わからないことだらけで、どうしたら1番良いのか困っています。

現状

・自己都合退職と共に夫の扶養に入った。(夫の会社からは、私が失業受給、又は年間103万を超える収入がある場合は扶養から外れるよう言われている。)

・給付制限3ヶ月ある中の1ヶ月目にして再就職が決まった。

・再就職手当の基準は、契約社員(試用期間3ヶ月あり)でも良いのであれば、それ以外の条件はクリアしている。

・再就職は、契約社員で、試用期間3ヶ月ののちに1年ずつ契約更新していく。雇用保険のみ負担ありで健康保険などその他の福利厚生はない。

・再就職先には、後日扶養範囲内で働くか、否かを報告。どちらにしても、すでに採用されている。

・再就職は扶養範囲を超えて働く場合、概算で月収16万+交通費2万円×12ヶ月となる。


質問

今後どうするのが一番良いのでしょうか?(再就職手当、扶養範囲内での仕事か否か、健康保険、国民年金、収入と支出面で)

旦那の扶養内で再就職したい場合、再就職手当を貰わないほうが良いでしょうか?貰うと扶養から外れるのでしょうか。

再就職手当も収入(旦那の会社から言われた103万までの基準)にカウントされるのでしょうか?

そもそも、再就職手当は、契約社員試用期間3ヶ月1年更新という契約でも条件はクリアできるのでしょうか?(その他の条件はクリア)

旦那の扶養から外れる場合、自分で保険料などを納めなければなりませんが、
保険料などを考えて、扶養に入っていた方が良いでしょうか?
その場合、再就職手当はどうするべきでしょうか?



長くなりましたが、詳しい方お願いいたします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>夫の会社からは、私が失業受給、又は年間103万を超える収入がある場合は扶養から外れるよう言われている。


扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)なら扶養になれます。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。
なので、会社が言っている103万円は、税金上の扶養だと思われますが…。

>今後どうするのが一番良いのでしょうか?
103万円を超えると確かに貴方やご主人の税金は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
貴方が働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。
ただ、通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。
なので、年間に換算しておおむね160万円以上で働けば手取り収入は増えます。

ただ、貴方の場合、社会保険加入ではないので、国保の保険料の計算方法は市によって違い保険料がいくらくらいになるのかわからないということがあります。
年間10万円くらいなら前に書いたとおりですが、貴方の年収は190万円くらいなので、もっと高くても損はありません。

>旦那の扶養から外れる場合、自分で保険料などを納めなければなりませんが、保険料などを考えて、扶養に入っていた方が良いでしょうか?
いいえ。
前に書いたとおりです。

>そもそも、再就職手当は、契約社員試用期間3ヶ月1年更新という契約でも条件はクリアできるのでしょうか?
おそらく大丈夫でしょう。
短期契約の場合(1年以下)、更新時に一定の目標達成が条件付けられている場合や派遣などで雇用期間が定められ、雇用契約の更新が見込まれない場合には該当しませんが、貴方の場合はこれとは違うでしょうから。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q扶養から外れる=家族で使っている健康保険証から外れるという理解で正しいですか?

こんにちは、お世話になってます。

扶養から外れる=1枚の家族皆で使用している健康保険証から外れる。
扶養内=家族で使用している健康保険証の中に自身の名前がある。
という理解で正しいですか?

Aベストアンサー

>扶養から外れる=1枚の家族皆で使用している健康保険証から外れる。

= ではありません。
単純に所得税の扶養控除から抜けるだけ。というケースもあります。
一般的には、大学生でかなりの金額のアルバイトをしていて、
年間所得が103万円を越える場合はそのケースです。

ご質問の場合は、アルバイト先などで、自前の健康保険を作れる程度の
勤務をする。
通常は年間130万円を越える程度の勤務がみこまれる場合などは
それにあたります。その場合は、自分自身の保険証をつくることになります。

