金銭消費貸借契約を行うのですが、その際契約書に収入印紙が必要になるかと思います。

契約書は双方が1通づつ所持しなければなりませんが、この場合に貼る収入印紙はそれぞれに必要になりますでしょうか?

色々と調べてみますと、片方の人は、原本?の契約書のコピーを所持していれば問題ないため、収入印紙は1枚、元の方に貼ってあればよいという意見も見受けました。

出来れば無駄な費用を払いたくはないので、この方法でよければ片方はコピーを所持したいと思いますが、違法であったりグレーな対応だという場合にはそれぞれ二通に一枚づつ貼ろうと思います。

このような場合の対応にお詳しい方いらっしゃいましたらアドバイスを頂けないでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

収入印紙は「印紙税がかかる文書を作製した際にかかる税金を払った証紙」です。



契約書は「印紙税がかかる文書」ですから、作成したら、作成者が印紙税を払って、その証しである印紙を契約書に貼ります。

さて、ここで問題になるのが「1通づつ所持」の部分。

「同じ文書を2通作成し、双方がそれぞれに署名捺印する」のであれば「2通分の納税が必要」になるので、収入印紙も、それぞれに貼って、両方とも割り印します。

「原本を1通だけ作成し、片方は原本を、もう片方はコピーした物を所持する」のであれば、作成したのは「1通だけ」なので、印紙を貼るのも1通だけです。

なお、この場合、コピーの方は「双方が署名捺印し、印紙を貼って、印紙に割り印を押した後の状態」で複写機でコピーした物に限られ、かつ、赤字等で「写し」と大きく明示しておかなければなりません。

そうしないと「複写と言う行為により、課税文書をもう1通作成してしまった状態」になっちゃうので、別途、印紙を貼る必要が出てしまいます。

で、金銭消費貸借契約の場合は「同じ文書を2通作成し、双方がそれぞれに署名捺印する」のが一般的ですから、印紙も、それぞれに貼って、両方とも割り印します。

なお、印紙税は「文書作成者が納税する」事になっているので、文書を作成した側が印紙代を払う事になりますが、地域により商習慣が異なるので「双方が印紙代を半分づつ出す」とか「契約を持ちかけた方が出す」とか、色々です。契約前に、印紙代をどちらが負担するか、当事者双方で確認しておきましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご回答有難う御座います。

結論としては、やはり双方に印紙を貼るのが確実だと思いましたので、そのように対応したいと思います。
印紙代の負担も参考になりました。有難う御座います。

お礼日時:2014/12/11 11:57

契約形態によります。


契約書に『本契約書は正本二通を作成し、甲及び乙が各一通宛保有するものとする』という場合には、二通とも対等な証拠能力を持つ「正本」と認められます。
正本一通で済む場合には(例えば賃貸契約)、貸す側が正本を保有し、借りる側はコピーでも持たなくても済みます。正本に近い証拠能力を保持させるために、「副本」を作成して借り手が保有することも出来ます。副本は正本と同じ体裁で、日付、金額、署名欄などは手書き、印鑑は同一でなければなりません。
正本に印紙を貼らなければ脱税になります。その上証拠能力を持てなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いました。

>>正本に印紙を貼らなければ脱税になります。その上証拠能力を持てなくなります。

きちんと双方に貼り作りたいと思います。
有難う御座います。

お礼日時:2014/12/11 11:58

印紙をコピーして使用するなんて誰が考えても犯罪です。

こんなことを隠れてやろうとするのではなく、本気で質問することに驚きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。

すみません誤解を招いてしまいました。
2さんのご回答にも書かせて頂きましたが、印紙をコピーではなく、印紙が貼られた契約書そのものをという意味でした。
いずれにしても、きちんと双方に貼る方が賢明ですね。
有難う御座いました。

お礼日時:2014/12/11 11:38

契約書を2通作るのは複写できない状態の時ですね。



複写の時、ハンコは2枚目、3枚目と押しますよね。
複写ではダメなのです。

収入印紙は契約書を発行したら貼る(別納でもいい)必要が有るため、
コピーはダメです。

そんなこと許したら郵便の切手もコピーできてしまいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すみません、私の書き方が悪かったようです。
契約書の紙自体は一枚です。それを双方所持するので二通と書いてしまいました。

