親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

中古建物付土地物件を検討中で、契約寸前の物件があります。

不動産屋さんが作成した重要事項説明書には、42条2項道路に5m接道、と記載されています。この道路は記載通り2項道路と解釈して良いのでしょうか? 43条のただし書きの道路とも解釈出来る気がしますが、如何でしょうか?

2項道路となる理由は、以下が注記として記載されていました。

(1)接道している道路は国土交通省所有の里道
(2)土地の接道部分近辺ではその里道は幅員が4m以上あるが、里道が建基法の道路に至るまでの区間に、一部幅員が4mに満たない部分がある

ただし書き道路だと、将来の建て替え時に面倒なことになりそうで、少し躊躇しています。反面、2項道路であったとしても、その物件をセットバックしても意味がなく、どうなる事やらとも思います。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>重要事項説明書には、42条2項道路に5m接道、と記載されています。

この道路は記載通り2項道路と解釈して良いのでしょうか?
それ以外の解釈のしようがありません。

2項道路に5m接道し、その接道部分においては、4m以上の幅員があるのですから、該当物件が今後の建築確認等の際に、セットバックする必要はありません。一部満たない部分に接する土地が後退する必要があるだけです。またその部分が拡幅され4mになるかどうかはわかりません。

2項道路の所有者が市町村や官地であれば、通行承諾や設備埋設などでの承諾等不要ですから、その点は将来においても安心です。

失礼ながら、知識不足からの御不安ですから、業者に根拠となる図面や認定図などの写し等の取得など求めて、良く説明を受けて理解して下さい。それでも不安ならその説明を受けてから、役所などでそれが正しいかどうか?確認された方が良いかと思います。
道路と宅地との境界は非常に重要ですから、杭やプレートなど現況で確認できるかどうか確かめて下さい。
また現在の建物の確認申請図面の配置図などご覧になれば、理解し易いと思います。
    • good
    • 0

市役所の建築指導課(建築確認申請を受け付ける窓口)で確認された方が良いと思います。


42条2項道路は申請する事で2項道路扱いとなりますから現状の段階では2項道路では有りません。
正確には2項道路に可能な道路に過ぎません。
もしく道路の向かい側に建物が既に建っており、その方が先に2項道路申請をしている場合も有ります。
なお2項道路申請をおこなった道路は建築指導課で確認する事ができます。

現状その通りに建物が1件しか建っていない場合や(2件以上無ければ42条2項の建物が立ち並んでいるに該当しないため)
一部狭い部分が1.8m未満の場合は2項道路申請しても許可が下りませんので注意が必要です。
    • good
    • 2

42条2項道路か43条ただし書き空地であるかの判断は役所が行ないます


国が所有者だからといって、必ずしも2項道路になる訳ではありません

市役所や土木事務所等へお尋ねするのが間違いないでしょう。
電話で尋ねてみると親切に教えてくれますよ。


注記として記載されている文を見る限りでは、
4m以上あるのになぜ1項道路になれないのかの理由を書いてあるように見えます

接道部分近辺で5mの幅員があるのであればセットバックは必要ありませんが、
どういった意味でしょうか
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q引っ越してきた人の挨拶がないことについて 当方、30代、既婚、子供2人です。 昨年に新築一戸建てを購

引っ越してきた人の挨拶がないことについて


当方、30代、既婚、子供2人です。
昨年に新築一戸建てを購入しました。周りはもともと田んぼだったところが宅地開発され、新興住宅地のようになっています。
都市近郊の田舎の小さな町です。

徐々に家が建ち、うちの周りは10軒ほど建ち並んでいます。
うちは引っ越してからすぐに近所に粗品を配り挨拶回りをしたのですが、うちより後に引っ越してきたお家の人からはほとんど挨拶回りに来ていません。
目の前の向かいのお家の人も、です。

でもどのお家も自治体には入っているようです。

私たち夫婦は個人的に、引っ越したら近所に挨拶に行くのは当然、と思っているのですが、最近はそうでもないのですかね??

それとも、さらさら近所付き合いはしたくないという態度の表れなのでしょうか?
でも、だとしたら自治会に入るのもなぞです。

もし会ったら私から挨拶をして差し障りないですかね??

どう接したらいいのでしょうか??

知らないふりをするのも気分が悪いし。。

基本的には私も人見知りなので、とても気になります。

ちなみに周りのお家はうちとほぼ同世代、もしくは若干若い感じ(20代後半)のファミリーで、どこも小さなお子さんもいるようです。

引っ越してきた人の挨拶がないことについて


当方、30代、既婚、子供2人です。
昨年に新築一戸建てを購入しました。周りはもともと田んぼだったところが宅地開発され、新興住宅地のようになっています。
都市近郊の田舎の小さな町です。

徐々に家が建ち、うちの周りは10軒ほど建ち並んでいます。
うちは引っ越してからすぐに近所に粗品を配り挨拶回りをしたのですが、うちより後に引っ越してきたお家の人からはほとんど挨拶回りに来ていません。
目の前の向かいのお家の人も、です。

でもどのお家も自治体には...続きを読む

Aベストアンサー

初めてのことだったので、ハウスメーカーさんに聞いてどこに挨拶に行くか決めました。
最近はあまり挨拶回りしないこともあるようですね。
(しても両隣だけとか)
私のときは並びの3軒(角なので隣と後ろと斜め後ろ)とすぐ近所の古くから住んでいる大きなお宅に挨拶しました。向かい側はアパートなのでしてません。
建設にあたって直接迷惑掛けるのは隣接したお宅なので、そこには引越し前にも挨拶しました。

もしかしたらそれで十分という流れなのかもしれませんね。
マンション住まいからの戸建ならなおさら近所付き合いは薄いと思います。

顔を合わせたときに会釈、軽く挨拶程度で構いません。お互いどういう人が住んでいるのか知らないのですから
いきなりフランクに会話しだすことはまずないでしょ?
そのうち良く顔を合わせる方とは何か話すかもしれませんし、自治会の話し合いとか回覧とかで会話もあるかもしれません。
それまで全く無視していたら、そのときにも気まずい空気が流れますよ。

Q再建築しても、誰一人セットバックしない2項道路のナゾ・・・

道路幅4m未満の、いわゆる2項道路に接道する家に住む者です。

現状の接道が建築基準法上の道路「4m」に満たない場合、法施行前から存する「2項道路」として扱われること、そして再建築する場合は、自己の土地とはいえ、道路の中心線からそれぞれ2m以上「セットバック」した位置でなければならないことは、存じ上げております。

しかし、沿道の家が次々と建て直しされているのを見ても、一軒としてセットバックする家はありません。それはナゼなのでしょうか?4m道路になれば、車が通れるようになるし、間違いなく不動産としての資産価値だって上がると思いますし、そもそも緊急時に救急車も消防車も入れない道は危険極まりないと思います。また、セットバックなしで建築確認申請や完了検査にパスしていることが不思議でなりません。皆インチキをしているのかと疑いたくなります。

但し、ここ数年で4~5件の家が建て替えられるのを見ていて、自分なりにひとつのカラクリに気付きました。ピカピカの家を建てたのに、周りを囲う塀だけは古いままだからです。そして、しばらく経ってから塀を作り直してます(もちろんセットバックなんてしません)。きっと、完了検査時に塀(=道路との境界にある工作物)さえ再構築されてなければ、セットバックする必要はないのだと判断されるのでしょうか。これは私見に過ぎませんが、正しい見解でしょうか?

自分の土地が削られるのは誰だって嫌です。でもこれでは、いつまで経っても道は広くならないと思います。どうすれば4m道路になるのでしょうか?ちなみに私も建て替えを検討していますが、永遠に車も通れない道ならば、当地に見切りをつけるべきかと考えています。正しい見解や良いご助言をお願いいたします。

道路幅4m未満の、いわゆる2項道路に接道する家に住む者です。

現状の接道が建築基準法上の道路「4m」に満たない場合、法施行前から存する「2項道路」として扱われること、そして再建築する場合は、自己の土地とはいえ、道路の中心線からそれぞれ2m以上「セットバック」した位置でなければならないことは、存じ上げております。

しかし、沿道の家が次々と建て直しされているのを見ても、一軒としてセットバックする家はありません。それはナゼなのでしょうか?4m道路になれば、車が通れるようにな...続きを読む

Aベストアンサー

おっしゃるとおり、ガイコウをあとにまわすとセットバックからは逃れられます。
うちの実家の周辺には地主さんだらけですが、同じ方法で何度も建て替えています。
道路は3.3Mのまま・・・。
やはり土地を削られるのが
イヤなのでしょうね・・・。
世代が変わるとどうなるかわかりませんが、見切りをつけられるならつけてもよいかもしれません。
30年すんでいましたが、いまだに3.3mのままでした。
私は結婚して6m幅の広いところを購入予定です。

Q42条2項道路について

家を購入して3年になるのですが、
先日隣人から、「この道は私有地だから、車の進入をしてもらって
は困る」みたいな事を言われて面食らってしまいました。
家を購入する際、不動産屋からは、「42条2項道路ですから、隣接
して建築した家の所有者は使用する権利があります」と言われて
いたので、困惑しております。確かに法務局?かなにかの図面で
確認したので、42条2項道路であることは間違いないと思うのですが、
その道路全てが私有地なんていうことはあり得るのでしょうか?
やはり、所有者の言う通りに通行する事はできないのでしょうか?
ちなみに私の所有する家以外に2件の家が建っています。
皆様どうかご教授下さいませ。

