負荷は小さいんですが、回転数は1000~4000回転/分で制御したいんです。具体的には、卒業研究で3cm×3cmくらいのガラス板を回転して、その表面に「スピンコート」を行いたいんです。
どんなモーターが適していて、回転数を制御するための駆動電源はどのようなものが必要なのか教えてください。
なるべく低予算で、駆動電源も作るかキットで買いたいと思っています。

A 回答 (3件)

もしかしららカセットテープなどに使われているDCモータ


速度制御ICが使えるかもしれません。下記リンクを見てみてください。(廃止品ですが千石電商http://www.sengoku.co.jp/
で\70で購入できます。)これはDCモータから速度に比例(かな??)して発生する逆起電力を検出してモータ回転速度をコントロールするのもです。千石のHPではファンの速度制御用ICも出ていたので参照してみてください。
 ただし使うモータによって回路定数を算出する類の作業が必要になります。

参考URL:http://service.semic.sanyo.co.jp/semi/dis_pdf_j/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報、ありがとうございました。
早速HPを見ました。関連のHPを検索しても見ました。
トルクが途中で変わるわけでもないので、ただ電源電圧を変えられればなんとかなりそうだということがわかりました。

お礼日時:2001/06/14 11:25

一番簡単なのが模型用のDCモーターと可変電圧の電源で構成する方法ですが、回転数の安定度には問題があるかもしれませんが、スピンコートに使用するのであれば負荷の変動はあまり大きくないので、実用にならないこともないかもしれません。

次にヒステリシス型(周波数同期型)のインダクションモーターを使用し、インバーターにより回転数を制御する方法です。この方法はかなり実用的でもあると思いますし、FG(フリケンシージェネレーター)や光学式の検出機を用いてフィードバックをかければサーボ制御も可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回転数の精密な制御は考えておりませんで、大まかに回転が速いか遅いか、ほどよい成膜ができる程度に制御できればと考えてました。
ひとつは、DCモータを使って、DC電源で電圧を変えられるような回路を作ればよいわけですね。

お礼日時:2001/06/12 09:52

同じ様なことをやっていましたので、一つアドバイスを。



有効な方法なのかどうかはわかりませんが、私はPWM制御
(モーターにかける電源パルスのONとOFFの比率により制御)
という方式でモーターを制御し、光学式の回転数計(回転部
に反射板を貼り付ける、ペンライトのような計測器。)を
使用して回転数を計測していました。

ロータリーエンコーダなどのついたモーターを使えば、もっ
とスマートな回転数制御が出来ますが、そういったモーター
は割と高価ですので。

電源は実験室にあるような通常のDC電源を使用します。

PWMに付いては、専用のICもありますし、検索をかけても
沢山ヒットすると思いますので、一度参照してみて下さい。

#恐らく、膜生成を行われると思うのですが、テーブル部分
#や基板を固定する部分に予想以上の精度が必要になると思
#います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
テーブル部分や、取り付けフレームの工作はなんとかなりそうなのですが、肝心のモーター制御がわからなくって困っておりました。
PWMについて調べてみたいと思います。

お礼日時:2001/06/12 09:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【株・自動車・信号機制御機】信号機の制御基板メーカーってどこが大手ですか?耐久年数を超えているの

【株・自動車・信号機制御機】信号機の制御基板メーカーってどこが大手ですか?

耐久年数を超えているのが全国に4万基あるそうなので、信号機制御メーカーの株でも買おうかと思います。

お金が余っているので。

信号機制御メーカーって上場してますか?

どこが大手なんですか?

Aベストアンサー

日本信号さん。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BF%A1%E5%8F%B7

http://www.signal.co.jp/products/
交通信号制御機やってます。

Qインバーターで可変したモーター回転数

3相200V,60Hz,4Pの誘導モーターをインバーターで20Hz(例えば)にしたときの回転数[rpm]はどのように求めたらよいのですか。
お教え下さい。

Aベストアンサー

単純に考えれば60Hz時の1/3になります。
電動機の回転数の式は 回転数(同期速度)をN、電動機の極数をP
周波数を f とすると N=120f/P(r/min)
毎分当りの回転数となります。正確には「スベリ」も計算にいれるのですが、インバータで周波数を変化させたときは、そこまで考えなくても、ほぼ周波数に比例して変更できると思っても実用上は問題ないと思います。実用上の問題としては、
インバータ専用モータでない場合は、45Hz~80Hz程度の範囲で運転をするようにしてください。
低い場合は通風ができなく、過熱します。高い場合はベアリングや
軸受の強度が足りない場合があります。高い方は120Hz程度までは
周波数に比例して回転は上がっていくと思います。
低い方は数HZでも振動が出なければ動くようです。

