2,3日前の雨の日10センチくらいの水たまりに車(カルディナ)で入ってしまいました。すると直後にエンジンがストップ(エンジンがかからなくなった)。あわてて近くのスタンドに(牽引してもらって)行ったけど原因不明。結局JAFを呼んで翌日トヨタで修理をしてもらいました。翌日「直りました」との連絡にちょっと不安になり。「何度かエンジンはかかったが、すぐにエンストしてしまうので、本当に大丈夫?」と質問したら「大丈夫でしょう」との回答。それで修理代を払って車を引き取り、1,2日は大丈夫でした。でも昨日になってエンジンが1500回転を過ぎるとエンジンが止まってしまう。それで、今日はもうエンジンがかかってもギアを入れてアクセルを踏むとエンスト。これってどこが悪いんでしょう。また、JAFで連れて行ってもらったトヨタは自宅からはちょっと遠いのですが、そちらに預けた方がよいのでしょうか?仕事で使っているので困っています。修理代やら預ける日数やら心配です。ちなみに今日はトヨタは休業日ということで連絡がとれなかったので、明日どこかに連絡をするつもりですが、その前に何かアドバイスがあったらお聞きしたいのです。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

冠水路でのエンストの原因として考えられるのは、エンジンの吸気経路への水の浸入、点火系統などの高圧回路への浸水によるリーク、その他電気系統への浸水によるショートなどですが、冠水路に入った直後のエンストは多分、吸気系統に水が入ったか、点火系統が冠水したため、点火火花が飛ばなくなったためでしょう。

とりあえずエンジンが掛かったと言う事で、ウォーターハンマー現象(大量の水がエンジン内部に入り込み、圧縮行程なると水を圧縮しようとしてしまうため、ひどい場合にはクランクシャフトやコンロッドの折損まで引き起こす場合がある)だけは逃れられたようです。1,2日してから異常が発生する場合の多くは、電気系統の配線の接続部に浸水したため、数日してから接触部分に錆等が発生し不具合が発生する場合が多いのです。最近のエンジンルーム内のカップラー(配線の接続部)は防水構造の物が多いのですが、一旦内部に水が入ってしまうと(通常水をかける程度では浸水しないが、高い圧力(はいやい速度で冠水路に入ると、かなりの圧力が掛かります)では浸水します)排水ができずに帰って、端子部分の腐食を早めてしまうのです。

このような場合、冠水の影響のあると思われるすべてのカップラーを分離し点検します。再使用可能な場合は清水で十分に洗浄し乾燥させてから組み立てます。また、腐食が見られるようであれば、十分に清水で洗浄した後、端子部分を交換し組み立てます。

その他の部分も十分に洗浄し乾燥させる必要があります。また、エンジンやミッションのオイルの点検もお忘れなく。吸気経路内に水が浸入した場合、エンジンオイルに水が混入することはよくあることですし、トランスミッションなどのブリーダーが冠水していると、ミッションオイルに水が混入している場合もあります。ATミッションでは水の混入は致命的なダメージを与えかねません。オイルに水が混入した場合、コーヒー牛乳のような色になったり、白濁しますので割りと簡単に判別できるでしょう。

水害のときなどに水没してしまった車が、数日から数週間経過した後に、不具合が発生することが多いのも、電気系統のこのようなトラブルによるものがほとんどです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしく説明いただきありがとうございました。別のトヨタ(家の近く)に修理を以来する場合、何をどう説明すればよいか、またどんなところをみてもらえばよいのかが分からず困っていました。でも、高速道路で止まったりしなくてよかったと思います。「大丈夫」なんてあまり無責任に言って欲しくないです。
ところで、現在エンジンはかかっても全く動かないのですが依頼すれば引き取りに来てもらえるのでしょうか?

お礼日時:2001/06/11 23:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『時間雨量100ミリ』について

今年夏によく雨が降ったという印象ですが、
豪雨で『時間雨量100ミリ』が頻繁に出てきます。
近年ゲリラ豪雨などで従来あまりなかった降り方をしても
時間雨量30-50ミリくらいじゃなかったですか?
記憶の間違いならすいません。
それが今年から一気に雨量が2-3倍になったってことでしょうか?
テレビの画面では『時間雨量100ミリ』の横に
『(レーダー解析)』と表示されるようになったので、
雨量の算出方法が変わったために、雨量が2-3倍になったんでしょうか?

Aベストアンサー

>雨量の算出方法が変わったために、雨量が2-3倍
ある意味、その解釈で大丈夫です。


時間雨量と似たような用語があり、定義を混同しやすいから。

意味は以下の通り。
1.毎正時時間雨量  たとえば1時0分~2時0分というように、時刻で1時間を切り出した
          ときの1時間の雨量。気象庁のアメダス表示値や長期統計の時刻雨量
          がコレ。
2.任意時間雨量   アメダスは10分刻みでデータを取り出せるため、たとえば
          1時20分~2時20分というようにデータを切り出したもの。
          アメダス以前(場所にもよるが、1980年前後)は、このデータは無い。
3.雨量強度     たった今降っている雨を1時間当り(mm/h)に換算したもの。
          10分雨量の6倍やレーダー雨量がコレ。

自動車でいえば、3.がスピードメーターの値、1.2.が平均速度に当ります。
雨量の大きさでいえば、1≦2≦3 の関係があります。

たとえばゲリラ豪雨で20分に40mm降った(残り40分は降雨ナシ)として、
1.2.なら、時間雨量40mm (正時をまたぐと、更に小さい。)
3.なら、雨量強度120mm/h (10分に均等割りでなければもっと大きい)
となるので、数値は大分変わることになります。

>雨量の算出方法が変わったために、雨量が2-3倍
ある意味、その解釈で大丈夫です。


時間雨量と似たような用語があり、定義を混同しやすいから。

意味は以下の通り。
1.毎正時時間雨量  たとえば1時0分~2時0分というように、時刻で1時間を切り出した
          ときの1時間の雨量。気象庁のアメダス表示値や長期統計の時刻雨量
          がコレ。
2.任意時間雨量   アメダスは10分刻みでデータを取り出せるため、たとえば
          1時20分~2時20分というようにデータを...続きを読む

Qトヨタのヴォクシーがエンストしたんですが・・・

トヨタのヴォクシーを2007年4月に新車で購入しました。

去年車検でした。

昨日、地下駐車場に3時間ほど止めて用を済ませて
発進し、2~3分後に信号待ちしていたら
急にエンジンが止まりました。

慌ててエンジンをかけたら普通にかかりました。

車に詳しくないので、そのままスタンドによってオイルやバッテリーなど
軽く見てもらいましたが交換しなければいけないほどではないと
言われ、そもそもオイルやバッテリーでエンジンが止まるとは
考えにくい・・・と思います。と言われました。

エンジンが止まるのは一般的には何が原因と思われますか??

ディーラーで点検受けた方がいいのでしょうか??
この状況がどの程度危険なのかわかりません。

ちなみにエンジンが止まったのは初めてです。
バッテリー上がりは2回あります。

詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>バッテリー上がりは2回あります。

ひょっとして、「Dレンジで、エアコン掛けて、ブレーキ踏んで、信号待ちしていた」のでしょうか?

であるならば、バッテリーがへたっていると思います。


オートマの場合、Dレンジでフットブレーキで停車すると、エンジン回転数が下がります。

この状態で、エアコンを付けていると、発電機の発電量が不足し、バッテリーへ負担が掛かります。

これを繰り返すと、いずれ、信号待ちなどでエンストします。

Q道路の通行止と連続雨量について

よくこの道路は連続雨量●●mmに達すると通行止めになります。などという看板を見かけますが、道路によって連続雨量はまちまちです。そこで、何を根拠にその道路の通行止め基準となる連続雨量を決めているのでしょうか?その道路における過去の災害データのような気もしますが、この道路は連続雨量150mmで、こっちの道路は連続雨量200mmなどと差がでるようには思えません。他に決めるにあたって考慮していることはあるのでしょうか?詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

日本の国道は2桁までの国道は国交省、3桁の国道は原則として都道府県が管轄し、これとは別に県道、市道、町道、村道はそれぞれの自治体が管理していますが、それぞれの道路はこれを取り巻く地盤等の自然環境の影響を受け、その安全度はすべて異なります。所轄官庁、自治体は安全に関与すると思われる条件を勘案してどの程度の雨量で斜面崩壊が起きるかを予測し、通行止めをするときまでの連続雨量を何ミリとするかを決めるのです。これは大変難しい仕事ですが、どこかで線を引かなければならず、これを怠った結果、飛騨川でバスの転落事故が起きて大勢の死傷者を出した当時の建設省はその責任ありと最高裁で断じられたのです。
 これが契機となって、道路崩壊が起きる前に通行止めを行なって、飛騨川のような事故が繰り返されるのを防ごうとしているのです。決める側は難しいからと言って放置するわけには行かないのです。

