炭水化物を取らないダイエットの本に、
豆類はタンパク質中心なので太らない食品だと書いてありました。

大豆はそうでしょう。豆腐などは優秀なダイエット食品ですよね。
枝豆もよさそうです。
ではバタピーやいかり豆はどうでしょう(大好きです)。

これらはカロリーは高いです。
でも他の炭水化物と合わせて食べなければだいじょうぶなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

炭水化物を摂らないダイエット=糖質制限ダイエットの質問には、糖質制限を自分でちゃんと実践している人だけが答えることができます。


この方法をやったこともない人が専門家の意見を受け売りにして答えても、大抵はデタラメでとても信頼性が低いので注意しましょう。専門家とやらも糖質制限をしたこともないのに批判していることが多いですから。

糖質制限はやってみるとびっくりするくらい効果があります。これは実践してみた人にしか判りません。痩せている人の場合は太っている人ほどスルスルとは体重が落ちませんが、体重の維持がとても楽にできます。

糖質制限を実践していて、日頃からいざというときの食料としてナッツ類を愛用している者としてお答えします。

豆類、ナッツ類にもいろいろあって、糖質制限の観点から食べないほうがいいものと、食べてもOKなものがあります。

例えば大豆はどういう状態で食べるかが問題。例えば枝豆は100g中タンパク質11.4g、脂質8.6g、糖質7.4gです(脂質対糖質=1.0 : 0.86)。意外に糖質量が多いです。あまり食べ過ぎないほうがいい。枝豆100gなんてすぐに平らげてしまいそうです。

糖質制限では一食の糖質ができれば20g以内、ゆるい糖質制限でも40g以内に抑えるのが目標になりますから、ご注意ください。

納豆も実は枝豆とあまり変わりません。100gでタンパク質16.5g、脂質10.0g、糖質9.8gです(脂質対糖質=1.0 : 0.98)。チェックポイントはタンパク質の量ではなく、脂質に対する糖質の量です。枝豆でも納豆でも糖質と脂質の量があまり変わらないことに注目してください。ワンパックで大体50gと思っておくといいです。私は納豆が好きなのでツーパックくらいすぐに食べてしまいますが、糖質量的にはこれで限界です。

糖質制限は「糖質から得る熱量を減らす代わりに"脂質から得る熱量"を増やすことで痩せる」、という理論なんです。だから糖質に比べて脂質が"かなり"多い食べ物をなるべく選ぶべきです。枝豆と納豆は糖質が多すぎて食べてはいけない食品、というほどではないですが、「食べ過ぎ注意」な食品だと思います。

同じ大豆系食品でも「豆腐」は極めて優秀です。100gでタンパク質6.8g、脂質5.0gなのに対して糖質はたったの0.8gしかありません(脂質対糖質=1.0 : 0.16)。これならほぼいくら食べてOK。豆腐の場合は、加工の途中で糖質がどこかに行ってしまうのでしょうね。

同じような観点でバタピーを見てみると100g中タンパク質25.5g、脂質51.3gに対し糖質は15.2gしかなく、実は枝豆や納豆よりもバタピーの方が脂質対糖質の比で優秀です(脂質対糖質=1.0 : 0.29)。

いかり豆はというと、100g中タンパク質24.7g、脂質20.8g、糖質46.4gで、比べるまでもなく糖質多すぎ(脂質対糖質=1.0 : 2.2)。これは糖質の塊と思った方がいいですね。これを食べているうちは糖質制限になりません。

糖質制限ではカロリーをあまり意識する必要はありません。もちろんだからといってカロリー無制限ではありませんが、食欲が異常で、常に二人前、三人前を平らげなければ気が済まない、ということでもない限り痩せます。

ただし糖質制限では糖質の量にはそれなりに敏感になる必要がある、というのが私の経験です。裏を返せば糖質量さえ設定を超えなければ甘い物、例えばフルーツなども食べてよいのです。

まとめると大豆は食べ方による。豆腐は優秀。枝豆は要注意。バタピーはOK。いかり豆はNG、ということになります。要注意なものを食べる場合は、他の炭水化物は摂らないようにしましょう。NGのものはそれ単独で不可、なので食べてはいけません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

完璧な回答だと思いました。ありがとうございます。

私も糖質制限は経験がありますが、
たしかに効果があります。

いかり豆はひかえめにします。
でもバタピーがOKなのはうれしいですね(^^)

夕食は毎晩豆腐です。
年間400丁くらい食べていると思います。

カロリー計算だけでダイエットはできません。
まあ、私の場合はビールを飲むので
完全な糖質オフにはならないのですけどね(^^;)

とても参考になりました。

お礼日時:2014/12/27 22:23

「炭水化物ダイエットは実は痩せない」という専門家もいます。


ソースは忘れましたが見ました。

ダイエットって万人に必ず効く方法なんて無いんです。
本に書かれていることって個人差とか個人事の特質など無視した内容なのでその辺をきちんと考慮できる人でないと効果なんて現れません。

