最新閲覧日:

母(51)が人間ドックで腫瘍マーカーのAFPの数値がやや上がっていると指摘されました。
23.8ng/mlだったそうです。
右側の背部痛もここ最近になって訴えはじめました。
これは、肝臓癌の可能性が高いのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

数百を超すような高値ならば


良性疾患ではここまで上がることは少ないので肝がんの可能性が高いと言えますが
この程度の値では他の肝臓病など肝がん以外でも示すものです
「腫瘍マーカーAFP」の回答画像3
    • good
    • 0

肝臓癌の8~9割はC型肝炎で肝硬変になった人です。


残りの2割のうち、3/4はB型肝炎で、1/4はアルコール性肝硬変です。

よってC型肝炎、B型肝炎、アルコール性肝炎以外の人がAFPを測定する意義は
まったくありません。腫瘍マーカーは検診目的で使うべきものではなく、リスクが
高い人が使うべきものです。

例えば、妊婦健診でHIV検査をすると、検査で陽性がでた人が本当にHIV陽性
である確率は10人に一人程度です。が、男性同性愛者でHIV検査が陽性ならHIV
に感染している確率は9割以上となります。このようにリスクがある人にしないと
偽陽性である確率が圧倒的に高まります。

病院側は、脅し文句が入手できて必要のない検査を勧める事ができるので腫瘍
マーカーを測定を勧めますが、基本はリスクがある人だけがうけるべきです。

リスク(C型肝炎など)があれば、精査が必要ですが、なければ経過観察か
腹部エコーくらいでお茶をにごすべき値です。
    • good
    • 0

AFP単独の値では、わかりません。


肝臓に関する他の血液検査値も見て、
総合的に判断されるものです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報