なので厳密には印紙をコピーではなく、印紙が貼られ署名、押印されている契約書そのものをコピーし一方が所持という意味合いでした。言葉足らずで申し訳御座いませんでした。

お礼日時:2014/12/11 11:36

契約書を2通作成し、双方が所有する場合は、それぞれに収入印紙が必要となります。



これを倹約するために、応募方式の契約書であれば契約書は1通ですから収入印紙は1枚で済みます。この場合は応募する側(つまりお金を借りる側)がコピーをとっておくことになりますが、裁判になったときの証拠能力としては、やや弱いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難う御座います。

>>裁判になったときの証拠能力としては、やや弱いと思います。

それではお互いがお互いのためという意味できちんと双方に貼るのがよさそうですね!

お礼日時:2014/12/11 11:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約書の印紙税は、どちらが支払うの?

契約書の印紙税は、どちらが支払うの?

2者で契約書を2部作成し、共に持つという時があると思います。
収入印紙は、誰が、いつ貼るのでしょうか?
出来上がった後に、双方がそれぞれ貼るのでしょうか?

収入印紙を貼るべきところを貼っていないと、3倍の税額となる
と思いますが、相手の持っている契約書に貼っていない場合は、
自分にも課されるのでしょうか?


また、1つの契約書(印紙あり)をコピーして、原本をA、コピーをB
が持つとします。
これって有効ですか?そもそも印紙のついたものをコピーするのは、お金を
コピーするように法律違反ですか?

Aベストアンサー

> 収入印紙は、誰が、いつ貼るのでしょうか?

そもそも契約書が完成していなければ印紙をはる必要はありませんから,「出来上がった後に」です。
誰が貼るのかは,作成した人がはるのです。 当事者が2人であればどちらが貼っても良いし,両者で負担しても良いのですが,業界の慣行でどちらか片方が貼ることになっている例は多いです。

> 相手の持っている契約書に貼っていない場合は、自分にも課されるのでしょうか?

印紙を貼って消印をする義務があるのは,作成した人です。そのような契約書があれば両者の連帯責任です。両者の間の負担割合は両者で決めることであって,国に対しては連帯責任です。

> これって有効ですか?そもそも印紙のついたものをコピーするのは、お金をコピーするように法律違反ですか?

印紙があろうが無かろうが契約の有効性には関係がありません。またコピーは課税文書ではありませんから印紙をあらためてはる必要はありません。ただし「契約当事者の双方又は一方の署名又は押印があるもの」や,「正本等と相違ないこと、又は写し、副本、謄本等であることの契約当事者の証明(正本等との割印を含む。)のあるもの」であって「文書の所持者のみが署名又は押印しているもの」でないものは課税文書ですから,コピーにも印紙が必要です。
印紙のコピーは違法です。しかし「印紙に紛らわしい外観を有する物」とされないようにすれば違法ではありません。しっかり消印がされていれば多分大丈夫なんじゃないでしょうか。だめそうなものなら,普通のコピー機はコピーできないようになっているか,コピーしようとすると警告を発しますよね。

> 収入印紙は、誰が、いつ貼るのでしょうか?

そもそも契約書が完成していなければ印紙をはる必要はありませんから,「出来上がった後に」です。
誰が貼るのかは,作成した人がはるのです。 当事者が2人であればどちらが貼っても良いし,両者で負担しても良いのですが,業界の慣行でどちらか片方が貼ることになっている例は多いです。

> 相手の持っている契約書に貼っていない場合は、自分にも課されるのでしょうか?

印紙を貼って消印をする義務があるのは,作成した人です。そのような契約書があれば両者の...続きを読む

Q契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべき?

