『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

障害者年金受給者が合同会社を設立することは可能でしょうか?

私は、1年ほど前に障害者認定を受け、わずかながらですが障害者年金を頂いております。
しかし、それでは到底生活が成り立ちません。
おまけに、健康な頃、半分騙されるように高額高金利のローンを組まされ、賃貸不動産を購入させられてしまいました。現在その不動産所得は、ほとんどがローンに消え実際に受け取るお金はなく、実収入は25年以上先で、その頃の家賃や入室状況がどうなっていることやら。
さらに、この実際にはローンに消える不動産所得に対して掛ってくる所得税5%、住民税10%、国民健康保険の掛け金11.17%が大きくのしかかり、さらに生活を圧迫しています。
そこで、少しでも、税金や国民健康保険の掛け金を減らすために、合同会社を作り、家賃収入から控除できる諸経費を増やそうと考えています。

ここで質問です。
私のような障害者(障害者年金受給)が合同会社を設立することは可能なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

回答 手帳があっても無くても起業は関係ありません


会社の代表取締にもなれますし役員にもなれます。

健常者でももちろん、目が見えないだめとか、音が聞こえないとだめな
職業も当然ありますが経営者にはまずなれます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご親切にありがとうございました。
励みになります。

お礼日時:2014/12/23 16:36

>この様な障害の程度で、会社設立は可能でしょうか。


>もう一度、ご返答願えますとありがたいです。

とのことですので、最初の回答、補足への回答、再度の補足への回答に続き、同じ内容の4度目の繰り返しになると思いますが、回答いたします。

原則として、会社設立は可能です。
「会社設立は可能」というのが、数回にわたるご質問文から受ける私の主観を含めた回答です。

以下、念のため申し添えます。

・「この様な障害の程度で」とのことですが、数回のご質問文の内容からは、どの程度の障害の程度か私には分かりかねます。
・私の回答は、会社を設立することについて法律上の阻害要因の有無を、原則的な立場から回答したものであり、あなたの会社経営者としての資質や素養の有無、会社設立後に経営を軌道に乗せられる可能性等々について保証するものでは一切ありません。

この回答への補足

>私の回答は、会社を設立することについて法律上の阻害要因の有無を、原則的な立場から回答したものであり,あなたの会社経営者としての資質や素養の有無、会社設立後に経営を軌道に乗せられる可能性等々について保証するものでは一切ありません。<
上記ごもっともなご返答です。
私も知りたいのは、法律的な原則並びに、通例、凡例などです。私が会社設立し経営できるかどうかなどは、完全な健常者であったとしても全くの未知数です。
お尋ねしたいのは、あくまでも上記にある法律的、社会的、通念的な原則、および実態です。

ちなみに、私は、身体障害者ではないのですが、知的にも精神的にもきわめて正常です。

補足日時:2014/12/21 19:07
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なにはともあれ、何度もご回答いただきありがとうございます。
今後ともこの様な質問いたしますが、なにとぞご援助のほどよろしくお願いいたします。

お礼日時:2014/12/21 19:10

成年後見という制度はご存知でしょうか?


いわゆる痴呆症等の影響で、物事の判断が出来なくなった方に対して、成年後見人という代理人を家庭裁判所が選任する制度です。この成年後見人が、痴呆症にかかった当事者に代わって、各契約等の法律行為をする制度です。

次に、合同会社の「社員」というのは、会社に対する出資者であり、かつ、経営者である人のことです。

>「後見開始の審判を受けたこと」が合同会社の社員の法定退社事由となっている

↑これは、例えば痴呆症等にかかって、物事の判断ができない状態だと家庭裁判所が判断した場合は、合同会社の出資者兼経営者の地位につけなくなることを会社法という法律が定めているということを申し上げたものです。

一連のご質問・回答を要約すると、
障害者認定を受けていること自体は、合同会社等の設立を禁じられる理由にならないのが原則ではありますが、障害による症状や程度によっては、例外的に会社を設立できなくなる場合もあるということです。

