親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

 黄色の自転車に乗っているのですが、今にしてみれば黒がよかったと後悔しております。

 業者に聞いてみたところ塗装に5万かかると言われ、5万のクロスバイクであることから、買い換えた方がいいと思われるのですが、色以外は問題ないので、買い換える気にもなりません。

 素人が塗装しても
 (1)塗られている塗装をはがしていないから、下の塗装が透ける
 (2)専門的な加工を処理しないと、すぐに剥がれる
 と聞いたのですがやはりそうなんでしょうか?
  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

カッティングシート使ってオリジナルデザインにしてみたら?


別に黒一色でなくてもいいんでしょう?

カッティングシートというのは色のついた薄いビニルシートで、好きな形に切り取って張り付けることができます。
車ではよく使いますよ。痛車とかあるじゃん?ああいうのはみんなカッティングシート貼ってやっているんです。
失敗したらやり直せるし、費用だって焼き付け塗装するのよりずっと安いです。

「カッティングシート 自転車」でググるといくらでもノウハウサイト、体験記、YouTubeなどが引っかかってきます。
ご参考までに、今私がググって上の方に出てきたとこ。
http://gigazine.net/news/20100505_machiasobi3_it …
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtop …

クロスバイク「甘城ブリリアントパーク」バージョンとか、だめ?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

カッティングシートも考えました

一番、手軽にやれる方法でしょうね
でも、私はすんごい地味なデザインが好きで
黒べた塗りにしたいんですよね
服が黒ばっかということもあり、それにあわせたいということもあるのですが
シートだと、どうしもクランク部分や張りにくい場所が出てきてしまうと思うんですよね
そこが気がかりかなーと

お礼日時:2015/01/01 20:46

買い替える気があるならダメ元で塗装してみればいいのでは?


個人的には意外と何とかなるもんだと思いますけどね。

何とかならなかったら買い替えれば済む話だしね。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

やっぱ買い換えたくないんですよね
自転車そのものには満足しているので
ただ塗るだけじゃん
と思ってしまう心理もなくはないので、こういった質問をしてみたのですが
やったことがなく、専門の業者もいるほどですから甘くはないのかなとも思いまして

お礼日時:2015/01/01 20:50

何事も経験 自転車以外の簡単なもので塗装の練習からやってみたら?(塗装マニュアル参照しながら)


元の塗装は全てはがさなくても下地処理すればちゃんと塗れます、自動車の板金塗装いちいち
剥離なんてしないでしょ、そんなことやってたら塗装代より剥離料金の方が高くなりますよ
自転車もフレームだけにばらせるスキルが必要です
こんな質問しなくても検索すれば参考ページどんだけでもあります

参考ページ (塗装 下地 ペーパー)で検索しました 
https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-i …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

塗るよりはがすほうが一苦労な感じですね
想像するだけでめっちゃ大変そうですね

お礼日時:2015/01/01 20:49

自分で完全にばらして、剥離して持って行けばもっと安くやってくれる所はあります。


古くからオーダー車やショップオリジナルフレームをやっているような自転車屋で取り次いでくれます。
お金がかかる所は
分解及び組み立て工賃→お店次第
剥離→再塗装の場合自転車は剥離が基本になってます。
ロゴマーク再生→2万円とか難度次第
一例
http://www.ysroad.net/support/tech/custom_paint/ …
http://zwp.jp/index_not-ie.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

1.2.素人でも、ホームセンターで売っている塗料でも、ちゃんとやればそんなことは無いけれども、こういう質問をしているということは、そのちゃんとやるやり方がわからないわけだからあなたには無理だということです。

どうでもいいような自転車からやってみて、勉強して技術も熟練して行けば3台目ぐらいから自分でやったとわからない程度に仕上がるようになるはずです。少なくとも缶スプレーでの塗装であっても下地が透けたり、すぐ剥がれたりするようなレベルからは脱却できるはず。
つまり一台の自転車を完全に分解再組み立てが出来る力がある上に塗装の経験を積むことが必要です。他の機械(オートバイ・自動車など)で慣れていれば難しくはありませんが。

それなりの塗装をやろうと思ったら器具(コンプレッサーとガン)とか、場所(塗装ブース)を整えることも大事なのでけっこうハードルは高いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やっぱ無理でしょうね
強引にやっても汚く出来上がるだけでしょう

お礼日時:2015/01/01 20:48

5万円というのは、塗装に必要な分解、再組み立て費用込みの値段ですね。

それだけで3万円で、塗装自体は2万円です。
だから、自分でゼロから組み上げるスキルがないと自家塗装は無理です。
アルミフレームの塗装は、塗膜の大半を落としてから、下地処理、専用プライマー、下塗り、上塗りを数回、非常に高価なウレタン缶スプレーで行う必要があります。
自転車の場合はそうしないとすぐにはげちゃうから。
私は全て自分でやりましたが、あなたには絶対に無理です。
費用は自分でやっても2万円近くかかります。

諦めましょう。
    • good
    • 1

基本的に部品を外してからの塗装になりますが



そこは問題ないのでしょうか。

なんだか部品がついたまま缶スプレーで塗っても大丈夫かと聞いているように思えますが・・・

カーボン柄のシートでもフレームパイプに貼ってみてはいかがですか。

それなりに見た目は変わりますよ。

フレーム塗装5万は妥当ですよ。

部品取り外し、塗装業者に発送、塗装剥離、塗装、発送、組み付けですので・・・

黄色に黒を塗るのなら色は透けないでしょう。

ウレタンクリアなどだと剥がれも大丈夫でしょう。

塗装面を軽くペーパーで擦ってから塗ればすぐには剥がれないですよ。(下地処理)

好きならやってみてもいいんじゃないですか。

自分でやれば缶スプレー代、安いのなら200円程度で済みますし・・・
    • good
    • 1

腕次第なかぁ。


http://aitech.ac.jp/~cycling/kyu_syasinn_kann/fr …

http://www.tosou-ya.com/rp_car/car20.html

簡単にできる塗装は、簡単に剥がれると思って良いと思う。
塗装の出来上がりは、下地処理に大きく左右されます。
リムーバーの拭き残し、洗いの水分一滴、サーフェイサーの垂れ一滴、ゴミ一つ
気がつかずに行ってしまえば悲しい結末となります。

時間を掛けて、一つ一つ丁寧に行えば、それなりにはなります。
あとは、妥協点を何処にするかですね。
    • good
    • 1

こんにちは。



自転車の塗装は、車の塗装と同じように「焼き付け塗装」でしょうから、焼き付け設備やスプレーガン及びエアーコンプレッサーなどの塗装設備がないと市販のラッカースプレー缶による塗装では強度が出ないで傷付き易く見栄えも良くないです。

恐らく、下地塗装が黄色で上塗り塗装が黒色なら下地塗装を綺麗に落とさなくても下地が透けて見えることはないでしょうけど、塗料をどのような手段で塗るかです。

自転車をバラバラに分解してフレーム単体の状態で塗装する方法が楽で綺麗な仕上がりになるでしょうが、自転車をバラバラに分解せず余分な箇所にスプレー塗料が付かないようにマスキングして塗料するとスプレーガンで重ね塗りするにしても塗装作業が面倒になり綺麗な塗装に仕上げるには相当な根気と技術が必要と思います。

かといって、塗料を刷毛で一気に塗る方法は簡単ですが塗料を均一に塗るのは至難の技で綺麗に仕上げるのは素人では困難でしょう。

私なんかは、若い頃にラリーの真似事をして、廃車寸前のポンコツ車をラリー仕様車のようにボンネットを黒く塗装したことがありますが、車のボンネットのように平面塗装でさえも見栄え良く綺麗に塗装仕上げるのは難しいと思いました。

ですから、塗料業者の見積り額の五万円というのは、手間賃に技術料や設備使用料も含まれてる額であって、塗装設備を持ってない塗装経験不足の素人が片手間に塗装の真似事をしても専門業者のような綺麗な仕上がりになることはないと思って間違いないです。
    • good
    • 4