契約書の印紙の消印は、甲乙2社が押すべきなのでしょうか?
片方が押せばOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

印紙の消印については、最初の回答者の述べるとおりだ。片方でよい(印紙税法基本通達64条)。印紙税法3条2項に定める連帯納税は、いずれかの者が全額を納税すればよいことを意味するのだから、ここからもいずれかの者が消印をおこなえばよいと結論づけることができる。社会通念上もこれで足りる。

なお、印紙を押印により消すことは、正確にはご質問のとおり消印と呼ぶ。割印ではない。また、契約書に貼付して印紙税を納税する場合の印紙については、消すことが法律上義務付けられている。「押しても押さなくても良い」にも「押してはいけないものもある」にも該当しない。

Q契約書2通作る場合、どちらも収入印紙が必要?

契約書を交わすとき、契約書を2通作り、自社と業者で1通づつ保管する旨が記載されています。
この時、自社の契約書には収入印紙を貼り、割印をしました。収入印紙はどちらの契約書にも貼り、割印をするものなのでしょうか?

Aベストアンサー

通常は、自らが保管する分の契約書には自ら負担して印紙を貼りますね。印紙税法上の問題であって、契約の効力とは無関係です。2通作っていれば、自分が保管するものには印紙を張りますね。

割印は切手と一緒で、剥がして使えないようになっていればよいことになります。

コピーといっても、原本と同様の効力が肯定される文書、証明文言付の文書に関しては印紙が必要です。

Q請負契約書 先方が印紙をはるのをしぶった場合。

民間会社と2500万の土木工事を請け負いました。

私の方が契約書を作成し、双方1通ずつを保持するよう契約書に明記したのですが、
先方が印紙代(1万5,000円)の収入印紙をはるのはもったいないからコピーでいいといってきました。
その場合、うちは当然原本に印紙を貼るのですが、先方には割印?(こちらの契約書とコピーを重ねて押印)で通じますか?
それとも両方の印紙代をこちらで負担するしかないのでしょうか。

いつもは役所相手にしているので回収に心配がなかったのですが、民間となると。。
どなたかご助言ください。申し訳ありませんが急ぎです。

Aベストアンサー

両者が揃って記名押印等するタイプな。そしたらよ、原本を手元に置いとくほうがいいぜ。注文者がそれで構わねぇってんだから、喜んでしまっていい話だ。


契約書って奴ぁ、契約内容を確認したり契約から外れたときに駄目出ししたりすることにも使えるもんだよな。そんときに原本があると、こう書いてありますぜってコピー以上に言いやすいんだよ。第三者からより信頼してもらえるってこった。

「効力」だが、契約書に注文者も記名押印等するんだよな。そしたら十分に証拠になるぜ。自分とこでは相手の判子を押したり出来ねぇだろ。判子ってな、第三者から意外に信頼されるものなんだよ。

ついでに言うと、印紙税法との絡みでも建設業法との絡みでも、原本が手元にあるほうがいいと思わないかい。原本が手元にあって印紙がきっちり貼ってありゃあ、調査官らもそれ以上突っ込んできたりしねーと思うぜ。


履歴は日報にメモ書きで十分だと思うぜ。後で引っ張り出せるようにしておくといい。契約書とは別に保管しておくほうがいいだろうな。どこいったか分からなくなりそうなら契約書原本に添えて保管してもいいが、建設業法違反をわざわざ分からせるようにしちまうことでもあるからな。


最後に、今後も注文を貰えそうな相手なら、契約書を2通きちんと作っておくのがいいぜ。最初が肝心だからよ。毎回コピーになっちまったら、建設業法違反で指導を受けたりするリスクが高くなっちまうよな。

両者が揃って記名押印等するタイプな。そしたらよ、原本を手元に置いとくほうがいいぜ。注文者がそれで構わねぇってんだから、喜んでしまっていい話だ。


契約書って奴ぁ、契約内容を確認したり契約から外れたときに駄目出ししたりすることにも使えるもんだよな。そんときに原本があると、こう書いてありますぜってコピー以上に言いやすいんだよ。第三者からより信頼してもらえるってこった。

「効力」だが、契約書に注文者も記名押印等するんだよな。そしたら十分に証拠になるぜ。自分とこでは相手の判子を押し...続きを読む

Q契約書に貼る印紙の位置を教えて下さい

契約書に印紙を貼り先方へ提出します。
貼りつける位置は正式に決まってますか?
割り印の位置も教えてください。

Aベストアンサー

> 貼りつける位置は正式に決まってますか?

