新規で法人を設立しようと考えていて、目的には様々な表現があり、その目的でどこまでできるのか分かりませんでしたので、教えて下さい。

インターネットの目的検索で、
「企業・団体における人事、経理、法務、総務(給与計算・福利厚生・保険・出張手配)のコンサルタント及びサポート業務」という目的がありました。

給与計算や、登記、許認可、税務相談等にはそれぞれの士業の方がいると思います。それぞれに独占業務があり、それぞれの資格をもっていないとできないと思っています。

では、この目的検索で出てきた「サポート業務」をする会社ができることは何なのでしょうか。ちょっとこの目的の解釈をしておき、可能であれば、自分の会社の目的に付け加えておきたいので、教えて下さい。

その目的で業務をされている方、若しくはサポート業務をされている実務家の方の意見を聞ければ、大変助かります。また、それらの業務に必要な経験等ありましたら、教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

専門家・士業の独占業務についてだと思いますが、士業の業務の中には、法律で資格者独占とされているものと、そうでないものがあると思います。


また、実業務については提携の専門家を連れて行くとすれば、法に反しないと思います。

私の友人で、人事と総務の経営コンサルタントがいます。
人事事務ではなく、人事のコンサルタントなので、事務手続きで資格が必要な際には資格者依頼を行うか、社内で処理してもらいます。あくまでも、人事の組織や教育などが中心となればわかりやすいですかね。

総務の給与計算なども問題視されていますが、給与計算は資格者の独占業務ではなかったと思います。
社会保険労務士が行うことで、税理士法違反の疑いが問題となったことがありますが、定型的な源泉税の計算等は税理士の独占業務ではないという判断があったと記憶しています。年末調整は所得税の確定作業のため、社内で処理するか、税理士である必要があるでしょうがね。
税理士の独占業務ではないということで社会保険労務士が扱えるということは、税理士でも社会保険労務士でも扱えるということです。そして、社会保険労務士の独占業務ではないからこのような問題になったということからも、どちらの独占業務でもないということでしょう。
資格は不要という考えもあることでしょう。

事業目的だけで判断できませんし、実際の業務内容次第という部分もあることでしょう。

私の会社の事業目的には、記帳代行や決算処理が含まれています。行政書士法や税理士法に抵触するといわれかねない内容だと理解していますが、法解釈や根拠などの準備をしたうえで、事業運営しています。
だからと言って、問題がないわけではなく、問題となった場合の覚悟もあったうえでの事業ですね。

法解釈や判断、根拠というのは、見方によっても変わるものです。また、他の法令から見れば違法な場合もあることでしょう。経営者自身で、これらを楯となるものを考え用意するものです。それを簡単に手に入れられると思われるのであれば、そのような目的を入れず、事業にしないことですね。

資格者のなかにも独占業務や業際問題(士業間の問題)で間違った解釈やまがった解釈をしている人もいます。しかし、資格者であればそれなりの根拠を示したうえで間違っていれば処罰を受けるだけでしょう。しかし、無資格者に対する目を結構厳しいものです。
私自身経営コンサルタントなどとしていろいろな活動をしていますが、勘違いした国家資格者から厳しい発言もされます。しかし、それ以上の勉強をして説明を行いますので、納得できなくても、私への攻撃をやめてくれますね。

安易に事業を増やさず、よく検討されることをおすすめします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社の「目的」に記載した内容と違う業務をしたらどうなる??

 会社の登記簿に載せている「目的」と違う業務を行うことは可能ですか?また、その場合、法で裁かれたりもしますか?
 
 例えば、目的に「衣服の卸売り業」としか書いていなっかたのに ある時、革靴を格安で仕入れられるようになり 革靴も卸すようになった場合はどうなるのですか??

 こういうケースは多々あると思うのですが、その都度再登記しなければいけないのでしょうか?

 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

同じ形態の業種なので、そんなに神経質になることはないと思います。
ただ、扱い品目が増えるだけです。これが、全然別の業種ということになると、No1さんの回答にある通りになります。

当社も、創業時(S38)からみると、相当扱い品目が増えてますが、そのままです。
先ほど、経営者仲間数人にメールで確かめたのですが、みんなそのままです。
気になるようでしたら、役員の変更、住所の変更等ある時でいいと思います。

Q介護ビジネスの許認可について

当社は地方で人材派遣業を営んでおりますが、
昨今の不況で方向転換(経営革新)が急務となっております。

そこで、トラベルヘルパーというビジネスを副業として
起業することを考えています。

これは以前テレビの特集で知った職業なのですが、高齢者や
障害者を対象にして、旅行の同行をするサービスで
食事や入浴の介助等のサービスをし、その対価を請求するものです。
当社はプラス観光案内等まで考えております。