 工場での塗装は部品の状態で焼付塗装を行いますが、組みあがってしまった製品にはゴムやプラスチックの部品が付いているので200℃で焼くことはできません。

自動車の全塗装がどんなに金をかけても新車の塗装と同じ品質にならないのはこのためです。つまり塗った直後にきれいであっても同じ強度の被膜はできないので、はがれたりくもったりすることになります。ホームセンターで売っているアクリルラッカーなどは特に、陽に当てたり雨にぬれたりしていると数か月で剥がれてくると思います。下処理と下塗りをどんなにがんばっても工場でやる塗装にはかないません。それでも平気だ、DIYの味が好きだ、という選択肢もあるでしょう。私もつい先日、91年シビックのワイパーアームをアクリルラッカーで塗ったところです。数か月以内に剥がれるので気が向いたらまた塗るつもりです。ラッカースプレーで全塗装した人もいます。
http://www.d8.dion.ne.jp/~rk101yn/myH1300.htm

 年月が経ってボロ自転車になった頃には自分で塗装して楽しむんだ、というのが実際問題として妥当なところだと思いますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほどねー
特にフレームカバーも付けていないので、ロゴが剥がれたりもしています
それが全体に目立ってきたらやってみようかなくらいにしておきますかね


何年後になるかわかりませんが

お礼日時:2015/01/01 20:52

まぁそうですが、いいじゃないですか。

それで
本格的にやるなら、強力なペイントリムーバーで塗装を剥がせばいけそうです。

参考URL:http://aitech.ac.jp/~cycling/kyu_syasinn_kann/fr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさに自分でやってる人の参考URLですね
これを参考に自分でやる根性があるかどうか検討しようと思います
ありがとうございました

お礼日時:2015/01/01 20:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自転車を黒く塗装するのに良いマーカー

 自転車屋で泥除けをつけたのですが、色が違うのしかなく気にしないということで付けてもらったんですが、後からやっぱり気になってきました。
 そこで、自分で黒く塗装しようかと思っているんですが、どういうマーカーを使えばいいのでしょうか?。車用の塗装カラーでいいのでしょうか?。

Aベストアンサー

 こんにちは。気になっておいでですね。

 さて、自転車の色塗りでは、他の方のおっしゃるように、自動車用品売り場のスプレー塗料(油性アクリル塗料、水性アクリル塗料)のどれかなら、概ね選択して間違いがないといえるでしょう(あまり大きな差がない)。一方、街で見かける、「素人が塗った事が見え見えになる失敗」を例に、少々アドバイスさせていただきましょう。

(1)塗装がところどころはげている
 質問者さんが一番気にされているところでしょう。きれいに塗装しても、1年程度でところどころ剥がれてしまうパターンで、一番目立つパターンです。これに対し、
・ 塗料としては一般に水性のものより油性のもののほうが良いようです。(食いつき力のほか、塗膜に柔軟性があって塗装後の素材のゆがみについてゆきやすい)
・しかし、一番は、下地の洗浄。油分がついてしまっているところはてきめんに弱い。プロは高品質塗装の場合、部品をはずしたりして、洗剤(台所洗剤で可。)で徹底的に洗い、徹底的にゆすぎ、きちんと乾かします。
・さらに、わざと紙やすりをかけてから塗装することも有効。表面に微小なこぼこができて、塗装膜の食いつきが良くなります。
・相手の材質によっては下塗り剤が必須の場合もあります。ミクロン単位で滑らかで塗装の食いつきにくいメッキ材料や、独特の表面特性を持つプラスチック部品は、それぞれに合わせた専用下塗り剤を塗ってから塗装するか否かで耐久性が大きく変わります。
・ 許されるなら、塗料を塗って乾かしてから、クリアー(透明)を塗ると耐久性が上がります。通常、塗料は中に顔料(細かい色の粒。いわば石の粉)が入っているため塗膜が裂けやすのに比べクリアーは格段に裂けにくい材料です。

