【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

長いのですが、翻訳機を使わないで翻訳して頂けるとありがたいです。よろしくおねがいします!

But just before the summit the two sides reached a cleverly crafted agreement conveniently open to multiple interpretations. It stated that China and Japan hold different views about their recent tensions in the East China Sea — allowing the Chinese side to claim to its people that Japan had formally acknowledged the existence of a dispute, as Mr. Xi required, while allowing the Japanese government to tell its own audience back home this wasn’t so. (Yasukuni was not mentioned.)

Mr. Abe and Mr. Xi deserve credit for this constructive vagueness. By sharing in it, they took a responsible step toward calming tensions in East Asia. Mr. Abe, in particular, seems to have calculated that while he would lose points with some supporters, he could bear such a burden more readily than Mr. Xi, who is struggling to bridge divisions between hawks and doves in China’s military and foreign policy establishment.

This could not have been easy for Mr. Abe. China has frequently sent patrol boats into the waters around the Senkaku/Diaoyu islands, and the Japanese public generally supports taking a tough stance against such provocations and on security matters having to do with China. According to a joint survey conducted this summer by the Japanese nongovernmental group Genron NPO and the China Daily, 93 percent of the Japanese do not have a good impression of China.

But many Japanese also understand that China is an important neighbor and essential to their own peace and prosperity: In the same survey, over 70 percent of Japanese said the relationship between Japan and China was important, and about 80 percent expressed concern over its current state or the need to improve it. Mr. Abe knows this.

Mr. Abe also knows Mr. Xi is in a more delicate position than he. On the one hand, tensions with Japan have economic costs for China. According to China’s Ministry of Commerce, Japanese investment in China from January to June 2014 fell by almost half compared with the same period in 2013. Commerce Minister Gao Hucheng told a delegation of Japanese business people in September that tension between the two countries was hurting economic ties, and that that was something he did not want to see.

Continue reading the main storyContinue reading the main storyContinue reading the main story
Yet it is also a general principle of Chinese politics that a leader without a solid power base cannot improve ties with Japan. The Chinese leadership uses nationalist fervor to compensate for a deficit in legitimacy, and to unite the party and the nation, and Japan is a familiar target, especially for the hawks in the military and the propaganda department. Judging by the Chinese media’s lukewarm coverage of that historic handshake last month, Mr. Xi is not yet secure enough to actively promote the Chinese-Japanese relationship.

A 回答 (1件)

しかし、首脳会談の直前に、双方は、複数の解釈が都合よく可能な巧みに練り上げられた合意に達しました。

この合意によれば、中国と日本は、東シナ海のこのところの緊張状態について異なる見解を有しているとしました ― こうすることで、中国側は、人民に習氏が求める様に日本が公式に意見の食い違いが存在することを認めたと主張することが出来ますし、他方、日本政府は、国民にそうではないと言うことが出来たのです。(靖国問題は、取り上げられませんでした。)

安倍氏と習氏には、この建設的な曖昧さを作り出した功績があります。この曖昧さを共有することによって、彼らは、東アジアの緊張を鎮める方向に責任ある一歩を踏み出しました。特に、安倍氏には、次の様な計算があったと思われます、すなわち、安倍氏自身は、支持者の一部から減点されるでしょうが、習氏よりもそうした負担を彼の方が容易に受け止めることが出来るだろうと言うものでした、と言うのは、習氏は、中国軍や外交関係者の中のタカ派とハト派の対立の橋渡しをすることに苦労しているからです。

このことは、安倍氏にとって容易ではなかったかもしれません。中国は、尖閣/釣魚諸島周辺の海域に頻繁に巡視船を派遣していました、そして、日本の大衆は、この様な挑発行為や中国に関わる安全保障問題に関して厳しい立場を取ることを一般に支持しています。日本の非政府組織の『言論NPO』と『チャイナデイリー(中国日報)』によってこの夏行われた共同調査によると、日本国民の93%が、中国によい印象を持っていないそうです。

しかし、多くの日本人は、また、中国が重要な隣国であり、日本の平和と繁栄に不可欠であることも理解しています:この同じ調査の中で、70%以上の日本人が、日中関係は大切であると述べました、また、80%が、現状に対する懸念と、状況改善の必要性を表明しました。安倍氏もこのことは承知しています。

安倍氏は、また、習氏が彼よりもより微妙な立場にいることも承知しています。一方で、日本との緊張状態は、中国にとって経済的負担となっています。中国商務部(商務省)によれば、2014年1月から6月までの日本の対中国投資は、2013年の同時期と比べて、ほぼ半減しました。高虎城商務部長(商務大臣)は、9月に日本の実業界の代表団に対して、両国の緊張が経済の結びつきを傷つけている、また、それは、彼が見たくない物であると述べました。

本文続き

しかし、確固とした権力基盤を持たない指導者が日本との関係を改善できないこともまた、中国政治の大原則です。中国の指導層は、法的根拠の欠落を補うために、また、党と人民を団結させるために、国家主義者の熱狂を利用します、そして、特に軍のタカ派や中国共産党宣伝部にとって、日本は、使いやすい票的なのです。先月のあの歴史的な握手に対する中国メディアの微温的な取り上げ方から判断すると、習氏は、まだ、中日関係を積極的に推進する十分な安心感を持てていない様です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング