ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

韓国の10大財閥の売り上げがそのGDPに占める割合は75%と良く報道されますが、本当でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

良い疑問と思います。



まず、企業の売り上げという数字と、GDPという数字は同じ内容でないにもかかわらず、割り算をして75%などという比率を出していることが問題です。

極めて単純化した例を出すと、

韓国の財閥企業が日本から絹糸10億円分を輸入して、そのうえに利益を乗せて、12億円で輸出したとします。
この場合、韓国企業の売り上げは12億円ですが、GDPは2億円とみなされます。

実際の経済は、輸入したものをそのまま輸出するのではなく、絹を織物にして、そのうえに染物をするなど、付加価値をつけてから輸出するので、複雑になりますが、それでも海外から輸入した金額は輸出金額から差し引かないとGDPになりません。

仮に10大財閥が売上金額の50%を輸入しておれば、10大財閥のGDP寄与度は75%ではなくて、37.5%になります。

韓国人による”統計”みたいな話は、その計算根拠から疑ってかかる必要がありますね。
    • good
    • 1

ホントです。



サムスングループだけで22%を占めます。
ヒュンダイ、ポスコを合わせれば30%を
超えます。
10大財閥では76%にもなります。

韓国は中小企業が育っていない、という
証拠でもあります。

つまり経済構造が未熟で、途上国的なのです。
だから景気の良し悪しが極端に上下するのです。

だから家電や車の重要部品の70%は日本製です。

韓国企業が潤えば、日本も潤う、という構図に
なっています。
韓国もこれを気にしており、これじゃ鵜飼いの鵜だ
と嘆いています。
    • good
    • 1

日経の電子版(会員でなくとも見出しの部分は見られる)


http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2402T_U4A1 …

サムスンだけで韓国GDPの約2割だから、『韓国の10大財閥の売り上げがそのGDPに占める割合は75%』と言うのも特に不思議ではない

それだけ特定の企業グループに集中しているという特徴を良く表す表現として時々見かけるね
    • good
    • 0

なら独立して暮らせる筈ですが実現しないのには嘘がある証拠です。

    • good
    • 0

それは基本として間違ってはいませんけど、



 個人的には『それが何か?』って感じですけどね

GDPとは国内総生産つまり付加価値概念です。
※財・サービスXに対し、Xの売上額からXを作るのに使った中間財・サービスの値段を引い たものをXの付加価値という

 簡単に言えばGDPを構成する主たる要素は利益と労働者賃金、減価償却からなる。
 平均的な付加価値は売上高の20%~30%くらい

(ちなみに、日本の場合、法人企業統計年報によると付加価値率=純付加価値/売上高は約20%)

いくら韓国の財閥が強力で富を独占していると言っても、GDPと売り上げ比較して・・・『それ何の意味があるん?』と自分はおもうんですけど

仮に10大財閥の売上高がGDPの75%として、75%×20~30%=15~22%
 つまり大財閥のGDPに占める割合は15~22%というところと推定される。

それを見れば特に驚く数字じゃないと思うんですけど?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング