少し請求書の書き方で分からないの教えてください
取引先から発注があった品物を収めたので何時もの様に請求書を出したいと思います
ですが締め日前にその取引先からも商品を購入しました
その様な場合 相殺?で請求書を出したいと思うのですが 今までに出した事が無いので
書き方がよく分かりません
宜しければ教えていただけないでしょうか
宜しくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

~~~ 請求書~~~



請求総額  1,000,000

 相殺金額 △100,000

差引請求額  900,000

~~~~~~~~~~~~~

のように1枚に請求書にしてもよし。


~~~請求書~~~~

請求金額 1,000,000

~~~~~~~~~~

とだけ書いておいて別紙に 相殺金額10万円を差し引いてお振込みください

と書いておいてもよし。要は売上金額はいくら相殺金額はいくら差引支払額はいくらと双方が理解できるようにするのがいいでしょう。

また、経理上は、相殺があるからといって、仕入れ額を省略して「売上90万」などとするのではなく、「売上100万、仕入れ10万」と総額で処理するのが望ましいです。

なお、勝手にこちらでこれでいいだろうと思って請求書を出しても、相手は「これではダメ。書き直してください」と言われることもあります。相手に、「これこれこういう書き方でいいか」と確認することは問題ないので、その取引先にきいてみてもいいでしょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなってしまい申し訳ございません
大変分かりやすく助かりました
ありがとうございました

お礼日時:2014/12/26 08:20

請求書では相殺内容の記述はしません。


そんなことをすると、会計証憑としての独立性が維持できなくなります。

領収書についても同じことです。
つまり、双方の債権についてはそのままの記述であって、差引いくら支払うというだけのことです。
実際の支払金額のみ相殺します。

これは、法的に相殺できるのはお互いの債権の支払時期が到来している場合に限るとされているからです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなってしまい申し訳ございません
大変分かりやすく助かりました
ありがとうございました

お礼日時:2014/12/26 08:21

Aを1万で買ったとして、Bを5千で売ったとして




A 1万
B △5千


計5千円
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなってしまい申し訳ございません
大変分かりやすく助かりました
ありがとうございました

お礼日時:2014/12/26 08:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相殺の領収書について

当社からA社に60000円の請求があります
A社から当社には10000円の請求があり
相殺でということで50000円の振り込みがありました

A社からは10000円の相殺分の領収書が届いており
本日当社にも10000円の相殺分の領収書を発行願いますというFAXがきました。

いままで相殺はあまりしたことはなく
領収書の発行もしたことはありません

同じ額の領収書が行き来するのは変ではないですか?
頭がこんがらかってしまいました

どなたか教えてください

Aベストアンサー

本来は6万円の領収書を発行するところでしょうが
振り込み分(5万円)は領収書が不要で残りの1万円
分の領収書を発行すればよいのでしょう。

Q相殺分の仕訳の仕方について

建設業の経理仕訳ではなく商業簿記での仕訳で教えていただきたいのですが、元請会社から材料費を相殺されて、毎月の出来高分を支払われます。
請求書は材料分も込みで請求をします。
その請求書をあげた時の仕訳と
相殺されて、残りが入った分の仕訳はどうすればよいのでしょうか?
(今までは、請求書を出した時点で、
 売上計上していました)

請求書 10万
 
入金時  現金     5万
     相殺分明細書 5万

申告締め切り直前で あせっております、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の経験では、以下のように処理をしています。

・請求書を発行した時点

 売掛金 10万円/売上高 10万円

・入金された時点

 現金   5万円/売掛金 10万円
 仕入高  5万円
 (伝票で処理)

ご参考になれば幸いです。

Qマイナス金額の請求書について教えてください!

マイナス金額の請求書について教えてください!
例えば、今月の売り上げが1,000円、商品の返品代金が3,000円だとしたら、今月の請求金額は「-2,000円+消費税」になるのでしょうか?
マイナスの請求書の場合、発行するのでしょうか?発行するのであれば、「△2,100円」と「-2,100円」どちらの表記が正しいでしょうか?

Aベストアンサー

えーっと・・・^^:

質問者様(A社とします)は商品を売る側ですよね?
その月に納めた商品の代金を月末にまとめて請求するんですよね?