・間食をしない
・寝る4時間位前に食事は摂らない
・規則正しい生活
・バランスのとれた食事
・適度な運動
アタリマエのことをきちんとやっていればいいだけ。

最近では、コンビニなどで売られている食品はサラダなども含めて栄養が偏っているのでコンビニ食材でバランスの摂れた食事なんて望めない上に精製された調味料は体に悪影響をおよぼすので避けるべきという意見が強くなってます。摂取できる必須アミノ酸が少ない上に特定アミノ酸を過剰摂取するからというもの。
自然食品とか天然素材は各種アミノ酸や栄養素が万遍なく含まれていて人間の体はそれを前提にできているということを忘れないで下さい。
前提を無視してサプリメントだけで栄養補給するというのは体内の各種バランスを崩す元。炭水化物ダイエットも同様で、1週間位するとものすごく怠くなって気力がわかないという人もいます。

鉄分や亜鉛、マグネシウム、カルシウムが不足していると太りやすいという話も聞きます。
金属系ミネラルというのは摂り過ぎると金属中毒の危険性もあるので・・・
だからこそ野菜中心の体質改善食生活を心がけたほうが余計な心配なく健康的にダイエットできるはずです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

炭水化物カットのダイエットは痩せますよ。
私もかみさんも実際に痩せました。

ただ、おっしゃるように野菜も食べないといけませんよね。
あくまでも炭水化物のカットだけであって、
それ以外はバランス良く食べる方がいいのでしょう。

「万人に効く方法はない」と言いつつ、

・間食をしない
・寝る4時間位前に食事は摂らない
・規則正しい生活
・バランスのとれた食事
・適度な運動

とおっしゃっていますね。これが万人に効く方法です。
私も毎日4キロウォーキングをしたうえでゆる炭水化物カットのダイエットをしています。

ありがとうございました。

お礼日時:2014/12/27 22:28

普通のプロテインとダイエットプロテインは何が違うんだろう?ってお店の人に聞いた事があるのですが、ダイエットプロテインは大豆たんぱくが含まれるので糖の吸収が緩やかになって太りにくくなるとかなんとか言われました。


多分、炭水化物が糖に変換されたものが吸収しづらくなる、みたいな事だと思います。

バタピーはダメだと思います。
同じようなもののピーナッツバターは、アフリカなどの栄養失調の人に配って、栄養を補うのに非常に優れているとされています。それ位カロリーが多いという事だと思います。

あとマカダミアナッツも油分が多いので止めといた方がいいと思います。おいしいですけどね。

海外のモデル養成所の先生は、おやつなど空腹時はアーモンドを食べるといいと指導しているのを見たことがありますが、2,3粒だけということでした。
多分アーモンドも食べ過ぎると良くないと思います。
    • good
    • 2

豆腐は腹持ちが良く、腹いっぱい食べてもそれほどエネルギーになりませんから。



ピーナッツは脂の塊みたいなものです。こんなものは論外です。いかり豆は知らないので何とも言えません。

この回答への補足

いかり豆というのはそら豆を油で揚げたものです。
カロリー高いですよ(^^)

補足日時:2014/12/26 22:17
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダイエットは、タンパク質より炭水化物の方が良いのですか?

炭水化物ダイエットというのがあります。
実際私もやってみて、良さそうな感じです。
ところで、三大栄養素には他に、たんぱく質や脂質があります。
脂質は脂なので、ダイエットをするにはまずそこだと思うので、
脂質ダイエットというのも一般的には行われている事でしょう。
ではその次に、タンパク質ではなく炭水化物がメジャーになっているのはどうしてなのでしょうか?
そこにはどういう理由があるのですか?

Aベストアンサー

>タンパク質ではなく炭水化物がメジャーになっているのはどうしてなのでしょうか?

炭水化物はゼロでも健康に生きていけるから。
北極圏に生活のイヌイットは、
肉のみの食事を何万年も続けていますが、
皆、健康だそうです。
炭水化物はおろか、野菜も取っていないのに。
現在は我々と同様、何でも食べるそうですが。

人類が炭水化物を取るようになったのは、
農耕以降(小麦や米の栽培)です。
人類の歴史700万年、農耕はせいぜい2000年前。

炭水化物の過剰摂取は、
糖尿の原因。

血糖値を上げるのは炭水化物のみです。

炭水化物ダイエットの欠点は、
食費がかかること。
米、パン、麺などの代わりに、
肉や魚などを食べるので。

貧乏人に糖尿が多いのは、
貧乏人は肉や魚が買えないから、
炭水化物で腹を満たすから。

Q1日に最低限必要なタンパク質、炭水化物、脂質の量は?

いまダイエットをしています。36歳男、身長168センチ、体重65キロ、体脂肪率15%です。
表題のとおり、1日に必要な三大栄養素の最低量を知りたいです。ネットで検索しました。たとえばタンパク質。体重1キロにつき、1グラム摂取が基本、しかも動物性と植物性を半々摂取、とか書かれてありました。
これが正しいとして、ダイエットで体重を減らそうというとき、このタンパク質の“必要量”は最低とらねばならない量ですか? それとも体重維持のための“望ましい必要量”なのでしょうか?

