出産前後の痔にはご注意!

1歳9ヶ月の息子が今日インフルエンザの予防接種を受けました。
初めての病院でした。
注射した場所が今までの病院と違うので驚いてしまいました。
肘の上なのですが、これって普通ですか?
あと、慣れていない先生、看護師さんだったのかスムーズにいかずもたついていました。
針を抜く前に息子が動いてしまい、その時先生が、危ない!!と叫びました。
体内に針が残る、針が折れる、なんてことはないですよね?
心配なので先生に確認しましたが、大丈夫と繰り返すのみでした。
でも明らかに先生が動揺していたので、心配でたまりません。
針が残っている可能性があるとしたら、何科で確認すればよいのでしょうか?
息子は今のところ元気です。

お詳しい方がいらっしゃいましたらぜひ教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

※添付画像が削除されました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

冷静に考えてみて下さい。


ふつうあれだけ固い針が多少動いたくらいでそう簡単に折れますか?しかももし折れる場合針は根元から折れ、すぐ折れたと判ると思うんですが…針の先端、真ん中から折れ体内に残ってるなんて考えられない。
もしそのような事があれば今頃お子さん普通にしてないとおもいますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安心しました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/16 22:58

正しい位置ですよ。



二の腕あたりにするほうが間違いですよ

母が初めて違う病院で打ち、貴女のように下に打たれて下手くそで痛かったと話してたんで

私も気になり、かかりつけの信頼してる病院の先生にインフルエンザは本来正しい位置を聞いたら、今までのが間違いでした。
下側なんですよね。
私もそのあたりにうちましたよ~。
下側が正しい位置です。

私も4日間赤く腫れてしこってました!

針が折れたり入ってたら大問題ですからね
嘘はつかないんじゃないでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/16 22:58

こんばんは。


2人の注射嫌いの子を持つ、注射好きの母親です(笑)

予防接種というのは、殆どが筋肉注射なんで、筋肉に入っていればいいんです。痛みを一番和らげる場所が、二の腕の外側部分だと勝手に解釈しています。確かに、肘の上って痛そうですね…。

注射の針は、お子さんが大暴れしたり、刺す人がかなりグリグリとしない限りは、折れることはないと思いますよ。心配なら、別の小児科や外科で確認してもらうと安心かな。
ちなみに、私は診察するときと予防接種や検診をする病院を使い分けています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hktm-k様
ご返答ありがとうございます。とても参考になりました。
肘の上でも特に問題はないと聞いて安心致しました。無知で恥ずかしいかぎりです…。
注射針に関しては息子が少し暴れたんです。私が身体を、看護師さんが腕を持つ、と指示を受けたので腕は任せてしまい、あまりしっかり抑えててくれなかったようでした。
大丈夫だとは思いますが、明日の朝まで様子を見て、不安が消えなかったら他の小児科を受信してみようと思います。
ためになるお話、本当にありがとうございました。

お礼日時:2014/12/15 22:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q針が刺さって折れたら、本当に死ぬの?

質問内容はタイトルどおりです。先ほど、縫い針を落としてなくしてしまい、家族に「針が折れて、血管に入ったら、心臓に刺さって死ぬ」と、言われて怒られました。確かに、小さい頃わたしも教師からその話を聞いたことがありますが、本当にそんな症例あったのでしょうか?あっても、稀なことなんじゃと思うのですが、どうでしょう?その家族いわく漫画の「ブラックジャック」にそういう話が載っていたそうです。

Aベストアンサー

まあ、無いとは言えませんが・・・・(^_^;)血管ってまっすぐではないし・・・此の場合は静脈に入った場合を言っているわけですが、弁もあるし、よほどウマく入っていかない限り、心臓には到達しないでしょう。
心臓に刺さる・・なら上記の弁に刺さる方が確立は高いと思いますし、そうでないなら、心臓を通過して肺でつっかえると思います。

異物が体に刺さった場合、一番危険なのは感染症なんです。
昔は抗生物質も無いし、明かりも暗いし、取り出すときに更に感染を起こすこともあったし・・・・で、戒めとして言い伝えられたものでしょう。

特に昔は多かっただろう「木片」は針などと違い、今でも危険性が有り、微生物が数個ついているだけで感染が起きてしまう可能性がありますから、絶対に取り除く必要があります。
針の場合は万単位で危険と成るのですが(勿論種類によりますが)、どちらにしても今でも直接では目には見えないですから、其の戒めは今も生きているとしてよいでしょう。


人気Q&Aランキング