(1)AからBへ3000円の商品を売りました。
(2)BからAへ3000円の商品が返品されてきました。
(3)AからBへ1000円の商品を売りました。


・月末にまとめて請求する決まりなら、1000円+消費税を請求します。
3000円分は代金ももらってないし、商品も戻ってきています。
3000円分の商品はお客さん側からしたらもう終わった話です。
請求は出来ません。
社内で3000円分の納品(出荷?)→返品の処理をします。


・もし3000円の代金をもうもらっている場合は
2つの方法が考えられます。これはB社と話をしてどちらがいいか決めてもらってください。

方法1
3150円をB社に振り込んで、1000+税の請求書を出します。

方法2
「○日にお振込みいただいた3150円の内
1050円は商品代金と相殺させていただきます。
残金2100円を返金させていただきます」という旨の精算書を送って
2100円の振り込み手続きをする。

>マイナスの請求書の場合、発行するのでしょうか?
>発行するのであれば、「△2,100円」と「-2,100円」どちらの表記が正しいでしょうか?

通常は発行しませんがBが「方法2」を指示してきて、
「マイナス金額の請求書をください」と言われたら発行してください。
良く使われるのは△だと思います。

えーっと・・・^^:

質問者様(A社とします)は商品を売る側ですよね?
その月に納めた商品の代金を月末にまとめて請求するんですよね?

(1)AからBへ3000円の商品を売りました。
(2)BからAへ3000円の商品が返品されてきました。
(3)AからBへ1000円の商品を売りました。


・月末にまとめて請求する決まりなら、1000円+消費税を請求します。
3000円分は代金ももらってないし、商品も戻ってきています。
3000円分の商品はお客さん側からしたらもう終わった話です。
請...続きを読む

Q相殺領収書の書き方を教えてください

相殺領収書を発行してくださいと言われたのですが
入出金を担当したことが無いので書き方が分からず困っています。

取引先に¥86,626の請求を出しました。
当方には¥28,907の支払いがあります。
振込にて¥56,879(手数料¥840)と、¥28,907の領収書を頂きました。
当方の相殺領収書の額面は¥28,907でよいのでしょうか?

初歩的な質問で申し訳ありませんがお教えいただれば幸いです。

Aベストアンサー

>>当方の相殺領収書の額面は¥28,907でよいのでしょうか?

そうです(^-^)

当社の場合、但し書きには
「○年○月請求分と相殺」と書いて出しています。

ちなみに今回はもちろん、相殺領収書は金額がいくらであっても
印紙は不要です。

下記URLの
「売掛金と買掛金を相殺をする場合」をご参考に

参考URL:http://encyclopedia.aceplanning.com/15.htm

Q相殺領収書の書き方を教えて下さい。

先方に相殺領収書の発行を求められました。
まだ領収書は渡していないのですが下記のように書きました。先方にお渡しする前に正しいのか不安になりご質問させて下さい。

当社は先方に4,000,000売掛金あり
先方より仕入が4,500,000で買掛金あり
通常ですと、相殺せずに4,000,000振込し、先方からも4,500,000着金があるのですが今回は債権相殺にし、差額500,000を当社から先方に振込するとなり実行。

そのような内容の中で領収書を下記のように書きました。
日付:差額振込日である12/24
金額:4,000,000の売掛金満額
但し書き:上記金額を相殺いたしました。と記載。
印紙:売掛金>買掛金で、金銭授受はないので貼り付けなし。

疑問
(1)上記の書き方で問題はないか?書き漏れ等
(2)今まで何回か相殺はあるのですが相殺領収書を発行するのは初めてです。今までは発行していないが会計上問題ないのか?今後は発行するべきなのでしょうか?
(3)先方から領収書が4,500,000でくるはずですが、確認すべき所はございますか?備考に500,000は振込で領収し、印紙200円が貼ってあるはず?