Qコピー制御信号の原理

地上波デジタル放送にコピー制御信号がのっかると聞きました。
デジタルトゥデジタルで録画するならその信号が有効になるというのもわかります(MDも似たようにデジタル信号で孫コピーができないのがありますよね)。
しかし、RCP端子でアナログ出力をしてそれをPSXなどで録画してもコピー制御信号にひっかかると聞いて驚きました。

一体どんな原理でコピー制御信号がでていて、録画に作用するのでしょうか?

Aベストアンサー

アナログケーブル経由の場合、CGMS-Aと言う仕組みが使われていてNTSC(日米のTVの放送信号)信号の実際にTV上には放送されない帯域にコピー許可、コピーワンス、コピーネバーのフラグを立てます。録画装置側が処理を行う仕組みになっています。録画装置側でこの信号を検出して、それに見合う処理を行っています。中にはスルーしてしまう機器(一部ビデオデッキなど)もありますが、CGMS-Aの信号もそのまま記録されているのでデジタル機器に再コピーした場合もコピーワンスとして扱われます。

参考URL:http://elm-chan.org/works/linesel/examples.html

Qサーボモーターの一定時間内の回転数(回転量)をサーボパック本体と周辺ア

サーボモーターの一定時間内の回転数(回転量)をサーボパック本体と周辺アプリケーションだけで知るためにはどんなパラメータが必要になるでしょうか?
これまでの経緯としては、回転速度を連続でアナログ信号でレコードし、サンプリング周期単位で角移動量を算出し積算してみました。しかし、目視確認の結果と比較してどうしても20~10回転ずれてしまいます。また、モーターがインクリメンタルエンコーダー方式なので分周パルス数より(A相或いはC相)算出できるかと思ったのですが、サンプリングレートが足りないため信号を拾えませんでした。

Aベストアンサー

マイコンなどでなくレコーダで記録されているのですね。

レコーダのサンプリングよりC相のパルス幅が短くて、拾えないことがある、ということでしたら、
・OFFディレイタイマなどを使って、C相のパルス幅をサンプリング間隔以上に広げる。
・2分周回路(トリガする毎にHとLが切り替わる回路)を使って、二回転で1周期のパルスをつくり、これを記録する。
というような手を使うことになるかと思います。

他には、別途C信号をカウントするカウンタを設ける、というのも考えられますが、レコーダとの記録の突合せ方法を考える必要も出てくるかと思います。
(マイコンで記録しているなら、C相信号で割り込みをかけて、カウントする、という手もあるかと思ったのですが。)

Q品質工学の制御因子と信号因子の違いが分かりません。

年末のお忙しいところすみませんが掲題について教えてくださいますようお願いします。

信号因子はその因子を操作すると必ず出力も変化するパラメータといわれておりますが
制御因子にも操作すると必ず出力に何らかの変化が生じるものがあるのではないか、
つまり、操作すると出力に変化が生じる因子は制御因子にも信号因子にもなりうるのではないかと思っております。

そうすると、何を基準にそのような因子を制御因子または信号因子に選べばいいのでしょうか。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「制御因子」と言うと積極的にその因子の値を変えることでうまい結果を得る、という風に思いがちです。でもそういうことじゃなくて、「同じ結果を得たいなら、いつも一定にしておかねばならない因子。つまり、制御しておかねばならない因子」という意味なんです。
 制御因子が変化すれば結果も変化する、というよりも、嫌でも変化してしまう。しかもどう変化するかは大抵分かっていない。だから、制御因子は常に一定にした(あるいは一定範囲に入れた)状態を維持しなくてはならない。
 逆に、ある因子が変化しても結果が変わらないのであれば、それは、同じ結果を再現するために考慮しなくても良い因子である。ってことは、その因子は制御因子ではない。

 例えば: おいしい餃子を作るにはニラの量をどのぐらいにするのがいいか、いろいろ変えて実験してみた。ところが、作るたびに皮の出来が全然違ったり、大きさや焼き加減がバラバラだった。その上、試食しているうちにおなか一杯になって、もう食べられない。結局実験にならなかった。
 ということは、ニラ以外の材料全部・餃子の重量・焼き方・試食する人の状態、さらには皿の大きさや餃子の温度、照明だの空調だの、その他影響がありそうなあらゆる要因を考慮して、それらをいつも一定にしておかなくては正しく比較できない。こういった諸々の要因を全部ひっくるめて「制御(しなくてはならない)因子」と考える訳です。

