人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

苛性ソーダについての質問です。
先日、99%の苛性ソーダ(フレーク状)を水で溶かして25%の溶液を作ろうとしました。
苛性ソーダの納入業者の話では、比重などはあまり気にしなくて良いと言われたのですが
たとえばこの99%の苛性ソーダを溶かして25%の苛性ソーダ水溶液を10リットル作るには、
どのような配分が考えられるのでしょうか?
99%の苛性ソーダが2.13g/cm3なのに対し、25%の苛性ソーダ溶液の比重が1.2g/cm3としたら
(比重も結構異なるので)、その納入業者が言うとおりに、比重を無視することはできないのではないかと思い、質問させていただきました。
どなたかお分かりになる方、当方化学は全くの素人ですが、頑張って理解しようと思いますので
お答えの程、よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No.1さんとNo.2さん、両方とも正しい計算だと思います。


結果として、重量で苛性ソーダ1に対して水を3の割合で混合するという内容です。
(苛性ソーダの純度を100%として・・・1%の純度低下は無視して)

No.1さんの答えでは、どれだけ苛性ソーダを使用すれば、
全体量が10Lになるのか分かりません。
その点、No.2さんの答えなら、全体量を10Lにするために
どれだけ使用するのかが明確です。

何%の濃度・・・とかいいますが、濃度にはたくさんの定義があります。
全体を100として、そのうちの25%を占めていれば、
それは全体の25%を占めているということになります。
全体が100Lという容積で、その内25Lを占めるのならば、
どちらも容積で規定しているので、
これは容積%になります。
今回は、フレーク状の苛性ソーダの容積を計るのは大変なので、
全体を100gとし、その内の25gを苛性ソーダとし
残りの75gを水にして、全体を100gとする。
つまり全て重量で割合を決める計算をしているのです。
これは重量%です。

重量%ならば、苛性ソーダや水の比重に関係なく、25gと75gを計って、
全体を100gにすれば25%の溶液を作ることが出来ます。
No1さんの答えですし、業者さんもこのように考えて比重は関係ないと仰ったのだと
思います。

しかし、全体を10Lにする場合は、どれだけ?という計算をするのならば、
No2さんの答えのように比重が必要です。
(比重が分からない場合、少し多めに作って、そこから10Lをとっても大丈夫です。)

実験上での注意点として、No.1さんも指摘されているように、
苛性ソーダを水に溶かす際に発熱します。
通常は、大量の水の中に苛性ソーダを少しずつ加えていき、
熱を逃がしながら希釈していきます。

また、苛性ソーダは、強アルカリなのでタンパク質を冒します。
皮膚についたら、素早く大量の水で洗わなければなりません。
放置すると皮膚の奥深くまでやられてしまいますよ。
目に入ったのを放置すると、量にもよりますが、最悪失明します。

保護具はしっかりつけて作業しましょう。

苛性ソーダには潮解性があります。
しっかり密封しておかないと、大気中の水を吸って、解けていきます。
また、大気中のCO2を吸収して純度が低下します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすい説明をしていただき感謝です。No1,No2の方の記述内容も詳しく頂きましたので、ベストアンサーに選ばせていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/24 20:01

比重が1.2というのが正しいならば、この溶液10Lの質量は12kgです。


従って苛性ソーダの必要量は
12*0.25=3 kg
残りの9kgは水です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No1の方とは異なった回答を頂き、大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/24 19:59

簡単です。


苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)25g に水75gを混ぜればいいのです。
99%であることを考慮すれば、25.25gと74.75gです。

ただ、溶解熱の大きな薬品なので、やけどや液はねに注意してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答をありがとうございました。溶解熱の事は以前の作業でびっくりするほどでした。ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/24 19:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q苛性ソーダの比重について

調べてもどうしても分からないのでご存知の方がいれば教えてください。

苛性ソーダの一般的な規格は48.5%です。
これは重量パーセントですよね?

なら1リットルは1.485kgになりそうな感じで、
つまり比重は1.485になりそうな感じがするのですが、

実際は20℃で1.51?だかそのくらいです。

この差はどこからくるのでしょうか?