お忙しい中すみませんがご回答お願い致します。

先方に相殺領収書の発行を求められました。
まだ領収書は渡していないのですが下記のように書きました。先方にお渡しする前に正しいのか不安になりご質問させて下さい。

当社は先方に4,000,000売掛金あり
先方より仕入が4,500,000で買掛金あり
通常ですと、相殺せずに4,000,000振込し、先方からも4,500,000着金があるのですが今回は債権相殺にし、差額500,000を当社から先方に振込するとなり実行。

そのような内容の中で領収書を下記のように書きました。
日付:差額振込日である12/24
金額:4,000,000の...続きを読む

Aベストアンサー

経理担当及び経理責任者(上司)は取引について学ぶ必要があるように思います。互いに自社の事だけを優先して行動しているように思います。

相殺を行う場合は相殺権を理解しなければならない。また相殺契約をしなければいけません。少し説明します。

※相殺権 ・ ・ ・ (1)民法上,相殺によって自己の債務を消滅させる権利。

※相殺契約 ・ ・ ・ 当事者間に対立する債権がある場合,その内容に従って双方の債務を相殺する契約。

上記のような契約を交わしてください。この事によって事後処理は軽減されます。

※債権債務の取引で問題が起こるのは互いに数字を把握して互いに電話・ファックス等で確認をして相殺をするのです。

※それから相殺した残金を振り込む場合,よく振込み手数料でもめる時があります。これを相殺にしたり,請求するケースを見ますが,これは,振り込んだ側が通信費として計上します。

>上記のことを理解していなければ領収書だの収入印紙だのと無駄な費用と時間だけが過ぎてゆくのです。

Q売上と仕入の相殺の仕訳

弊社は電気工事の仕事をしています。
弊社の売上の取引先で仕入(部材や商品)も行っています。
売上の金額が銀行口座に振り込まれてくるのですが、
仕入分を相殺した金額で振り込まれます。
後で相殺分の領収書は受け取ります。

ちなみに振込分は売上で処理しています。
この場合どういう仕訳をしたら辻褄があるのかわかりません。
仕訳処理が止まっている上体です。
どうか助けてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>売上請求金額 100,000 仕入分金額200,000
 振込された金額 800,000(通帳表示金額)
 領収書金額 200,000
この場合の仕訳はどうなるのでしょうか?


発生主義会計、税込経理方式の前提で回答します。

電気工事が完了したとき、
〔借方〕売掛金1,000,000/〔貸方〕売上高1,000,000

部材や商品を仕入れたとき、
〔借方〕部材仕入高200,000/〔貸方〕買掛金200,000

差額の80万円が口座に振り込まれた時、
〔借方〕普通預金800,000/〔貸方〕売掛金1,000,000
〔借方〕買掛金 200,000/

となります。

Q相殺後振込の場合、相殺の領収書は

代金支払で相殺がある場合ですが、例えば100万円の支払いで安全管理費3000円相殺後の 99万7000円を振り込む場合、相手からの3000円の領収書は郵送等で取り寄せが必要でしょうか。当方からの相殺の明細領収書は送っています。
相殺の場合双方とも領収書は必要、という認識でいまして、なおかつ今まで集金だったため合計で書いてもらっていました。 ただ大企業等で大量の件数を振り込んでいて、すべてにわずかずつ相殺がある場合、すべての相手から相殺分の領収書はいただいているのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

税法上、相殺の証明をする為に、お互いに相殺の領収書を発行します。
この場合、相手から安全管理費の3000円は、相殺という形で支払いました。という証明が必要です。

ふつう、相殺の明細領収書をもらったら、すぐ領収証をきって送ります。もしこないのであれば、相手に催促の連絡をしてもいいと思います。

また、私は大きい会社で経理をしていましたが、相殺の領収書は、金額に関わらず全てきっていましたし、もらっていました。

ご参考頂ければ幸いです。

Q請求書の金額を間違って多く請求をしてしてしまい先方からは相殺でといわれました。相殺の仕方がこれでいいのか教えてください。

簿記の初心者です。
内容は:
前前月、請求書の金額を間違って多く請求をしてしてしまいました。前月振込み有。
振込み後に気づきまして、前月も請求書をお渡しするのですが、先方に前月分の請求書で相殺でお願いしますと言われたものの処理方法を下記でしてしまいました。
これでもよのでしょうか。
間違っているのであれば、訂正などの処理を教えてください。