Aベストアンサー

道路の所有者も法務局で調べることができます。
個人の所有であった場合、解決策としては、その道路を使用する住人同士で所有者から道路の持分を買い、共有の道路とする案があります。
これによって、お互い気持ちよく利用できると思います。

不動産屋は使用する権利があると言っていたのに、隣人には車の進入をされては困ると言われた件について。
本来なら、私道であっても道路なのだから、誰もが道路として使ってよいはずです。
しかし、私道の問題は非常にデリケートです。
自分が所有権を持っているのに、他人に公道と同じように使われると不快に感じます。
そこで、“使用権はあるが所有権はない”人は、その道路を徒歩や自転車で使用する権利は当然にあるが、車での通行は慎んでもらいたい、ということなんです。
考え方として、まぁ妥当かなぁという気はします。

法的には、道路の所有者は他人の通行を妨害できません。
妨害されてから解決策を見い出すよりは、今話し合うことが必要に感じました。

Q追い炊き機能付きの浴槽について(1つ穴)

今まで入浴剤の成分を気にせずに使っていましたが、最近になり通販等のユーザー評価欄を読んでいて、バスソルト(クナイプや死海ソルト)などの塩分を含んだものの使用で浴槽やボイラーにつながる配管(追い炊き用)が傷んでしまう。みたいな書き込みがあり不安に思っています。
追い炊き機能はあるのですが、追い炊き機能は使用しておらず、毎日入浴後はお湯を抜いて軽く清掃をしています。
このような使い方をしている場合は塩分のある入浴剤を使用しても大丈夫なのでしょうか?
メーカーに問い合わせるのが一番早いということはわかっておりますが、詳しい方がおりましたら回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

相当古い製品でなければ、一般的な入浴剤には対処済みですよ。
ただ、珍しい海外製品を通販して使っていたり、
そうした場合は、さすがにメーカーも許容範囲外ですので痛みます。

温泉の素系の入浴剤には、塩分や硫黄が含まれていますので、
特別お気になさる必要はないでしょう。

それよりも、機械はいつかメンテが必要と割りきって、
リラックスする時間を楽しんでください。
風呂釜に隷属しても無意味ですから(^^ゞ

ではでは!

Q前面道路が43条但し書き 新築について

新築を購入し、手付金を支払った状態で残金決済はまだの状態です。
新築は私有地の通路を43条但し書きで確認済証と許可通知書が降りています。
私が購入した新築は横並びに5軒建っていて全て同じ不動産会社の分譲です。
その私有地の通路を使ってしか公道に出られない家はその5軒の新築を含め10軒程あります。
重要事項説明の時には口答でその私道は一人の持ち物で不動産会社が買い取る前の土地所有者が私道の通行切削等承諾書を私道の持ち主からとっているとの事でした。(無償通行、第三者への継承)
①その通行切削等承諾は1枚しか原本がないのですがコピーでも効力はありますか?また、ない場合対策はありますか?

そして住宅ローンを組む時に保証会社の書式で通行切削等承諾書を改めて私道の持ち主に貰ってきて欲しいと言われ所有者の元を尋ねた所、以前に承諾はしているが改めて承諾書と印鑑証明は出せないとの事でした。そして、その時に私道の持ち主にこの私道は個人ではなく6人の持ち物だと告げられました。
②この場合、不動産会社は説明義務違反になりますか?重要事項説明をした営業はその事実は知らなかったと言っています。法務局へ出向き調べたらやはり6人分名前がありました。
また、私道の持ち主に改めて承諾してもらえる良い方法はありますか?

③別の金融機関の住宅ローンではローンが組めるのですが、このまま購入までして後々トラブルになる可能性はありますか?
また、トラブルにならない為の対策はありますか?

私道の所有権を得ると言うのは難しいのでそれ以外の方法でどんな事でもかまいませんのでお知恵を貸してください。
よろしくお願いします。

新築を購入し、手付金を支払った状態で残金決済はまだの状態です。
新築は私有地の通路を43条但し書きで確認済証と許可通知書が降りています。
私が購入した新築は横並びに5軒建っていて全て同じ不動産会社の分譲です。
その私有地の通路を使ってしか公道に出られない家はその5軒の新築を含め10軒程あります。
重要事項説明の時には口答でその私道は一人の持ち物で不動産会社が買い取る前の土地所有者が私道の通行切削等承諾書を私道の持ち主からとっているとの事でした。(無償通行、第三者への継承)
①その通...続きを読む

Aベストアンサー

ところで。。。

重要事項説明書では何と書いてありますか?
また、営業担当(つまり宅建主任者)の口頭での説明に、書面との齟齬がありましたか?

仮に土地情報で「43条ただし書」の表現があれば、相手はあなたをだましたわけではない。
この言葉だけで建築基準法の道路には接していない袋地であることを表現しているんです。
決して悪徳業者ではない。
ただ、売りたいがあまりなのか、まだ慣れていないのか、説明不足や無知があったかもしれない。

今からでは建築基準法の道路にすることはほぼ不可能。
なぜかというと、それができるなら最初から道路として分譲していますよ。

幅4.9m、長さが50m程ですよね。
多くの特定行政庁の位置指定道路の技術基準では、延長50mまでなら幅員は5mでOKです。
それなのに今回位置指定をしなかった理由は、3点考えられます。
①道路になる空地の隣接者から同意が取れなかった。
通常、位置指定では新設道路に接する土地と建物所有者の全員の隣接同意が必須。
融資の抵当などがあれば、抵当権者の同意まで求められます。
なぜかというと、新しい道路ができるおかげで道路斜線制限が発生します。
もしこれに抵触した場合、法律が変わったわけではないので既存不適格にはならず違反建築となる。
②新設道路の起点部分に所定の大きさの隅切りが確保できなかった。
③都市計画法第29条の許可の対象になった。

③について説明します。
都市計画法では市街化区域に限り、開発行為に該当する区域の規制規模を定めています。
今回の規模をざっと計算してみましょうか。
・道路=4.9m×50m=245㎡
・宅地=販売5件、既存5件として計10宅地。
 1宅地100㎡と仮定して1000㎡。
よって道路と宅地、すなわち開発区域は1245㎡。

都市計画法施行令第19条では開発行為の規模を定めています。
法では基本1000㎡ですが、自治体によってはさらに厳しくなっていて、最低で300㎡ですね。
いずれのケースでも今回は開発行為となるのがほぼ確実だったはず。

建築基準法では都市計画法第29条が審査の対象法令であり、その規制は守らなければなりません。
なので、今回は位置指定道路ではダメなんですよ。
都市計画法による、建築基準法第42条第1項第2号による道路とする必要があったはずです。
じゃ、何で開発行為の道路にしなかったのか…
都市計画法第29条の許可を得るには高いハードルがあります。
幅員は4.9mではダメ。
途中に退避所、終端に転回広場が必要。
1宅地の最低面積の制限がかかります(だいたい135~165㎡くらい)。
道路の構造も、市道並みの基準となります。
U字溝などの排水施設も整備が条件。
雨水の浸透施設も必要。

当然、先行して開発をかけるわけで、3割安どころか道路などの整備の費用をすべて分譲に含まれるので、何もしない土地よりも割高は必須。
今回は売る方も買う方も、安さだけを狙ったんですよ。

>家族に迷惑をかけない為に今必死に解決策を勉強していますが万全な解決策が見当たりません。
>安心して暮らせるいい解決策はありますか?

暮らすだけなら大丈夫でしょう。
分譲なら、ましてや既存でそこを通行している住人がいるのなら、通路の土地の6名の共有者が通行の制限をかける可能性は小さい。
これだけを心配するのなら、そもそも私道であれば共通に懸念されてしまいます。
位置指定道路だって、道路内の建築制限などを除けば通行権には行政は関与しませんしね。
将来の43条ただし書の再許可、つまり再建築を考えなければ心配はいらないと思います。
今回は一部買い手であるあなたの要望を取り入れた建て売り住宅ですよね。
すでにインフラは埋設したわけで、通路を掘り起こす工事は当面いらないはずです。

それと金融機関の融資ですが、私が耳にしたのは、接道不良の土地は担保の価値が低いので金利が割高になる恐れがある、でした。
住宅金融支援機構のフラット35が大丈夫なら金利のデメリットも無いでしょう。

一応。
建築士
建築監視員
建築主事
そして43条ただし書許可申請と位置指定道路の申請を受け付け、処分するヤクザな仕事をいたしております(笑)

ところで。。。

重要事項説明書では何と書いてありますか?
また、営業担当(つまり宅建主任者)の口頭での説明に、書面との齟齬がありましたか?

仮に土地情報で「43条ただし書」の表現があれば、相手はあなたをだましたわけではない。
この言葉だけで建築基準法の道路には接していない袋地であることを表現しているんです。
決して悪徳業者ではない。
ただ、売りたいがあまりなのか、まだ慣れていないのか、説明不足や無知があったかもしれない。

今からでは建築基準法の道路にすることはほぼ不可能。
なぜか...続きを読む


人気Q&Aランキング