貼付位置については、法令の中で「様式」として定まっていない限り、法律上の決まりはありません。一般的な契約書については、法令上の「様式」は存在しないものです。

法律上の決まりがないときは、左上または右上に貼り付けるのが一般的です。契約書フォーマットに貼付位置が指定されている場合もあります。


> 割り印の位置も教えてください。

印紙に押す消印のことでよろしいでしょうか。

印紙の消印の位置については、法律上は、「課税文書と印紙の彩紋とにかけ、判明に」消印しなければならず、またそうである限り位置を問いません(印紙税法8条2項)。共同作成の契約書に貼り付けた印紙について、契約当事者の片方のみが消印をしても構いません(印紙税法基本通達64条)。

慣行としても、私の知る限り、特にこれと定まったものは無いようです。

Q注文請書について教えてください。

注文請書について教えてください。

お仕事を単発でもらいながら在宅で仕事をしています。
この間依頼先から注文書がきて、注文請書を送ってくださいという話があったのですが
注文請書を送るのも触るのも今回初めてなので、どういうルールでどう送れば良いか不安です。
色々調べた下記内容であっているかのご判断といくつか質問を書きましたので
ご教授いただけますでしょうか。


<1>注文請書を送る流れ
「注文請書には金額に応じて収入印紙を貼り、割印して、相手側に郵送して完了」
と思っているのですがこの流れであっているでしょうか?

<2>FAXなどでは収入印紙は貼らなくても良いと聞きましたが、
もしFAXで請書を送る場合、名前と印鑑を押してFAXすれば問題ないのでしょうか?

<3>収入印紙にする割印の役割と貼り方
収入印紙に割印をするのは、収入印紙の再利用を防ぐためで、契約書ではないので、
相手方にもハンコを押してもらって返送してもらう必要はない。
という認識で問題ないでしょうか?
また印紙を貼る欄がない場合、収入印紙を貼る場所に一定の決まりはあるでしょうか?

<4>郵送の際に折って良いか
請求書などは折って郵送してもいいとききましたが
注文請書は折って郵送しても問題ないでしょうか?
また折るときに2つ折りなどでも大丈夫でしょうか?

(5)郵送する際に請求書とあわせて送る場合の朱書き
別の依頼の請求書と注文請書を送る際、、
朱書きは「請書在中」「請求書在中」と並べて2つかいたほうがいいでしょうか?


こまごまとした質問ですみませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

注文請書について教えてください。

お仕事を単発でもらいながら在宅で仕事をしています。
この間依頼先から注文書がきて、注文請書を送ってくださいという話があったのですが
注文請書を送るのも触るのも今回初めてなので、どういうルールでどう送れば良いか不安です。
色々調べた下記内容であっているかのご判断といくつか質問を書きましたので
ご教授いただけますでしょうか。


<1>注文請書を送る流れ
「注文請書には金額に応じて収入印紙を貼り、割印して、相手側に郵送して完了」
と思っているのですがこの...続きを読む

Aベストアンサー

><1>注文請書を送る流れ
>「注文請書には金額に応じて収入印紙を貼り、割印して、相手側に郵送して完了」
>と思っているのですがこの流れであっているでしょうか?

基本的に問題有りません。
但し、印紙に関しては注意が必要です。
 印紙は、請負契約(機械の保守契約等々)であれば課税文書ですが、物品販売
 (カタログに記載されている物品販売等)であれば、不課税文書です。
 よって、御社が何を注文されたかによって異なります
 請負販売か物品販売かを確認してください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7140.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7102.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/12/11.htm
 ※平成元年に印紙税法が改定されています。
  昔は、物販であろうと印紙税は課税でした・・・・・。


><2>FAXなどでは収入印紙は貼らなくても良いと聞きましたが、
>もしFAXで請書を送る場合、名前と印鑑を押してFAXすれば問題ないのでしょうか?

