合が決定しました。
事故時に左手首関節内骨折で病院に搬送され、担当医から手術もすすめられましたが通院で治療しました。
うごかすと痛みと生理的に嫌な感触を生じ、重量物を取り扱う前職も自己都合での退職となってしまいました。

担当医にもうこれ以上は良くも悪くもならないでしょう。そろそろ症状固定ですねといわれ、今年2010年5/15に通院を中止し、後遺症認定を申請しましたが相手方の事前認定(?)で非該当と回答がありました。先方の保険会社に問い合わせすると
「事前認定=本認定です。異議申し立てするしかありません。」といわれました。
どうやら相手側の内部機関?での認定のようですが非該当になっての賠償金の支払い額が自賠責の限度額120万前後にピタリとあてはまります。
以前からギプス固定期間を治療日に算定しなかったりと相手側の保険会社の担当者への不信感がありましたが、
客観的にみてこの事案はここで示談するしかないのでしょうか?

概要は
・治療費 (病院への支払い) 56万前後
・通院費 (交通費です) 4万前後
・その他 眼鏡等の損害 4万前後
・休業補償 7万(10日分)
・慰謝料 67万前後 (通院日67日+固定具の加算日数43日=110日ですが規定により減算されるようです。)
合計 120万前後

昨年2009年5/27に交通事故に遭い、当方1 先方9の過失割合で過失割合が決定しました。
事故時に左手首関節内骨折で病院に搬送され、担当医から手術もすすめられましたが通院で治療しました。
うごかすと痛みと生理的に嫌な感触を生じ、重量物を取り扱う前職も自己都合での退職となってしまいました。

担当医にもうこれ以上は良くも悪くもならないでしょう。そろそろ症状固定ですねといわれ、今年2010年5/15に通院を中止し、後遺症認定を申請しましたが相手方の事前認定(?)で非該当と回答がありました。先方...続きを読む

Aベストアンサー

後遺障害非該当でも、異議申し立てという道が残されています。
線も引かれていない真っ白な異議申立書という用紙があるので、それに非該当になったことに対する異議を自分で書きます。
書式も文章も決まっていません。
1度異議申立をしてダメだったにしても、何度でも異議を申立てられます。
これは、何度かやったら認められる場合が多いんですよね。
時間はかかりますが。

ところで、相手保険会社の「自賠責保険」は、どこですか。
任意保険ではありません。自賠責保険。
一般の損保でしょうか?
もしも、自賠責が某共済なら、後遺障害14級9号を、基本的に認めません。
何度も異議申立てをして、ようやく認められるという具合になっています。
一般の損保なら、そのような不公平な扱いはないのですが。

Q交通事故慰謝料について。当方自転車で相手はトラックで、巻き込み事故。当方の過失0です。

昨年2015年の6月15日に、当方自転車で青信号を直進中に、左折トラックにはねられました。
10-0の過失割合で、16年6月29日に治療が終了いたしました。
症状に骨折はなく、左肩打撲の痛み(炎症)が残って381日間の治療になりました。
治療途中CT、MRI撮影し、それなりに炎症が認められたため長引きました。

後遺障害の診断書は、下記の通り。
傷病名→左肩打撲
自覚症状→左肩関節の可動域低下。特に横から上げにくい。
各部位の後遺障害の内容
①精神・神経の障害→ 左肩関節の可動域低下あり。単純XP異常所見なし。
そして、肩の可動域の表には、「外転 左 90度」となってます。
右は180度ですので半分ですが、内転に以上が無いので、「可動域2分の1」では無く「4分の3」ということでしょうか。

結果、等級認定は非該当。
<結論>自賠責保険における後遺障害には、該当しないものと判断します。
<理由>左肩打撲後の左肩関節の機能障害については、提出の画像上、本件事故による骨折、脱臼等の外傷性の明らかな異常所見は認められず、また神経障害等も認められないことから、可動域制限の原因とかる客観的所見に乏しく、自賠責保険における後遺障害には該当しないものと判断します。
とのこと。

損害賠償計算書が届きました。
治療費 738,136 医療機関に支払い済み
通院費   6,430 支払い済み
めがね代  6,372 支払い済み
慰謝料 950,000
とのこと。

慰謝料については、
総治療日数 381日
入院日数 0日 
通院実日数 142日
基準となる慰謝料 855,000円
症状程度による増額  (×1,10)
その他慰謝料増額    9500円
合計       950,000円