Qトヨタ純正オーディオの移植(トヨタ車からトヨタ車へ)

こんにちは。
現在147アリスト(平成8年式)に乗っております、純正で1DINカセット+チューナーと1DINCDがついてます。
これを他のトヨタ車についている純正2DINタイプのCD/MD/チューナーに変更できないかを検討しております。
ディーラーもしくは販売店で配線キットを買えばOKという事なのか、何か加工しないとダメなんでしょうか?
社外品を選ばない理由として、性能は落ちるかも知れないけどデザインの統一が図れる点で検討してます。
それと最近耳にするのはワイドタイプと言うことなのですが、これは何のことなんでしょうか??

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

(1)まず147アリストに取付けられている純正デッキのサイズが、縦50mm、横180mmの長方形の1DINサイズが2段になっているかどうかと、スピーカの数が全部で6個か7個であることを確認してください。
この2つの条件を満たしていることが最低条件です。満たしていない場合はスーパーライブサウンドシステムが構築されていますのでかなり厄介になってきます。

(2)次に取付ける2DINサイズのオーディオのサイズが縦100mm、横180mmであるかを確認してください(奥行は心配しなくて大丈夫だと思います)。
また、デッキの表面の型番が、「MCT-D52」などのようにアルファベットと数字の組み合わせであればディーラーオプションなので大丈夫です。「16056」のように5桁の数字だけの場合はメーカーオプションのライブサウンド用の可能性もありますので取付できないこともあります。もう既に外してあるのならば、デッキの背面を見て10ピンと6ピンのオスコネクタがあれば大丈夫です(他にもコネクタはありますが接続するのは10Pと6Pだけです)。

(1)と(2)のふたつとも満たしているのであれば、無加工で取付けることができます。部品の購入も必要ありません。アリストの純正デッキに接続されていた10Pと6Pのコネクタを新しいデッキに接続するだけでOKです。ただ、金具にネジ穴を開けなおす程度の加工は必要になるかもしれません。また、7スピーカ車の場合1個だけ鳴らなくなるスピーカがあるかもしれません。


ワイドタイプというのはトヨタ独自の規格で、正確にはワイド2DINサイズと言います(これも正確じゃないかも)。通常の2DINサイズは縦100mm、横180mmですが、ワイド2DINは縦100mm、横200mmとなっています。表面のフェイスだけが大きくなっているだけで隠れている部分の横幅は以前と同じ180mmです。ヴィッツ以降のクルマは基本的にワイドサイズになっています。
kota2000さんがお取付になるデッキがワイドサイズの場合はアリストのインパネの切削作業が必要となりますのでかなり厄介ですね。

(1)まず147アリストに取付けられている純正デッキのサイズが、縦50mm、横180mmの長方形の1DINサイズが2段になっているかどうかと、スピーカの数が全部で6個か7個であることを確認してください。
この2つの条件を満たしていることが最低条件です。満たしていない場合はスーパーライブサウンドシステムが構築されていますのでかなり厄介になってきます。

(2)次に取付ける2DINサイズのオーディオのサイズが縦100mm、横180mmであるかを確認してください(奥行は心配しなくて大...続きを読む

Q雨量について

雨量で積算雨量10mm以上という場合、10mmというのは
どういう計り方なんでしょうか?また10mm以上の雨というとどんな感じ何でしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

10mmの雨ですが、これは平らな場所で雨が染み込みも蒸発もしなければ10mm溜まる、ということになります。
たとえば上から下まで直径の変わらないコップを置いておき、10mmの雨が降れば10mm、水が溜まっていることになります。

10mm以上の雨ですが、たとえば雨が降っているな、と感じるのは1時間当たり1~2mmの雨です。半日降り続けば10mmですね。また、ちょっと強い雨だな、と感じるのは1時間当たり5mm程度ですから、これが2時間程度です。

Q直噴エンジンのトラブル ついにエンストしてしまいました

先日、直噴エンジン(トヨタD4)のトラブル(アイドリングの不安定、ノッキング)について質問した者です。
原因はエンジン内部にカーボンがたまっている事です。
エンジン内部を洗浄する添加剤とインジェクション用のクリーナーを試してみました。しばらくは調子が良かったのですが、先日また調子が悪くなり交差点で信号待ちをしている時に4度ほどエンストしてしまいました。なんとか運転してディラーまで持っていきました。連休明けに修理する予定なのですがどのように修理するかはまだ決まっていません。
今考えられる修理方法としては、吸気口廻りとヘッドをばらして手作業でカーボンを取り除く方法、コンピューターのロムを書き換えてアクセルをオフにした時、燃料を薄くしないようにする。(燃費が悪くなるがエンストはしなくなる)が考えられます。現在走行距離は13万キロですディラーにも走行距離の長い直噴エンジンのデータがあまりないらしく大変困っています。良いアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

この前回答した者です。かなり頑固なカーボンですね。
しばらく調子が良かったと言う事は効果が有ったと言えるでしょう。
この場合は反復洗浄をするのも良いと思います。

直噴エンジンのカーボン発生メカニズムは、ピストンやライナーに燃料液が衝突することにより未燃焼燃料が高温でススになり発生します。

この為、直噴エンジンのインジェクターは噴射から点火までの短期間に気化させるため、高圧噴射で燃料粒子径を微細化し噴射を広く分散させ、かつピストンに衝突しないよう噴射慣性力を抑えています。

しかしこの設計上の理想状態は長く続かづ、インジェクターの汚れにより噴射バランスが崩れススが発生し始めます。やがてそれが蓄積してエンジンの調子が悪くなります。

こうしてみると直噴エンジンは新車の時から、洗浄性の高いハイオクガソリンを使用し、或いは定期的に洗浄の添加剤を用いる事で、インジェクターのコンディションを保つようにすることが効果的と言えます。

なお質問者さんのD-4エンジンですが、暖機時に発生して冷間時にはその症状は出ないのではないですか?
もしそうならスロットルバルブのバタフライ付近を徹底的に清掃してみて下さい。
カーボンでバタフライが閉じていない場合があります。
また、ロムの書き換えでアイドリング時の燃調を変えるのは初期のD-4では効果的です。

この前回答した者です。かなり頑固なカーボンですね。
しばらく調子が良かったと言う事は効果が有ったと言えるでしょう。
この場合は反復洗浄をするのも良いと思います。

直噴エンジンのカーボン発生メカニズムは、ピストンやライナーに燃料液が衝突することにより未燃焼燃料が高温でススになり発生します。

この為、直噴エンジンのインジェクターは噴射から点火までの短期間に気化させるため、高圧噴射で燃料粒子径を微細化し噴射を広く分散させ、かつピストンに衝突しないよう噴射慣性力を抑えています...続きを読む

Q雨量のミリって

昨日台風の天気予報で予想雨量150ミリと言っていたのですが、この150ミリってどのぐらいの雨量のことを言うのでしょうか?

Aベストアンサー

降水量の測定単位は降水が平面に溜まったとした場合の深さ(mm)で表します。また、一定の時間(例えば1時間)内に溜まった降水量を降水強度と呼び、(mm/h)で表します。

150mmとは相当すごいです。ひざ下がびしょびしょになるくらいでしょうか。

Q違反をした時に青やら赤やらの切符をもらうのでは無く、加点、違反金無しの

違反をした時に青やら赤やらの切符をもらうのでは無く、加点、違反金無しの警告書で済む場合があると聞いたのですが、この警告書は警察のデータに残るのですか?

Aベストアンサー

 警告書の場合は、その警察官が作成するレポートに記載されるみたいです。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1316269333

Q時間雨量日雨量の観測データ

たとえば、大阪枚方観測所の昨日の時間雨量、199○年○月○日の日雨量データ、時間雨量データ等が解るには、どうしたらいいのでしょうか?。よろしくお願いします

Aベストアンサー

http://www.jma.go.jp/jma/menu/report.html
こちらから検索してください

Q次期カルディナについて

いまはAE101のレビンを8年乗っています。

そろそろ、ワゴンタイプの車がほしいなっておもってるんですが、

いまのカルディナもいいんですけど、ちょっとなってところもあり

今回購入は控えました。それで、来年の5月~8月にフルモデルチェンジ

ということらしいのですが、どんなかっこになるのか知っている方いましたら

教えてください

Aベストアンサー

カルディナもいいですけどステーションワゴンなら
やっぱりレガシーが定番ですよね。レガシーは
どうでしょう?仕事上の関係でトヨタ車にするなら
ともかくとして、候補に入れてみてはいかがでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報