Unix,window98を使用しています。
#include<stdio.h>
main()
{
doublea,b,x,y;
a=1.0 ;
b=2.0 ;
x=a+1.0/b ;
y=(a+1.0)/b ;
printf(" a=%f\n b=%f\n x=%f\n y=%f\n",a,b,x,y);

}

を  gcc ファイル名.c    でコンパイルして、
% ./ファイル名      で実行すると、  
./ファイル名; コマンドがみつかりません。 
と表示され、
% ./ファイル名.c     で実行すると、
./ファイル名.c; アクセス権がありません
と表示され、
% ./ファイル名.out    で実行すると、
./ファイル名.out; コマンドが見つかりません。
となり、困っています。
お答えを頂ければ、嬉しいです。  

A 回答 (4件)

ファイル名.exeとファイル名.outが存在しないのではないでしょうか。



その2つが存在しないのは何らかの理由でコンパイルが完了せずに中断された
ことが考えられます。
コンパイル時点でエラーメッセージが何か出ていませんでしたか?
また、出ているようならそのメッセージを書いてもらえると答えやすいです。

この回答への補足

お答え有難うございます。 
コンパイルを行ったところ、
gcc ass.c と入力して、Enterを押すと
~eduhost(s699871m)%
と表示されます。
エラ-メッセ-ジは出てないと思い、コンパイルはできたと考えています。

!!   assは私のこの時使用したファイル名です。
!!   ~eduhost (s699871m) は 表現の便宜上、仮にここではこう表しています。
      

補足日時:2001/06/12 13:38
    • good
    • 0

こんにちわ。


一応、UNIXではデフォルトではa.outというファイル名でロードモジュールが生成されます。もし、コンパイルするソースファイルがsrc.cで、生成したいファイル名がhogeだとすると、gccでしたら

gcc -o hoge src.c

とすれば、作成できます。
また、UNIXでは拡張子は関係ありませんので、例えば、hoge.exeとすることも当然できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御答え頂き有難うございます。

お礼日時:2001/06/12 13:59

gcc で出力ファイル名を指定していないのなら


% ./a.out
です。ls -l してみましたか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御答え有難うございます。
この場合、ファイル名は指定していました。誤解を招いていたら、すみません。

お礼日時:2001/06/12 14:28

実行するのであれば、


ファイル名.out
で、良いのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答え有難うございます。
早速、コンパイルを実行するため
%  ファイル名.out
とすると、
ass.out: コマンドがみつかりません.
が表示されます。
どうすればいいか、わかる方 お教え願います。
 

お礼日時:2001/06/12 13:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qruby "\001\376".unpack("C*") => [1, 254]の意味

"\001\376".unpack("C*") => [1, 254] の
[1, 254]ってどういう数字を意味するのですか?8ビット整数なのに配列で結果が出ていることの意味がわかりません。ご教授ください。

Aベストアンサー

"\001\376"
は、バイナリ文字列で
"C*"

バイトとして数値を取り出し配列にする
ということだと思います。
\376は、8進数で、10進にすると254になります。
見当違いだったらすみません。

Qfmlのconfig.phで使う、q{~};やq#~#;q%~%;は全て同じ意味?

メーリングリストのカスタマイズをしていて、ネット上で情報を集めているのですがどうしても分からないところがあります。 fml 4.0
$SMTP_OPEN_HOOKなどのHOOKを行うときに、q{~};やq#~#;q%~%を同じサイトであっても使い分けているようで、SMTP_OPEN_HOOKの時には =q{~}; を、START_HOOKでは =q#~#; のようになっています。
プログラムというもの自体触ったことはないのですが、一応記号が変わっているだけで中身は同じなのかなと思っています。
実際のところ別物でしょうか?

fmlとqで検索をかけても情報が引っかかりませんし、fmlとq#などとしてもfmlでしか検索できないみたいで八方ふさがりです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

fmlはPerlという言語で書かれています。これはPerlの記法の問題です。
どれも意味は同じです。違うのは、
・囲まれた内部で使われて無い記号を使って囲むため
・書いた人が違う
・気分によって使い分け?

Qオートマトン L = {ww^R: w ∈ {a, b}+}の中心の見つけ方

下記のようなオートマトンがあります。

L = {ww^R: w ∈ {a, b}+}
M = (Q, Σ, Γ, δ, q0, z, F)
Q = (q0, q1, q2),
Σ = {a, b},
Γ = {a, b, z},
F = {q2}.

(1)wをスタックに載せるために:
δ(q0, a, a) = {(q0, aa)}
δ(q0, b, a) = {(q0, ba)}
δ(q0, a, b) = {(q0, ab)}
δ(q0, b, b) = {(q0, bb)}
δ(q0, a, z) = {(q0, az)}
δ(q0, b, z) = {(q0, bz)}

(2)どこが文の中心か見つけるために(状態がq0からq1に変わる):
δ(q0, λ, a) = {(q1, a)}
δ(q0, λ, b) = {(q1, b)}

(3)w^Rと一致させるために:
δ(q1, a, a) = {(q1, λ)}
δ(q1, b, b) = {(q1, λ)}

(4)最後に:
δ(q1, λ, z) = {(q2, z)}

とあります。
問題の中にこれを元にしてL = {wcw^R: w ∈ {a, b}*}のnpdaをつくりなさい、
というのがありますが、それは(2)を
δ(q0, c, a) = {(q1, a)} ←cが入力されたらそこが中心
δ(q0, c, b) = {(q1, b)}
に変えて
δ(q0, λ, z) = {(q2, λ)} ←何も入力されなかったら文字を受け付ける(* → +なので)
を付け加えればよいですか? (多分、そうですよね?)

