ヨーロッパの大学に入学する方法について 。

17歳の女です。中学卒業後、経済的な理由 により高校への進学を断念し、現在は大学 進学に向けて、独学で勉強しているところ です。

私は将来、ヨ ーロッパで働きたい(海外派遣 という形ではなく、現地採用で)と考えてい ます。理由としては、第一に、高校を卒業 していない私が日本の企業で雇用を受ける のは、難しいのではないか、と考えている こと、次に、日本より労働時間が短く、育 児に関する会社側の保証がしっかりとして いるヨーロッパの労働の形に惹かれている ことが挙げられます。また、ヨーロッパの 豊かな自然や、可愛い建築物にも魅力を感 じています。

そこで、色々調べているうちに、日本の大 学を卒業しているだけでは、ヨーロッパで 現地採用を受けるのは難しいということを 知りました。ですので、ヨーロッパの大学 に入学し、就職先を探したいと考えていま す。

考えている選択肢は、以下の3つです。
(1)海外の大学に入学する
(2)日本の大学に入学し、途中で、ヨーロッ パの大学に編入する
(3)日本の大学を卒業後、ヨーロッパに短期 留学、または大学院に入る

ヨーロッパの大学は経済的に余裕のない私 にとって、魅力的です。しかし、ヨーロッ パでは外国人の入学を認めるのは珍しく、 難易度が非常に高いという情報と、高校で の成績がどの程度であったか、ということ も選考基準であるという情報が、不安要素 です。

ヨーロッパの大学では、外国人の入学は難 しいのでしょうか?また、高校に通ってい ない場合、ヨーロッパの大学に入学するこ とはできるのでしょうか?(高校卒業程度認 定試験には合格しています)今の私の状況を 考えると、上記(1)(2)(3)のどの方法が適切で しょうか?

国はドイツ、フランス、フィンランド、スウェーデン、ノルウェーを候補として考えています。治安がよく、ある程度学力が高い大学があり、学費が安いことが条件です。今のところ、第一志望はドイツのミュンヘン大学です。(工科大学ではない方の)

また、職業に関してはまだはっきりとは決まっていませんが、コンピューターをに関わる仕事で、企画やデザインに関する仕事がしたいです。候補として挙げた国以外でも、ここがいいんじゃないか、この大学がおすすめ、というようなご意見もぜひ聞きたいです。


学力に関しては人一倍努力して、どうにか するつもりです。難しいことは承知の上で す。

長文、失礼致しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

日本学生支援機構の「海外留学情報ページ」に、留学(語学研修でなく、大学留学)に必要な資格などの概要がありますよ。



・ドイツ大学留学の手引き
http://www.jasso.go.jp/study_a/oversea_info_12.h …
>学士課程:高校卒業(特定の科目を履修)とセンター試験の受験(62%以上の成績)など、学歴や語学能力などに基づき大学の留学生課が必要条件を提示

・フランス高等教育機関留学の手引き
http://www.jasso.go.jp/study_a/oversea_info_15.h …
>学士課程への入学:高校卒業資格+日本の4年制大学の入試に合格、または入学していること。
>その他は課程・教育機関により異なる。

・フィンランド高等教育機関留学の手引き
http://www.jasso.go.jp/study_a/oversea_info_21_3 …
>学士課程の場合、高校卒業程度かつ大学入学資格を取得した者で、入試(選考方法)は大学・専攻によって異なる
>(学士課程では大学間の交換留学が一般的)

・スウェーデン高等教育機関留学の手引き
http://www.jasso.go.jp/study_a/oversea_info_21_1 …
>学士課程:高校卒業以上。職歴が考慮される場合もある
>大学間の交換留学が一般的、個人での留学は受け入れ人数に制限あり

・ノルウェー高等教育機関留学の手引き
http://www.jasso.go.jp/study_a/oversea_info_21_4 …
>Hogskolekandidatと学士課程:高校卒業証明+大学1年修了以上

なお、どの国でも、現地語・英語の高度な語学力も併せて求められます(指定の検定試験スコアなど)。英語で受講できるコースが少なく、高度な現地語の能力が求められる国もあります。
詳細は、各国リンク先の「留学条件・資格、語学力」の項目を見てください。

挙げていらっしゃる国の条件・資格を見ると、高認または高卒だけでは不十分だということがわかると思います。
ヨーロッパでは大学進学のために、大学入学資格試験に合格する必要があります(フランスのバカロレア、ドイツのアビトゥーアなど)。日本ではヨーロッパのような大学入学資格試験がないので、大学入試センター試験の受験と成績や大学合格を、それに代わるものとして、条件にしているのです。

ヨーロッパの公立大学で授業料が安いのは、それだけ、国からの補助金=税金が投入されているからです。ですから、自国民は学費無料だけど留学生からは授業料を取る、という国もあります。留学生でも学費無料の国もいくらかありますが、そのぶん、学力のハードルは高くなっているはずです。

というわけで、現実的なのは(2)か(3)でしょう。
ヨーロッパの大学は、入学よりも卒業のほうがはるかに難しいです。それも覚悟しておいてください。
1~2年程度の留学でも良いのなら、大学間の留学協定がある日本の大学に行って、大学の交換留学生として行くのが、手続きや費用の面でも楽で有利ですよ。この場合、日本の大学に在籍した状態での留学で、留学中の単位は日本の大学の卒業単位に読み替えられ、日本の大学を卒業することになります。
経済的な事情を挙げていらっしゃいますが、ヨーロッパの大学に(大学間の交換留学でなく)真っ向勝負で留学できるだけの学力があれば、日本の国公立大学にも優秀な成績で合格して、経済的事情によって授業料免除や奨学金を受けることだって難しくないでしょう。

大学卒業後に現地採用で働くということについては、また別の困難があります。
おそらく、大学留学よりも大変だと思いますよ。留学よりも就労のほうが、外国人に対しては制限が多くて厳しいですからね。これは世界中、どこも一緒です(日本もです)。
留学は期間限定で「いつか帰国してくれるお客さん」ですが(それでも留学ビザの条件を守らなければ、違法になります)、現地で就職となると、その国の人の雇用を脅かすことになります。だから外国人の滞在資格や就労条件については、どの国も厳しいのです。
外国からの移民受け入れに積極的で外国人の権利に関する法律が整っている国ならともかく、労働条件などの社会保障の手厚さは、基本的には自国民や時刻にとって有益な人に対して適用されるものだと思っておいたほうがいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ご回答内容を拝見し、少々疑問に思うことがあったので、質問させてください。

・留学生からは学費を取る国とは、具体的に何処の国のことでしょうか?ネットで調べていると、そういった仕組みの大学がある、という情報は度々耳にするのですが、具体的な国や大学の名前が出てこないので、ぼんやりとした理解のままです。

・海外の大学は入学より卒業が難しい、ということは私にとって、理想的な環境です。外国人の就職はより厳しい、ということなら、尚更現地の大学を卒業していた方が、就職に有利なのではないでしょうか?この解釈は間違っていますか?