「制御因子」と言うと積極的にその因子の値を変えることでうまい結果を得る、という風に思いがちです。でもそういうことじゃなくて、「同じ結果を得たいなら、いつも一定にしておかねばならない因子。つまり、制御しておかねばならない因子」という意味なんです。
 制御因子が変化すれば結果も変化する、というよりも、嫌でも変化してしまう。しかもどう変化するかは大抵分かっていない。だから、制御因子は常に一定にした(あるいは一定範囲に入れた)状態を維持しなくてはならない。
 逆に、ある因子が変化し...続きを読む

Qモーターの制御

大学で炭素電極間の放電に関する研究をしています。
炭素電極に電圧を掛け続けると電極の先端が蒸発し、電極間の距離と電圧が変わります。
掛けられている電圧は7セグメントの表示器に表示されるのですが、この電圧を一定に保ちたいのです。

電圧を変えるには、電極間の距離を変える必要があります。電極は摘みネジを回すことで移動が可能です。この摘みをモーターで回し、電圧を一定に保つためにはどのような機構が必要なのでしょうか?

自身は工学に疎く、サーボモータやPID制御といった語句自体までは分かるのですが、いざ機構について調べてみると歯が立ちません。

初心者の自分でも分かるような話であれば嬉しいのですが、そうもいかないでしょう。専門的な話でも調べて理解しますのでどなたかお力添えをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

一から作ると大変です。
市販のリニアアクチュエータを使うのが良いでしょうう。
モータからは制御ソフトまで全てセットになってます。
電極のアクチュエータにマウントして直接スライドさせれば良いです。
ねじをモータで回すのは摩擦などが大きいため、難しいです。あとは電極電圧の値をパソコンに入力する必要があります。
ADボードを用意し、電圧の値を取得します。その値と目標の電圧の差を使ってPIDでモータの位置決めを行えば、いいと思います。
プログラムはc++などで組むと良いと思います。
ただ、放電現象が近くで発生するのなら、放電用の電源と駆動系の電源は別にしてください。放電の電磁ノイズで駆動系が暴走する恐れがあります。
同様にアクチュエータ、PC、にもノイズ対策が必要です。
あと、とくにノイズ対策が必要なのは、電圧の測定 系統です。ADボードに入力する直近にローパスフィルタを必ず付けてください。

Q計装信号で、直流電圧を制御できるものを探してます

計装信号(4-20mA, 1-5V) で、直流電圧を制御できるものを探してます。

計装信号で、交流電圧電流を制御できるサイリスタなどは、見つかったのですが、
直流電圧を制御できるものを探してます。

御存知の方メーカー等を教えていただけると大変助かります。

Aベストアンサー

ご予算と電圧電流レンジに応じて
http://www.kikusui.co.jp/catalog/?model=pas&p=0
http://www.kikusui.co.jp/catalog/?model=pmc-a
http://www.takasago-ss.co.jp/products/power_electronics/dc/
http://www.matsusada.co.jp/dcps/main.html
http://www.tdk-lambda.co.jp/products/sps/ps_adj/bodyj.html
http://www.max-elec.com/seihin_siyou.htm#HVa-1kw
アナログ入力はオプションの機種もあります


その他、変わり種
http://www.m-system.co.jp/products/signal/signal40.html
SVA 直流入力変換器(絶縁付、最大200mA出力)
99SVA  1A出力変換器

必ずしも4~20mAに拘らず価格最優先なら
DCモータドライバなのですが
オープンループ電圧出力可能
http://www.servotechno.co.jp/index02.html

ご予算と電圧電流レンジに応じて
http://www.kikusui.co.jp/catalog/?model=pas&p=0
http://www.kikusui.co.jp/catalog/?model=pmc-a
http://www.takasago-ss.co.jp/products/power_electronics/dc/
http://www.matsusada.co.jp/dcps/main.html
http://www.tdk-lambda.co.jp/products/sps/ps_adj/bodyj.html
http://www.max-elec.com/seihin_siyou.htm#HVa-1kw
アナログ入力はオプションの機種もあります


