仕事で医療系の文献や病院などを調べているのですが、
リハビリテーション病院の事を調べていて名称?役割?がわからず困っています。

急性期・亜急性期・維持期というのは何となくわかったのですが、
「地域包括ケア病棟」と「回復期リハビリテーション病棟」では何が違うのでしょうか?

病院によっては回復期だけ、地域包括ケアだけ、というところも多く、
全部を兼ね備えている病院が見つかりませんでした。

地域包括ケアも回復期も、急性期から症状が安定したけれどまだ退院までは・・という人のための、という感じですが、
・急性期→回復期→退院
・急性期→地域包括ケア→退院
・急性期→地域包括ケア→回復期→退院 などの流れもあるようですが・・・

各病棟では入院の上限日数があるようなので、それを超える場合の受け皿の役割なのでしょうか??
それであれば回復期も地域包括ケアも名前が違うだけで入院患者・入院中のリハビリ内容は
大きく違いないのでしょうか?
(もちろん患者さんの症状によってリハビリ内容は異なるのでしょうが。)

色々調べてみましたが、理解が追い付いておらず申し訳ありません。
どなたか詳しくご存知の方に、素人にも分かりやすく教えて頂きたいです!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

地域包括ケア病棟のイメージは次のようなもののようです。



http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-1240 …

確かに解りにくいですが、急性期→地域包括ケア病棟の他に、地域医療(訪問診療やかかりつけ医)→地域包括ケア病棟というのもあるでしょう。回復期病棟は急性期後のリハビリが中心だと思いますが、地域包括ケア病棟では高齢亜急性期患者の受け入れも考えているのではないでしょうか。「急性期病院を重点化する」のと「医療・介護を一体化し、在宅を強化する」というのが基本方針だと思います。
    • good
    • 3

こんばんは



厚生労働省のを見た感じですと
シズテムのことが包括ケアで

実際の病院のことが回復期リハビリ病棟などの事ではないでしょうか?

この感じですと
http://www.jinsenkai.or.jp/sisetu-annai/kitahuku …

回復期リハビリ病棟→ケア病棟の流れに感じます

亜急性期病棟というのがなくなったので
その隙間を埋めるための病棟になるようです
http://www.terumo.co.jp/medical/useful/pdf/14-05 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q急性期病院から転院…お金がありません

80歳の祖母が、4月半ばから咽頭癌疑いで全身症状が悪い為、急性期病院に入院しております。
結果、癌ではなく神経内科領域のごく稀な難病(難病指定さえされていない稀な病)であることが分かりました。
その病気が最近やっと判明し、ステロイドパルス療法を始めたばかりです。

入院してから様々な神経症状が出始め、現在は気管切開・頻繁な痰の吸引・胃ろう・導尿・全麻痺、という状態です。
意識障害はかなり酷い状態で(脳波1~2Hz)、声も出せず、筆談も出来ず、耳も聞こえず、全く意思の疎通ができません。
要介護5に認定されております。


先日、担当医から介護療養型医療施設への転院を勧められました。
入院先の医療ソーシャルワーカーさんとお話をしたところ、介護療養型医療施設では月に20万以上費用がかかると言われました。


祖母と祖父の老齢年金は、合計月20万円です。
祖母は非課税ですが、祖父が課税ですので減額はないとの事でした。
本来ならば年金から費用をねん出することが可能なのですが、我が家では非常に厳しい状態です。

母は統合失調症で精神障害者手帳2級であり、働くことができません。
私はうつ病と睡眠障害で精神障害者手帳3級です。
離婚して父はおりません。
母には離れて暮らす兄弟が1人おりますが、リストラされたばかりでお金がありません。

私と母は、障害年金や生活保護は受けておらず、祖父母の老齢年金のみで生活してきました。
出来れば生活保護を受けたいのですが、持家なので無理とのこと。


介護療養型医療施設への転院が無理となると、在宅介護になります。
しかし家には、認知症の祖父がいます(要介護3)。
現在は大学を休学して私が介護・家事をしておりますが、症状の重い祖母の介護まで出来る自信がありません。
いくら訪問介護・訪問看護を利用しても、家族の介護も必要です。
母は精神状態が悪く、祖父母の介護は出来ません。

せめて祖父がデイサービスやショートステイ、訪問サービスを利用出来たらと思うのですが、頑固で暴力癖がある為、施設にも断られています。


正直、八方ふさがりでどうしたら良いか分かりません。
出来ることなら、私は介護を放棄して外に出て働きたいです。


長くなりましたが、現在の状況で何か打つ手はないでしょうか?
急性期病院を3ヶ月ごとに転々とする…とかは可能でしょうか?
急性期病院でしたら、後期高齢者医療制度で月44400円で入院が出来るのです。

