私の勤めております会社ではボーナスの支給について以下の手順となっております。
>損金算入を行う事業年度内に賞与支給額を
>通知(賞与袋をお渡し)し、事業年度終了後に支給(銀行振込)する形に変更
>します。

 
>・冬季賞与:(現 行)12月第1金曜日に支給 

>      (改定後)11月末日に賞与明細を通知、12月初日に支給


>・夏季賞与:(現 行)7月第1金曜日に支給

>      (改定後)6月末日に賞与明細を通知、7月初日に支給

法人税法の改正で余分に法人税を支払うことを回避する為の手段らしい
のですが、どういった論理で節税できることになるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

改訂の様子から、6月決算か11月決算だと推測いたします。


 平成10年の税制改正で賞与引当金は廃止されましたが経過措置で15年までは繰り入れが出来ます。ただし繰入額が6分の1までに減少するので、引当より未払計上を選択した方が節税になるという理屈です。
 以前は賞与の未払いについては、細かい規程がありましたが、引当金の廃止の見返りに甘くなり未払計上の翌月中の支給はOKということになったのです。
 
したがって、会社の方では支給時期を若干変えたのではと推測いたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
実は(ヨメも含めて)割といろいろな方から質問を受けていたのですが、
メリットについて回答できなかったのです。

お礼日時:2001/06/11 17:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社会保険制度の改定に伴う賞与手取額の増加

はじめまして、社会保険制度の改定について、皆様のお知恵をお借りできたらと思います。
日経Biz Financial Career Strategyというサイト(http://bizcareer.nikkei.co.jp/contents/sppage/fcs/int_j_02.asp)のインタビューで、CFOの方が「昨年は、社会保険制度の改定に素早く対応して、賞与支給月を4月から3月に変更しました。それで手取り額が、約1割もアップしました。」という発言をされていましたが、実際どのような改訂があったのでしょうか?参照したいのでもしよろしければ、ソース元の情報を教えていただけますでしょうか?何卒宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。
あまり期待されるとこちらも恐縮してしまうのですが、
基本的に
>ボーナスを12分割し、給与に組み込み、料率を下げることをさしておられるのでしょうか?
を利用します。賞与の扱いなのですが、年間4回以上の賞与の支払いは報酬に含めるとなっています。
さらに関係通達等の中に、
「賞与の支給が、給与規定、賃金協約等の諸規定によって年間を通じ4回以上の支給につき客観的に定められているとき」
は、報酬に該当すると。
ここで、賞与とはどんなものかと考えますと、
支払いの確定したものではないので、結果的に今まで通り2回となった場合でも、
客観的に就業規則等で4回と謳ってあれば該当するのではと考えた次第です。
もちろん、4回払えればベストですが・・・
ただ、この効果を考えますと、給与水準の高い会社や、給料の高い取締役や管理職に限定されてしまうことです。
ですが、大きな企業にもなればかなりの効果が出るのではと考えられます。
確認はしていませんが、こういったことに対する通達が出ていないといいのですが・・・

ただ、就業規則を変更するにあたって、
会社の負担が減るということは、将来の年金が確実に減る不利益が発生しますので、
合理的な理由がなければ簡単には変えられません。
※組合や社員の過半数の同意があればこの限りではありません。
こういったことも、考えなければいけませんね。
また、こういったやり方は賛否両論あるかと思いますが、
違法とまではいかないという考えで回答させていただきました。
ただ、確信的なところがありますので多少グレーとは思っていますが・・・

また、効果は小さいですが、賞与を1回にしたり、どちらかの賞与の配分比率を大幅に大きくするという手もあります。

おはようございます。
あまり期待されるとこちらも恐縮してしまうのですが、
基本的に
>ボーナスを12分割し、給与に組み込み、料率を下げることをさしておられるのでしょうか?
を利用します。賞与の扱いなのですが、年間4回以上の賞与の支払いは報酬に含めるとなっています。
さらに関係通達等の中に、
「賞与の支給が、給与規定、賃金協約等の諸規定によって年間を通じ4回以上の支給につき客観的に定められているとき」
は、報酬に該当すると。
ここで、賞与とはどんなものかと考えますと、
支払いの...続きを読む

Q賞与の支給回数

賞与は年、何回支給しても問題はないのでしょうか?詳しい方教えてください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

賞与は、何回支給しても支障はありません(株主から問題視されなければ)。
一般には、夏・冬・期末の3回です。
4回以上支給して株主への配当が少ない場合、当然、苦情は出ます。

Q賞与の支給

定年前に賞与が支給されましたが、支給日前に残っていた公休、有給の消化のため会社を定年前から休みました。また、定年の3カ月前に私は経理職でしたが60才後は店舗への仕事しかないのでその異動をいわれました。私は30年経理をやってきて、いまさら店で皿洗いをやってもと思い断り、60で定年となりました。就業規則では、定年時条件が折り合えば再就職できるとの規定があります。以上の状況において、賞与の支給をするよう催促したところ、3万円振り込んできました。唖然としました。この金額では餞別ではあっても賞与とはいえません。基準局で相談したところ、会社の言い分は、退職日より早めに会社に来なくなっていること、店に異動を断って退職なので自己都合と基準局にこたえていますが、離職表では定年による賞与支給日後の定年退職と会社は証明していますので、言い逃れだと思います。もし私の要求額を出さず斡旋の手続きとなった時どのような主張なら認められますか。わたしは、経理の同僚と同一の金額を最低条件として主張するつもりです。ちなみに、賞与の評価はしますが、社長が決めているのが実態です。また、この会社はジャスダック上場会社です。