宜しければ、また、回答を頂きたいです。よろしくお願いします。

お礼日時:2014/12/23 13:18

wy1です。

私の兄が50年ほど以前にミュンヘンの藝術大学にDAADの奨学金で留学し音楽を4年間を学びました(2年間DAAD,1年簡私費、最後の1年間はバイエルン州の奨学金)。ドイツ語は日本でそれなりの語学コースでやり、DAADの留学試験に間に合わせたようです。一般の大学に留学したのではないので、芸術関係ではドイツ語力はそこそこでOKだっだようです。しかし、現地でゲーテインスティチュートに義務で数か月在籍し相当絞られたようです。奨学金は生活費だけでした、当時は学費は”無料”だったので。しかし、実際には両親は毎月一定の金額を送金していましたね。

ドイツでは、建前として大学間の格差はないことになっています。むろん、専攻分野において、有名教授はどこそこ大学に居るとか、はありますよ。ミュンヘン大学で何を先行されるつもりですか? ミュンヘン大学のHPをウェブサイトでちゃんと読めますか?
    • good
    • 0

ヨーロッパではないですが、英語圏の大学を卒業し、現地採用で働いている者です(職場に日本人は一切いない環境です)。



私も高校を卒業してすぐに18歳で日本を出て以来10年以上過ぎましたが、正直な話、今だに言葉の壁は感じています。

それなり以上に会話も出来ますし、取得した学位も専門的なものでしたので現地の専門的な資格を取得して専門職についています(普通の現地の人よりもかなり優位な資格です)。専門職の知識や経験も現地の人間には負けていません。しかし、言語の壁は思っていた以上に大きなものです。やはり学んだ第二言語でネイティブには中々なれないものです。(日本でも中学から学習する英語でそのような状況ですので、もしそれが他の言語で一からの学習となるとさらに大変な苦労になるかと思います。)自分の思っていることを100%言葉にできないというのは思っている以上のストレスです。そしてもちろん、学業を修めるためにはそれなりの地頭と膨大な努力が必要です。

もし、それでも頑張れる覚悟と自信があるのなら、是非日本から出て下さい、違う世界が見えてきます。日本の一般常識では考えれなかった視点と生活が待っています。また、日本を出ることによって見えてくる日本や地元のいいところも本当にいっぱいあります。

ここで注意しなければならないのは、ビザの問題です。現地採用となるとためにはビザは必須です。その辺も考慮に入れて何を進路とするか考える必要があると思います。

それと私見ですが、海外の学費のほうが高いと思いますので、経済的な理由なのでしたら、留学よりは日本の国公立を目指したほうが安いのでは?

最終的には自分がどうなりたいかと、それに対するご両親のサポート・理解ではないでしょうか。
    • good
    • 0

現地で就職したいんだったら現地の大学を出ていたほうが有利ではないかと。


大学を出ると、いちおう現地で生活できるだけの語学力を証明できますから。
あとは、大学院(修士)だったら1年なので気に入らなくても取り返しがつきやすいかも。
イギリスの場合しか知りませんが各種ビザを取る条件に語学力があって、大学以上を出ていればそこは不問にされます。
ただ、前の回答者が書いていらっしゃるように、日本人はヨーロッパでは不利です。アジア人は差別もされます。イギリスに移住も考えましたがそこが嫌だったので日本に帰ることを考えています。
先の話ですが、留学をするなら卒業後どれだけいられるかも調べておいたほうがいいです。
イギリスだと卒業後3か月くらいしかいられないので、そんな短期間では職が見つからず国に帰る留学生が多いと聞きました。

語学力は日本にいるうちにできるだけ鍛えておいたほうがいいです。
Pre-courseがあろうとなかろうと、現地についた瞬間から現地の言葉(+英語)で生活しなきゃいけないわけですから。
それに、入学条件にドイツ語検定か何かのスコアが必要では?

JASSOの奨学金は調べましたか?
行きたい国が決まっているなら、その国に行くための奨学金があるはずです。
語学力証明が必要なものがほとんどです。(ドイツ語検定など)
    • good
    • 0

詳しくはないので、少し気になったことだけ。



欧州の学費は無料というのが魅力とのことですが、結局生活費そのほかがかかってきます。
親戚等が現地にいて滞在できるのなら別ですが、節約しようと何をしようと結局年間100万程度がかかってきてしまいます。
それを全部アルバイトで賄うとなるといったい何年かかるのか…という話です。
奨学金はあてにしていないということですが、返済不要の奨学金というのはあります。
独学で勉強をつづけながらアルバイトでお金を貯めるより、返済不要の奨学金を得て大学で勉強をしていたほうが将来のためになると思います。
勉強の面でもそうですが、なにより、学問や留学について知識のある大学の人の力を借りることができる、ということが大きいです。
将来の留学を視野に入れて、とりあえずは返済不要の奨学金のある大学を目指す、というのが一番現実的ではないかと思います。
ちなみに短期留学はあまり意味がありませんので、大学に編入、もしくは大学院に入学のどちらかだと思います。

ヨーロッパでの外国人の採用は年々厳しくなっているようです。
採用されるにはなにより高い専門性が求められます。
そのためには限られた時間を有効に使うしかないので、自分の進みたい専門分野と関係のない労働時間は最小限になるように考えることをお勧めします。
(将来の自分の専門分野にとってプラスのキャリアになる労働でしたら、もちろん受けるべきですが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

回答者さまのお話を聞いて、奨学金も考えてみようと思いました。奨学金制度のこと、また、無駄を省くために、学部のこともよく調べておきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2015/01/04 19:46

#5です。


「この回答へのお礼」と「この回答への補足」を読みました。

「この回答への補足」については、意味が理解出来なかったので、コメント出来ません。

「この回答へのお礼」について、ですが。。。
ミュンヘン工科大学には、Pre-Study courseがあるようですが、入学後に、フルタイムの留学生に、ドイツ語や学問の仕方等を受講させているようです。

ミュンヘン大学(Ludwig Maximilian University of Munich)の方は、Pre-Study courseはないようで、EU外からの留学生は、書類審査以外にも、専攻によっては特別な試験を受けなければならいようです。
この大学は、世界ランキングで、29位で、東大が23位、京大が59位(Time Higher Education 2014-15)ですから、学力のレベルも相当高いのでしょうし、EU/EEA内からの留学生には、ネーティブ並みのドイツ語力を要求しているので、相応の準備が必要でしょう。
また、費用は、あちこちのサイトを見ていると、おおよそ。。。
授業料:500ユーロ
学生サービス費:52ユーロ
公共交通費:59ユーロ
等が、1学期(セメスター)毎に必要のようです。(2014年で)
また、月当たりの生活費は、800~1、000ユーロ必要とも言われています。
学校のカフェテリアの昼食が、4~5ユーロ(1食)のようですから、円安の日本から見ると、結構、生活費が掛りそうですね。
金額の精度(±α?)は何とも言えませんが、費用見積りの目安にはなるかも知れません。