長文駄文すみません。
藁にもすがる思いです。どなたかお知恵を貸して下さい。
宜しくお願い致します。

80歳の祖母が、4月半ばから咽頭癌疑いで全身症状が悪い為、急性期病院に入院しております。
結果、癌ではなく神経内科領域のごく稀な難病(難病指定さえされていない稀な病)であることが分かりました。
その病気が最近やっと判明し、ステロイドパルス療法を始めたばかりです。

入院してから様々な神経症状が出始め、現在は気管切開・頻繁な痰の吸引・胃ろう・導尿・全麻痺、という状態です。
意識障害はかなり酷い状態で(脳波1~2Hz)、声も出せず、筆談も出来ず、耳も聞こえず、全く意思の疎通ができません。
要介...続きを読む

Aベストアンサー

 「20万」というのは,医療ソーシャルワーカーが示す数値です。
 もし,12万で済んだとしましょう。初めに「20万」と聞いていれば,「安く済んだなぁ。」と思うでしょう。逆に最初に「10万」と聞いていれば,「高いじゃないか!」と思うことでしょう。なので,医療ソーシャルワーカーは,最高額を示す傾向があります。
 
 さて,現在入院中の病院の医療ソーシャルワーカーが,転院先の病院を探してくれると思います。そこですぐに決めずに,転院先候補の病院を訪ねてみることです。
 介護保険を利用する場合は,「契約」の世界です。事前に説明を受け,納得すれば転院すれば良いし,納得できなければ他の介護療養型医療病院を紹介してくれるよう医療ソーシャルワーカーに言うべきです。

>急性期病院でしたら、後期高齢者医療制度で月44400円で入院が出来るのです。
 
 それは医療費のみで,食事療養費やオムツ代が含まれていませんよね。それらを加えれば,月額いくらお支払いでしょうか。

 介護療養型医療施設ですと,オムツ代が療養費に含まれますが,居住費が必要となります。
 
 質問者様のお祖母様が,私の母が入院している介護療養型医療施設に入院したとしましょう。
 要介護度5で多床室。世帯に市民税課税の方がいらっしゃいますと,「利用者負担第4段階」となりますので,特定入居者介護サービス費(負担軽減)の対象にはなりません。
 しかし,高額介護サービス費の対象になりますから,37,200円が上限額になります。これは後に還付請求をする必要があります。

 としますと,
  介護サービス料               37,200円(後に還付される分を差し引いた額です。)
  食事療養費   @1,920円×30日 =57,600円(1日1,380円というところが多いようです。)
  居住費      @500円×30日   =15,000円(1日320円というところが多いようです。)
   月額計                   109,800円(あくまでもうちの母が入院している病院の場合です。)

 あくまでも「契約」ですので,病院によって,食事療養費や居住費が異なります。

 その他に病衣(もしくはパジャマ又は寝間着),バスタオル,タオル,オシボリなどのリースをすれば,それだけで最高5万ぐらいになります。
 そうすると,月額11万~17万になります。多床室ではなく,個室となると20万では足りないでしょう。
 衣類等は自前で準備し,自宅に持ち帰って洗濯するなど,節約する必要があります。

 食事療養費が1日1,380円で居住費が1日320円の介護療養型の病院ですと,急性期病院より安くなります。

 「20万」というのは,医療ソーシャルワーカーが示す数値です。
 もし,12万で済んだとしましょう。初めに「20万」と聞いていれば,「安く済んだなぁ。」と思うでしょう。逆に最初に「10万」と聞いていれば,「高いじゃないか!」と思うことでしょう。なので,医療ソーシャルワーカーは,最高額を示す傾向があります。
 
 さて,現在入院中の病院の医療ソーシャルワーカーが,転院先の病院を探してくれると思います。そこですぐに決めずに,転院先候補の病院を訪ねてみることです。
 介護保険を利用...続きを読む

Q急性期の頚椎捻挫の治療方法

こんにちは。
先日100%相手方が過失の追突事故にあいました
夜間救急で診察してもらったところ頚椎捻挫と打撲でした
急性期のものはあたためたり、電気などかけずに何もしないで
安静にしたほうがよいと言われたのですが
まわりで同じような事故にあわれた人に話を聞くと
整形外科で電気をかけたりリハビリにせっせと通ったそうです。
どちらの方が良いのでしょうか
電気かけたりした方が痛みが少しでも軽くなるような気がするのですが
医療的には何もしないのが正しいのでしょうか・・・
病院でしっかり話を聞いておけばよかったのですが
どなたか詳しい方がいらしたら教えてください
お願いします

Aベストアンサー

簡単にですがお答えします。どちらがいい、という問題ではないのですよ。
急性期は安静→それが過ぎたら必要に応じて理学療法やリハビリ、
という基本的な考え方は、どこの医療機関に受診されても大きく変わらないと思います。
同じ「頚椎捻挫」でも受傷の程度は人によって違うのは分かりますよね。安静期間も人によって違うのは当然です。
固定が必要な場合にはカラーで固定をし、痛みでお困りなら消炎鎮痛薬を処方されるでしょう。固定の期間や鎮痛薬の服用期間も当然人それぞれです。