また、別のサイトでは脂質は1日につき20~30グラム摂取、と書かれてありました。これも正しいのでしょうか? ただし、年齢、体重によってこの数値がどう変わるのかは書いてありませんでした。

最後に炭水化物。1日につき30代男性で340~400グラム摂取と書いてありました。

以上、3つの栄養素について1日の最低必要量をお教えいただけたら幸いです。どのサイトの何を信じればよいのかわからず混乱しています。

Aベストアンサー

このサイトはどうでしょうか?

http://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?c=%A5%DF%A5%CD%A5%E9%A5%EB&url=01/s001.html

Qダイエットなのですが、食事のかわりにダイエット食品を食べる方法以外で、

ダイエットなのですが、食事のかわりにダイエット食品を食べる方法以外で、やせる方法はありませんか?3食食べて、ダイエット食品を食べるというのもあれば、それも可です。

Aベストアンサー

いつも食べている食事を20~30%減らして生活しているだけで十分痩せます。

いつも食べている食事で太ったんだから、いつも食べている食事を見直しましょって話です。

Q炭水化物とその他の食品のバランスについて

今ジムに行き、体を鍛えています。
最近脚と顔は引き締まってきたのですが、おなかのお肉がなかなか減りません。

最近、なぜか果物が食べたくなり、朝小さいりんご1個とマンゴー半分など、ジムの後にオレンジ1個ほぼ毎日といってよい程食べています。酷いときには、これに加え夕食後にブルーベリーなどを食べています。
また、カナダにはいろいろなフレーバーの0ヨーグルトがあり、酷い時には150cal弱分食くらいべています。

なぜか、ご飯やパンは食べると太ると思い、昼にパン:110cal、夜ご飯:180~200cal分です。
サラダは低カロドレッシングをかけて毎食、その他野菜炒めなどして食べています。卵・豆乳は毎日、魚介類と鶏肉(偶に)も心がけてとっています。豆腐も手に入るので時々。

私はB型で、ヨーグルトはB型のダイエット食と聞いたのですが、乳製品を取るとお腹の肉が緩むというか、脂肪が減っていない感じがします。(筋肉の上に脂肪が乗ってる感じです)だからといって炭水化物を取ると太る気がします。

ヨーグルト・果物を減らし、炭水化物類を増やしたほうが良い(またはお腹が減りにくい)のでしょうか??バランスの良い食事というのが、調べてもよく分かりません。。。

カナダでは日本のようにヘルシーなおやつ?(昆布やゼリーなど)が手に入らないので、果物やヨーグルトが1番かなと思っています。

これからめげずにトレーニングを続けて行きますが、引き締まった体にしたいです。
みなさんの食事メニューなど参考にさせていただけたらうれしいです。よろしくおねがいします。

今ジムに行き、体を鍛えています。
最近脚と顔は引き締まってきたのですが、おなかのお肉がなかなか減りません。

最近、なぜか果物が食べたくなり、朝小さいりんご1個とマンゴー半分など、ジムの後にオレンジ1個ほぼ毎日といってよい程食べています。酷いときには、これに加え夕食後にブルーベリーなどを食べています。
また、カナダにはいろいろなフレーバーの0ヨーグルトがあり、酷い時には150cal弱分食くらいべています。

なぜか、ご飯やパンは食べると太ると思い、昼にパン:110cal、夜ご飯:180~2...続きを読む

Aベストアンサー

ヨーグルトや果物にも炭水化物(糖質)は含まれていますが。。。

例えば、りんご1個の炭水化物(糖質)量は約30g、オレンジ1個で約15g、マンゴー100gで17g。これで6枚切り食パン2枚分相当の炭水化物(糖質)量になります。

Carbohydrate Counting
http://www.diabetes.org/food-and-fitness/food/planning-meals/carb-counting/
炭水化物・糖質
http://www.asahiinryo.co.jp/customer/dictionary/ing_carbohydrates.html

Q枝豆ダイエット

彼女が最近、枝豆ばっかり食べる(冷凍枝豆800g)ダイエットを始めました。わたし個人的には、ぽっちゃりが好きなのですが・・・・。

本人は痩せたい一心でやっているのでしょうが、健康面が不安です。

枝豆ダイエットってどうなんでしょう?????

Aベストアンサー

どんなダイエットでも「単品ダイエット」は非常に危険です。
人間の身体は必要な栄養素が有ります。摂らなければ必ず何かしらの支障をきたします。
全ての栄養素を含んでいてカロリーの低い食品なんて有りません。
主食代わりに枝豆を食べ、他におかずをきちんと食べているなら多少目もつぶれますが、枝豆だけしか食べていないなら即止めさせるべき。
ぽっちゃりが好き・・は効果薄。
「ただ痩せてるだけの病的な身体は嫌い・止めないとそうなっちゃうよ」ぐらい言った方が良いと思います。
一番怖いのは生理がなくなったり、栄養失調で昏倒する事です。

ゆでた枝豆には亜鉛やマグネシウムといった微量ミネラルは無いし、ビタミンAの効力を示すカロチンも殆ど有りません。続ければ肌がガサガサになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報