ちょっと変わったマニアな作品が集結

バイリンガルやマルチリンガルの人は、話す言語ごとに性格は変わるのでしょうか?
滝川クリステルさんは日本語、フランス語、英語が使えますが、話す言語によって性格も変わるようだと言っていらっしゃいました。
フランス語を話している時はよりオープンに、日本語で話している時はその反対というようなことでした。
実際、バイリンガルやマルチリンガルの方、もしくは知り合いにバイリンガルやマルチリンガルがいらしゃる方で、話す言語ごとに性格が変わるという経験をされたということはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

周りにあまたのバイリンガルやマルチリンガルがいます。



「性格が変わる」というか「人が変わる」のは毎日のこと、日常茶飯事です。
日本語では一応上下の関係のなかで丁寧語、尊敬語を使いながら「日本的に」会話や会議をこなしますが、ドイツ語や英語、フランス語で話す場合には、日本語のようなこまやかな敬語がないために、本当に「人が変わります」。

日本語以外の言葉で話す時は、はるかに攻撃的、直接的かつより論理的になります。これは親称および尊称とは関係ありません。上司に対してはそれなりに秩序はあっても、日本語での場合のような丁寧さも慇懃さもないので、かなり直接的です。

それで「人が変わった」ように見えるし、ご質問の「性格が変わる」ように感じます。これは実際です。言葉は単に単語が入れ替わるだけではないのです。言葉そのものが持つ「文化」も「習慣」もいっさいがっさい一体になりますので、「人が変わる」のです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「人が変わる」くらいなのですか。びっくりしますね。
単なる言語だけの問題ではなく、文化や習慣が関係するというのは深いですね。

お礼日時:2015/01/05 17:13

もうひとつ浮かびました。


我々は Thank you ! の意味で 「すみません」 と言ってしまうことが日常生活の場でよくあります。
そこでは、すみませんが Thank you の日本語対訳に近くなっている。
すなわち、言語によって性格が変化しています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度回答ありがとうございます。
対訳も元々の意味で考えると違っていることもありますね。
いろいろと興味深いですね。

お礼日時:2014/12/25 16:50

変わりますねぇ。


英語ですと松岡修三みたいになります。
You can do it ! とひたすら連呼するみたいな。

対して日本語ですと、鬼コーチ風になります。「頑張れ、頑張れ」 と連呼するみたいな。

これは要するに、you can do it の日本語対訳が、現実には「頑張れ」 であることを意味します。
「やればできる!」 なんてフレーズ、日常生活でめったに使いませんものね。生まれてから一度も使ったことない人も多いのでは。。

ここでは、英語ではポジティブな言い回しなのに対し、日本語ではネガティブな言い回しに変化していることがわかります。
すなわち、言語によって性格は変わります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「松岡修三」になるというのである程度想像できるのが面白いですね。
松岡修三さんの日めくりカレンダーが人気なのもポジティブな要素が大きいのでしょうね。

お礼日時:2014/12/25 16:48

日常,日本語を含め3言語を話しています。



以前,日本から引っ越してきてまだ数年くらいの頃は,話す言語により自分の性格や考え方が変わると思っていました。

それから長く経った今は,言語による差はあまりないように思えます。話す内容を組み立てていく論理などはある程度違いますが,性格など全体としては,そう変わらない気がします。

以前も同様の質問に答えたとき知ったのですが,このように変化する人もよくいるらしいですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
根本は一人の人間なので、変化する人もそうでない人もいる、ということかもしれませんね。

お礼日時:2014/12/25 16:46

日本語を母語とする場合、遠い英語などと朝鮮韓国語とは違うところの脳が活性化するとかきいたことがあります。



モードは切り替わるとはよくいうと思います。

言語によって性格に影響するとは弱い言語相対性理論ということだと思います。

普通は母国語があって、第2言語を使う形ともききます。
母国語は自然に第2言語は頭で考えてとも聞きます。


単語なども拾うもの、あるいは文法による組み立てなど。やはり認知面、思考面で違うと思います。

完全なバイリンガルなどはわかりませんが。基本はこんな形でしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
脳の使用部位が変わるのなら、モードが切り替わるというのがピッタリな表現ですね。

お礼日時:2014/12/25 16:44

日本語は遠回しの表現が多く、英語他西欧系は白黒はっきりとした表現が多いので、自然と日本語の時は遠慮気味に、西欧系言語の時は大胆になっている自分をたまに感じます。

    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
表現方法の違いからきたものが性格的な違いのように感じられるのかもしれませんね。

お礼日時:2014/12/25 16:43

韓国語と日本語


中国語と日本語
を話す友人がいますが

起こったり、興奮すると母国語になります

言語ごとに性格(精神状態)が変わるといういうより、精神状態で出てくる言語が変わるという感じでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
もっとも感情を表せるのが母国語なのかもしれませんね。

お礼日時:2014/12/25 16:42

私は帰国子女のバイリンガルです。



言語脳の「日本語」「英語」によって自分自身が切り替わることを感じます。

日本語のときは日本人のような振る舞いですが、英語脳になっているときは欧米人のようにゼスチャーを良く使うようになりますし、考え方すら変わります。性格も異なるようにおもいます。

人間は複数の言語脳とそれに付帯する性格や行動的なものが脳で関連づけられているきがいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
言語によって引き出される性格が違ってくるのですか。
以前、思考スピードの違いがあるということも聞いたのでそれも気になります。

お礼日時:2014/12/25 16:41

 僕はバイリンガルとかそれ以上には縁遠いものですが、ある日本語の上手な外国人女性に聞いたことを思い出しました。



 それは日本語では声域の上の方(=高い音、言わばキーキー声)を使い、英語には下の方(=低い、オバサン声)を使う、と言うことでした。

 日本では「可愛い」が珍重され、よそでは「成熟」が物を言うのと関係があるのかも知れません。歌手でも、日本のレコード会社には高い方で歌わせられる、と言ってました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
外国人の方のご経験、参考になります。
声域の好みが違うというのにびっくりです。

お礼日時:2014/12/25 16:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q言語の思考(世界観)に対する影響力 (サピア・ウォーフの仮説)

言語相対性理論で有名であるサピア・ウォーフの仮説は、ご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。心理学、哲学や言語学でよく持ち出される理論です。
(Edward Sapir & Benjamin Lee Whorf が唱えた仮説)

引用文がなくて申し訳無いのですが、私なりにこの仮説を次のように理解しております。

「ある言語を母国語とする話者は、必ずその言語を通して物事を捉える。言語と思想は密接に関係しており、言語のない思想など存在しない。言語は人間の思想を支配している。」

つまり、自分の話す言葉に存在しない考え方はありえないということです。
よく例に出されるのが、「色」についての捉え方で、言語によって世界観が支配されているので、その言語に無い色は認識ができないという考え方です。

他に例にあげられるのは、「数の数え方」で、ある言語では、4以上の数字は、「たくさん」という言い方しかないと聞いたことがあります。つまりこの言語を話す人は、自分の話す言語によって、「4以上はたくさん」であるという世界観に捕らわれている、ということになります。

最後に、質問の内容ですが、私は個人的にこの仮説を3、4年前に始めて聞いた時は、疑問に思いましたが、最近はなんとなく理解できるようになりました。全く信じているわけではありませんが、まあ一理はあるかな、といったところです。

もし皆様の中で、この仮説に関して賛成、又は反対の意見があるならば、お聞かせ願いたいと思い、質問してみました。どうして賛成又は反対なのかの理由も聞かせていただければと思います。

(参照URL)
http://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/k020527.htm

言語相対性理論で有名であるサピア・ウォーフの仮説は、ご存知の方もたくさんいらっしゃると思います。心理学、哲学や言語学でよく持ち出される理論です。
(Edward Sapir & Benjamin Lee Whorf が唱えた仮説)

引用文がなくて申し訳無いのですが、私なりにこの仮説を次のように理解しております。

「ある言語を母国語とする話者は、必ずその言語を通して物事を捉える。言語と思想は密接に関係しており、言語のない思想など存在しない。言語は人間の思想を支配している。」