自賠責保険の120万円を上回っているので、任意保険になるのもわかりますが、ネット等で知りうる他の事例に比べて、数十万少ないように思います。

保険会社さんは、三井住○海上さんです。

これは、弁護士さんあるいは、紛争センターさんに相談すれば、増額するのでしょうか?
あまり時間ばかりかかって、効果が無いのも困るのですが、お知恵をお借りしたいです。

よろしくお願い致します。

昨年2015年の6月15日に、当方自転車で青信号を直進中に、左折トラックにはねられました。
10-0の過失割合で、16年6月29日に治療が終了いたしました。
症状に骨折はなく、左肩打撲の痛み(炎症)が残って381日間の治療になりました。
治療途中CT、MRI撮影し、それなりに炎症が認められたため長引きました。

後遺障害の診断書は、下記の通り。
傷病名→左肩打撲
自覚症状→左肩関節の可動域低下。特に横から上げにくい。
各部位の後遺障害の内容
①精神・神経の障害→ 左肩関節の可...続きを読む

Aベストアンサー

>ネット等で知りうる他の事例に比べて、数十万少ないように思います。
 「自身が損害額」を算出し「相手に請求する」のが基本であって、
 他者の受傷内容、社会的地位など状況が一致しないので
 参考にならないかと思います。

>弁護士さんあるいは、紛争センターさんに相談すれば、増額するのでしょうか?
「賠償提示金額に不服がある」なら「不服の根拠」を示し
 不足する内容の上乗せを請求する必要があります。
「除外されている部分がある」とか
「請求/賠償を認めない」とかが無ければ
 弁護士を使ったところで賠償額に差は出ないと思います。

 請求額と提示額に数百万円以上の差があるなら
 弁護士を使う価値はありますが、
 (戻らない)着手金(賠償額の増額に関係無し)を弁護士に
 支払って争う案件ではないでしょう。

>あまり時間ばかりかかって、効果が無いのも困るのです
 少なくとも「紛争センター」は、1回目の面談(予約)ですら
 半年先になると思います。

Q過失割合(相手:一旦停止無視 当方:優先道路)

以前『高齢者との交通事故(出会い頭・相手側一旦停止)』
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8276233.html で質問させて頂きましたが、
その続きで、質問させてください。

その後、当方は身体の痛みが出て来たため、事故(9/21)の翌々翌日(9/24)
病院に行って診断書を書いて頂き、今現在も通院中です。

先日、担当のディーラー(保険もこの方に依頼して加入)の方から連絡を頂き、
当方の車の修理代が25~6万かかると言われました。
しかし、当方の車はもぅ20年程乗っている車なので、
車両保険が10万円しか出ないとの事。

で、相手(加害者)が、その何割かを支払い、
当方が、その差額と15~6万程、自腹で払わなくてはイケないとの事。

まだ、相手の保険屋さんも、相手の方の保険屋さんも
この過失割合についての連絡がないのですが
ディーラーさんの方は
1ヶ月以内に、修理にするのか、廃車にするのか連絡を下さいとの事。

ここで、過失割合なんですが、
こういった場合の事故(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8276233.html)の場合
私としては、9:1を願っているのですが
(お巡りさんも、そのような事を言ってはくださったのですが)
8:2になってしまうのでしょうか?

まだ、正確な過失割合は、保険屋さんからも、警察からも聞いていません。

また、この過失割合に関して、
警察署で書いて頂いた事故証明?!(調査書?!)等を元にして
保険屋さん同士が決めるのでしょうか?

車両保険が10万しかついてないのは知っていましたが、
修理代を全額払って頂けないのが、正直、悔やまれますが、
まぁ当方も運転中にぶつけられた(正式には、停まった所にぶつかって来た)ので
警察の方も『申し訳ないけど、出会い頭は10:0にはならないから』と
言っていたので、それは仕方ないのですが、
相手は一旦停止を無視して来たので、9:1でないと、正直、納得いかないのですが、
この希望は、相手の保険屋さんに、聞き入れてもらえるのでしょうか?
どのようにしたら聞いて頂けるのでしょうか?
それとも、この場合の事故では8:2が妥当なんでしょうか?

また、相手は怪我をされていないのですが、
当方は、今通院・休職中です(挫傷等)
この通院費や、休業補償も、何割かは自己負担となるのでしょうか?