(2)塗装がはみ出ている
泥除けだけを塗るはずが、フレームやタイヤ、リムに塗料がついているのはいかにも素人仕事ですね。プロは、場合によってはマスキング(はみ出やすい部分に新聞紙やガムテープを張る)作業に塗装そのものより手間をかけることも多いです。私は泥除けは外して塗装することにしています。

(3)他の部品と色合いが中途半端に違う
 これはある程度やむをえないでしょう。同じ会社から販売される専用塗料でさえ、もとの車体が微妙に変色しているため完全には合致しません。一番目立つ「はみ出たところ」さえなければ気にしない・・・といったところ。それでも、同じ黒でも、「光沢」「半光沢」「つや消し」は気にしてあわせておくのが良いでしょう

(4)塗装に「たれた」流れの形が出ている、泡やムラがある
 これは私もよくやってしまいます。スプレーの距離30cm以上を絶対守る、スプレーを常に左右に動かし同じ場所に0.5秒以上続けてスプレーが当たらないようにする、「少し塗っては半日乾かす」作業を繰り返し3回目~5回目でやっと全面に色がつく(1回目~2回目は下地が見える)作業を覚悟する、という努力でやっと避けられます。
(筆塗りの場合のコツは今回は省略。)

・・・さて、うんざりされているでしょうか。実は何度も経験している私もうんざりなのです。ママチャリの泥よけを例に上げれば、取り外しの手間(マスキングしたこともありましたが)、洗浄、塗装と乾燥4回にクリアー塗装と乾燥2回。その間1週間は泥よけなしの自転車に乗って。(マスキングしたときも途中で自転車を使う必要があって新聞紙やガムテープを一度全部外したんですよ)
で、おまけに、風の日(ゴミがつきやすい)、雨の日(湿気が塗膜に入って剥がれやすくなる)は吹き付けてはだめ・・・とかなると・・・・
さらに、自転車は、自動車に比べても、曲面の曲がり具合が急で、素材もへこんだり曲がったりしやすく、細かい振動にも多くさらされる点で、塗料には過酷なのです。

もちろん、上記すべてを気にする必要はありませんが、それでも手抜きをするとそこに結果が出てしまい・・・(重ね塗りが面倒なので回数を減らそうとしたら「たれ」が出て自転車に乗るたびに気になる、洗浄を手抜きしたら半年で剥離が出る・・・等)、錆びが原因で塗装する場合は仕方ないものの、特定の部品の色違いだけが理由なら塗らないほうが良かったとの後悔もあり、まあ、悩ましいところです。

さて、こだわりの程度にもよりますので、少々長くなりすぎましたがご参考になるでしょうか。お役に立てば幸いです。

 こんにちは。気になっておいでですね。

 さて、自転車の色塗りでは、他の方のおっしゃるように、自動車用品売り場のスプレー塗料(油性アクリル塗料、水性アクリル塗料)のどれかなら、概ね選択して間違いがないといえるでしょう(あまり大きな差がない)。一方、街で見かける、「素人が塗った事が見え見えになる失敗」を例に、少々アドバイスさせていただきましょう。

(1)塗装がところどころはげている
 質問者さんが一番気にされているところでしょう。きれいに塗装しても、1年程度でところどころ剥...続きを読む

Q自転車の塗装

冬休みのヒマをつかって自分の自転車を塗装しようと思っています。
ネットで情報あつめて、ホームセンターいっていろいろと見てきたんで
大体はわかったんですが。どうもよくわからないところがあります

下地剤とプラサフとサフェーサーというものについてなんですか
下地剤というのは、塗装の下に塗って塗料の食いつきをよくしたりするものですよね?プラサフとサフェーサーも同じようなモノのような気がするのですが、効果は違うのでしょうか?やはり三つとも買って塗った方が良いのでしょうか?

一番上の色のしたに発色よくするために下色を塗った方がいいと聞いたのですが。私は紺色っぽい色にしようと思ってるんですが、下色は何色がいいんでしょうか?