それと、フィンランドの大学は、学部の授業は、フィンランド語かスウェーデン語で行なわれているようで、留学生は、英語コースがある大学院へ。。。のようですよ。
イギリスは、Foundation Course等がありますが、数年前に、大学の授業料が3倍になり、年間9、000ポンドですから、学費はアメリカ並みになってしまいましたね。

留学生は、皆、何処の人でも、言葉と費用が悩みの種ですが。。。
希望が適うように、蔭ながら応援しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

詳しく解説してくださってありがとうございました。費用と言葉について、よく考えておきたいと思います。

ちなみにですが、補足はお礼の「最大の好き」の誤字を訂正しました。分かりにくくてすみません。 

お礼日時:2015/01/04 19:38

wy1です。

生活を現地で自分自身の費用で100%は、まかなえるだけの資力を留学時点で確保していことを証明するのは、本人名義の貯金あるいは両親等の預金や収入の証明などが必要かも。とにかくドイツ留学(正規学部留学)の要件を正確に把握してください。 また、現地での外国学生の仕事(アルバイト)は正式にはできないことになっているようです。なお、ドイツの国立大学(実質は州立)は以前は授業料無料でしたが、最近は州によってはいくらか取るようです。しかし、日本の国立大の5~6分の1位でしょう。
それと、前にも書きましたが、特殊な分野以外は最初から専門分野の授業だそうです。一般的には基礎的な程度は、ギムナージウムにて身につけるなっています。
なにしろ、ドイツ語が母語並にできないと、話になりません。
    • good
    • 0

こんにちは



欧州在住です。
北欧は友人(欧州在住)が旅行した際物価が高いと言っていました
マクドのセットが2000円。水が500mlで500円。
現地人と結婚している人なら良いけれども、外国人にはちょっと、、、だそうです。

語学力に関しては現地人と喧嘩できるレベルが必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

北欧諸国は消費税率が高く、物価が高いことは知っています。しかしこれは、現地の方と結婚していても、変化することはないと思うのですが、いかがでしょうか?

それと、確かに物価は高いですが、その分平均年収も高いので(ノルウェーなど)、将来就職するに当たって、北欧の大学をでておくのもよいかなあ、と思っていました。

お礼日時:2014/12/27 12:12

先ず、日本の大学入学資格を取得し、それから、ドイツの大学の場合、ドイツ語で専門の授業を受けるドイツ語力を証明する試験を受け語学力の水準を証明してもらう必要があります。

芸術分野を除いては、生半可なドイツ語力では合格が難しいと思います。ドイツ人にひけをとらないドイツ語力が要求されるでしょう。先ずはゲーテインスティテュートのサイトを見てください。ドイツの大学の授業は最初から専問的なものになるはずです。
それと、ドイツに滞在するに要する資金力も証明する必要があると思いますよ。ドイツ留学に関するサイトもありますので、検索されることをお勧め致します。DAADのサイトも見ることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

非常に分かりやすいサイトを紹介していただき、ありがとうございました。ぜひ参考にしたいと思います。

ドイツに留学出来るだけの経済力の証明とは具体的に何をすればよいのでしょうか?留学するまでにバイトをして、お金を貯めるつもりだったので、保護者の年収を報告、などの証明方法だと困ります。

宜しければ、また、回答を頂きたいです。よろしくお願いします。

お礼日時:2014/12/27 12:02

一感想でしかないですが。

。。
「>今の私の状況を 考えると、上記(1)(2)(3)のどの方法が適切で しょうか?」
と聞かれれば、
「>(3)日本の大学を卒業後、ヨーロッパに短期 留学、または大学院に入る」
が、良いのではないかと思います。

何故かというと。。。
学部レベルの留学生に、授業料や生活費を奨学金に出している所は聞いたことが無いですが、大学院なら、息子も、知人(女性:A)も、授業料と生活費を奨学金として貰って大学院へ行きましたし、探せば、募集があるのではないかと思います。
また、日本で就職の時も、最終学歴が物を言うので、高校卒業が認定試験であっても、問題ないでしょう。

知る限り。。。でしかないですが、ヨーロッパやオーストラリア等の大学へ留学する時には、Pre-Study courseやFoundation Courseを経なければ成りませんので、1年余分に掛ります。
つまり、これらの国の高校は、日本の大学の教養課程レベルの学力があるのだと思います。
オーストラリアの高校で、日本語ボランタリーをしていて、知りましたが。。。

また、ドイツやフィンランド等でも、学部への留学生には、ドイツ語やフィンランド語を要求しているようです。
留学生の為の英語の授業は、大学院の修士課程からという大学が多いのではないでしょうか。
因みに、ミュンヘン大学(工科大学ではない方の)でも、留学生には、大学が指定しているドイツ語の検定試験を受けていないと入試に応募できないようですし、授業は殆どドイツ語でと言っていますよ。


経済条件等も含めて諸々考えると、
1。日本の大学を卒業後、奨学金を得て、大学院修士課程へ留学する。。。ないしは、
2。日本の大学へ入学後、途中で交換留学(1年間)して、日本の大学を卒業する。
の何れかが現実的なのではないでしょうか。

また、実例ですが、
3。日本の大学を卒業して、日本の企業に就職し7~8年掛けて留学費用を貯めてから、MBAの大学院へ留学した人もいます。
そうすれば、帰国後も、日本企業で得たスキルも役に立ちますし。
この女性:Bは、MBA取得後に帰国して、コンサルタント会社にリクルートされました。

それと、ヨーロッパで、現地企業への就職は、EUやEEA地域外の人(日本人等)には、かなり厳しいのではないでしょうか。
前述の女性:Aも、EU出身で、修士号取得済みでしたが、イギリスでの職探しには苦労して、結局、大学院に入り直し、Phd.(博士号)を取ってやっと就職出来ました。

やっぱり、海外で生活して見ると、異文化の中での生活は、結構大変ではありますよ。
特に、企業や大学の中では、ネーティブの人との競争ですし、言葉や異文化への適応の問題も克服しなければ成りませんから。。。

でも、17歳!、若いのですから、一足飛びに目的を果さなくても、一歩一歩地道に努力を重ねて行けば、希望は適う時が来ると思います。
特に、ファイティング・スピリットをお持ちのようですし、質問文の書き方からも優秀な方のように感じられましたので。。。