Q再就職手当について

私は6月20日にパートを辞め(収入は20万ほどありました)、現在はハローワークに仕事を探しに通っている主婦です。自主退社なので、給付制限期間があり、失業手当を頂ける11月初旬までにはまだ2か月余りあります。現在までは働いていた時のお給料が入ったことで、何とかやりくりしていたのですが、もう無くなりました。就職先もまだ決まっていません。仮に今就職が決まっても、収入は同じ頃になってしまうと思います。
よくわからないので教えてほしいのですが、就職先をすぐに決め、再就職手当を頂いた方がいいのか、妥協はしないで1日4時間未満のアルバイトをしながら就職先を見つけた方が良いのかわかりません。また、少しでも金銭的に助かるにはどちらを選ぶのがけんめいなのでしょうか。

Aベストアンサー

つい最近ですけれど、ハローワークに行って聞いてきた事を申し上げます。

基本的に、制限期間中は、受給資格が発生していません。

受給資格が無いと言う事は、再就職手当ても発生しません。

それと、給付制限期間中は、受給資格がまだ無いのですから、別に、4時間以上の仕事をする事も可能です。

後は、受給資格を得られてから、失業保険を貰われるのか、見つけた仕事を続けられるのかは、ご自分で選択してください。

それと、見つけた仕事を続けられたとしても、途中で退職された場合でも、その会社から退職の証明(離職票)を発行してもらえれば、再度受給資格はもらえます。

その辺の詳しい話は、再度、ハローワークに問い合わせして下さい。

Q失業保険受給額は、扶養の103万に含まれないのですか?

昨年結婚しましたが、3月まで失業保険を受給していたため、受給終了後に主人の扶養枠に入りました。それと同時にパートタイムで働き始めたのですが、所得税もかからない103万円以内で働きたいと思っています。
こちらのサイトで同類の質問も拝見し、130万円以下の扶養枠(健康保険などの扶養)に関しては失業保険も含まれる・・・というような感じで理解したのですが、103万円以下の扶養枠で考えているのであれば、失業保険の受給額は含まれないということでよろしいのでしょうか?

無知でお恥ずかしいのですが、どなたかお詳しい方、よろしくご回答願います。

Aベストアンサー

 こんにちは。心配ありません。含まれません。関連URLをご覧ください。扶養枠などという制度はありませんので、むやみにそのような言葉で検索などしない方がよいですよ。

 103万円というのは、所得税の配偶者控除に関する金額です。配偶者(質問者さん)の年間所得がこの金額以下ならご主人の税金が優遇される制度ですが、いずれにしろ雇用保険の基本手当(いわるゆ失業保険)は非課税ですので、計算には入れません。給料が年間(元日から大みそかまで)で103万円を超えると、少々一家の税金が増える程度と思えばよいです。

 なお、健康保険の被保険者(いわゆる扶養家族)に認定されるための基準には、失業手当の支給額も含めて検討がなされますが、これももう過ぎたことなので大丈夫ですね。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191_qa.htm

Q扶養から外れてしまいまして、、、、

 現在、派遣社員で働いているものです。2006年の7月に転職した時に主人の扶養の範囲で働くか、扶養から出るか迷いながら働き始めたんです。ところがそうこうしてる間に扶養の範囲から出てしまい、社会保険の手続きをするタイミングを逃して2年も過ごしてしまったんです。(のんびりしていた私が悪いんですが)
そして、この度2年分の社会保険の請求が派遣会社から来て、65万円にもなっていたんです。払うしかないか~と思っていたところ、主人の会社が、2007年12月までは、扶養範囲ということで社会保険庁へ申請してくれるってことになったんです。
しかし、派遣会社の社会保険担当は2年間(2006年の7月分~)さかのぼって払えと、、、
こんなことしたら、社会保険庁の2重取りになるだけではないでしょうか?この場合、本当に2年分さかのぼって払わなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

>ご主人が家族(私)の分を余分に払っているわけではないから、アナタが損をすることはない」と返答してきたのですが、本当でしょうか?