つまり、自分の話す言葉に存在...続きを読む

Aベストアンサー

「サピア・ウォーフの仮説」というものは、私は詳しくないのですが、

「ある言語を母国語とする話者は、必ずその言語を通して物事を捉える。言語と思想は密接に関係している。」ことについては、私は賛成します。
私は、言語の語彙のかたよりや、文法構造によって、人の思考のしかたが影響を受けるのではないかと思います(思考のしかたに「遺伝的なもの」が影響するかどうかは、ここでは考えないことにします)。

たとえば、英文を読んでいると、日本語ではとらえることが難しい表現が出てくることがあります。
また、日本語には擬声語・擬音語が非常に多くありますが、これが日本人の思考のしかたに影響していることは大いにありえるでしょう。

例にあげられている、「色」や「数」の話は、こう考えます。
日本語で、「赤」にあたる色は、実際には無限にあるわけですが、そのような「赤」の中で、色の濃淡を識別する事はできるわけです。
でも、その濃淡のある「赤」それぞれについて、日本語では単語が与えられていません。このことが、どう影響するかというと、その濃淡のある「赤」それぞれについて、議論する(考える)ことが難しくなります。
「数」でいうと、4以上の数は数えることができないので、4以上の数はわかるが、議論はしづらい(=考えることが難しい)ということになると思います。

「言語のない思想など存在しない」ことについては、まだ、色々と考えている最中ですが、こう考えます。
「人間は言葉によって考える」のは、確かに事実です。
けれど、物事をオブジェクトとして扱う方法は、言語化だけではないと思います。
もちろん、最終的には、言語化することによって、思考や議論を助けることになるでしょうが。

「サピア・ウォーフの仮説」というものは、私は詳しくないのですが、

「ある言語を母国語とする話者は、必ずその言語を通して物事を捉える。言語と思想は密接に関係している。」ことについては、私は賛成します。
私は、言語の語彙のかたよりや、文法構造によって、人の思考のしかたが影響を受けるのではないかと思います(思考のしかたに「遺伝的なもの」が影響するかどうかは、ここでは考えないことにします)。

たとえば、英文を読んでいると、日本語ではとらえることが難しい表現が出てくることがあり...続きを読む

Q バイリンガルのみなさん,言語によって,思考は変わりますか?

 言語について勉強している大学1年の者です. 授業で,その人の母語によって,思考に違いがでてくる,という話がでてきました. Sapir-WhorfHypothesis ですね. 

 私は英語は習ってきているのですがまだまだネイティブスピーカーの感覚は分かりません。 日本語だけしか分からないでは,この仮説がよくわかりません.

 歌手のソニンさんは,韓国語だとかわいらしくなる気がして,日本語だと表現の仕方が繊細になる,と仰っていました.

 それから,授業では,絵を見せられた時,日本人は「犬がいる,」とか,「人がいる,」とか,その数を明示しないのに対し,英語では言語の特性上必ずその数を明示する,という違いについても触れられました。

 特に,どんな言語でも,二ヶ国語以上,言語を使いこなせる方にお尋ねしたいのですが,話す言語によってもののとらえ方や,感覚や,また気分や自分の性格に変化があったりするのでしょうか. テーマが大きくなってしまうのですが,どんな事でも教えていただけたら幸いです。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語と韓国語のバイリンガルです。
どちらが母語?と言われると困ってしまいます。
"普段夢はどちらで?"、"考えるのはどっち?"と聞かれても困ってしまいます。

ちなみに、韓国語を話すときと、日本語を話すときでは、性格、振る舞い、声も変わります。
よく別人だ!!と言われますが、自分は二重人格のつもりはないですね。

言語を取り巻く文化はそれぞれ異なります。
日本語で"牛"と言って思い浮かべるものと、
ヒンズー語で、"牛"と言って思い浮かべるものは全く意味合いが違うと思います。
その違いを意識せずせず理解できるのが、バイリンガルであると。言語がしゃべれるだけで、バイリンガルとは言わないと思います。