http://www.k3.dion.ne.jp/~oouekai/Q&A/inshiukesho.pdf
基本的には上記の通りです。

但し、FAXの場合は一旦紙に印刷して送付すると思います。印紙税法では
課税文書の作成時に課税が発生するとされていますので、厳密な法解釈を
すると課税される可能性があります。
 (当社の場合は印紙税調査時には問題となりませんでした。しかし厳密
  な法解釈をされると・・・・・)

一番確実なのは、パソコンで作成された文書を直接FAXできるソフトで対応
したり、PDFファイルにしてメールに添付すれば、一旦紙に印刷しませんから
課税文書には絶対になりません。

><3>収入印紙にする割印の役割と貼り方
>収入印紙に割印をするのは、収入印紙の再利用を防ぐためで、契約書ではないので、
>相手方にもハンコを押してもらって返送してもらう必要はない。
>という認識で問題ないでしょうか?

結果として、記載されている内容でOKなのですが、理由は違っています。
注文請書は、印紙税の2号文書ですから印紙税法の契約書に該当します。
また、印紙税法では割印ではなく消印と呼びます。(どっちでも良いですけど)

国税庁のHPに詳しく載っています。
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/06/03.htm
 ※消印方法を誤解されている方が多々見られます。印紙税の税務調査時に
  困らないように、正しい方法を覚えておきましょう。

本件が、物品販売の注文請書である場合には、本回答は読み飛ばして下さい。

>他の企業様とやり取りしてる中で、請求書は普通に3つ折りなどで送っていたので
>請書は折って良いか判断に迷いました。

これは、該当業種の商習慣によって異なります。商習慣に従って下さい。
私見としては、問題ないと思われます。

>「請書在中」「請求書在中」並べて2つかいたほうがいいでしょうか?

私の会社であれば、列記して頂いた方がありがたいですね。
(担当者が別なので)
但し、どちらか一方が記載されていれば、概ね何が入っているか理解できます
から、目的の部署に郵便物が配布されますので問題ないと思われます。

><1>注文請書を送る流れ
>「注文請書には金額に応じて収入印紙を貼り、割印して、相手側に郵送して完了」
>と思っているのですがこの流れであっているでしょうか?

基本的に問題有りません。
但し、印紙に関しては注意が必要です。
 印紙は、請負契約(機械の保守契約等々)であれば課税文書ですが、物品販売
 (カタログに記載されている物品販売等)であれば、不課税文書です。
 よって、御社が何を注文されたかによって異なります
 請負販売か物品販売かを確認してください。
http://www.nta.go.jp/taxans...続きを読む

Q親子間の金銭貸借に公正証書と収入印紙はほんとに必要か?

親から1000万円借用しローン残高を一括返済しようと考えています。
月々の返済は銀行振り込みにして返済証拠が残るようにし、利息も現ローンよりは低いですが1%にします。またこれらの諸条件が分かるように「金銭消費貸借契約書」も作成します。いろいろな解説書では「「出来れば」契約書を公正証書とし「収入印紙」も貼った方が良い」と書いています。調べると公正証書作成手数料と収入印紙代が結構な高額です、私のような貧乏人にはできればやめたい。収入印紙がなく正式な公正証書でなければ金銭貸借と認められないのでしょうか?そして贈与税が掛かるのでしょうか?

Aベストアンサー

質問は、贈与と認定されないための対策でしょうから
金銭消費貸借契約書の作成と
返済の記録が重要です
無利子ですと、利子相当分の贈与と認定される可能性がありますが、1千万では、最高でも年50万程度でしょうから、他から贈与が無ければ、贈与税はかかりません
(#1の後日作成の借用証等では認められません、税務署は収納できる根拠のある税金は収納するのが仕事ですから)

公正証書である必要はありません、それよりも返済の記録です
#2の指摘もありますが、現金での授受は領収書があっても否認されるケースがあるようですが、債権者の口座に定期的に振り込まれている明確な記録があれば、それ以上の追求は無いようです(他に不振な要因が無ければ)

