つい先日、旅行で函館へ行って来ました。
そこで五稜郭も訪れたのですが、資料館のようなところを見たところ、『フランス軍事顧問団は本国からの帰国命令をも無視し、旧幕府軍と共に戦闘に参加した』というような記述を目にしました。
幕府側にはフランスの援助があったということは知っていましたが、この点について全く知らなかったのです。
このフランス軍事顧問団について詳しい事をご存知の方、どうかご教示下さい。

A 回答 (3件)

 フランス軍事顧問団は、慶応2年勘定奉行小栗忠順・栗本鯤とロッシュの間で600万ドルの借款とセットで締結されました。

顧問団の到着は遅れ、日本に到着したのは、慶応3年初頭でした。団長は元清国分遣隊参謀長の参謀大尉シャノワンのほか、砲兵隊長・大尉ブリュネ、騎兵隊長・中尉デシャルム、歩兵隊長・大尉デュ・ブスケ、工兵大尉ジョルダン、他に歩兵の士官としてメスローがいました。最初は15名程度で後に2~3名増員されましたが士官は、名前を書いた6人でした。彼等は、単純な兵学の教師であるのではなく、フランスの勢力を日本に植え付けるために派遣され、幕府の軍制の大系的な変革と反幕派に対する軍事戦略を指導しようとしました。しかし、上野戦争の敗北で幕府側は決定的な打撃を受け、新政府は軍事顧問団の存続を許さず、慶応4年7月に解散しました。明治元年8月19日、品川沖の榎本指揮下の軍艦にブリュネと、伍長カズヌーブが軍隊を脱走して、「日本の知己にむくいるため」乗りこんできました。仙台でも、フォルタン、マルラン、ブュフィエーの3人の下士官が加わり、函館でさらにコラッシュ、クラトー、ブラジェー、クラトー、フリビューが加わり、合計10名になりました。彼等は、兵の訓練をしたり、砲台を作り点検・整備するのが仕事でしたが、宮古湾の海戦などで敗北し、コラッシュが捕虜になり、連戦連敗のとき、函館沖にあったフランスの「コエトローゴン」号に援助を求め、9名を収容して、横浜に到着し、これを知ったフランス公使はコラッシュの引渡しを政府に求め、サイゴンに向かうフランス船で追放しました。後にブリュネの懲戒免官を日本政府に通告しました。ブリュネの脱走を知りながら、1ヶ月余も公使に連絡しなかったシャノワンは後に大将に上り、陸軍大臣を務め、ブリュネは、この後どうなったかわからないが、一説には翌年の普仏戦争に参加し、退役後、国会で活躍したといわれています。
 詳細は、歴史読本昭和54年9月号所収「フランス顧問団の実態」に載っていますので、参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。shoyosiさん、tomato1963さん、totoro196さん、どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/06/15 19:54

旧幕府軍と行動をともにした、ブリュネ大尉のことは下記を参考にしてみてください。



参考URL:http://www2.handy.n-fukushi.ac.jp/~r2000182/ishi …
    • good
    • 0

私自身はフランス軍事顧問団については


詳しいわけではありませんが参考URLをどうぞ。

Google などで 五稜郭 フランス軍事顧問
のキーワードで検索すると色々あります。

参考URL:http://www1.ocn.ne.jp/~bakumatu/nen.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qもう少し暖かくなったら、新撰組土方歳三の最後の地、函館の五稜郭・碧血碑

もう少し暖かくなったら、新撰組土方歳三の最後の地、函館の五稜郭・碧血碑・一本木関門・記念館に行こうと思っています。
青森から青函フェリーに乗っていくのですが、車を乗せていくか、置いていくか迷っています。
行く場所に駐車場があれば車でもいいのですが曖昧で。。。青森港に車を無料で置けると聞いたので(本当かは定かではありません・・・。)地図を見るとほとんどの場所がフェリー乗り場から近いのでバスとかのほうがいいのか・・・。函館に詳しい方、また訪れたことがある方いましたら教えてください。
また、戊辰戦争に関わりがあった場所や、函館駅近辺でおすすめの場所などもあったらお願いします。