この回答への補足

申し訳ないです。最大の武器、でした。。。

補足日時:2014/12/27 19:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

間違っていたら申し訳ありません。Pre-Study course、Foundation courseはイギリス限定の話ではないでしょうか?イギリスはヨーロッパの中でもずば抜けて学費が高いので、候補として考えていません。また、Pre-Study courseについては、ドイツに留学する際の書類手続きのサポートをしてくれるもののようで、学力に関しては関わっていないように思います。

学部レベルの留学生に、授業料や生活費を奨学金として出している所は聞いたことがない、とのことですが、私は奨学金に期待している訳ではなく、元々の学費が安い大学を希望しています。奨学金といっても、やはり借金ですし、卒業後、返済しなくてはなりません。私としては、出来るだけ早く親に仕送り等したいので、余り頼りたくありません。

語学に関しては承知の上です。例え英語で授業を受けられる大学があったとしても、ドイツ語圏で働く場合、ドイツ語が話せなければ話にならないのは、理解しているつもりです。

若さや闘志は最大の好きになるというお話し、とても嬉しかったです。頑張りたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/27 11:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の学費が安い国or無料の国

現在高校一年生の者です。
大学は英語圏の国の大学に進学したいと思っています。
しかし、家計の状況から考えて留学は出来そうにありません。
なので高校を中退して高認を受けて働こうと思います。
ですが、私の働いたお金だけで留学するのには無理があります。
そこで、なるべくお金がかからないで留学する方法を調べていると、
学費が無料or日本よりも断然学費の安い国があると分かりました。
しかし、どんなに調べても英語圏でそのような国は見つかりませんでした。
そこで質問なのですが、英語圏の国で学費の安いor無料の国というのはあるのでしょうか。
wikiではスコットランドが大学の学費が無料と書かれているのですが、
他のサイトにはそのような事は書かれていません。
本当にスコットランドは学費が無料なのでしょうか。

ご存じの方が居られたら、教えていただきたく思います。
お願いします。

Aベストアンサー

wikiではスコットランドが大学の学費が無料と書かれているのですが、
他のサイトにはそのような事は書かれていません。

本国の学生と他国の学生は別料金です。

英国でもスコットランドは独立している部分が多く教育制度も多少違います。
イングランドの大学は有料ですがスコットランドは有料でも少し安いとか・・・
スコットランドの人は無料とか???
細かな所が微妙に異なっています。

基本的に大学が無料の国はその経費が国税から出ています。
税金率は日本よりも高いのでそういったことが可能になるかと。

外国人は税金を払っていないので国民と同様に無料や同額にならない国が多いです。

因みに英国は外国人の授業料は自国学生の3倍はします。
国からの補助がないために全額自己負担ということです。

高額の学費を払えない留学生は自国の奨学金制度を利用したり、かなり狭き門ですが英国の奨学金受領学生もいます。
英国の奨学金が学部生にも出すのか確認してください。
とりあえず日本は3-4人ほどの割り当てとか??

英語圏で大学に行くと日本で大学に行くよりもお金が掛かります。
学費だけではなく生活費や渡航費、海外滞在の保険など意外と高くつきます。

大学に入学しても成績などによっては退学処分もよくあります。
Visa申請額も半端なく高いことも考慮すべきでしょう。

大学の授業を英語で受けたいのなら国内でも海外の大学もありますし、東南アジアも全て英語です。
生活費などは格段の差でしょう。

高校中退でそれなりの給与を出す所があるでしょうか?
’高認’は簡単には取れないです。
高校に通って卒業した方がよっぽど簡単でしょう。

英語圏の大学を目指すなら1年目の資金を最低300万円は持っていないと辛いです。
順調に入学して卒業できるとして総額で最低1500万円ぐらいは・・・

為替の変動もあるので円が弱くなると現地価格が変わらなくても出費が嵩みます。

不況の世の中、簡単にはお金を稼ぐことは出来ないです。
しっかりと高校を良い成績で卒業することが次への目標に繋がるのでは?

大学も交換留学制度のあるところに行けば高校中退していくよりもずっと安くなります。
しかも留学中の単位が認められる場合も多いです。

国外の大学に行く一番の目的は何なのか今一度考えてみては?

wikiではスコットランドが大学の学費が無料と書かれているのですが、
他のサイトにはそのような事は書かれていません。

本国の学生と他国の学生は別料金です。

英国でもスコットランドは独立している部分が多く教育制度も多少違います。
イングランドの大学は有料ですがスコットランドは有料でも少し安いとか・・・
スコットランドの人は無料とか???
細かな所が微妙に異なっています。

基本的に大学が無料の国はその経費が国税から出ています。
税金率は日本よりも高いのでそういったことが可能...続きを読む

Qドイツの大学へ入学する条件としての、日本の大学について教えてください

ドイツの大学へ入学する条件としての、日本の大学について教えてください

こんにちは。
ドイツの大学へ入学するには、「日本の大学に一年以上在籍し、35単位以上とる」
というのがひとつの条件として定められていますよね?
その日本側の大学の、定義というか線引きが曖昧なので質問させていただきます。

日本のどういう大学ならドイツの大学は入学を認めてくれるのでしょうか?
4年制大学というのは見たことあるのですが、Universityでないとだめなのか、Collegeでも良いのかということがわかりません。

例えば、ドイツの文系(国文学や哲学)を学ぶのに、日本の外国語大学(たしかCollegeのが近くにあります)で一年学んで入学願書を出しても受理されるのでしょうか?
外国語大学じゃだめなんでしょうか?

関西ならば所謂、関関同立あたりなら確実でしょうか?


どなたかご存じないですか?
疑問符ばかりですみません…

お願いします!!

Aベストアンサー

>>1) 9年間の義務教育、および3年間の高校での教育、併せて12年間の学校教育を修了していること
2) 大学入試センター試験を受けて4年制の大学に合格、或いは在学していること※1
または
4年制の大学に1年以上在学していること<<

上記でドイツの大学への日本人の入学資格は充分の筈です。
ところで、ドイツ語の実力がドイツの大学で講義を受けるのに充分であることを公式に証明してもらう必要があるはずです。その為の試験があります。ゲーテインスティトゥートとかDAADのHPで確認される事をお勧め致します。その他志望の大学で外国人の入学希望者のためのドイツ語試験があります。それに合格する必要があります。そうでない場合はその試験のためのドイツ語講座があります。

Qイギリスの大学に本入学する方法

自分の中でも漠然としていて「甘い」と言われるかもしれませんが、海外(イギリス)の大学に留学、というより入学したいと思っています。(ひょっとして同じ意味でしょうか?)