別に何に使うわけではないのですが、
3日ほど考えても調べても分からないので困っています。

Aベストアンサー

#1のお答えと同じ事を申しますが、
>1リットルは1.485kgになりそうな感じで、つまり比重は1.485になりそうな感じがするのですが、…
と言う「論理」は全く理解出来ません。
実際はお書きになっているように48.5%溶液の密度は1.511g/mL、18.32mol/L、ここから求まる水酸化ナトリウム量732.9g/L、水量778.3g/Lになります。
引用元、↓
http://www.saitama-u.ac.jp/ashida/calcgrap/apadj002.html

なお、水1Lと水酸化ナトリウム485gの混合物は。上記サイトを使うと1.095L、濃度32.66%、モル濃度11.07mol/Lになります。

Q水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)の濃度計算について

水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)についての質問です。

99%、フレーク状の水酸化ナトリウムを使用して、48%の濃度の
水酸化ナトリウム水溶液を10リットル作りたいのですが、
比重などが関係して、計算方法が解りません…

確か48%の水酸化ナトリウム水溶液の比重は1.5g/cm3で
99%の方の比重は、2.13g/cm3だったと思うのですが
どなたか、分かりやすく計算方法を教えていただけないでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、この手の問題を考える時は、単に「%」ではなく、何の%なのかをきちんと確かめるようにして下さい。
以下、%は、質量%のこととして説明します。
そうでないなら、説明が全く変わります。

48質量%の水酸化ナトリウム水溶液の比重が1.5g/cm3なので、10リットルであれば15kg。
その水溶液に含まれる水酸化ナトリウムは、7.2kgです。(15×0.48=7.2)

一方、フレーク状の水酸化ナトリウムの濃度が99質量%ということは、フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意すれば、その中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。(7.27×0.99≒7.2)

フレーク状の水酸化ナトリウム7.27kgを用意し、そこに水を7.73kg加えれば、水溶液全体の重さが15kgでその中に含まれる水酸化ナトリウムが7.2kgになります。
つまり、48質量%の水酸化ナトリウム水溶液が10リットルになります。

Q苛性ソーダについて教えて下さい

数日前、電車の座席に苛性ソーダがこぼれていた(撒かれた?)という事件がありました。
その日に新聞を読み損ねたら、もう記事を見つけることができずにいます。過去ログで探しても見たのですが(質問があったと思います)、わからないので質問させて下さい。

調べたところ、苛性ソーダというのは劇物で入手困難なものらしいですが、手作り石けんなどで使う人も少なくないようです。
今回のことはよくわかりませんが、うっかり触るような事態もなきにしもあらずと思うので、今後のために教えて下さい。

1)皮膚についた時はお酢で中和するように、とありましたが、お酢が手もとにない場合は酸っぱいもの(酸性)ならなんでもいいんでしょうか。レモンやみかんでも効果はありますか?
なんだかわからず、水で洗ったらどうなりますか。洗わないよりマシでしょうか。

2)苛性ソーダって、臭いですか? 近くにあると気が付くでしょうか。園芸用としても使うそうですが、消毒薬の臭いなのでしょうか。座席にこぼれた場合、座席は脱色されたりするものですか?

3)顆粒、結晶の形で売られているようですが、水に溶かして使うんですよね? その際に危ないからゴーグルを使用した方がいいそうです。水溶液の状態で販売しないのは急速に変質するんですか? それとも、園芸用のは液体ですか?


薬品のことなどなにもわからないのに恐縮ですが、どうぞ教えて下さい。

数日前、電車の座席に苛性ソーダがこぼれていた(撒かれた?)という事件がありました。
その日に新聞を読み損ねたら、もう記事を見つけることができずにいます。過去ログで探しても見たのですが(質問があったと思います)、わからないので質問させて下さい。

調べたところ、苛性ソーダというのは劇物で入手困難なものらしいですが、手作り石けんなどで使う人も少なくないようです。
今回のことはよくわかりませんが、うっかり触るような事態もなきにしもあらずと思うので、今後のために教えて下さい。

...続きを読む

Aベストアンサー

苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の水溶液は強いアルカリ性で、タンパクや油分を溶かす作用が強いので、家庭用洗剤(マイペットとか)にも配合されています。
医薬用外劇物に該当しますが、薬局に注文して身分証と印鑑があれば、買えます。値段は500gで5~600円だと思います。

皮膚に付いた場合は、流水で15分以上洗い流すのが、基本的対処です。その後2%くらいの酢酸で中和します。洗い流さずにお酢をつけると発熱して火傷しますので、やってはいけません。中和に使う酸はレモンやみかんに含まれるクエン酸でも構いません。

苛性ソーダの溶液自体は無臭です。また、見た目も水と変わりありません。濃厚な溶液では粘度が高いので垂らしてみれば違いが分かるでしょう。水に溶かすと発熱して湯気が出ます。何の湯気かは知りませんが、吸うとむせます。今回の事件のように、ありとあらゆるものが染み付いている電車のシートなんかに付いた場合は怪しいガスが出ても不思議ではないでしょう。

苛性ソーダは日本薬局方に収載されている医薬品でもあります。そのため薬局で買えるのですが、この局方品は固体です。試薬や化成品としては溶液のものもたくさんありますが、一般の方が入手するのは困難でしょう。

苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の水溶液は強いアルカリ性で、タンパクや油分を溶かす作用が強いので、家庭用洗剤(マイペットとか)にも配合されています。
医薬用外劇物に該当しますが、薬局に注文して身分証と印鑑があれば、買えます。値段は500gで5~600円だと思います。

皮膚に付いた場合は、流水で15分以上洗い流すのが、基本的対処です。その後2%くらいの酢酸で中和します。洗い流さずにお酢をつけると発熱して火傷しますので、やってはいけません。中和に使う酸はレモンやみかんに含まれ...続きを読む

Q苛性ソーダの害 使い方

 厨房で働いています。
  
 先輩が 大きなボールにお湯を沸かして、そこに苛性ソーダを入れて、ステンレスの物を入れ油を取っているのですが
 
 沸騰している所に入れるので 反応?かなり激しく沸きます

 当然蒸発して息苦しい、目にしみる等の感じがします
 個人的には 体に悪いと思い先輩がやるときには 避難します^^;

 先輩のやる事なので文句も言えず……  体に対する害や物に腐食しないか?  あと正しい使い方を教えてほしいです。
 科学に強い方お願いします。

Aベストアンサー

すぐ横に客席がある厨房ですか?加工工場ですか?

そこまでしなければ油汚れ取れませんか?
業務用洗剤で十分な気もするのですが…。

当然ですよ。
目にしみる感覚は、微粒子のNaOHです。NaOHの水溶液を作る場合は、熱湯には普通、入れません。下手すれば失明しますので。
丁重にやる人だと、試験管を冷却しながら、周囲に飛び散らない配慮と、安全ゴーグルを付けて少しずつ溶かしていきます。

どのくらいの容器に対して、どのくらい加えるのですか?

正しい使い方…油を取るのに使ったことはないので何ともいえませんが、なるべく使わない。
安全ゴーグルを身に付ける、熱湯に加えない、蒸気を吸い込まない、液に触れない。触れてしまったら流水で良く洗い、ヌルヌルが取れない場合は必要に応じて薄めたお酢などで洗う。皮膚科医を受診。

眼に入った場合は、水で流し、必ず直ぐに眼科医の診察を受ける。(自覚症状がなくても必ずです)

使用後は大量の水で希釈して酸で中和し中性を確認してから廃棄。

「化学カテゴリ」に移動願いを出してみては?

Q苛性ソーダの形状について

苛性ソーダの形状について
会社で洗剤に苛性ソーダ500g入りを使っています。
今まで小さな顆粒状というか粉まで小さくないけど・・というサイズの
苛性ソーダを使っていましたが、
先日薬局に買いに行ったらフレークになっていました。
溶けにくくて使いにくいので、
探しているのですが薬局でもなかなか取り扱っておらず困っています。
今でも、小さい顆粒状の苛性ソーダは販売されているのでしょうか?
手に入れる方法はありますか?

Aベストアンサー

試薬サイズのボトル入り500gは、粒状(米粒より大きい)がほとんどです。

工業用の25kg袋入りなら、フレーク、粒状、球状(パール状とも言います。質問者さんのご希望の物と思います)が販売されており、入手はできます。
量が多いですが、密封しておけば洗剤用途程度なら充分保存できます。
値段も工業用の方が安価です。

または48%に溶解した物も有ります。溶解する手間がないので、一度、ご検討ください。


以下の会社は直接販売はないと思いますので、お近くの販売店をお聞きの上、購入してください。
用途などが明確であれば、販売してもらえると思います。
http://www.tosoh.co.jp/division/products/pd000001.html

いずれにせよ、取り扱いには十分注意し、ゴム手袋。ゴーグルなどの保護具は着用して取り扱ってください。

Q苛性ソーダの中和方法

苛性ソーダの中和方法

25%濃度の苛性ソーダ1Lを35%濃度の塩酸で中和する場合は
塩酸は何L必要としますか?

比重の計算がからむというのでお手上げです。
計算式も含め解る方、ご回答をお願いします。

Aベストアンサー

もったいないなあ……

25%の水酸化ナトリウム水溶液は1Lは、比重データがないので厳密な計算はしないけれど、
だいたい9mol/Lとみると、1L中和するのに塩化水素9molが必要。

35%塩酸は一般に濃塩酸、だいたい12mol/L弱の濃度ですね。

濃塩酸1Lは使わずに済みそうですが、
そんなに大量の濃塩酸を捨てるために使うなんて……
あほらしいとしか……

3価の酸であるクエン酸であれば、3molですむ。
クエン酸無水物だとだいたい600g前後で中和か……


でも廃液の処理なら、試験紙や測定器でpHをモニターしながらというのが良いのですが。


人気Q&Aランキング