母(51)が人間ドックで腫瘍マーカーのAFPの数値がやや上がっていると指摘されました。
23.8ng/mlだったそうです。
右側の背部痛もここ最近になって訴えはじめました。
これは、肝臓癌の可能性が高いのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

数百を超すような高値ならば


良性疾患ではここまで上がることは少ないので肝がんの可能性が高いと言えますが
この程度の値では他の肝臓病など肝がん以外でも示すものです
「腫瘍マーカーAFP」の回答画像3
    • good
    • 0

肝臓癌の8~9割はC型肝炎で肝硬変になった人です。


残りの2割のうち、3/4はB型肝炎で、1/4はアルコール性肝硬変です。

よってC型肝炎、B型肝炎、アルコール性肝炎以外の人がAFPを測定する意義は
まったくありません。腫瘍マーカーは検診目的で使うべきものではなく、リスクが
高い人が使うべきものです。

例えば、妊婦健診でHIV検査をすると、検査で陽性がでた人が本当にHIV陽性
である確率は10人に一人程度です。が、男性同性愛者でHIV検査が陽性ならHIV
に感染している確率は9割以上となります。このようにリスクがある人にしないと
偽陽性である確率が圧倒的に高まります。

病院側は、脅し文句が入手できて必要のない検査を勧める事ができるので腫瘍
マーカーを測定を勧めますが、基本はリスクがある人だけがうけるべきです。

リスク(C型肝炎など)があれば、精査が必要ですが、なければ経過観察か
腹部エコーくらいでお茶をにごすべき値です。
    • good
    • 0

AFP単独の値では、わかりません。


肝臓に関する他の血液検査値も見て、
総合的に判断されるものです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愛犬が肝臓の病気になってしまいました…

雑種の中型犬を飼っているのですが、現在肝臓の病気で苦しんでいます。

獣医さんの話によると、肝臓に瀰漫的に腫瘍ができていて、今の獣医学では治せない、とのことなのです。
歳も12歳半ということで、それなりに病気が出てきたり、手術にも耐えられないだろうという話はわかるのですが、「医学的に無理」というのが本当なのかどうか、他の方のご意見も聞いてみたいなと思い、投稿しました。

獣医学に詳しい方、もしくは実績のある獣医さん(関東圏内)をご存知の方がいらっしゃいましたら、情報をいただけますと助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 NO.2ですが瀰漫的という表現から肝臓全体に均一病変があるのかなと思って抗がん剤のお話をしました。というのはリンパ腫(彌慢性病変が多い)であれば抗がん剤に反応する場合がありますが、血管がたくさんあり大小の結節があるのでしたらリンパ腫の可能性は低く抗がん剤が効かない癌の可能性が高いと思います。

 また肝機能の検査(アンモニアや胆汁酸)に異常が出てるのでしたら肝臓の大部分が侵されていますので外科的に取ることは無理だと思います。あと腹水がたまってきてるんでしたら肝機能がかなり落ちているか大きな血管を腫瘍が圧迫している可能性が高いのでこれも予後が悪いことを示しています。

 肝機能が落ちてて(肝臓の大部分が壊れていることを示しています)腹水がたまっているのでしたらCT・MRIをしても治療につながらない可能性が高いと思います。

 お話を聞く分にはこれ以上の検査や積極的治療はせず呼吸がつらいのでしたら腹水を抜くなどの対処療法
のみするのがいいのではと僕は思いますし実際同じようなワンちゃんにはそうお話すると思います。ただCT・MRIでなくてもセカンドオピニオンとして別の獣医さんに見てもらう(超音波でいいと思います)のもいいのかもしれません。

 NO.2ですが瀰漫的という表現から肝臓全体に均一病変があるのかなと思って抗がん剤のお話をしました。というのはリンパ腫(彌慢性病変が多い)であれば抗がん剤に反応する場合がありますが、血管がたくさんあり大小の結節があるのでしたらリンパ腫の可能性は低く抗がん剤が効かない癌の可能性が高いと思います。

 また肝機能の検査(アンモニアや胆汁酸)に異常が出てるのでしたら肝臓の大部分が侵されていますので外科的に取ることは無理だと思います。あと腹水がたまってきてるんでしたら肝機能がかなり落...続きを読む

Q卵巣腫瘍で腫瘍マーカーCA19-9を調べる訳は?