インターネットでいろんなキーワードで検索してみても、中々糸口すら見えて来ないのですが、どんな些細なことでも良いので道筋などのアドバイス頂けないでしょうか?
(ここに電話をして、願書をもらって、試験はこんな感じで・・といったような感じで)
よろしくお願いします


ここから理由などについて書こうと思います(必ずしも読んで頂かなくても良いような内容です)
基本的な英語能力については、日本の高校などにおいてずば抜けたものは持っていません
海外に行ったこともなく英会話の自身も特別なく、進みたいのも社会科系です

肝心の理由については短絡的か分かりませんが、オックスフォード大学へ留学?した方の本を見て何か感動するものがあったからです
加えて日本の大学が何か浮わついていて、あまり勉強に集中出来なそうな雰囲気やイメージがあるというか・・・ちなみに日本の大学だと早稲田や筑波大学辺りを目指そうと思っていました

これから英語を始めとした洋書での勉強を始めて、どんどん英語の本も読みこんでいこうと思っています
仮にこの意思が完全に無謀な事ということで諦めることになっても、これからの普通の受験勉強とは違うもので英語などの力が余計に付くという事で良いかなと、ちょっと楽観的にも見ています
でも2~3年の浪人も覚悟です、なんでもオックスフォードに入学するネイティブの方も2~3年社会人としてやってから入る方も少なくないとかで・・もちろん自分の経緯とは全く違ってますけどね

助言の方、よろしくお願いします

自分の中でも漠然としていて「甘い」と言われるかもしれませんが、海外(イギリス)の大学に留学、というより入学したいと思っています。(ひょっとして同じ意味でしょうか?)

インターネットでいろんなキーワードで検索してみても、中々糸口すら見えて来ないのですが、どんな些細なことでも良いので道筋などのアドバイス頂けないでしょうか?
(ここに電話をして、願書をもらって、試験はこんな感じで・・といったような感じで)
よろしくお願いします


ここから理由などについて書こうと思います(必...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

高校からイギリスに行き、そのまま大学に入学した者です。
かなり前の経験なのでお役にたてるかわかりませんが、ご参考までに・・・

私の場合、高校2年生の途中で日本の高校からイギリスの6th Formに入りました。
当時、大学入学のためには6th Formで2年間学んだ上に試験を受ける「GCE A-level」
が3科目以上必要でした。私はその前段階の「GCSE(通常16歳で受ける試験)」も
並行して取得しなくてはならなかったため、A-level4科目、GCSE5科目を無理矢理
2年間で取得することになり、かなり厳しかったです。ただ、そのような「荒行」が
できたのも、私の学校が私立校で、多くても1クラスの生徒数は10名ほど、マンツー
マンでの授業も多かった、という恵まれた環境だったからなのかもしれません。

当時は、UCASという大学入試センターのような機関に願書を出せば、希望した各大学に
情報が振り分けられるというシステムで、日本のように大学ごとに願書を提出する必要は
ありませんでした。その後、各大学から「A-levelでBを3科目取れば入学可能」といった
ような条件が出され、もし試験でそれ以上の成績が取れれば合格、という流れです。

なお、オックスフォード大とケンブリッジ大(いわゆるOxbridge)は、少々特殊な
選考をしていました。通常の選考方法とは別に、大学独自の入学選考試験で入学する
ことも可能だったと記憶しています。また、両校は複数のカレッジの集合体なので、
各カレッジに申込みする形で、通常の選考でも積極的に面接を行っていました。
オックスフォードに関して言うと、書類選考で通った入学希望者はカレッジから面接に
招かれ、2泊ほど食事付きでカレッジの寮に滞在できるというなかなかの待遇でしたよ!

他の回答者の方からはイギリスの大学に対して厳しいご意見があるようですね(^_^;)
あえて私の経験の中での良い点をあげると、講義が学生と教える側が議論する形式のものが
多かったので、とてもためになったということでしょうか。単純に知識を得るというよりも、
ものの考え方や議論の仕方などを学べたような気がします。良い悪いは別として、それまで
受けてきた日本式の授業とは全く違ったので貴重な体験でした。なお、留学に向けて準備を
されるようでしたら、英文エッセーを書ける技術は身につけておいたほうがよいかと
思います。日本のような一問一答形式の試験ではないので。

他の方が指摘されたように、イギリスやイギリスの大学にもマイナス面は多く存在すると
思います。文化や考え方の違いもありますし、実際多くの留学生が途中帰国するのを見て
きました。イメージだけではなく下調べを十分にした上で判断をされたほうがよいと思います。
でも、留学は単に学問的な知識を得る以上に多くの経験ができますので、そういった摩擦も
貴重な人生経験になるのかもしれません。他の人に合わなかったものでも、halemethさん
には適していることもあるでしょうし、日本や他の国の大学に行って満足できないという
可能性だってあります。

長々と失礼しました。
いろいろ大変かとは思いますが、頑張って下さい!

こんにちは。

高校からイギリスに行き、そのまま大学に入学した者です。
かなり前の経験なのでお役にたてるかわかりませんが、ご参考までに・・・

私の場合、高校2年生の途中で日本の高校からイギリスの6th Formに入りました。
当時、大学入学のためには6th Formで2年間学んだ上に試験を受ける「GCE A-level」
が3科目以上必要でした。私はその前段階の「GCSE(通常16歳で受ける試験)」も
並行して取得しなくてはならなかったため、A-level4科目、GCSE5科目を無理矢理
2年間で取得することになり、...続きを読む

Qヨーロッパで英語が使われてる国

ヨーロッパで主要な言語が英語の国を、イギリスとアイルランド以外で教えてください!!その中で、お勧めの国なんかを教えてくださったら、さらに嬉しいです。

Aベストアンサー

私の行ったことのあるヨーロッパ諸国の英語事情を、独断と偏見をもとに書いてみたいと思います。

フランス-意外に通じません。英語が分かってても、分からない振りをする人もいるらしいです。
スペイン-田舎へ行けば行くほど、いやになるくらい通じなくなります。
イタリア-一般の人々には通じないことが多いです。ホテルやレストランでは通じます。
スイス-通じます。でも、スイス人は英語が苦手な人も多いようです。公用語は仏語、独語、伊語、ロマンシュ語で英語は入っていないので。
ドイツ-通じます。ただ、もと東ドイツの人には通じなかったことがあります(学校では英語ではなくロシア語を学んだらしい)。東独だった地方は通じにくいのかも。
オーストリア-通じます。
オランダ-通じます。
ベルギー-通じます。でも、フランス語のほうが通じますね。当たり前か。
ルクセンブルク-通じます。
ギリシャ-エーゲ海の島々では、通じにくかったです。田舎へ行けば行くほど、通じなくなるのだと思います。

おすすめの国ですかぁ。どの国もおすすめなのですが、英語がよく通じてなおかつおすすめというと、スイスやオーストリアでしょうか。私は夏にスイスへ2回行ったのですが、本当に絵葉書のように美しかったですよ。オーストリアはケーキがおいしかったです。

私の行ったことのあるヨーロッパ諸国の英語事情を、独断と偏見をもとに書いてみたいと思います。

フランス-意外に通じません。英語が分かってても、分からない振りをする人もいるらしいです。
スペイン-田舎へ行けば行くほど、いやになるくらい通じなくなります。
イタリア-一般の人々には通じないことが多いです。ホテルやレストランでは通じます。
スイス-通じます。でも、スイス人は英語が苦手な人も多いようです。公用語は仏語、独語、伊語、ロマンシュ語で英語は入っていないので。
ドイツ-通じ...続きを読む

Q外国の大学の入学って簡単すぎないですか?