Aベストアンサー

函館のものですが、まずこちらのサイトはチェック済みでしょうか?
http://www.hijikata-toshizo.com/

いろいろと情報満載のようですね。
お書きになったところをすべて交通機関を使って行くとなると、結構大変です。地図でご覧になって、ほとんどの場所がフェリー乗り場から近いとお感じになったようですが、決してそんなことはありませんよ。
市電(路面電車)で行って少し歩けば着くところなら問題ないのですが、バスと組み合わせなければならなくなると、地元民でもかなり悩んだりします。バス網が複雑ですし、お書きになったそれぞれの場所を連絡してるわけではありませんから。

駐車場についていいますと、五稜郭はあります。
http://www.goryokaku-tower.co.jp/
http://www.goryokaku-tower.co.jp/html/business/access.html

碧血碑は専用の駐車場はありませんが、入り口の下の函館八幡宮の脇に神社の駐車場があります(こちらの写真の鶴若稲荷神社と書いてある辺りです)ので、ここに車を置いて歩けばいいです。
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E5%87%BD%E9%A4%A8%E5%B8%82%E8%B0%B7%E5%9C%B0%E9%A0%AD%E7%94%BA%EF%BC%92&sll=36.5626,136.362305&sspn=34.773652,56.513672&ie=UTF8&hq=&hnear=%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%87%BD%E9%A4%A8%E5%B8%82%E8%B0%B7%E5%9C%B0%E9%A0%AD%E7%94%BA%EF%BC%92&ll=41.753065,140.710106&spn=0.00397,0.006899&t=h&z=17&brcurrent=3,0x5f9ef2fc84e016e1:0x3b817c5bc6ff076b,1

一本木関門は「土方歳三最期の地碑」のあるところですが、ここは駐車場はありませんので(福祉センターの敷地内にあるのですが、そこの駐車場には入れられないと思います)車で行くとすると近くのコンビニで買い物をして、ちょっと許可を得ればいいと思います(この並びにあるセブンイレブンの駐車場はとても広いのでOKしてくれるでしょう)。
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&source=s_q&hl=ja&geocode=&q=%E5%87%BD%E9%A4%A8%E5%B8%82%E8%8B%A5%E6%9D%BE%E7%94%BA%EF%BC%93%EF%BC%93&sll=41.753065,140.710106&sspn=0.00397,0.006899&brcurrent=3,0x5f9ef3992740a44f:0x12c29555f937e6e8,0&ie=UTF8&hq=&hnear=%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E5%87%BD%E9%A4%A8%E5%B8%82%E8%8B%A5%E6%9D%BE%E7%94%BA%EF%BC%93%EF%BC%93&ll=41.778505,140.731854&spn=0.003968,0.006899&t=h&z=17

記念館は駐車場があります。
http://www.romankan.com/hizikata/07map/index.html

ただ、#1さんもお書きの通り、お書きになったところだけを移動するためにフェリーに車を積んだ方がいいかどうかは分かりません。観光タクシーの方が安上がりになるかもしれませんし、レンタカーを借りた方が安いかもしれません。

戊辰戦争がらみのその他の場所は最初にご紹介したサイトでちょっとお調べいただいてから、疑問点などありましたら分かる範囲でお答えしたいと思います。

函館のものですが、まずこちらのサイトはチェック済みでしょうか?
http://www.hijikata-toshizo.com/

いろいろと情報満載のようですね。
お書きになったところをすべて交通機関を使って行くとなると、結構大変です。地図でご覧になって、ほとんどの場所がフェリー乗り場から近いとお感じになったようですが、決してそんなことはありませんよ。
市電(路面電車)で行って少し歩けば着くところなら問題ないのですが、バスと組み合わせなければならなくなると、地元民でもかなり悩んだりします。バス網が複雑...続きを読む

Q江戸幕府旗本人名事典などで本国と記載があり発祥地との事なのですが、佐竹

江戸幕府旗本人名事典などで本国と記載があり発祥地との事なのですが、佐竹氏などは常陸の国が本国となるのでしょうか?また、この本国は変わる事が無いのでしょうか?

佐竹氏を祖先に持つ者が常陸から出羽そして上野から江戸などに移り住んだ場合でも常陸になるのでしょうか?