卵巣の腫れの検査の中に腫瘍マーカーがありますよね。
CA125やCA72-4なら分かるのですが、何故CA19-9も計るのでしょうか?
CA19-9は膵癌、胆道癌をはじめとする各種消化器癌で上昇する血中腫瘍マーカーと聞いています。
卵巣の腫れと何か関係あるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。
私は勉強を始めたばかりなので、間違っていたらごめんなさい。

まず卵巣の腫れの原因が、ガンでないにしても、一応ガンの検査はしますよね。
つたない知識によると、たしか卵巣から始まったガンなら、CA125やCA72-4を使うのでしょうが、原発巣が違うところにあって卵巣に転移しているかもしれないと思ってCA19-9を測ったんじゃないですか?

上部消化器のガンが、胃や食道を突き破ってがん細胞を腹腔内にばら撒くことがあり、これが、卵巣や大腸に転移することがあるそうです。
これを調べるためにCA19-9をつかったと思います。

いずれにしても、よく原因を調べるためにそういった検査をするのだと思います。

Q病気って。 私の祖母は、毎日ウィスキー一本あけるけど、肝臓全く悪くないです。 90歳まで、癌にもおお

病気って。

私の祖母は、毎日ウィスキー一本あけるけど、肝臓全く悪くないです。

90歳まで、癌にもおおきな病気にならず、
健康に生きてます。

健康に気を遣ってなくても、健康な人沢山いません?

Aベストアンサー

お元気でいいですね。私なんてビール一杯で眠ってしまうので、羨ましい。
内臓が強いんですね!いいことだ。

Q人間ドックの胃のバリューム検査での落下事故

人間ドックの胃のバリューム検査をするときに機械に乗せられて自分が乗った台が
激しく角度がつきます。

一番きついのは頭を下にした状態で45度以上は傾けられることです。

中年男性でやせ気味の自分でも両手の握力だけで全体重をささえるのは怖いなとおもいます。

これが高齢の方だと本当に大丈夫なのでしょうか?

耐え切れずに落下した事故などないのでしょうか??

どうしても事故がないのが不思議なので教えてください。

Aベストアンサー

私が人間ドックを受けた時に、胃透視検査の際に言われた事ですが、「自分の体重を握力だけで支える力がないなら、紐で固定しますがどうしますか?」と、診察台に固定する医療用ロープのようなものを見せられました。
高齢者や女性の場合は全て聞いているようでした。

ですのできっちりした大きな病院なら、そういった転落事故を未然に防ぐ対策をしているかと思われます。

Q友人が(ジフト)という腫瘍が肝臓の表面にできました。最近発見された病気

友人が(ジフト)という腫瘍が肝臓の表面にできました。最近発見された病気みたいで詳しくわかりません。
どのような、病状でしょうか?癌の一種でしょうか?今後の影響は?誰かお願いします!教えて下さい!