あと注意する所とかあったら教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下地材の中にプラサフとサフェーサーが含まれます。
他にもプライマーと呼ばれるものがあり、その役割を簡単に書くと、

○プライマー・・・下地の材料に塗料の食いつきをよくするために使います。
○サフェーサー・・下地の細かい仕上げに使われます。
○プラサフ・・・・プライマーとサフェーサーを合わせたものです。

下地材は、その中のものをひとつ使えば十分です。
ただ、金属や樹脂の地肌を出さなければ、使わなくてもだいじょうぶです。
実際に、自転車の場合は、下地の金属を出してしまうと、でこぼこなので、
かなり手間がかかります。

簡単なやり方は、
1.分解できる部品を外します。
2.きれいに水洗いをして、油分がついている場合は、きれいにとり除きます。
3.色を塗る部分、の塗装を#400の耐水ペーパーで均等に磨きます。
  (つやが無くなる程度)

4.#400の場合傷が大きいので、#800の耐水ペーパーで、
  仕上げていきます。

5.乾燥させて水分を取り除き、塗料の薄め液やシンナーで表面についたゴミを
  取っていきます。

6.色が付いては困る場所、塗らない部分に新聞紙をマスキングテープで、
  貼り付けていきます。細かい場所はマスキングテープだけで、処理します。

7.下地材又は下地の色を塗ります。
  塗る前にゴミの付着がないかチェックしてください。
  塗り方は、パイプに対して平行に塗っていく感じです。

8.一晩、乾かして細かい凸凹を#800の耐水ペーパーで、
  部分的に仕上げていきます。
  乾いたティッシュで粉をふき取り、ほこりは口でふぅーと飛ばしてください。
  その後、紺色を塗ってください。
  (このとき、シンナーなどを使うと下地が溶けるので注意です。)

9.一晩乾かして、きれいに塗れていれば、表面のゴミを
  口でふぅーと飛ばしてください。
  その後、クリアーを塗って仕上げをします。

10.一晩乾かして、新聞紙マスキング・テープを外します。
   塗料とテープの境目は、カッターナイフなどを使って
   丁寧にはがしてください。
   後は外した部品を組み付けて、調整をして終わりです。

塗料に関してはラッカー系が塗りやすいです。
塗る日の条件としては、風が無く、よく晴れた日がよいです。
下地の色は、紺色の場合は下地材の色でもよいですし、
白色でもよいとおもいます。

また、わからないことがあれば、補足してください。

下地材の中にプラサフとサフェーサーが含まれます。
他にもプライマーと呼ばれるものがあり、その役割を簡単に書くと、

○プライマー・・・下地の材料に塗料の食いつきをよくするために使います。
○サフェーサー・・下地の細かい仕上げに使われます。
○プラサフ・・・・プライマーとサフェーサーを合わせたものです。

下地材は、その中のものをひとつ使えば十分です。
ただ、金属や樹脂の地肌を出さなければ、使わなくてもだいじょうぶです。
実際に、自転車の場合は、下地の金属を出してしまうと、でこ...続きを読む

Q自転車の塗装

愛車が夏の強い日差しや長雨に晒されて十年以上たち、とうとう元からの塗装があちこちで剥れてきました。
そこでペンキか何かで塗りたいのですが、色んな塗料があってどれが自転車に合うのか分からなくて困っています。最適な塗料を教えて下さい。

Aベストアンサー

お勧めは車用の缶スプレーです。
耐候性、つや、価格、手軽さ、色の豊富さ
これだけの利点があります。
ただ欠点はタイヤ等の塗装したくないところを新聞等で隠すかはずす(これはペンキでも同じですね)、下地→色→クリアの三工程しないといけない。
こんな感じです。