それと、上の(2)がどうやって中心を見つけているのか分かりません。
入力中は何文字入力されるかなんて分かりませんよね。
例えばbaabbaabという文があったとすると最初の四文字でbaabで
「さては中心はbaとabの間だな!」とか勘違いとかしないんですか?
入力がλということは毎回毎回入力がある度にチェックしているということでしょうか?
混乱している私に分かりやすい説明ができる方、どうかお願いします。

下記のようなオートマトンがあります。

L = {ww^R: w ∈ {a, b}+}
M = (Q, Σ, Γ, δ, q0, z, F)
Q = (q0, q1, q2),
Σ = {a, b},
Γ = {a, b, z},
F = {q2}.

(1)wをスタックに載せるために:
δ(q0, a, a) = {(q0, aa)}
δ(q0, b, a) = {(q0, ba)}
δ(q0, a, b) = {(q0, ab)}
δ(q0, b, b) = {(q0, bb)}
δ(q0, a, z) = {(q0, az)}
δ(q0, b, z) = {(q0, bz)}

(2)どこが文の中心か見つけるために(状態がq0からq1に変わる):
δ(q0, λ, a) = {(q1, a)}
δ(q0, λ, b) = {(q1, b)}

(3)w^Rと一致させるため...続きを読む

Aベストアンサー

先の2つの御質問からすると、non-deterministic(非決定的)なPDAを考えているわけですよね。

非決定的なオートマトンでは、「1つの入力系列に対して複数の遷移経路が考えられるが、そのうち1つでも受理状態で遷移が終了する経路が存在すれば、オートマトンはその入力を受理する」と考えます。

baabbaabの例であれば、"b"しか入力されていない状態、"ba"まで入力された状態、...、"baabbaab"まで入力されてしまった状態、のどこで(2)の遷移をやってもいいんです。
そのうち"baab"の状態で(2)の遷移をすれば受理状態で遷移が終了するので、このオートマトンは"baabbaab"を受理するといえるわけです。

> それは(2)を
> ....
> を付け加えればよいですか? (多分、そうですよね?)
そこはそれで合っていると思いますよ。

QC:\Windows> から C:\Windows\Win98>への変更方法

次のMS DOSプロンプトの状態から
C:\Windows>

次のMS DOSプロンプトの状態にしたい。
C:\Windows\Win98>

色々試して見ましたがうまくいきませんので、教えてください。テストした結果は以下の通りです。

C:\Windows> CD \   と入力してEnterします
C:\>CD C:\Windows\Win98  と入力してEnterします

ディレクトリーの指定が違いますと、表示されてうまくいきません。

Aベストアンサー

>C:\>CD C:\Windows\Win98  と入力してEnterします

↑で別に間違ってはいないので、"C:\WINDOWS\win98"ディレクトリが存在しないのでは?

dir c:\windows\win98

で確認してみた方が良いと思います。

QVBAのプログラムで、DIAG = 1# / A(L, L) や R(

VBAのプログラムで、DIAG = 1# / A(L, L) や R(I) = 0# の数字1、0の後についている番号記号#は何を意味しているものでしょうか?

http://www.index-press.co.jp/books/excel/excel-04.pdf

の記事内にあるプログラムで使用されていますが、解説がありません。
調べてみましたがシャープと読まないことぐらいしかわかりませんでした。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

Pdf拝見しました。
凄く読みづらいプログラムで、どうにか修正したい欲に
かられるわけですが。

ここでいう♯記号などは、「リテラル」というもので型を
暗黙に示すもので、#はDouble型を示すものだと思います。

言語が違いますが仕様が似てますので参考まで。
3-1 変数と定数
 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dd314343.aspx
 …真ん中のほう:
 …VB .NET はリテラルのデータ型に応じて、以下のような表記をします(表 3-2)。
 …の明示的な記述方法の列

1♯ はDouble型の1ということになります。
基本的に、Dim i as Double と宣言すれば i はDouble型に決まって
いますので♯は要りませんが。

稀に Dim i as Variant(何でも型)と宣言したとき、i=1#とすると
Double型として明示代入ができます。
とはいえ、変数の中身が訳がわからなくなるので、こんな書き方は
通常はしません。
プログラム文中を判りやすく見せているだけだと思います。


とはいえ、このプログラムは読みづらいです。
変数、配列のインデクサ、ループカウンタなど殆どが英字2文字以下の
意味のない単語変数なので、可読性のよいプログラムクォリティとしては
よろしくないと思います。

Pdf拝見しました。
凄く読みづらいプログラムで、どうにか修正したい欲に
かられるわけですが。

ここでいう♯記号などは、「リテラル」というもので型を
暗黙に示すもので、#はDouble型を示すものだと思います。

言語が違いますが仕様が似てますので参考まで。
3-1 変数と定数
 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dd314343.aspx
 …真ん中のほう:
 …VB .NET はリテラルのデータ型に応じて、以下のような表記をします(表 3-2)。
 …の明示的な記述方法の列

1♯ はDouble型の1ということになります。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報