前前月:
請求書は、
部屋A     10,000円
部屋Aの備品代  2,000円
------------------------
    合計  12,000円
当社は、売り掛けの勘定科目がなく。
勘定科目といえるのか分かりませんが
売上管理簿・前受管理簿・未収管理簿・返金管理簿
の4つの管理簿で仕訳をしています。
仕訳は:
前前月の売上に12,000円
未収のため未収管理簿へ12,000円
前前月、月末締めをしました。
前月始めに振込みが12,000円あったので未収管理簿の未収済み処理をしました。
そのあとに間違いに気がつきました。
備品代1,000円のところ2,000円多く請求をしてしまっていました。
先方へ報告。
前月も先方へ請求があり
前月:請求書は、部屋A15,000円、部屋Aの備品代  3,000円で合計18,000円の請求なのですが…

先方へ送付した請求書は、
部屋A     15,000円
部屋Aの備品代  2,000円(備考欄:前前月1,000円多く請求をしたた             め相殺させていただきます。)
------------------------
    合計  17,000円
仕訳は:
前月の売上に17,000円
未収のため未収管理簿へ17,000円
前月、月末締めをしました。
今月始めに振込みが17,000円あったので未収管理簿の未収済み処理をしました。
このようなかたちで処理をしてしまいました。

気になることが:
前前月の売上金額へ1,000円多く売上になり、
前月の売上金額が1,000円売上が減った状態でも大丈夫なのか。
売上金額を変えてしまったのですが大丈夫なのか。
なんですが…。
非常に困ってます。
これでいいのか教えてください。
また、よくないようならどのような処理で訂正・直したらいいのか教えてください。

簿記の初心者です。
内容は:
前前月、請求書の金額を間違って多く請求をしてしてしまいました。前月振込み有。
振込み後に気づきまして、前月も請求書をお渡しするのですが、先方に前月分の請求書で相殺でお願いしますと言われたものの処理方法を下記でしてしまいました。
これでもよのでしょうか。
間違っているのであれば、訂正などの処理を教えてください。

前前月:
請求書は、
部屋A     10,000円
部屋Aの備品代  2,000円
------------------------
    合計  12,000円
当社は...続きを読む

Aベストアンサー

先ず、未収管理簿などと言った管理簿と言った仕訳では、税務署は認めないと思いますが、顧問税理士などはいないのですか。
どんな規模のまた、どんなものを取り扱っているのか不明ですが、きちんとした仕訳を早急に取り入れられることが最重要課題でしょう。書店などに多数の経理に関する書物がありますので、じっくり勉強された上で、取り扱われるか確実に税理士に相談して下さい、絶対、現状のままでは税務署も税務申告すら受付けず全部の売上などが課税対象となり兼ねません。

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q売掛金と買掛金の相殺

取引先の相殺の仕方が、私の理解している相殺の定義と一致しません。もしかして私の理解不足かなと思いましたので、こちらで質問させてください。
先方とは、月々の売り買いで、どちらが多くなるかが決まっていません。当社の売りが多い場合も買いが多い場合もあります。これを相殺処理しているのですが、先方は売り買いのどちらが多くても買掛金主体で相殺処理をしているようです。当社はどちらか少ないほうの金額を相殺処理しています。
当然残高は一致していませんので、現在、残高不一致の原因究明等を双方でしているところです。

先方
5月度 売掛金 100円 買掛金 200円 相殺 200円
6月度 売掛金 300円 買掛金 100円 相殺 100円

当社
5月度 買掛金 100円 売掛金 200円 相殺 100円
6月度 買掛金 300円 売掛金 100円 相殺 100円

どちらが正しい処理でしょうか?
営業畑で経理的な考え方が苦手な上司に、どのように説明すればわかりやすいか、も合わせてご教授頂ければと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 売掛金と買掛金の相殺は必ずって言っていいほどトラブルが起こります。確かに互いに自分に都合の良い取引をしたいのは分りますが、当社の債権債務は貸したら一旦受け取る。借りたら一旦返す。の原則を貫いています。

 最初は杓子定規と思うわれるけれど後でトラブルになりません。そうして相談があったときは素直に相談に乗ってあげ上司に相談をしてベストの形で取引をしています。

 今回のような取引は担当者が変わったときなど、どうして良いか途方に暮れます。相手先の担当者もあなたと同じレベルなら良いのですがレベルが違うとこのようにあなたも疑問になってしまうのです。ですうからこれからの取引は今一度思案して見たらと思いますが如何でしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報