私の場合おそらく、日本語に囲まれて育った環境と、
韓国語に囲まれて育った環境の差から、
言語をしゃべる際の私の性格の違いは出るのだと思います。

思考の段階で、まだ言語にたどり着いていない段階がありますね。考えたことがまだ言葉になっていない状態です。
バイリンガルでない方は、 思考-母語-外国語 となり、
外国語をしゃべるときも、母語が持っている文化で成り立つのかもしれません。。
私の場合は、母語が二つありますので、
それぞれの母語をしゃべる際に、母語が持っている文化から性格が持ち込まれている気がします。

漠然としてしまいましたが、更にご質問があればどうぞ。

日本語と韓国語のバイリンガルです。
どちらが母語?と言われると困ってしまいます。
"普段夢はどちらで?"、"考えるのはどっち?"と聞かれても困ってしまいます。

ちなみに、韓国語を話すときと、日本語を話すときでは、性格、振る舞い、声も変わります。
よく別人だ!!と言われますが、自分は二重人格のつもりはないですね。

言語を取り巻く文化はそれぞれ異なります。
日本語で"牛"と言って思い浮かべるものと、
ヒンズー語で、"牛"と言って思い浮かべるものは全く意味合いが違うと思います。
その違い...続きを読む

Q黒人男性と白人女性の結婚率の高さ(アメリカ国内)

タイトルにも書いたように、アメリカにおいて、黒人(アフリカ系アメリカ人)男性と白人女性の結婚率は、白人男性と黒人女性の結婚率のおよそ倍になっています。
アメリカの国勢調査より。

その理由について考えているのですが、どうしてですか?
自分なりに、白人男性、白人女性、黒人男性、黒人女性という優位が出来ている(ジェンダーの問題、男性優位の背景とそれに黒人差別が混在する)ということは想像が付くのですが、その根拠となる記事だったり、調査をご存知の方是非教えてください。
英語のwebなんかもうれしいです。
アメリカにおける‘黒人、さらに女性’の差別問題も知りたいです。

(またアメリカの異人種間結婚は、ヒスパニックやアジアンも絡んでいるのは承知してますが、今回は白人と黒人について調べているので、お願いします。)

Aベストアンサー

わぁ~~興味深いトピックですね。
私もちょっと便乗して調べたいと思います。

男性優位の社会で男性の遺伝子の方が重視されるなら白人男性と黒人女性の組み合わせの方が当時のアメリカ社会的には受けいられるはずだろうけど、黒人男性と白人男性の結婚率の方が高いとは・・・その理由は何なのでしょうか??

でも、昔だと州によっては「異人種間での結婚は禁止」という法律もあり、それを作ったのは男性な訳で・・・

思うに、男性の方が他人種と関わる事に対して抵抗があるというのはあるかもしれません。
日本では男性の方が国際結婚率が多いけれど、恋愛結婚だけを対象にすると結果は反対になるかも。

で、その頃、アメリカ国内でDominantだった人種は白人。
法律が改正されると、女性の方は他の要素で気軽にバリアを超えられるけれど、男性の方はなかなかそうしないとか・・・
その理由は単純に男性と女性で異性に対する評価基準が違うのも関係すると思います。

男性は心理学で言うと、「子供を生める健康な若い女性」に美しさを感じ惹かれる傾向にあるようですが、異人種相手だと歳などの判断がつきにくかったりというのはあるのでしょうか?
女性はその点経済力や社会的地位などを評価するので(群れのトップに立てる男性に魅力を感じる)異人種であってもそれがかね添えてれば問題ない。
現に、黒人男性と白人女性のカップルだと、一般的に「成功した」と言われる様な男性があいての場合が多いそうです。

あとは、白人男性の求める女性像に合わない事が多い??
アフリカやアジアとは異なり、処女性を大変評価するヨーロッパの思想が受け継がれた国なので、白人男性の理想とは合わなかったのかも知れません。
今でも、黒人女性の未婚の出産率は多いですよね。

ですが、社会的には黒人男性に対する差別の方が酷いと昔ならった様な気がします。
何の信憑性もない私の考えですが、これからいい記事が見つかれば報告しますね♪

わぁ~~興味深いトピックですね。
私もちょっと便乗して調べたいと思います。

男性優位の社会で男性の遺伝子の方が重視されるなら白人男性と黒人女性の組み合わせの方が当時のアメリカ社会的には受けいられるはずだろうけど、黒人男性と白人男性の結婚率の方が高いとは・・・その理由は何なのでしょうか??