Aベストアンサー

「GIST」で検索するといろいろなサイトがヒットすると思います。
読みやすいものを読んでいただくのが一番だとは思いますが…

GIST研究会
http://www.gist.jp/

GIST患者のための情報ページ
http://www.gisters.info/

GISTについて
http://www2.hama-med.ac.jp/w1b/surg2/GIST.html

GIST(消化管間葉系腫瘍)は、
消化管の粘膜の下層から発生する粘膜下腫瘍の一種であり、
粘膜から発生する癌とは異なるものです。
粘膜下の腫瘍のため内視鏡では正常の粘膜が持ち上がった状態で観察されます。
現在の定義では、GISTとは主に消化管の粘膜下にある筋層に発生する腫瘍のうち
細胞の分化や増殖に関与するKIT蛋白の異常発現を認めるものとされています。
最近では、その起源は消化管運動のペースメーカー的働きをしている
Cajalの介在細胞由来であることがわかってきました。
筋層にあるCajalの介在細胞が何らかの原因でKIT蛋白の産生を亢進させ
異常増殖してGISTとなるわけです。
GISTの発生頻度は、人口100万人あたり20人/年と推定され、
50~60歳代が最も頻度が高く、その発生部位は、胃が60~70%、
小腸が20~30%で他に食道や大腸に認めることがあります。
GISTに特徴的な症状はなく、
腫瘍が大きくなるまではほとんどが無症状です。
ある程度の大きさに成長してようやく出血、腹痛、腫瘤触知の症状を認めます。
GISTは大きな腫瘤となることが多く、
10cm以上の腫瘤で発見されることも稀ではありません。
大きさが5cmを超えると肝臓への転移や、腹膜播種の確率が上昇します。

「GIST」で検索するといろいろなサイトがヒットすると思います。
読みやすいものを読んでいただくのが一番だとは思いますが…

GIST研究会
http://www.gist.jp/

GIST患者のための情報ページ
http://www.gisters.info/

GISTについて
http://www2.hama-med.ac.jp/w1b/surg2/GIST.html

GIST(消化管間葉系腫瘍)は、
消化管の粘膜の下層から発生する粘膜下腫瘍の一種であり、
粘膜から発生する癌とは異なるものです。
粘膜下の腫瘍のため内視鏡では正常の粘膜が持ち上がった状態で観察されます。
現在の定義では、G...続きを読む

Q人間ドックの結果で精密検査要受診判定がありました

今年35歳になりました。
常時腹部が張っている状態で胃に違和感があったので
今回人間ドックを受診してみました。
結果として胃ではなく肝機能で精密検査要受診と判定されました。
しかし下戸なのでお酒が嫌いなので飲んでいません。
肝機能は問題ないと思っていたのでびっくりしています。
腹部が張っているのと肝機能とは結びつかないと思うのですが
肝機能が悪いと言うことはどういうことなのでしょうか?

Aベストアンサー

もしかしたら肝臓が肥大化していませんか?
肝臓は、人の体の中でも相当大きな臓器です。これが肥大化すれば、当然おなかの張りも出てきます。

問題は肝機能低下の原因です。
お酒でないとすると、肝炎など、何らかの病気が考えられます。また、何かおなかに衝撃を受けて肝臓が腫れてしまっているということも考えられます。

どちらにせよ、どのような値が低下しているのかによって想定できる病気もちがいますし、どのみち検査を受けなければ確定しないことです。
たまたま体調不良で数値が変動していたことも考えられます。
今はともかく、気軽な気持ちで医師の診断を仰ぐことでしょう。

Q肝臓の病気に効くといわれるヨーロッパ産の菊についてご存知の方、お願いします。

緊急でお願いします。
私にとって居なくなっては困る人が肝臓癌と診断されました。 知り合いの看護師さんに聞いたところ、「肝臓癌は早いよ」と言われ大変落胆しましたが、もう20年も昔に「肝臓の病気に効くといわれるヨーロッパ産の菊があり、しばしば癌すらも治し、特効薬として現地では知られているものの日本の製薬会社はそれをプラセボ効果だとして薬品に使おうとはしない」という話を本で読みました。 今になってその本を探してもどこへいったやら、全く見つかりません。 そこでこの「菊」について、
名前、入手ルートのどちらでも結構です。 ご存知の方、または「あれではないか」とのお心当たりの方、いらっしゃいましたら心からお願いします。 ご連絡ください。 確か私の記憶ではその菊の名前は「西洋**菊」だったと思いますが、**の部分がわかりません。
本当に深刻に悩んでいます。 お力添えをお願いします。

Aベストアンサー

菊ではないですが、抗がん剤として使われる漢方薬として
ニチニチソウがあります(薬品名ビンクリスチン)
悪性リンパ腫に処方されます

もし、漢方での検索を試みるなら
「抗腫瘍アルカロイド」で調べられると良いでしょう
ガンだけでなくいろいろな漢方について学ぶ事ができるでしょう
(約1200件ヒットします)