こんにちは、自分は今年は浪人して来年また大学受験をしようとしているものです。
この前海外進学を斡旋している業者からオーストラリア国立大学進学プログラム生の募集みたいなはがきが来て、ためしに申し込んで試験を受けたところ合格してしまいました。オーストラリア国立大学のランクをTimesのランキングで見てみたら京大よりも高いランキングでした。
結局それには参加せずに浪人することにしたんですが、いまいち納得がいかないのは今年の受験で思い知った自分の実力とそのオーストラリア国立大学のランキングのギャップです。そのランキングが難しさを表すものではないことは分かっていますが、自分は今年は早慶以下しか受かっていないので、なぜこんなにも簡単に海外のハイレベルの大学に入学できるのかが謎です。しかもそのテストより早稲田の英語の方が難しいものでした。
海外の進学に詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

> なぜこんなにも簡単に海外のハイレベルの大学に入学できるのか

皆さんの仰るように、入学に対して厳しく学力レベルを管理する必要は特に無いということです。
大学を、入学時の学生のレベルで評価することは日本でもあまりないと思います。
入学する際の難易度は事細かに調べられますが。
大学とその学生の評価は普通卒業時か在学中の研究業績で評価されることでしょう。
日本の大学のような手抜き教育のオンパレードであれば、入学時と卒業時で逆転することがそれだけ少ないというだけで。
入学時偏差値30でも良いから卒業時に東大レベルでない物は卒業させない、のであれば、卒業生は東大レベルで卒業生の質は確保でき、それが大学の評価になっているということです。
入学時の平均的な学生の能力を評価した物なら、日中韓の大学はもっと高い位置に行くのではないかと思いますが、卒業時に十分伸びていないのなら、在学中の業績や卒業時の評価は得られないでしょう。

想像でしかありませんが、教員の数が違うのではないかと。
日本の大学の教員にサボり癖があるのは間違いないと思いますが、本当にきめ細かい指導ができるとは国立大学でも思えません。
日本で言うFランク大学生を入学させたところで、指導する閑がないでしょう。
まず時間的な余裕がないようです。
変な事務作業は山のようにあり、本職の研究活動もある。
その証拠に、日本人は教科書が書けません。
あるいは、やっと書いたら書きっ放しです。アメリカ人は何度も書き換えることがよくあります。間違いを訂正し、説明を工夫し、新しい情報も書き加える。
また、能力的な余裕もなく、実際に日本の大学教員の指導力は極端に低いです。
教育者として有能な者は20人に1人もいないでしょう。
(だから学生が始めから有能でなければ彼らが困るのです)
その辺りも海外のFランク学生も幅広く受け入れるような大学は何か工夫があるのかも知れません。
たとえば、教育学でも勉強しなければ教壇に立てないとか、教育の実践指導が行われるとか。あるいは単に結果だけ厳しく求め、単位を出さないのが普通になっているのかも知れません。

> なぜこんなにも簡単に海外のハイレベルの大学に入学できるのか

皆さんの仰るように、入学に対して厳しく学力レベルを管理する必要は特に無いということです。
大学を、入学時の学生のレベルで評価することは日本でもあまりないと思います。
入学する際の難易度は事細かに調べられますが。
大学とその学生の評価は普通卒業時か在学中の研究業績で評価されることでしょう。
日本の大学のような手抜き教育のオンパレードであれば、入学時と卒業時で逆転することがそれだけ少ないというだけで。
入学時偏差...続きを読む

Q大学卒業後に海外の大学に編入することについて。

大学卒業後に海外の大学に編入することについて。

私は色々事情があって実質一浪で日本の大学に進学する予定の者です。
子供のころからイギリスかアメリカの大学で勉強するという
憧れがあります。
大学留学するといっても、実現できるのはきっと4年くらい先のことなのですが。
ちなみに、海外留学経験はまだありませんが、
海外旅行経験ならあります。

両親に高校卒業後に留学したいと相談したところ、話し合いの末、
日本の大学を卒業してからならOKだと言っていただけました。

大学に進学したら、
編入の際に認められやすい科目を出来るだけ選択してみる予定です。
また、英語力の面でもTOEFLで良いスコアが取れるように頑張りたいです。
更に、課外活動の面でも充実できたら良いなと思います。

ただ、今から少し考えることがあります。
?日本の大学で学位を取得後に、
再び、海外の大学で学位を取り直すことは就職において
悪い影響を及ぼすのでしょうか?

?私は現在19歳ですが、
順調に卒業できても、日本の大学卒業時で23歳、
更に海外の大学卒業時は25~26歳くらいです。
就職をする際に年齢はかなり重要視されるのでしょうか?

?大学卒業後に社会経験を積んでから留学するのと
社会経験なしに留学するのでしたら、一般的に、
どちらが良いのでしょうか?

補足。
留学するのに必要な学校の成績やTOEFLの成績、推薦書などの
知識はあります。
出来れば、留学準備・出願などは自分自身でやってみたいと思ってます。

大学卒業後に海外の大学に編入することについて。

私は色々事情があって実質一浪で日本の大学に進学する予定の者です。
子供のころからイギリスかアメリカの大学で勉強するという
憧れがあります。
大学留学するといっても、実現できるのはきっと4年くらい先のことなのですが。
ちなみに、海外留学経験はまだありませんが、
海外旅行経験ならあります。

両親に高校卒業後に留学したいと相談したところ、話し合いの末、
日本の大学を卒業してからならOKだと言っていただけました。

大学に進学したら...続きを読む

Aベストアンサー

大学、大学院までアメリカで出ました。一般的に言うと第二学士をとっても年を取った分、就職に不利に働くと思います。まあ、昨今の場合、日本の会社に就職する場合には昔と違ってそれ程留学経験が就職に有利に働かず、逆に不利に働く場合が多いと思います。私の場合も、一部の会社を除いては、門戸すら開かれていませんでした。時期が会わないので新卒にならない、職務経験がないので中途にもならないと言われた事もありました。でも信念を持って頑張れば道は開かれる物ですし、留学はそういう強さを身に着ける機会でもあります。情報を集めて頑張ってみたらよいと思います。

私があなたの立場でしたら、これから進学する大学の交換留学プログラムを調べてみます。私が行っていた大学にも日本のいろんな大学から交換留学で1年来ている人が多くいました。これですと、アメリカの大学で取った単位も日本の大学で単位として認められるので、ちゃんと4年で卒業できるようです。そこで気に入れば、院への留学を検討したらいいのではないでしょうか。

Q安いからドイツの大学に行くのって・・・

高校生の時ドイツに1年留学していました

留学の費用が高かったため、大学にできるだけ安いく行きたいのです

ドイツの大学の学費は今は無料でこそないものの
日本に比べてとても安いのでドイツの大学に行こうと思います

その動機をどう思われますか?

