これからの季節に親子でハイキング! >>

2tトラックユニック付で15年ほど前のタイタンです。

排ガス規制等でエンジンオイル交換もせず ユニック作業の時だけ半年に10時間くらいエンジンを回して作業をします。(車両の移動はほとんどしません)

屋外クレーンの様な事を重い物を動かす時のみエンジン始動です

バッテリーも 当然上がってしまうのでそれなりにエンジンをかけています。

本題の心配事ですが 燃料はタンク満タンにはしていません。

使う時10L位入れて使用しています。沢山入れると錆の発生部分まで行きかえって錆を吸い込むのではとの心配で入れていません。

そこで今日ふと気が付いたのが燃料タンク上部に給油(吸い込み)ホースが有るので

このホースを延長してポリタンクなどから直接吸い込ませられないか?との事です。

タンクの中の吸い込み部分にはフィルター位ならどうにか出来るでしょうが他の必要な部品が付いているといけないと思いご質問いたします。

ディーラーのサービスマンに聞いたのですが分からない様なのでよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

漬けっぱなしにしないとエアーを吸うことになって大変でしょう。


タンク内には燃料のセンダーゲージと吸い込みパイプ先端にフィルター(ストレーナー)があるかも、ですがディラーで周りの部品展開図がもらえれば交換可能部品は表示されているはずですから見ればわかるでしょう。
燃料パイプが錆びるということもあるし、正規の燃料フィルターに期待するだけで良いと思うけど。
軽油は灯油と重油との間の性質ですから安全の問題はソレナリ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

時々使用するだけなので10L携行缶が有りますのでそれを利用してエアーが入らないよう(かなり無理でしょうが)考慮しながら接続して使用してみます。

錆を吸い込むより良いと思いますので!!!

お礼日時:2014/12/16 22:41

軽油であればガソリンほど危険ではないですが、


ポリタンクはあまりお勧めできません。

ゴムの燃料ホースは銅パイプでつなぎ延長することは可能です。

ガソリン車は燃料タンク内にポンプがあり、
送り出していますが、
ディーゼルはエンジン側で吸い上げる方式ではないかと・・・
ディーゼルはエアーが噛むとエアー抜きが面倒ですが・・・

燃料タンク内に何が付いているのか、
はずしてみれば判ると思いますが・・・

サブのタンクとしてポリタンクはお勧め出来ません。
ガソリン携行缶の利用をお勧めします。

でもバイクなんかでは樹脂製の燃料タンクもありますから、
専用の物であれば大丈夫ですけど・・・

灯油の引火点は40度以上
軽油の引火点は45度以上
ガソリンの引火点はマイナス40度でも引火する。

常温でも霧状にすれば引火する。
夏場でなければガソリンほど危険ではない。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました

給油口はあまり大きくなくタンクが90Lほど入るので中が見られません。

携行缶も持っているので(ガソリンの出張用)携行缶を使用いたします。

お礼日時:2014/12/16 22:37

>ディーラーのサービスマンに聞いたのですが分からない様なので



そんなことディーラーで聞いて大丈夫ですなんて言えるはずないでしょう・・・

燃料をポリタンクに入れる自体が問題です。

ガソリン携行缶になるでしょう。

花火会場で引火して何人も死者がでましたよね・・・

それと同じような感覚じゃないかと・・・

ヤフオクでタイタンかトラック用のさびのない燃料タンクを買って交換するのがベターでしょう・・・

ポリタンクで使うときだけ接続なら毎回、ガス欠状態になるのでエアー抜きしないといけないんじゃないかと思いますよ・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

給油口はあまり大きくなくタンクが90Lほど入るので中が見られません。

携行缶も持っているので(ガソリンの出張用)携行缶を使用いたします。

お礼日時:2014/12/16 22:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジーゼルエンジンのガス欠時のエアー抜きの方法

車では無くトラクターなんですが、同じ様に出来ればと....。
中古で購入したので、マニアルが無くて困っています。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

基本的には次のような手順になりますが、機種により操作部分がついている場所がさまざまなので参考になるかどうか・・・

1)燃料タンクに正規の燃料を補給します。

2)ハンドフィードポンプの位置を確認します。通常は燃料フィルター上部または燃料噴射ポンプ部にあります。噴射ポンプ部にある場合は樹脂製のカバーを被っているものがあります。