公正証書の方が契約の効力が争点になった時、証拠能力が高いだけです
(改竄や捏造を主張されたとき等)

印紙は貼付して無くても、特に問題にはならないでしょう(「最悪印紙税の追徴です)

Q金銭消費貸借契約書の印紙

お世話になります。
親から住宅購入資金として100万円の借金をしました。金銭消費貸借契約書を取り交わすのですが、正・副2枚必要でしょうか。
また、収入印紙は1,000円のもので良いと思いますが(間違っていれば指摘下さい)、正・副どちらに貼るのか、また正・副どちらを親へ渡すのかがよく分かりません。
あと、割り印は私の印鑑で良いでしょうか。
ご存じの方、教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

>「親から住宅購入資金として100万円の借金をしました。金銭消費貸借契約書を取り交わすのですが、正・副2枚必要でしょうか」
→契約書を正・副2枚作成する必要はありません。
正本を1部作成し、貸主(親御さん)と借主(あなた)がそれぞれ署名します。その正本に印紙(この場合は1,000円)を貼り付けし、貸主が貸出債権の証拠として完済まで保管します。あなたはそのコピーを取り、持っていればよろしいでしょう。
なお、下記サイトをご覧ください。契約書に必要な記載事項が載っております。このケースでは無利子でもよろしいようですね。詳しくは最寄の税務署にご確認ください。

>「割り印は私の印鑑で良いでしょうか。」
→割り印が必要な理由は、一度使用した印紙を再度使用できなくすることにあります。従って、印紙の割り印は親御さんでもあなたでもよろしいですが、一般的には借主の印鑑を押捺しております。

ご参考になれば幸いです。

参考URL:http://www.yomiuri.co.jp/homeguide/myhome/20031030_01.htm

Qカラーコピーされた捺印済書類について

本日、自分の所へ捺印依頼があり、社内での捺印処理をすべく持ち回りしてました。
しかし、その書類には一部捺印がしてあった上に、カラーコピーされたいたもので、本来行いたかった捺印をキャンセルし、書類をもう一度作り直すようお願いしました。

印がカラーコピーされているものの効力がないというのは、なんとなくわかるのですがその根拠となる法令とかそういうものはあるのでしょうか。
色々と検索をかけたのですが、見つけることができませんでしたので、こちらに投稿させていただきました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

その文書が私文書であれば一般的には民事訴訟法228条4項が、公文書であればその様式等を定める法令が、それぞれ関わるかと思います。

Q注文請書に貼る収入印紙について

広告関連のライティングを中心に個人事業主として活動しています。
先日、取引先から請求関係の書式が変わりますという連絡を受けました。今日、届いた書類を見ると「注文書」「注文請書」「請求書」がセットになっており、必要事項を記入して捺印、「注文請書」には収入印紙200円を貼って郵送しろとのことなのですが。。。。。
今までいろいろな取引先と仕事をしてきましたが、発注書→納品書→請求書、あるいは見積書→請求書ばかりで、収入印紙を要求されたのは初めてでとまどっています。これは一般的なケースなのでしょうか? 今回は3万円というごく少額な取引ですが、今後もつきあいは続きそうです。これまで必要なかったのに、なぜ?という疑問も湧いています。印紙分が無駄な気がするのですが。。。。。なお、印紙代は経費になるのかどうかも、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>これは一般的なケースなのでしょうか…

この金額程度の取引では、確かにあまり見られない慣習かとは思います。
しかし、発注元の会社としては金額の大小に関わりなく、「注文を受けた」という確たる書面が必要なのでしょうね。
これを書くとなると、印紙税は避けて通れません。記載金額が、1万円以上 100万円未満で、200円の印紙です。
今回は 3万円とのことで貼らざるを得ませんが、もし、1万円ちょうどの契約があったとしたら、消費税が含まれているかいないかご注意ください。内税額が明記されている場合、本体価格が 1万円以上から印紙税の課税対象になります。

>印紙代は経費になるのかどうかも…

これらの印紙代は、「公租公課」として、当然経費に計上できます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/7102.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報