Aベストアンサー

私も以前、調べごとで江戸幕府旗本人名事典などに目を通していたことがありますので一言。

(おそらく旗本にも何家かあるであろう)佐竹氏の記述が実際どうなっているか調べないと分かりませんが、ご質問については、一般論として氏族の発祥と家の起源を分けて考える必要があると思います。
本家筋であれば当然氏族の発祥地が本国(本貫)とされるでしょうが、(旗本に相当数存在する)先祖不詳の家では、ルーツが明らかな姓であっても本国は家の初代の出身地などが書かれていたように記憶しています。
つまり佐竹氏だからと言って本国が常陸となるのではなく、家の事情によって他の国が本国とされることもあるかと思います。

Q新撰組の土方歳三

土方歳三が五稜郭に居たとき、
自分の写真を持たせて逃がしてあげた人(表現がへんかも・・・)
は誰だったでしょうか?
その後、その人がどうなったか知りませんか?

Aベストアンサー

市村の鉄っちゃんですね。
鳥羽伏見あたりで入隊して、土方さんの小姓役のようにそばについて歩いていた隊士です。たしか本当に若くって、五稜郭の時でも10代だったはずです。
日野まで遺品というか遺言のようなものを届けに来て…最後はどうしたのかな…。西南戦争で戦死…で合っていると思います。

Q「戦闘の要諦は・・」で始まる文章についてご教示下さい

お世話になります。
以下はある作家の作品中に出てくる文章です。
「戦闘ノ要諦ハ火力ニ在リ。将校下士官ハ之ヲ座右ノ銘トシテ、徒ニ白兵ノ愚ヲ犯スベカラズ」

この文章は旧日本陸軍の教範の類(歩兵繰典あたりか)にあった文章を改変したものという記憶でいたのですが、web上では上記文章の元となるものを発見する事ができませんでした。

1.この文章のオリジナルはどのようなものか?もしくは当方の勘違いでこれが元々の文章であり、「改変」云々は当方の記憶違いなのか
2.1.の文章は何に記載されていたのか?

以上2点についてご存じの方いらっしゃいましたらご教示頂けると幸いです。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

出典が「歩兵操典」ということでしたが、文章の性格を考えるともしかして日本陸軍「作戦要務令」ではないかと思いました。

そこでたまたま手持ちの「作戦要務令」調べたのですが、その中にご質問の文言そのものが載っている条文はありませんでした。それに近い文言があるかといえば、日本陸軍作戦要務令第2部第1編「戦闘指揮」の第1章に「戦闘指揮の要則」というものがあり、その中の第10条から12条まで若干似通ってはいます。これは戦闘における指揮官の心構えともいうべきものですが、ご質問の後半部分がありません。

まだほかに日本陸軍作戦要務令第2部第2編「攻撃」の第2章「諸兵連合の運用及び協同」の中の第23条、第24条。そして第3章「陣地攻撃」の中の第135条と第139条にも近いものが載っていますが、致命的なことに「白兵戦の愚を犯さず」という文言がここにも入ってはいません。

もしかしてあなたの仰るように「歩兵操典」かもしれませんが、ただ私の浅学の言い訳ではありませんが、この文章が「作戦要務令」もしくは「歩兵操典」の中の一部だと前提した場合、個人的に二つの疑問点があります。

ひとつは「将校下士官」という部分です。
「陸軍作戦要務令」は確かに将軍から兵士までに対する、軍隊としての行動とそれに関する戦場での行動や平時での訓練演習等について天皇が定めた規程という立場の公文書ですが、これは主として少尉以上の指揮官のためのものでもあります。
ここに出てくる文言には「司令官」や「指揮官」、または「高級指揮官」などの言葉は見受けられても、「将校下士官」という表現はまず見ることはありません。

次に「白兵戦の愚」という言葉です。
これが一番奇異な感じを受ける言葉なんですが、つまり「陸軍作戦要務令」というものは、明治22年の「野外要務令」から変遷した大正3年の「陣中要務令」、そしてこれらを根幹とした昭和4年の「戦闘要務令」の2つを加味して出来あがった「作戦要務令」が昭和13年9月に制定され、「歩兵操典」はその翌年に制定されています。