ガンに対する漢方はほとんど毒草です
素人が扱うと副作用でかえって苦しめる事になるかもしれません
漢方専門医にセカンドオピニオンすることをお勧めします

ちなみに#4さんの紹介する商品を検索して見ました
健康維持にはよさそうですね
治癒するとなるとちょっと疑問です
O-157といった病原性大腸菌なら
かなり効果が期待できるかもしれません

Q頸髄腫瘍

父が手のしびれがあり、ずっと整形外科に通っていましたが、
なかなか良くならないためにきちんと病院で検査を受けました。
そうしたら、頸髄腫瘍(2~5)と診断され、手術が必要との事でした。
難しい手術みたいで、すごく不安です。
いろいろと調べて見ましたら、都内だと慈恵医大や慶応大病院が実績がありそうなのですが、その辺で名医などの情報をお持ちでしたら教えていただけますか?
また、手術内容や後遺症・入院期間やリハビリ期間などについても、アドバイスいただけたら助かります。宜しくお願い致します。
手術すると、手足などの後遺症がかなり出ることが多いらしいので、心配で仕方ありません。

Aベストアンサー

ご心配ですね。頸髄腫瘍だと顕微鏡手術が必要だと思いますので、大きな病院に掛かる事が必要だと思います。慈恵医大では舟崎裕記先生、曽雌茂先生、慶應大学病院では教授の戸山教授が脊椎脊髄が専門の先生ですから、千葉、松本両助教授、中村雅也先生だと安心だと思います。

脊椎脊髄を得意とするこのほかの医療機関では、千鳥ヶ淵にある九段坂病院、国立病院機構村山医療センターが有名です。

手術内容は顕微鏡で神経を確認し、分けながら腫瘍を取り分けていく作業だと思いますので、大きさや場所によって治療の期間が変わってくると思います。ですので是非手術件数の多い、経験有るドクターにかかる必要があると思います。

Q乳幼児の肝臓の病気について

7ヶ月になる娘の定期健診で『肝臓に影がある』と言われ総合病院で検査をすることになりましたが先生との日程が合わず検査ができていない状態です。急を要するものではないから心配しないで、とかかりつけ医からは言われましたが検査をしていないので余計に色々と気になっています。
エコーでの影なのですがどんな病気が考えられるんのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

通常の乳幼児健診では肝臓の影があると言われるシチュエーションは発生しません。肝臓が大きいから超音波検査をしたのでしょうか・・・肝臓に本当に影があるのなら腫瘍がそこに存在する可能性があることになります。腫瘍には良性と悪性がありますので、それによって事態は大きく異なります。ただし、大人とは違い子どもの肝臓の腫瘍は大変まれな病気なので、実際に影があるといっても、たまたま影があるように見えただけで、再検査または別の画像検査を行って大丈夫だったというシナリオの可能性も十分あります。また、CTやMRIで肝臓の検査をされたなら、これも大変稀ですが、腫瘍以外の肝臓病(代謝病、感染症(膿瘍)など)で影が見られることも一応は考えられます。

Q卵巣腫瘍、造影剤CT検査

卵巣に腫瘍が見つかり手術が必要になってしまいました。
色々な検査を今しているのですが今日はMRIの検査をしました。
20分間うるさい中でじっといている事がすごく辛かったです。
閉鎖恐怖症まではいかないのですが怖かったです。
次の検査は造影剤を使ったCT検査をするようです。
また筒の中に入ってジッとしているような検査なんでしょうか?
また検査時間がどのくらいかかるか知りたいです。
やっぱりMRIよりCT検査の方が注射を打つので苦痛ですか?

質問ばかりですみません。
全部が初めての事で怖くて仕方ないです。
経験のある方教えてくれたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

とりあえずMRI検査お疲れ様でした。あれは閉所恐怖症でなくともあまりいい思いはしないでしょうね。
この次にある造影CTですが、MRIよりも開放的です。撮影時間も数秒~数十秒です。確かに注射があるので少なからず痛い思いはしますが、こればかりは個人差があると思います。耐えられないほどの激痛ということはありません。検査時間がMRIに比べて圧倒的に短いので、ストレスはかなり少ないのではないかと思います。

どうぞお大事に。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報