3)ハンドフィードポンプが燃料噴射ポンプ部にある場合は噴射ポンプから噴射ノズルにつながったパイプをノズル側で少し緩め、ハンドフィードポンプを気泡が出なくなるまで動作させた後にパイプを元のように締め付けます。もし、配管部にブリーダーボルトがある場合はそちらを緩めてエアの排出を行ってください。ブリーダーボルトのありかが不明な時は先の方法でOKです。

4)燃料フィルター部にハンドフィードポンプがある場合は、燃料フィルター取り付け部にあるブリーダーボルトを緩め、気泡が出なくなるまでハンドフィードポンプを動作させてから、ブリーダーボルトを元通り締め付けます。その後、十分な手ごたえが出るまでハンドフィードポンプを動作させて終了です。

5)いずれの場合もブリーダーや周辺にこぼれた燃料を綺麗に拭き取るか洗浄して作業終了です。

エンジン始動操作をしてエンジンを始動します。この際スターターに負担を掛けないように気を付け、始動が困難な場合は再度エア抜きの操作を繰り返してください。

事のついでにセジメンターの水抜作業も行ってしまうのが良いでしょう。セジメンターとは油水分離機のことで通常は燃料フィルターと兼用になっています。燃料フィルターの下部にドレーンコック(ボルト)があるので、緩めて水が出ないことを確認します。もし、水が出てくるようであれば全量排出します。この操作はエア抜き作業の前にやっておくことが重要です。

基本的には次のような手順になりますが、機種により操作部分がついている場所がさまざまなので参考になるかどうか・・・

1)燃料タンクに正規の燃料を補給します。

2)ハンドフィードポンプの位置を確認します。通常は燃料フィルター上部または燃料噴射ポンプ部にあります。噴射ポンプ部にある場合は樹脂製のカバーを被っているものがあります。

3)ハンドフィードポンプが燃料噴射ポンプ部にある場合は噴射ポンプから噴射ノズルにつながったパイプをノズル側で少し緩め、ハンドフィードポンプを気泡...続きを読む

Qディーゼル車の燃料噴射ポンプのオーバーホール

 日産のディーゼル乗用車に乗っています。長年、ディーゼル車ばかり乗ってきましたが、こんな不調は初めてです。アイドリング回転数が安定せず、大きく波を打ちます。とりあえず通常走行はできます。

 それで、噴射ポンプのオーバーホールをしてくれる業者を捜しています。関西圏でご存じのところがあれば、名前だけでも教えていただけないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

年式はいつ頃のものでしょうか?最近はディーゼルでも電子制御化されているものが多く、アイドル回転数などもこの範疇に入ります。もし電子制御化されたディーゼルエンジンを搭載している車種であれば、噴射ポンプそのものよりも制御系統に問題がある可能性が大きいと思われます。電子制御化されたディーゼルエンジンであれば制御用のコンピューターに自己診断機能が内蔵されているため、ディーラーなどでダイアグノーシスコードの読み出しを行うことで不良個所の特定ができる可能性がかなり高いので、ダイアグノーシスチェックを受けてみることをお勧めします。

アイドリングが大きく波打つような症状は列型(大型車やかなり古い車に使用されているタイプのポンプでシリンダーの数だけポンプのプランジャーがあるタイプ)の噴射ポンプを使用している場合は各プランジャーごとの噴射量の不均一によって引き起こされる場合が多く見受けられましたが、現在主流のボッシュ式(プランジャーは1本だけでフューエルディストリビューターという部分で各シリンダーに燃料を割り振る形式)ではあまり起こらない症状です。

できれば車種、年式など詳細をお知らせくだされば、もう少し具体的な対応策をお知らせできるかもしれません。

年式はいつ頃のものでしょうか?最近はディーゼルでも電子制御化されているものが多く、アイドル回転数などもこの範疇に入ります。もし電子制御化されたディーゼルエンジンを搭載している車種であれば、噴射ポンプそのものよりも制御系統に問題がある可能性が大きいと思われます。電子制御化されたディーゼルエンジンであれば制御用のコンピューターに自己診断機能が内蔵されているため、ディーラーなどでダイアグノーシスコードの読み出しを行うことで不良個所の特定ができる可能性がかなり高いので、ダイアグノ...続きを読む


人気Q&Aランキング