回答で民間療法を薦める方も出てくるかもしれません。全て否定するつもりはありませんが、少なくとも急性期には絶対にやめて下さい。

Qターミナルケアとホスピスケア

ターミナルケアとホスピスケアは同義語と考えて差し支えはないんでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 ホスピスケアはターミナルケアの一種です。

http://www.sasakawa-igaku.or.jp/faq.html#q05

参考URL:http://www.sasakawa-igaku.or.jp/faq.html#q05

Q通所リハビリテーション、4~6時間算定について

通所リハビリテーションを営んでいます。
患者から週1回遠足に連れて行ってほしい
と要望があり。(10名)ほど
リハビリテーションということで
提携しているリハビリ施設に連れて行く計画をしています。
実際問題、別施設でリハビリとして算定は可能なんでしょうか??
別施設に行くまでの交通代として1人500円の自費
としてお金の徴収も考えてるんですが・・
送迎加算もとり交通費もとなると問題はありますか??
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

結論から言いますと、各県で指導が異なるということです。
リハビリ施設に行く必要があれば、ケアプランに掲げればOKの県もあるようですが、反対にプランに掲げても10人が10人必要ありはおかしいという県もあります。また食事のことを細かく聞き弁当だと適温に該当しないとか、行きたくない人には通常の通所リハビリを提供しなければならない等細かい指導をする県もあります。
交通費は、別施設に行ってリハビリが介護保険対象になると請求はできないと思いますが、対象外ならば行事費の実費負担としてご利用者に請求できると思います。(金額が適切ならば)
いずれにしても、県の介護保険課の判断となるはずです。問い合わせをお願いします。

Q脳梗塞 退院後の介護

義父が4月に小脳の脳梗塞をおこしました。
開頭手術をして一時はどうなるかと思いましたが、今では落ち着いています。
口から食べ物を食べることが出来ず、胃に穴を開ける手術をうけ、そこから栄養を採っています。
こちらの言うことを理解できますが、上手く話すことが出来ません。
聞きなれると義父が言っていることが少しわかります。
手足の麻痺はないようですが、平衡感覚がないのか立つとふらつきます。
車椅子からベットに移ることは自力でできるようです。

今リハビリの病棟にいるそうで、11月頃までは入院していられるそうです。
退院したら、義母しか看るひとがいません。
このような状態で、義母が家で介護するのは可能なのでしょうか?
義妹が義両親の家の近所にすんでいます。
私達はいま遠方の県外に住んでいます。
私達が引っ越して義両親と同居しなければならないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。はじめまして。
小脳性の運動失調が、身体や舌などに起こっているように推察致します。(喋り出しや話すスピードが鈍かったり、飲込反射遅延により唾液でムセたりしますかね?)

それはさておき、ご自身で移乗動作可能なようですので、(想像ですが)今現在の状況ですと、御義母様だけでも介護負担はさほど大きくないと思います。
転倒リスクに対する環境整備&義父様らしい生活の構築ができるよう、また、社会資源を上手に使って御義母様の休息時間を作って差し上げる。そんなプランニングが出来るならば、あわてて一緒に暮らさなくても多分大丈夫です。

ただ、脅かすようで恐縮なのですが、予後的には、
少しづつ小さな梗塞巣が増えて、バランスが取れなくなって転倒が増えたり、喋ったり飲込んだりが上手く出来なくなったり、思ったように動けなくなったりする方が割合多くおられます。ですから計画だけは、いざと言う時慌てないよう、数年先のものを立てておかれたほうが良いと思います。

馬鹿の一つ覚えで「ベッド&車椅子の生活」を勧めるアドバイザーが時々いますが、場合によっては、「四つ這い移動+敷布団の生活」のほうが安全で自立した生活が送れる事もあります。機能評価・居宅生活イメージ構築・予後予想をきちんとおこなえる有能なセラピストの意見を参考になさってみてください。

皆様が健やかに、誰かが負担を抱え込む事無く、御義父様がよい居宅生活を過ごされますようお祈り致します。

こんばんわ。はじめまして。
小脳性の運動失調が、身体や舌などに起こっているように推察致します。(喋り出しや話すスピードが鈍かったり、飲込反射遅延により唾液でムセたりしますかね?)

それはさておき、ご自身で移乗動作可能なようですので、(想像ですが)今現在の状況ですと、御義母様だけでも介護負担はさほど大きくないと思います。
転倒リスクに対する環境整備&義父様らしい生活の構築ができるよう、また、社会資源を上手に使って御義母様の休息時間を作って差し上げる。そんなプランニングが出...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報