この回答への補足

大変ご親切なご回答ありがとうございます。
助かります。
当方は、身体障害ではないのですが、車の免許は所有し、制限は一切受けてはおりません。
その他、社会的制限も一切受けておりません。
自立した生活も送っております。
この様な障害の程度で、会社設立は可能でしょうか。

補足日時:2014/12/21 17:27
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ご親切なご回答ありがとうございます。
助かります。
当方は、身体障害ではないのですが、車の免許は所有し、制限は一切受けてはおりません。
その他、社会的制限も一切受けておりません。
自立した生活も送っております。
この様な障害の程度で、会社設立は可能でしょうか。
もう一度、ご返答願えますとありがたいです。

お礼日時:2014/12/21 17:30

補足への回答です。



>できましたら、もう少し、詳しく「可能である。」理由なご返答願えませんでしょうか。

会社法その他の法令において、障害者年金受給者の会社への出資や会社の経営を禁じている条項が無いからです。
従って、「可能である。」理由というのは特にありません。

>また、障害者と言いましても、身体障害、知的障害、精神障害などがありますが、どの障害に対しても可能なのでしょうか。

「後見開始の審判を受けたこと」が合同会社の社員の法定退社事由となっているので、精神上の障害によって、判断能力を欠く状態にあれば、合同会社の設立はできないことになります。

しかし、質問文を読む限り、そのような状態ではないものと思います。

この回答への補足

捕捉回答ありがとうございました。

>「後見開始の審判を受けたこと」が合同会社の社員の法定退社事由となっているので、精神上の障害によって、判断能力を欠く状態にあれば、合同会社の設立はできないことになります。<

上記ご返答の中の>「後見開始の審判を受けたこと」が合同会社の社員の法定退社事由となっているので<という意味がよく分らないので、素人にもわかりやすい言葉や説明で、再度ご回答お願いできできましたらありがたいです。

補足日時:2014/12/21 13:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

捕捉回答ありがとうございました。

>「後見開始の審判を受けたこと」が合同会社の社員の法定退社事由となっているので、精神上の障害によって、判断能力を欠く状態にあれば、合同会社の設立はできないことになります。<

上記ご返答の中の>「後見開始の審判を受けたこと」が合同会社の社員の法定退社事由となっているので<という意味がよく分らないので、素人にもわかりやすい言葉や説明で、再度ご回答お願いできできましたらありがたいです。

お礼日時:2014/12/21 13:51

>私のような障害者(障害者年金受給)が合同会社を設立することは可能なのでしょうか。



可能です。

この回答への補足

親切に、しかも迅速なご回答ありがとうございます。
できましたら、もう少し、詳しく「可能である。」理由なご返答願えませんでしょうか。
また、障害者と言いましても、身体障害、知的障害、精神障害などがありますが、どの障害に対しても可能なのでしょうか。

補足日時:2014/12/21 11:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切に、しかも迅速なご回答ありがとうございます。
できましたら、もう少し、詳しく「可能である。」理由なご返答願えませんでしょうか。
また、障害者と言いましても、身体障害、知的障害、精神障害などがありますが、どの障害に対しても可能なのでしょうか。
今一度ご回答願えますとありがたいです。

お礼日時:2014/12/21 11:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害者と会社経営 

私の旦那は重度の障害があります。
元々はシステムエンジニアでした。現在は無職です。

本人は障害厚生年金2級を受給しており、私はフルタイムで仕事をしております。

最近パソコンを使って、自宅で仕事を始めたようで、毎月の売上が約400万円、利益が70万ほどでています。


質問です。

本人は、仕事にやりがいを感じているようで、また社会とも繋がることもできるので行く行くは会社を興したいそうです。
障害年金を受給している障害者でも代表になれるのでしょうか。
実際、体調が優れない日も多いです。
そのような事を考慮して、私に代表者になってほしいと言われましたが、そのような事が可能なのでしょうか。

Aベストアンサー

追加で申し添えておきます。

障害年金というのは福祉ではありません。保険と同様の契約行為です。
まったく後ろめたく思うことはありません。
その証拠に、年金を納めたことのない少年が障害者になった場合は給付に制限が加わりますし、どんな富裕層でも障害年金は受けられます。

会社をつくるには様々な知識も入りますし大変な苦労があると思いますが、ご夫婦で力を合わせてがんばってくださいね。

Q62歳、年金受給中。会社設立したが年金加入義務は?