でも、昔だと州によっては「異人種間での結婚は禁止」という法律もあり、それを作ったのは男性な訳で・・・

思うに、男性の方が他人種と関わる事に対して抵抗があるというのはあるかもしれませ...続きを読む

Qちょいちょい聞く、上智の評判の悪さについて

今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。
他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。

そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を
いくつか見させていただいたのですが、
その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が
いくつかあったので質問させていただきました。
例えば、
・帰国子女に甘い
・外国語ができれば入れてしまう
・実際学生や卒業生も英語だけできるという人が多い
・早慶とは区別されて下に位置する(これは一般的なようですが)
などです。
特に『外国語だけ』という意見が目立って気になります。

自分は語学に興味があり、外英は上智の中では最高峰ですし
英語をやりたいならやはり上智がいいのかなぁと思っていたのですが、
外国語だけだと言われるのはやっぱり嫌だという気持ちがあるので…
(逆に、”外国語だけではない”とするとそれはどういうことですか?)
自分の専門は語学!と決めてしまえばいいのかもしれませんが、それでも気になってしまいます。

この評判は本当なのでしょうか?
できるだけ詳しい方、上智大学に近い方などに答えていただけると嬉しいです。
卒業生でしたら個人的な意見でも良いので。
上智以外受からなければどのみち仕方ないのですがどうぞよろしくお願いします。

 
 

今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。
他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。

そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を
いくつか見させていただいたのですが、
その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が
いくつかあったので質問させていただきました。
例えば、
・帰国子女に甘い
・外国語ができれば入れてしまう
・実際学生や卒業生も英語...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。

 帰国子女に甘いというのは事実です。今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。帰国子女はまず間違えません。勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません)

 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。特に国語はよくできた問題が多く(全然だめなものも一部ありますが)過去問は論理力を養成するには言い教材になります。ただそれらをしっかり教えられる高校・予備校教師が少ないのが現状で上智の問題の良さを世間が認識していないのが現状です。理由は早慶より少し下のレベルで入学者が少ないため扱われることが少ないためです。ただ、マーチとは一線を画す理由もここにあると思ってます。マーチは論理力がなくても暗記一辺倒で合格できますから。

 知っている人からすれば「上智の外語学部出身者」は一目置く存在のはずです。大学としては確かに早慶に次ぐ順位という扱いですが外国語学部に関して言うと早慶と差はありません。心理学に関しても私大NO1ではないでしょうか?
 「上智は英語だけ」と考えるのは、本当の上智の姿を知らない人=上智レベルに合格できない人の意見です。上智、もしくはそれ以上の大学の人はそうではないことは十分知っています。

 上智大学は素晴らしい大学と思いますが、早慶と比べると「キャンパスが小さい」、「学生・卒業生数が少ない」、「専門的な勉強はできるが一般教養や幅が広い交流がしにくい」等のデメリットはあるかもしれません。内部進学がある早慶などの大学では彼らからその大学の雰囲気を勉強しながら生活するのが楽ですが上智にはそれがありません(勿論国立大学もですが)。ただそうしたことがない方がいい場合もあるので何とも言えません。

 英文を勉強するには非常にいい環境です。ただOB・OGが少ないことなどで就職活動で早稲田より若干落ちることはあります。ただ、大学名で落とされることはまずありません。最終面接で「幹部に早稲田が多いから」というレベルで落ちるだけです。しかし面接でも勉強した内容はよく聞かれるので、上智で一生懸命勉強した方が印象は良くなるのは言うまでもありません。
乱文・長文で申し訳ないですが参考になれば幸いです。

元塾講師です。

 帰国子女に甘いというのは事実です。今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。帰国子女はまず間違えません。勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません)

 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。特に国語はよくできた問題が多く(全...続きを読む


人気Q&Aランキング