同じ様な質問で申し訳ありませんが、
アドバイスを頂けたら幸いです。

宜しくお願い致します。

以前『高齢者との交通事故(出会い頭・相手側一旦停止)』
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8276233.html で質問させて頂きましたが、
その続きで、質問させてください。

その後、当方は身体の痛みが出て来たため、事故(9/21)の翌々翌日(9/24)
病院に行って診断書を書いて頂き、今現在も通院中です。

先日、担当のディーラー(保険もこの方に依頼して加入)の方から連絡を頂き、
当方の車の修理代が25~6万かかると言われました。
しかし、当方の車はもぅ20年程乗っている車なので、
車両保険が10万円し...続きを読む

Aベストアンサー

優先道路が事実なら、1:9の事案です。
優先道路とは、交差点内までセンターラインが貫通しているかどうかです。
貫通してなければ、優先道路ではないので、2:8です。

それで、相手方保険会社の車両価値の算定はいかほどなんでしょうか?
こちらの車両保険が10万なら、相手方からの提示はそれ以下でしょうね。
仮に10万だったとして、過失相殺で8万か9万しか入ってこないということです。
それで修理するなら差額が必要ということです。
保険会社を通じて、相手の保険に対物超過特約がついていないか確認してもらって下さい。
これがついていれば、時価額+50万までは出ます(ただし、修理をすることが条件)
なお、この特約は契約者の了解が必要になるので、慎重に要求下さい。

治療費やその他については、相手の自賠責から120万までは満額出ますので、それまでは自己負担はありません。
120万を超えると過失相殺がかかりますが、慰謝料から過失分引かれるという形になります。

Q交通事故示談の治療費について

一昨年に交通事故にあいました。被害者です。
当方過失0で、後遺障害7級認定されて先日保険会社から
示談金の賠償額の計算が送られてきたのですが、そこで
一つ疑問があります。
明細には
傷害による損害として
1.治療費(支払済み)
2.交通費(支払済み)
3.雑費等(支払済み)
4.慰謝料

後遺障害による損害として
1.逸失利益
2.慰謝料

とありました。ここは理解できるのですが、治療費の欄に
○○病院○○円(支払済み)
△△病院△△円(支払済み)
国民健康保険へ三百○○万円(支払済み)
と書かれております。

損害賠償額の合計から既払い額(傷害による損害)を引いて最終的な
金額になっているのですが、病院への保険会社からの支払は理解できるのですが、
国民保険に支払った金額をプラスして引かれる理由がわかりません。

国保の場合は国保が加害者(保険会社)に請求して支払うとありますので、
当方の損害額から引かれるということは、こちらに責任があるようにも
とれます。

いったいどういう意味なのでしょうか?
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

No1さんの補足

健康保険を使用した場合、
(1)まず、3割分を任意保険会社が病院に支払う。
(2)残りの7割分を国保が病院に支払う。
(3)国保の支払った部分について、過失割合分を乗じた金額を任意保険会社に請求する。
(今回は100%分を請求している)

ということになります。正規の手続きであり問題ありません。

質問者さんのおっしゃりたいことは分かります。
賠償金額から治療費が引かれていて、手取りが少なくなっているのでは…と思っているのではないでしょうか?

実際は、
賠償金額=治療費+交通費+雑費+慰謝料+後遺障害慰謝料+逸失利益
の合計が任意保険会社が支払う賠償金額となります。

質問者さんが受け取ることができる金額に、治療費はありませんので、賠償金額から治療費を引いているとお考え下さい。

Q交通事故による治療費の過失相殺

私の母は交通事故により健康保健を使って治療、入院をしていますが、事故の本を見ると、健康保健の療養の給付は被害者の過失の割合に応じて保険会社に求償するので、損害額から健康保健の給付を控除した残りの部分が過失相殺されると書いてありました。これは、例えば、損害額全体が1000万円でそのうち治療費が100万円であり過失割合が1(被害者):9(加害者)であるなら、健康保険組合が保険会社に90万円求償し、被害者は実質810万円を受けるといった計算になるということでよろしいでしょうか?そうでないなら、治療費の過失相殺分の10万円は被害者側の負担となり、実質的な受け取りは800万円になってしまうと思うのですが。勘違いしている部分があるかも知れませんが、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 交通事故で入院されたお母様のお怪我、お見舞申し上げます。ご質問の回答はoshie-qさんのご回答通りです。蛇足ですがご質問の例を回答致しますと。
 総損害額1000万円
  治療費 100万円
    患者負担 (30%として)  30万立替
    健康保険 (70%を支払い)70万円
 賠償金額930万ー93万(過失分)=837万円
  この金額が治療費を引いた賠償金額です。
尚 健保組合は相手の保険会社に立替分の70万円 の90%(63万円)を求償する事に成ります。従って相手の保険会社は、あなたの
  お母さんの損害賠償分 837万円
  健康保険求償分     63万円 
  計900万円に成りますので1000万円の過失 10%を引いた金額に成る訳です。
    


人気Q&Aランキング

おすすめ情報