学部は経営か法学部を考えています
日本より細かく学科や専攻があるのですがそこまではまだ決めていません

来年(2013年1月)のセンター試験を受けて、行こうと思っています


それより、多少無理をしてでも日本の国公立に行くべきでしょうか?

Aベストアンサー

ドイツの大学を卒業後、
ドイツ国内又はドイツ語圏で就職する予定の場合には、
ドイツの大学がよいでしょう。

ドイツの大学を卒業後、日本で就職する予定の場合には、
就職先を日本国内のドイツ系企業に絞るのがよいでしょう。

ドイツの大学卒業後、普通の日本企業に就職したとき、
カルチャーショックを感じることは確実です。

Q就職活動における海外大学院卒の扱いについてお訊きしたいです。

海外の大学院(文系)に通っています27歳男性です。現在、修士2期で再来年2月には卒業する予定です。
今のところ、海外での就職活動を主に考えているのですが、機会が与えられるのであれば、是非、日本でも就職活動を行いたいと思っています。
しかし私はこの年齢までずっと学校の中にいたため、職歴はおろか、まともな就職活動すらしたことがありません。
さらに、ここ数年は日本を離れてしまっているため、ニュースなどは日々チェックしているのですが、肌で日本の事情など感じられずにいます。
ご存知の方にとりましては、相当、基本的なことかもしれませんが、私の場合、一般的に新卒扱いにはならないのでしょうか?
あるいは、各企業によって採用枠が異なるといった感じでしょうか?
お詳しい方いらっしゃいましたら、是非ともお教えくださいませ。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は2年前に海外の大学院(文系)を卒業し、現在日本の企業で働いております。

新卒か既卒になるかとの質問ですが、基本的には企業によると言うことです。といいますのも、海外の学校と日本の学校では卒業時期が違うため、一概にはどちらか言えません。
ただ、企業によっては海外大卒の場合、卒業後1年間は新卒としてみなすところもありますし、卒業した以上は既卒だと言うところもあります。ですので結局は企業の見解によります。ただ、留学生が比較的多い企業は前社の傾向が強く、留学生がほとんどいない企業は後社の傾向が強いような気がします。(ちなみに私は後社の企業に入社したため、待遇は新卒の中途採用でした)

まあ、どちらの企業に入っても、社会経験のない卒業生は中途で入ろうが、新卒採用されようが、新入社員扱いです。

ちなみに余談ですが、質問者様は日本の情報に疎くなっているので不安があるようですが、半年も日本で暮らせば慣れますので大丈夫だと思います。ただ、それよりも、海外の習慣に慣れてしまい、積極性や効率性を重視してしまうため、周りに誤解される可能性があるので、そちらの心配の方が強いと思いますよ?

それでは就職がんばってください。

私は2年前に海外の大学院(文系)を卒業し、現在日本の企業で働いております。

新卒か既卒になるかとの質問ですが、基本的には企業によると言うことです。といいますのも、海外の学校と日本の学校では卒業時期が違うため、一概にはどちらか言えません。
ただ、企業によっては海外大卒の場合、卒業後1年間は新卒としてみなすところもありますし、卒業した以上は既卒だと言うところもあります。ですので結局は企業の見解によります。ただ、留学生が比較的多い企業は前社の傾向が強く、留学生がほとんどいない企...続きを読む

Q学校卒業後に海外へ渡った方に質問です。

私は今大学4年生です。
留学か就職かで進むべき道を迷っています。

中学生の頃から海外(主に欧米)の文化に興味があり、
英語の勉強には力を入れてきました。
2度の短期留学を経験し、生活に困らない程度の語学力はあります。


就職活動は、海外との繋がりが深い企業をいくつか受けましたが、
ご縁がなく内定は頂いていません。
いっそ、ワーホリで海外にでて、大好きな英語と触れ合いながら、
就職先を見つけようと思いましたが、
やはり現地では新卒での採用は難しいようで、
何の資格も持たない自分には特に難しく思われます。
(当方経営学部です)

海外の大学、大学院に進学するためのお金と高い学力もありません。

最近は就職留年してでも、一度日本で就職してから、
時期を見て海外に行った方が良いんではないかと考えるようになりました。


そこで、学校を卒業してからすぐに
海外に行かれた経験がある方がいればお話をお伺いしたいです。
例えば、どう海外で過ごしたか、その経験が今どう活かされているかなどです。

また、何かアドバイスがあればお願いします。

よろしくお願いします。

私は今大学4年生です。
留学か就職かで進むべき道を迷っています。

中学生の頃から海外(主に欧米)の文化に興味があり、
英語の勉強には力を入れてきました。
2度の短期留学を経験し、生活に困らない程度の語学力はあります。


就職活動は、海外との繋がりが深い企業をいくつか受けましたが、
ご縁がなく内定は頂いていません。
いっそ、ワーホリで海外にでて、大好きな英語と触れ合いながら、
就職先を見つけようと思いましたが、
やはり現地では新卒での採用は難しいようで、
何の資格も持たない...続きを読む

Aベストアンサー

大学卒業後、就職せず海外に行きました。語学学校に通いながらバイトで生計をたて、約2年滞在し、帰国。貿易関係の仕事に就きました。

語学は多少できるようになったので、なんとかそれで就職できたようなものです。結論から言えば、行って後悔はしていないのですが、いったん日本で就職してからでも良かったかなぁとは思います。

自分も海外就職を企てていたのですが、はっきりいって厳しかったです。日本で社会人経験を積んでいたら、もしかしたら就職できたかもしれないなぁなんて思っています。

現地の企業が外国人(私たち日本人のことです)を雇うには、会社側がワークパーミットを申請するためにそれなりの費用が必要です。その費用に見合うだけの能力のある人間でなければ意味がないので、必然現地の人間よりもハードルが高くなります。同じ能力だったらもちろん現地人を採用するでしょう。ことばに少しでも不自由があるようではもちろん却下です。