定年前に賞与が支給されましたが、支給日前に残っていた公休、有給の消化のため会社を定年前から休みました。また、定年の3カ月前に私は経理職でしたが60才後は店舗への仕事しかないのでその異動をいわれました。私は30年経理をやってきて、いまさら店で皿洗いをやってもと思い断り、60で定年となりました。就業規則では、定年時条件が折り合えば再就職できるとの規定があります。以上の状況において、賞与の支給をするよう催促したところ、3万円振り込んできました。唖然としました。この金額では餞別ではあって...続きを読む

Aベストアンサー

私見による駄文を書きますが、3万円は酷いと思います。
尚、ご質問文の読み間違いがありましたら、お許し下さい。

> 就業規則では、定年時条件が折り合えば再就職できるとの規定があります。
ご質問文を読むと、これに関しては、ご質問者様が拒否なされたと解釈も出来ますから、論議の題材には不向きと考えます。

> 会社の言い分は、退職日より早めに会社に来なくなっていること、
> 店に異動を断って退職なので自己都合と基準局にこたえていますが、
> 離職表では定年による賞与支給日後の定年退職と会社は証明していますので、
> 言い逃れだと思います。
確かに、離職票記載内容と齟齬がありますから、これは会社の言い逃れと感じます。
又、就業規則等で定年を60歳と定めているのであれば、年齢に多少の問題を感じますが、定年退職であり、自己都合退職ではありません。

> ちなみに、賞与の評価はしますが、社長が決めているのが実態です。
多分、似たようなことをしている会社は多いと思いますよ。

退職に伴う受取金は生活への影響度が高いので、その会社で過去に似たような経緯でやめた方と同様の支給を期待するのが当然とされております[完全な同一計算とは言いません]。
ですから、次の様な資料を揃えることができれば有利ではないかと思います。
1 直近の賞与額
2 定年退職した先輩の実例

私見による駄文を書きますが、3万円は酷いと思います。
尚、ご質問文の読み間違いがありましたら、お許し下さい。

> 就業規則では、定年時条件が折り合えば再就職できるとの規定があります。
ご質問文を読むと、これに関しては、ご質問者様が拒否なされたと解釈も出来ますから、論議の題材には不向きと考えます。

> 会社の言い分は、退職日より早めに会社に来なくなっていること、
> 店に異動を断って退職なので自己都合と基準局にこたえていますが、
> 離職表では定年による賞与支給日後の定年退職と...続きを読む

Q小額賞与支給の際の処理

冬期賞与として従業員に7万円支給致しました。社会保険料等控除は小額の為、必要無いのでしょうか?
賞与支給した場合は社会保険事務所に届けを出すとあったので、これだけは先に行ってきました。

Aベストアンサー

私の場合は、賞与を貰った立場なので手続きの仕方は判りませんが、支給額5万円でそこから約1万円程社会保険料が引かれていました。(手取り額は4万円位)普通の月と同じパーセントの割合だと思います。賞与を支給した月に普通の給料の分と合わせて社会保険事務所に支払うようです。

Q賞与の支給日について

給与関連の仕事をしています。
現在私の会社では、給与と賞与が同じ日です。
毎月25日が給与支給日なので、夏は6月25日、冬は12月25日に給与と賞与をそれぞれ振り込みます。
(そもそもこういう支払いサイクルになった理由は不明ですが、設立数年の若い会社で、
設立当初知識のある人間もおらず、なんとなくこういう風にしたようです)

しかし、一般的には、賞与支給日が給与支給日よりも早いところが多いということで、
同じように今後は賞与の支給日を早くしようとの計画があります(夏は6月10日、冬は12月10日あたりに)。

賞与の支給日を早くするにあたり、会社側から見たメリットやデメリットがありましたら、教えていただけないでしょうか。
(本件を実施しようとする上司から、調査をするようにとの指令なのですが、どこを探しても見つからず困っています)

それとも企業によって支給日はまちまちなので、支給日によるメリットというのも、特にないのでしょうか。

冬の賞与は、現在も支給額は12月のあたまには決まっているので、年末調整に関わる事務的負担もさほど変わらないと考えています。

早く賞与をもらえるので、一社員としては嬉しい限りですが。

それではよろしくお願い致します。

給与関連の仕事をしています。
現在私の会社では、給与と賞与が同じ日です。
毎月25日が給与支給日なので、夏は6月25日、冬は12月25日に給与と賞与をそれぞれ振り込みます。
(そもそもこういう支払いサイクルになった理由は不明ですが、設立数年の若い会社で、
設立当初知識のある人間もおらず、なんとなくこういう風にしたようです)

しかし、一般的には、賞与支給日が給与支給日よりも早いところが多いということで、
同じように今後は賞与の支給日を早くしようとの計画があります(夏は6月10日、冬は12月...続きを読む

Aベストアンサー

目に見えるメリットは思い浮かびませんが、社員側は早く貰えれば得した気分になり、モチベーションが上がるかも知れませんが、それも最初だけでしょう。

寧ろデメリットとしては、早く支払う事により会社の資金繰りが常に苦しくなります。
と申しますのは、賞与の支給日を早くしても手形の決済日や売掛金の入金日は今までどおりですから[『今年から賞与を15日早く支給するから、手形期日を15日短縮しろよ』なんて販売先に言ったら笑われてしまいます。]、賞与支給の為の資金を今までよりも15日早く用意しておく必要が生じます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報