何を言いたいかといえば、たしかに白兵戦は普通に考えれば意味のない戦闘行動です。日露戦争の203高地での甚大な被害や、第1次大戦でのヨーロッパでの戦いを経験、あるいは見聞した陸軍首脳部には軍全体の近代化が避けられないものという認識でまとまっていました。
しかし昭和12年に始まった日中戦争がその思想を揺らがせ始めました。中国戦線では戦闘能力や兵器で劣る中国軍には銃剣突撃、つまりは白兵戦が思いのほか有効でした。軍首脳は結局時代流れに逆行することを選びました。白兵戦に持ち込めばいかなる戦闘でも勝利を得られるという幻想を抱き、白兵戦こそ日本陸軍の本分だという金科玉条を強固なものにしたわけです。結局この幻想を抱いたまま太平洋戦争に突入した陸軍が、太平洋の島々で凄惨な姿を晒したのは周知の事実ですね。
とはいえ、このような時代背景のなかで制定された「作戦要務令」や「歩兵操典」に、白兵戦は愚の骨頂とでも取れるような文言を入れるはずがないということです。言い換えれば、他の軍部における公式文書にも、陸軍の戦術および用兵の根幹を成す白兵戦を批判する文言が入る余地はなかったということです。

ここからは私の個人的な推測ですが、この文言はたとえば海外での駐在武官時代を経験したり、先進の軍事思想を取り入れることの出来た青年将校が、将来の陸軍を案じた非公式な場での発言というものではなかったのではないだろうかということです。

この文章の出典がまだはっきりとしていないため確証はありませんが、硫黄島や沖縄での持久戦を選択した指揮官達をみれば、そのような思想の持ち主が陸軍部内に多くいたとしても不思議ではないかと思います。

解答にもならないことを長々と書いてしまいました。申し訳ありません。

出典が「歩兵操典」ということでしたが、文章の性格を考えるともしかして日本陸軍「作戦要務令」ではないかと思いました。

そこでたまたま手持ちの「作戦要務令」調べたのですが、その中にご質問の文言そのものが載っている条文はありませんでした。それに近い文言があるかといえば、日本陸軍作戦要務令第2部第1編「戦闘指揮」の第1章に「戦闘指揮の要則」というものがあり、その中の第10条から12条まで若干似通ってはいます。これは戦闘における指揮官の心構えともいうべきものですが、ご質問の後半部...続きを読む

Q函館で土方歳三ゆかりの地を教えてください

2月頃に函館に1泊2日で函館に行こうと思ってます。

土方歳三ファンの家族がいるため、「ここは土方ファンなら行っておいたほうがいい!」という場所があったら教えてください。

土方ゆかりの面白食べ物やグッズなどもゼヒ!!

尚、時期が冬季なので電車等、公共の乗り物利用予定です。

※五稜郭はもちろん行く予定です。

Aベストアンサー

何回か函館を訪れましたが何時もレンターカーで廻りました。
冬場はやはり公共の乗り物の方が安全です。

こちらのページを参考にご覧下さい。
http://www.hijikata-toshizo.com/

土方歳三記念館はバス利用になります。
弁天台場、称名寺は市電「どっぐ前」徒歩5分(バスあり)
碧血碑は市電「谷地頭」徒歩5分(バスあり)
一本木関門はJR函館駅徒歩10分です。

市電
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/transport/jikoku/jikoku.html


バス
http://code0138.hp.infoseek.co.jp/bus/rosen.pdf

Q日本軍 タイ国軍事視察団ピチット中将一行の演習見学について。

読売ニュース写真によりますと、昭和18年8月28日に下志津演習場で戦車新鋭砲共同の演習を見学したとありますが、もう少し具体的な情報をお持ちの方はおられませんか?

見学日程、移動に使われた航空機、演習に参加した日本軍側の将校名など。

あと、画像一番左に写っている参謀の方はどなたでしょうか?

質問ばかりですみません。
ご存知の方、ございましたらご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 質問の関東野戦砲兵学校行われた特別演習ですが、8月28日午前10時20分から同45分という短い時間内に行われたとあります。

 演習部隊(おそらく2式あるいは3式砲戦車中隊)の指揮官は木本大尉とあり(苗字だけしか記録はありません)、演習統監は内田少佐、演習部隊総指揮官は菅野中佐。ほかに池田学校長(階級不明)の名もあります。

 同日午後2時からは戦車2個中隊程度と複数の航空機を使用しての、敵陣地攻略戦を展示しているようです。

 移動ですが下志津に航空機で行ったのかどうかは残念ながら知りません。ただこれは推測ですが、当時下志津にあった陸軍飛行場を使用したとすれば、使用機はやはり陸軍なら97式輸送機もしくは、1式輸送機(制式には1式貨物輸送機)のいずれかしかないのではないかと考えます。

 視察団一行は日本側の随行員も含めると10名以上にはなっているようなので、より乗客数の多い1式輸送機(1式は14~5名、97式は10名程度が限界)の可能性が高いのではないでしょうか。 

Q新撰組、土方歳三について。

こんにちは。
私は、中学2年なのですが 今回宿題で
「歴史新聞」を作ることになりました。
NHKの連続ドラマ「新撰組!」で興味をもったこともあり、新撰組 土方歳三について書こうと思っています。
そこで、新撰組または土方歳三について
中学生でもわかる文章(わかりやすい文章)でかかれているHPをご存知でしたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ここなんてどうでしょう?とても分かりやすいと思いますが?