そこで、これに職業における必要な許認可について知りたいのです。
ちなみに、この業務にあたる予定のスタッフは私を含めて
ホームヘルパー2級の資格は有しております。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

観光案内は旅行業の許可が必要です。
また、旅行業の許可を得るには、旅行業務取扱管理者を持った人間が必要です。

Q宅地建物取引業の免許申請について 会社定款目的に不動産管理業務としかない場合 申請可能でしょうか

宅地建物取引業の免許申請について 会社定款目的に不動産管理業務としかない場合 申請可能でしょうか

Aベストアンサー

定款以外の事業もできますが、免許の必要な事業が漏れているのは不都合でしょうね。定款を変更するべきだと思います。

否定派が多いようですが、いちおう民法第三十四条
 法人は、法令の規定に従い、定款その他の基本約款で定められた目的の範囲内において、権利を有し、義務を負う。

Q洗顔料製造販売の許認可

私の会社で新しい事業を展開することとなり、洗顔料を製造し、販売することとなりました。
しかし、この事業については、素人も同然であるため、どのような認可を国もしくは、官公庁に対して、得なければいけないかまったくわからないため、どうか、その関係する許認可名や、認可の方法、どこに対して(厚生省等)行えば良いか教えてください。
また、関係するサイトや、書籍などご存知でしたら、そちらも是非教えていただきたいのですが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

洗顔料は化粧品の場合と医薬部外品の場合があります。洗顔料に限っては、化粧品でも医薬部外品でも効能効果の記載内容にほとんど差はありません。ただし、殺菌効果を標榜する場合は部外品に限られますが。
化粧品製造業、或いは、医薬部外品製造業の業態許可が必要となります。
所轄の都道府県の薬務課で相談されるのが一番です。というのも、これらの業態許可の権限は地方委譲されており、申請も立入調査も許可も所轄の薬務課が行うからです。
基本的には物的要件と人的要件が要求されます。
物的要件としてはGMPを満足させるだけの製造設備、そして、承認・許可に関する事項(重金属・ヒ素・灰分・成分含量‥)を試験できるだけの試験検査設備、さらに、原料及び最終製品の保管設備が必要となります。
また、通常は薬剤師を任命しますが、製造技術責任者の専任が求められます。
2001年3月に薬事法の大幅な改正が行われ、特に化粧品については、規制が非常に緩和されます。基本的にはネガティブリストで禁止或いは制限されているもの以外の成分の組み合わせの化粧品であれば、承認不要で販売名のみの登録で輸入・製造が可能となります。
ですから、2月までに新規業態許可申請をするよりも、3月以降、薬事法が改正された後に申請されることをお勧めします。
以上kawakawaでした

洗顔料は化粧品の場合と医薬部外品の場合があります。洗顔料に限っては、化粧品でも医薬部外品でも効能効果の記載内容にほとんど差はありません。ただし、殺菌効果を標榜する場合は部外品に限られますが。
化粧品製造業、或いは、医薬部外品製造業の業態許可が必要となります。
所轄の都道府県の薬務課で相談されるのが一番です。というのも、これらの業態許可の権限は地方委譲されており、申請も立入調査も許可も所轄の薬務課が行うからです。
基本的には物的要件と人的要件が要求されます。
物的要件として...続きを読む

Q物販をするのに許認可は必要?

飲食店を経営しております。
最近売上補完とお客さんとの接点を作る意味で、レジのあたりに物販コーナーを作ろうと思っているのですが、何か許認可の届け出のようなものが必要なのでしょうか?
売ろうと思っているのは、キャンディーやチョコレートのような菓子類、オリジナルTシャツ、手作りの木工製品、サボテンなど小さな観葉植物、自宅で不要になったデジカメなど、店で使わなくなった食器、趣味で書いた絵、などです。
どなたかご存知でしたら、アドバイスお願いできませんでしょうか?

Aベストアンサー

販売に関する制約は少ないですね。
薬や危険物などはどうしても対象になります。
製造して販売するとなると厳しい制約が出てきます。
食品などは自らが製造しなければ楽に販売できるんですが、
製造した途端に厳しい法律の適用が待っています。
PL法で製造物責任もあります。

自宅の不用品であれば古物商は要りませんが、
専ら事業として中古品を販売するとなれば、
古物商は必要ですね。
警察署に申請すれば簡単にもらえます。

あと、税務の面ですが、
事業税が発生することも留意する必要が出てきますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報