会社勤めを辞め、年金受給中です。この度、会社を設立しコンサル業を始めます。従業員は私(社長)以外はおりませんので、気分は個人自営業です。健保は勤務時のものを延長して加入していますが、年金への加入義務は発生するのでしょうか?単純な質問で申し訳ありません。

Aベストアンサー

「義務」に限定して回答します。
考えられるのは、国民年金と厚生年金です。
国民年金は、あなたが60歳に達していますので、加入義務はありません。
厚生年金は、あなたの会社が常時従業員を使用していませんので、現状では、加入義務はありません。常時、従業員を雇用するようになれば、年金事務所で手続きをする必要があります。

Q精神障害の私が独立開業

今、僕は精神障害2級の31歳男性です。病気になり7年目で生活保護受給者です。この年齢になり何年も前からずっと考えてきたことで「行政書士としての独立開業」があります。心身の調子もあるので生活保護を受けながら行政書士の勉強しています。なぜ独立にこだわるかというとこれから先、年金も期待できないし会社に就職してもその会社が倒産すれば失業してしまうし一生安泰の会社はないと思うのです。それに手に職つけても技術系が多いので独立には資金がかかり無理です。僕は定年のない仕事に就きたいのです。まだ病気なので色んな不安があり正直、社会にでるのがとても怖いです。どうすればもっと前向きに考えられますか?自分では苦しくてもビジネス書を百冊以上この7年で読み、セミナーにも行って前向きに活動してきたつもりです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

<失礼ですがhikaru1989さんの「仲間」とは
<どういうとこでもてたんでしょうか?

私は学生時代や過去の友人とはほとんど付き合いがありません。
逆に、起業していく上で自然に仲間ができました。

具体的には経営関係やマーケティング関連のセミナーなどで知り合った方がほとんどです。そういった場に来られる方は、意識の高い方が多いので素晴らしい方が多いように感じます。

あとは、抽象的な表現になりますが「常に目標を達成することに意識を集中する」ことで自然と前向きに考えられるようになりました。

「○○だからできない」という考え方を捨て、たとえば「○○を達成するにはどんな方法があるだろう?」と考えるようにしました。

そう考えることで、できない理由に惑わされることなく目標を達成することだけに集中でき、結果として物事がうまくいくようになりました。

文章では伝わらないかと思いますが、日常で自分が使う言葉や思考する時に使う言葉次第で、物事は良くも悪くもなります。前向きな言葉で思考(自問自答)すればヒントが見つかり、否定的な言葉で思考すれば悪循環に陥ります。

「恐怖の克服法」ですが、恐怖の本質は「曖昧」であり妄想です。この曖昧な妄想を具体化すれば、恐怖心はほぼ克服できます。

具体化とは、「自分が具体的にどんなことが起こると考えているか?」を明確に知ることです。多くの人が曖昧なので、妄想によって不安が恐怖に変わります。

もし今、トラウマを抱えているとしても、その発端となった過去に向き合うと克服できるのです。多くは幼少期の出来事に起因します。

質問者様は今は想像できないかもしれませんが、もし病状が快復されて、もし自分と同じようなことで困っている人を見かけたらきっとアドバイスせずにはいられないと思いますよ。

<失礼ですがhikaru1989さんの「仲間」とは
<どういうとこでもてたんでしょうか?

私は学生時代や過去の友人とはほとんど付き合いがありません。
逆に、起業していく上で自然に仲間ができました。

具体的には経営関係やマーケティング関連のセミナーなどで知り合った方がほとんどです。そういった場に来られる方は、意識の高い方が多いので素晴らしい方が多いように感じます。

あとは、抽象的な表現になりますが「常に目標を達成することに意識を集中する」ことで自然と前向きに考えられるようになりま...続きを読む


人気Q&Aランキング