参考URL:http://www.romankan.com/hizikata/00index.html

Q鎌倉幕府、室町幕府の直轄領

江戸幕府の直轄領(天領)は400万石くらいあって、いかなる雄藩もはるかに上回るものでした。
それでは鎌倉幕府や室町幕府の直轄領はどのくらいあって、それは有力な御家人や守護大名
と比べてどれだけの規模だったのでしょうか?
どの範囲までを直轄領とみなすかにもよりますし、江戸時代と鎌倉時代や室町時代では土地の制度も
政治制度も違うから、一概に比較は難しいかもしれませんが。

Aベストアンサー

鎌倉 室町 江戸
三つの幕府ともでき方が違うので、一概には言えませんが。

鎌倉幕府では、関東御料が将軍直轄領になりますがこれの中核になったのが、平家没官領500余所になります。
500というのがどんな感じかというと
東大寺の荘園数が80
大覚寺統の基盤になった八条院領が152
持明院統の基盤となった長講堂領が180
これを見ると、ああ平家はすごかったんだな、頼朝もねとなりますが、関東御料の各荘園も御家人に分配されたので、直轄なのかというとあやふや。特に摂家将軍や宮将軍になると将軍直轄領はなかったようです。
直轄領に裏付けられた直轄軍がありませんでしたから。

室町将軍家は、直轄軍としては奉公衆がおり、最大で一万程度と言われています。逆算すると江戸時代の換算では、35万石くらいになります。
室町期の人口が1000万≒1000万石(全国)だったはずなので、江戸期の3000万人≒3000万石 に換算すると江戸時代における100万石くらいではないでしょうか。

結構、鎌倉将軍も室町将軍も、直轄軍を持っていません。
結果として鎌倉将軍も、室町将軍も江戸期の将軍よりも専制的でなかった、鎌倉期も室町期も内乱だらけですが、江戸期は内乱がほぼありませんでした。
逆の見方をすると、鎌倉将軍は主敵である平家を滅ぼして、建前上は、武士の統領(=つまり、みんな部下)であり、室町将軍も主敵である南朝を滅ぼして、建前上はすべての守護大名の上司でありました。比較の仕様ありません。立ち位置が違うので。
ところが、江戸将軍は関ヶ原の後も江戸=大坂二重公儀制を保ち、豊臣家を滅ぼしても、完全には仮想敵を滅ぼしきっていません。全部が部下になりきらなかったから、徳川家直轄領が残ったのかもしれません。
最後の二重公儀制にかんしては、戦争の日本史 17 (17) 笠谷 和比古よりです。

鎌倉 室町 江戸
三つの幕府ともでき方が違うので、一概には言えませんが。

鎌倉幕府では、関東御料が将軍直轄領になりますがこれの中核になったのが、平家没官領500余所になります。
500というのがどんな感じかというと
東大寺の荘園数が80
大覚寺統の基盤になった八条院領が152
持明院統の基盤となった長講堂領が180
これを見ると、ああ平家はすごかったんだな、頼朝もねとなりますが、関東御料の各荘園も御家人に分配されたので、直轄なのかというとあやふや。特に摂家将軍や宮将軍になると将軍直轄...続きを読む

Q土方歳三グッズ、どこで買えますか!?

どこでお聞きしたらいいか分からなく、社会-歴史で聞かせていただきます。
私の友人が土方歳三に恋焦がれています。
その友人がPCを持っていないもので依頼されたのですが土方歳三グッズを扱っているサイトをご存知の方、教えていただけませんか!?とにかくタペストリーなどあった暁には巻かれて寝る!といったほどの本命ぶり!一応、主人と子供二人のママです。どなたか教えてください!!