後、アドバイスですがどの塗装にするにしても下地処理はきちんとする、1度に厚塗りしない、乾燥するまで次を塗らない、これは大事ですよ。
参考に工程をちょっとかきますね。
 1、錆やいらないシールをとる
     (カッターやワイヤーブラシなどで)
 2、塗り潰したくないシールにセロテープ等でカバーする
 3、洗う、油分がついてると塗装がはげやすくなります。
   使用するのは中性洗剤等で結構です。
 4、乾燥させる、水分も塗装の敵
 5、塗りたくない部分を隠す又ははずす。
 6、塗装、これは使用するもので変わりますが今回はスプレー缶の場合
   下地塗装(プラサフと言うもの)
    乾燥
   中塗り塗装(実際塗りたい色)
    乾燥
   クリア塗装(透明艶出し用)
    乾燥
 7、2と5でやった部分を元に戻す。
 8、チェーンなどにグリスアップし完成です

これ実際の車の自家塗装と同じ工程です。
手間のかかるように思えますが大事な愛車ならやって見る価値ありですよ(≧∇≦)
おまけですが、塗装時は汚れてもいい格好、手袋、地面につかないように水をまく、車体ナンバーを塗り潰さないようにご注意下さいね。
話が脱線しましたが、車用缶スプレーが自転車には1番です。

お勧めは車用の缶スプレーです。
耐候性、つや、価格、手軽さ、色の豊富さ
これだけの利点があります。
ただ欠点はタイヤ等の塗装したくないところを新聞等で隠すかはずす(これはペンキでも同じですね)、下地→色→クリアの三工程しないといけない。
こんな感じです。

後、アドバイスですがどの塗装にするにしても下地処理はきちんとする、1度に厚塗りしない、乾燥するまで次を塗らない、これは大事ですよ。
参考に工程をちょっとかきますね。
 1、錆やいらないシールをとる
     (カッターやワイ...続きを読む

Q自転車の塗装で元の塗装は剥離させた方がいいですか?

こんにちは。
自転車(スチールのママチャリ。パーツ外し済。)の塗装にチャレンジします。色々なブログ等で塗装方法を参考にさせていただいたのですが、
(1)元塗装の上から紙やすりで水研ぎ後サフを吹く。(この方はアルミのママチャリでした。)
(2)塗装剥離液で元塗装を剥がし、地肌を紙やすりでやすった後サフを吹く。(この方はクロモリのクロスでした。)
と、剥離材を使うか使わないかの2種類見つけ、私は(1)で行いたいのですが元塗装は剥がした方が良いのですか?
もしスキップしても影響の少ない工程であるならばスキップしたいです・・・。

それとカラーは黒のスプレーで吹くのですが、やはり白サフは吹いた方が良いですか?
もしよろしければご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

古い塗装がくたびれていたり地肌にサビが浮いてるようでしたら全剥離してサビを良く取ってから塗った方が良いです。せっかく塗り直してもその下からサビが出たり古い塗膜が剥がれたりしたのでは徒労という物ですから。
だから自転車再塗装をプロが受ける場合は必ず全剥離をします。(往年の名車のレストアは別ですけど)

全くの新車でしたら既存の塗膜をサンディングしていきなり上塗りでも良いと思いますが。(旧塗装が透けないような色を塗るつもりならサーフェーサーの必要はありません。塗膜が厚ぼったくならないようになるべく薄く仕上げた方が良いです。)
サンディングする前にグリスなどは完全に除去して脱脂しておくことは絶対です。

鉄の場合ですが、全剥離した場合は上塗り塗装の塗り重ねでも良いのですが下地にプラサフを使った方が早いことは早いです。でも素人の場合上塗り塗料の塗り重ねでやる方法もあります。(塗料が1種類で済みますから)
塗り重ねは最低でも下塗り一回中塗り仕上げ計2回の3回は見ておいた方が良いです。

アルミフレームの場合は下地の付着が悪いので剥離せずにサンディングしての塗装という選択もありと思います。
アルミで剥離した場合は地肌にまずアルミ用のプライマーを塗る必要があります。

古い塗装がくたびれていたり地肌にサビが浮いてるようでしたら全剥離してサビを良く取ってから塗った方が良いです。せっかく塗り直してもその下からサビが出たり古い塗膜が剥がれたりしたのでは徒労という物ですから。
だから自転車再塗装をプロが受ける場合は必ず全剥離をします。(往年の名車のレストアは別ですけど)

全くの新車でしたら既存の塗膜をサンディングしていきなり上塗りでも良いと思いますが。(旧塗装が透けないような色を塗るつもりならサーフェーサーの必要はありません。塗膜が厚ぼったくなら...続きを読む

Qボトムブラケットの規格 測り方がわからない

BBを交換しようと思いますが、規格の一覧を見つけましたが、
どう測ったものかわかりません。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/bottom_bracket.html#BBshell
BB交換の際に見るのはBBシェルの規格と、テーパー規格だけでいいでしょうか?