その他、変わり種
http://www.m-system.co.jp/products/signal/signal40.html
SVA 直流入力変換器(絶縁付...続きを読む

Qモーター制御について

モーターの制御についてお聞きしたいことがあります。
パソコン上に出されるある数値からon/off制御で位置決定をしたいのですが、モーター側はパソコン上のデータを認識できるものなのでしょうか?
また、出来るとしたら必要な機材を教えていただきたいです。モーターはDCモーターを考えています。

Aベストアンサー

どのように制御(希望する通信方法)するのかとか、大きさ(容量とか供給電圧)も情報として必要でしょうね。
手軽なのはシリアル通信機能を備えたコントローラとセットになったモーターユニットかな。
オリエンタルモータの物でカタログで見た記憶があります。まあコントローラ付モーター売ってるメーカーなら各社出してるとは思います。
目的の場所も監視しながらON/OFFだけで制御でいいのなら、PCにD/Oカード積んでリレーをON/OFFした方が良いのかもしれませんね。

Q停車制御と車内信号の現示

東急田園都市線では、列車の駅誤通過を防止するため、停車すべき列車が駅に接近すると、出発進路のATC信号を一定時間「停止」にする「停車制御」という設定を施しているそうです。

確かに、停車すべき列車が入線する際、ホーム上の出発反応標識(JRでいう「レピーター」)は、停車後でないと点灯しません。しかし、運転席を見ていても、車内信号は赤ではなく、あくまで許容速度を示しています。駅停車時に車内信号が赤になっているのは、急行等の通過待ちをしているときくらいでしょうか。

私が見た限りこんな状況なのですが、停車制御と車内信号の現示の関係についてご存知の方がいらっしゃれば、ご教示いただきたいと思います。

Aベストアンサー

東急のシステムに詳しくはないので、
あくまでもATCの仕組みとしてお答えします。

駅停車中の列車は駅の「場内」にいますから、
場内進路に対する信号が表示されています。
なので進行を指示する信号が運転台に現示されています。
(おそらく今回の質問の場合は一番下位の速度が現示されているのでは?)

出発進路とは地上信号機でいえば、信号機を超えた先、になります。
発車して出発進路に進入しないとどんな信号が現示されているかはわからないのです。

駅停車中に出発進路が停止なのか進行なのかはレピーターの点灯でしか判断できません。

出発進路が停止現示の場合、ある一定時間停車していれば、
車内信号も停止信号に現示変化しますが、
その前に出発進路が進行信号に現示変化すれば、
車内信号に停止信号が現示されることはないと思います。

ちなみに出発反応標識=レピーターです。
どの会社でも呼び方は一緒です。

Qガラス面の貫流(通過)熱負荷には、結露による潜熱負荷が何故入らないのですか? ビル管過去問 【

ガラス面の貫流(通過)熱負荷には、結露による潜熱負荷が何故入らないのですか?

ビル管過去問
【 建築物の熱負荷に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
(1) 負荷計・・・~
(4) ガラス面の貫流(通過)熱負荷は、顕熱負荷と潜熱負荷である。
(5) TAC・・・~
解答 (4)】
上記のビル管過去問にて解答が(4)で理由が潜熱負荷が無いかららしいのですが結露による潜熱はあると思います。
何故、結露による潜熱は含まないのでしょうか?

Aベストアンサー

単純に暖房負荷計算の場合は、すきま風以外の潜熱は計算しないからですよ。(すきま風は、直接室内の空気と混合して、潜熱負荷となります)
結露する場合は、除湿分の熱量は貫流顕熱です。(つまり、貫流顕熱を計算してあれば良い事になります)
窓面の結露は、結果として、室内の顕熱負荷を減らすので、全体で見れば、暖房負荷としてはバランスする事になります。
加湿量としては、結露の場合は、窓の貫流顕熱負荷の一部として、その潜熱負荷は見込まれていますから、暖房負荷としては、加湿用の加熱量を増す必要はありません。(最初から、その分は加湿用の熱量として見込まれている事になります)
実際は、人体の発汗や室内の水の蒸発による潜熱増加もあるわけですが、暖房負荷計算の場合は、安全側として、これを考慮しません。
冷房負荷計算の場合は、ガラスは非透湿材料なので、貫流熱量は、顕熱だけとなります。
回答のポイントとしては、すきま風以外の潜熱負荷を計算するのは、冷房負荷計算の場合だけで、ガラスは非透湿材料なので、顕熱しか貫流しないと言う事ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報