Aベストアンサー

リンク集がありますので参考にしてみてください

参考URL:http://www.linkclub.or.jp/~swing/goods.html

Q室町幕府と徳川幕府

共通点があるのですが
 
 初代(尊氏と家康)はどちらももちろん有名
 どちらも3代(義満と家光)が優秀でこの代で幕府体制が
 確立され、またどちらも名前に「みつ」が付く
 その後はどちらも良くも悪くも8代(義政と吉宗)が有名
 さらにその後はどちらも特出した将軍はいない
 そして何と言ってもどちらも15代で終わり

 ただの偶然でしょうか?

Aベストアンサー

この2つの幕府ですけど、良くも悪くも初代の性格が色濃く反映されています。
徳川家康は、ご承知の通り三河の大名から天下人になりましたが、猜疑心が強く、身内の情に薄く、冷徹な性格のため、初期に生まれた子供たちはほとんど殺したり、死ぬように追い込むようなことをした結果、個人の資質を信用しないため、幕府をシステムとして捕らえ、集団で意思を決定する組織を作り上げました。
3代将軍家光も、優秀とはいえない将軍ですが、完成されたシステムの中で生まれた初めての将軍ですから、各種の制度を整え、大過なく人生を全うしましたが、個人の資質としてはかなり落ちると思います。
また、8代将軍吉宗は、初めて直系以外から将軍になりましたから、しがらみが無く各種の改革を行いましたので、中興といってもよいのですけど、結果論としては功罪相半ばする業績ですね。
因みに、15代将軍の慶喜は極めて優秀な人物ですけど、秀才にありがちな泥臭さを嫌う点が残念な将軍と思いますし、幕府を再興しようという熱意は、室町15代義昭にも通じるものがあります。

一方の足利尊氏は、義侠心に富み、勇敢で物欲の薄い、将に男の中の男という人物ですが、家族や功のある部下を冷酷に切り捨てることが出来なくて、不安定な幕府になってしまいます。
パソコンでもそうですけど、安定したシステムを構築するためには、レガシーというか、古い規格との共通性を求めると不安定になり、これがWindowsMeが評判が悪い理由で、ある時点で思い切って古いものを切り捨て、新しい規格だけで組んでいく必要があります、WindowsNTのように。
尊氏はこれが出来ないために、終生弟や養子に出した実子の反乱に苦しめられ、増長した家臣を治めきれず、ひ弱な幕府になってしまいました。
その中で、3代義満は怪物といってもよい政治家で、権謀術策を弄して、幕府の権威を高めます。
資質としては、徳川家光とは比べ物にならない高い力量で、家光がシステムの上に乗った将軍なら、義満は自分の才知で政治を動かした将軍ということになります。
但し、室町幕府が最大領土になったのは、6代義教の治世で、この義教は織田信長に匹敵する改革者とも言われますが、信長同様、部下の裏切りにあって絶頂期に暗殺されます。
この義教にあたるのが、徳川では5代将軍綱吉で、綱吉の時代に戦国の殺伐とした習慣は無くなり、儀礼に支配される世の中になりますから、ある意味綱吉も時代の常識を変えた政治家です。
彼以前では、例えば水戸黄門ほどの人格者でも、刀を試すために乞食を切ってみたりしていますし、九州地方から江戸に来た武士達は、犬コロ飯といって、野良犬を捕らえて食べていましたから、まだまだ戦国の気風が残っています。
足利義教の死により、幕政の改革は頓挫し、信長の死後、秀吉や家康が織田家を空虚なものにしたように、畠山、細川といった有力大名が将軍を操るようになって、8代義政は諦めの境地だったのでしょう。
この点は、中興の祖というべき、徳川将軍の8代吉宗とは大いに違います。

こうしてみますと、大体3代目で幕府の骨格が完成する、5or6代目で一つの切があって、真ん中の8代目で転換期を迎える、足利氏はこの8代目で戦国に突入し、徳川氏は系統が宗家から枝に移った。
偶然ともいえるし、必然ともいえますね。

この2つの幕府ですけど、良くも悪くも初代の性格が色濃く反映されています。
徳川家康は、ご承知の通り三河の大名から天下人になりましたが、猜疑心が強く、身内の情に薄く、冷徹な性格のため、初期に生まれた子供たちはほとんど殺したり、死ぬように追い込むようなことをした結果、個人の資質を信用しないため、幕府をシステムとして捕らえ、集団で意思を決定する組織を作り上げました。
3代将軍家光も、優秀とはいえない将軍ですが、完成されたシステムの中で生まれた初めての将軍ですから、各種の制度を整え...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報