たしかに扶養に入っている期間はご主人が余分に払っているわけではありません。簡単に言うと扶養に入っている期間はあなたの国民年金と健康保険の保険料は実質払わなくても払ったことになるという解釈です。
なので2重取りということはなく、単に2006/7~12の分は扶養に入っているため払わなくていいということです。
ちなみに派遣会社では社会保険(健康保険・厚生年金)に加入していないのですよね??
社会保険には大きくわけて2つのものがあり
(1)社会保険事務所での「健康保険・厚生年金保険」
(2)市役所での「国民健康保険・国民年金」
にわかれており、どちらかに保険料納付ということになります。
(1)に該当する人は会社において正社員の4分の3以上の労働時間がある人に加入義務が生じます(週40時間だとしたら30時間以上)。
これに該当していない場合は(2)となります。
あなたが(1)に該当するとそれは派遣会社の責任として保険料を徴収することとなりますので、多分(2)に該当すると思います。
この場合、あなたが払うべき保険料は社会保険事務所ではなく、
市役所(役場)になります。これは会社ではなくご自身での手続きが必要となります。
払うべきものは国民健康保険料・国民年金です。
双方とも払う義務がありますが、国民年金に関しては未納とされても
後々の年金にひびくだけです。ただし督促がくる場合があります。
まず、(1)(2)のどちらに該当するのかを明確にしてください。
文章だけで説明すると難しいのですが、少しはおわかりいただけましたでしょうか??
余談ですが社会保険上の扶養の給与等限度額は130万円未満
税法上の扶養の給与等限度額は103万円未満
となっています。
もしあなたの年収(手取りではない)が130万~160、170くらいまでならば、103万円未満(月収8万5千程度)まで抑えることをオススメします。
この場合、社会保険料が月3万程度、税金もご主人の給与から少なくなりますので、一般論ではありますが40万円程度得することになります。

>ご主人が家族(私)の分を余分に払っているわけではないから、アナタが損をすることはない」と返答してきたのですが、本当でしょうか?

たしかに扶養に入っている期間はご主人が余分に払っているわけではありません。簡単に言うと扶養に入っている期間はあなたの国民年金と健康保険の保険料は実質払わなくても払ったことになるという解釈です。
なので2重取りということはなく、単に2006/7~12の分は扶養に入っているため払わなくていいということです。
ちなみに派遣会社では社会保険(健康保険・厚生年...続きを読む

Q扶養から外れ、社会保険に入る時期

現在、小学生以下の子供二人と、主人と私の計4人での生活をしております。
今まで、主人の扶養に入っており、働いたとしても100万以下の収入でおりました。しかし、今年からは扶養抜ける覚悟で働いており、現時点で120万円の収入があります。
会社で、社会保険にも入るつもりでおりますが、いつの時点で主人の扶養から外れ、自身で社会保険に入るのかがいまいちよく分かりません。
主人の扶養から抜けた場合、子供2人も主人の扶養から抜けてしまうような事を聞いたのですが、本当なのでしょうか?
無知でお恥ずかしいのですが、以上の件詳しく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

まず夫の健保が協会(旧・政管)健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が協会(旧・政管)健保かあるいは扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠している組合健保の場合

「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
ですから退職して無職・無収入になれば、退職した翌日から扶養になれます。

B.夫の健保が扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
場合によっては扶養になるのは来年あるいは、再来年と言うこともありえます。

ということでまず夫の健保が協会(旧・政管)健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

○○社会保険事務所ならば協会(旧・政管)健保です、この場合は上記のAになります。

○○健康保険組合ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は協会(旧・政管)健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに合せた対応をするしかありません。
またBの場合は扶養になれなくても、第3号被保険者にはなれることもあるので気を付けてください。

>会社で、社会保険にも入るつもりでおりますが、いつの時点で主人の扶養から外れ、自身で社会保険に入るのかがいまいちよく分かりません。

夫の健保がAであれば具体的には給料の月額が約108330円を超えた月からになります。
夫の健保がBであれば夫の健保に聞かなければ判りません。

>主人の扶養から抜けた場合、子供2人も主人の扶養から抜けてしまうような事を聞いたのですが、本当なのでしょうか?

いいえ、一般に健保では子供は夫婦の収入の多いほうの扶養にするという決まりがあることが多いので、質問者の方より夫のほうが収入が多ければ、夫の健康保険の扶養に入るようにと言われるでしょう。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

まず夫の健保が協会(旧・政管)健保か組合健保かと言うことが問題で...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報