日本語が話せるということは、特定の分野では大きな武器になる場合があります。ただ、日本語を話せる人材を欲している企業がそもそも少ない上、日本人が多い地域ですと、就労ビザをもっている人が優先されます。
社会人経験がなく、就労ビザをもっていないとなると、その人たちには勝てませんね。それに日本企業の現地支社などは、特に社会人経験を優先します。まず新卒は採らないでしょう。

海外で就職をしたかったら、日本で経験を積んだ方がはやいと思います。海外に支社のある企業だったら、駐在の可能性もあります。3年ほどの社会人経験があって同業種に限れば、日本にいても海外の転職先が見つかるかもしれません。海外就業希望者のための求人サイトだってありますし、英語のできるSE等、言語+専門知識のある人を募集している所は多いです。

abarenbo15さんはすでに英語がかなりできるようですし、あとは社会人経験となんらかの専門分野を身につけることで道は開けてくると思います。英語ができる人はゴマンといますから、特に海外で働きたいとなったら、あまり武器にならないでしょう。英語は当たり前のこととして、プラスアルファです。専門分野といっても、貿易事務や旅行代理店での経験程度でも、ないよりはましです。

・・・とはいっても、就職留年をするんだったら海外に行ってなんとかがんばってみるのもひとつの手でしょうね。でもその場合にはあまり長居をしないほうがいいです。
2年以内に帰ってくれば、第二新卒として扱われると思うのでまだ間に合うと思います。英語ができるだけでも第二新卒までだったら許されるようです。それ以上だと、英語ができるがあとは何もなしっていうことで敬遠されてしまうでしょう。それと、日本はまだまだ新卒至上主義で、新卒で就職しないと後々厳しいことは確かです。茨の道でも生きていける強い意志がなければ、おとなしく新卒(就職留年をしてもいいです)のうちに就職することをオススメします。この機会を逃すと求人は顕著に減りますし、レールからはずれた人間だとみなされます。

まぁ、自分は何も考えず海外に行ってしまったので人にアドバイスできるような人間ではないのですが、自分の経験から思ったことを書きました。ですので、必ずしも上記のことが絶対ではないですし、実際何ら特別な知識や経験もないのに現地で就職できた人も知っています。それと、僕の場合はヨーロッパ圏のことですが、アジアや中東とかだとまた実情は異なるのかもしれません。

どんな道を選ばれても、意欲さえあれば軌道修正は可能だと思います。うまく第一歩を踏めるといいですね。

大学卒業後、就職せず海外に行きました。語学学校に通いながらバイトで生計をたて、約2年滞在し、帰国。貿易関係の仕事に就きました。

語学は多少できるようになったので、なんとかそれで就職できたようなものです。結論から言えば、行って後悔はしていないのですが、いったん日本で就職してからでも良かったかなぁとは思います。

自分も海外就職を企てていたのですが、はっきりいって厳しかったです。日本で社会人経験を積んでいたら、もしかしたら就職できたかもしれないなぁなんて思っています。

現地...続きを読む

Q高卒で留学するには・・・

私は今高校2年生です。高校を卒業してから留学したいと本気で考えています。私の考えでは、1年ほど現地で生活して慣れてから大学に入学したいと思っています。どこの国でも構いませんが、生活してみて行ってよかったなと思える国が良いです。お勧めの国や大学、留学までの流れや、留学に必要な条件、費用などについて何でも良いので教えて下さい。語学留学ではなく、看護か、教育学を学ぶ為に留学したいです。教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

大学留学経験者です。(アメリカ大卒です)

一年ほど現地で生活してなれてから大学へとのことですが、慣れるというのは語学の問題と生活上の問題の双方を想定していらっしゃる事と推察いたします。

私はアメリカの四年生の大学に留学していましたが、まずビザの問題があると思います。
何もビザがなく一年間生活に慣れるために滞在するというのは難しいかと思います。
留学生用のビザを取る為にはどこかの教育機関から留学生用ビザを取れるよう入学許可証を出してもらわなければなりません。
従いましてスムーズに留学を進めるには、大学へ進む気があるのであれば、再来年の1月を目処に、大学へ入学願書を出す必要があるかと思います。

よくアメリカにいるときに、日本から来る留学生で殆ど英語ができないのに(しゃべれないではなく、学力的にも弱い)アメリカに渡ってきてしまい、比較的授業料の安い現地のコミュニティカレッジ(短大とお考えになってよいと思います)へ入るものの、学力がつかずそのまま初志を貫徹できずに日本へ帰るのようなことになった人を実に多く見ています。
アメリカではコミュニティカレッジを含め、入学は難しくないのですが、卒業するのは大変です。海外へ行けば何とか実力がつくではなく、日本にいる間にしっかり英語力をつけておく、またもしも専門で勉強したい事があるのであれば、日本語で基礎知識をつけておくことをお勧めします。

例えば、TOEFLでのスコアが留学時には必須になると思われますが、これも今から日本で何度も受ける事により、点数がアップします。留学するのであれば550から、もしもできれば600くらい取れると楽ですよね。

もしも日本で看護か教育学で大学もしくは看護学校に進めるチャンスがあるのであれば、ここに一度進み、そこから「編入」の形でアメリカの著名な四年制大学へ進むということも考えられると思います。その場合は日本で取った単位も、勉強単位として組み込まれる可能性がありますから、卒業が楽ですし、ご自身が専門にしようと思う勉強の基礎は日本語でできているので比較的勉強がスムーズに進むかと思います。

また費用についてですが、正直、奨学金が取れるなどの条件がなければ生活費も含めてかなりかかるものと思った方が良いと思います。
留学ビザでの労働は禁止されていますので、日本にいて留学に必要なお金をセーブする意味も持ちつつ、英語をしっかり勉強して(日本から来る人でも、大学受験で有名どころには言った人などはしゃべれなくても語彙や文型が頭に入っているためスムーズにしゃべれるようになります)専門知識も日本語で身に付けてしまってからの留学が良いのではないかと思います。

もしも実際の大学での勉強の前に英語を飛躍的に伸ばしたいなどであれば、今の高校生のうちに、夏にホストファミリーになる、夏のみ海外へ留学するなどの短期技で刺激をえてみてはどうでしょうか。その期間だけでしゃべれるようになりませんが、英語をやろうという気合は入ると思いますよ。

私の専門は政治でしたが、友人が教育学で卒業しています。教員免許を取るのがネイティブではないのでかなり大変だったと言ってました。

大学留学経験者です。(アメリカ大卒です)

一年ほど現地で生活してなれてから大学へとのことですが、慣れるというのは語学の問題と生活上の問題の双方を想定していらっしゃる事と推察いたします。

私はアメリカの四年生の大学に留学していましたが、まずビザの問題があると思います。
何もビザがなく一年間生活に慣れるために滞在するというのは難しいかと思います。
留学生用のビザを取る為にはどこかの教育機関から留学生用ビザを取れるよう入学許可証を出してもらわなければなりません。
従いまして...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報