BBシェルだから、BBの幅ではなく、フレーム側の幅を計ればいいんですよね?
はずしたほうが正確なのですが、面倒なので、つけたままBBとBBシェルの間を、
クランクが邪魔だなと思いつつノギスで測ったら、68.5mmでした。
これはISO,JIS規格だとおもっていいでしょうか?

Aベストアンサー

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。

・Peugot CADET (2003年春~夏ごろの購入だと思う)
BB shimano 「BB-LP28」 68 BC1.37x24
クランク shimano 「FC-MC20」
で、こちらは答える必要がないくらいシマノですね。
JISテーパー。
軸長は、実物を計って調べてください。
情報としては、126mmが適合するはずですが…
確実なのは現物の軸長です。

いずれも最近のBBですので
オフセットは普通です。

また、110.5と110とか111とかは、
神経質になる必要は在りません。
=近似値で調整可能と考えて良いです。
逆に言えば、110必要なんだけど、
すこしアウタートップを軽く使えるようにしたい…とかの場合
111でも113でも使用可能です
オフセットは左右均等なので、
1mmの長さの差=チェーンリングが0.5mmずれるだけ。

また。
四角テーパーの泣き所ですが、
そう言う使い込んだクランクの場合、
勘合部がどうしても減ってしまい、
前よりも深く刺さるようになってしまう場合が多くあります。
ですので、
110.5の軸長が標準であれば
111や113を選択すべきです。
間違っても109とかは選択すべきではありません。
=勘合が深くなっているのと合わせて3mm以上ギアが内側に入ると
アウタートップやミドルトップがかなり苦しくなります。
=チェーンがすこしごりごり言っているかもしれません。

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。
...続きを読む

Q錆びている自転車に塗装したいんですが・・・。

 何年もほったらかしにした自転車(ママチャリです)に乗ろうと思い、点検をしましたら、タイヤは大丈夫でした。が、本体がかなりさびていて、ちょっといかにもって感じになってしまいました。
 リサイクルの世の中、新しく買うのはもったいないし買うよりは安くすむのでなんとかしたいんです。

 クレ556をかけてヤスリ?ペーパーみたいのでこすったらだいぶとれたのですが、まだまだ見かけは茶色くなってしまってます。
 
 そこで思ったのですが、錆びている部分を塗装して見栄えってよくなるもんなんでしょうか?
 ペンキなんかの種類を出来れば詳しく教えてください。
 
 

Aベストアンサー

金属用のペンキをはけで塗って下さい。
日曜大工の店に売っています。

Qアルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

アルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

クロスかロードのバイクで週末はちょっとロングを走りたいと思っている初心者です。
今は変速付きママチャリで遊んでいます。

それで選ぶ際のフレームの素材なのですが、
アルミ、クロムモリブデン、カーボンと主にあるようですが、どれがよいのでしょうか。
予算的にカーボンは多分無理だと思います。

アルミは軽いけど剛性(柔軟性?)がないので路面の衝撃をそのまま伝えるらしくて長時間の乗車はきついらしいですね。
でも、軽くてしなりがない分キビキビ走れるみたいです。

クロムは剛性があるので長時間でもさほどつらくならないようですね。
ただ、ちょっと重いですね。

ネットで調べましたけどこれくらいの違いしか分かりませんでした。
ただ、例えばこの振動がゴツゴツくるアルミでも、それがいいっていうバイカーもいるんですよね。

まったくの初心者なので、700cって何? という感じで調べている状態です。
アルミ、クロモリと言っても車種の年代によって、また、サスがあるなしとかでかなり違ってくるのだろうと思いますが
バイカーの先輩としてご経験上のアドバイスをいただけたらと思います。
よろしくお願い致します。

アルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

クロスかロードのバイクで週末はちょっとロングを走りたいと思っている初心者です。
今は変速付きママチャリで遊んでいます。

それで選ぶ際のフレームの素材なのですが、
アルミ、クロムモリブデン、カーボンと主にあるようですが、どれがよいのでしょうか。
予算的にカーボンは多分無理だと思います。

アルミは軽いけど剛性(柔軟性?)がないので路面の衝撃をそのまま伝えるらしくて長時間の乗車はきついらしいですね。
でも、軽くてしなりがない分キビキビ走...続きを読む

Aベストアンサー

アルミで クロモリ同等の 強度を持たせようと すると 太く厚いパイプになり 結果 フレームは
重くなる傾向が有ります アルミ材質にもよりますが 粗悪安価なアルミ材ですと柔らかく 重くなって結果 乗り難いものになります。

クロモリと言っても 種類があると思います 
最近のパイプは 詳しくないですが
昔 石渡 022というのが 一般的で ロードですと019という軽量パイプを使用します
超軽量を狙い 017(コロンバスSLX相当かな?)という 薄いパイプも有りましたが 転倒すると フレームお釈迦といった 強度でした。
自分は、ロードで無く ランドナーという OFFを走る650Bタイヤのフレームを 作った際
022ダブルバッテトーチューブベースのものと チェーンステイ、シートステイを019を使ったフレームを使用していましたが
019(薄く軽量固い)のチェーンステーは 固く 撓みが少なく 踏み込みパワーロスが少ない反面
足に来ます。疲れる 痛くなる 足に負担が大きかったです。
自転車は 基本サスペンションは、無く フレームの撓みで 有る程度 乗り心地や 踏み込みパワーを
緩和してくれるもので 結構固さや撓みは 重要です。
 フロントフォークの曲がりひとつでも 乗り味は変わります。

ロードの理想は、固すぎない クロモリです。
 クロモリフレームは ロー付けで組み立てます。下手なビルダーが バーナーで炙り過ぎると 良くないです。 作る人を選びます。
アルミは、柔らかい 重いので 好みません(マウンテンバイクなどには、良いかも)
一番良いのは、カーボンパイプの フレームです。 それなりのカーボンフレームなら 撓みが絶妙
乗り心地良く 足に来ません 一番軽く 楽に乗れるのが カーボンです。
値段が高価ですが それ相当の価値が有ります。

サスペンション付きは、まず
サスペンションによる 重量増が 問題 サスペンションとしての機能が 合っているか 微調整できるかで 使えるか 付かないかが決まります。
乗る人の 体重でも設定が変わりますので 自転車用サスペンションが 何処を狙って 選定されたものかを見極め 試乗し 自分に合うかを 確認した方が良いでしょう
また 細かな相談や調整をしてもらえる ショップでの購入を お勧めします。
未経験、素人、詳しくなければ、何件も ショップをめぐり 相談
一番 自分に合う店で 購入する事
自転車自体より ショップの アフターが重要です。
元 選手が開いたショップだから 良いとい事も有りません 
安いけど 腕がないのも 困りもの ですね! スポークホイール組めない ショップも意外と多いんですよ。

アルミで クロモリ同等の 強度を持たせようと すると 太く厚いパイプになり 結果 フレームは
重くなる傾向が有ります アルミ材質にもよりますが 粗悪安価なアルミ材ですと柔らかく 重くなって結果 乗り難いものになります。

クロモリと言っても 種類があると思います 
最近のパイプは 詳しくないですが
昔 石渡 022というのが 一般的で ロードですと019という軽量パイプを使用します
超軽量を狙い 017(コロンバスSLX相当かな?)という 薄いパイプも有りましたが 転倒すると ...続きを読む

Q自転車に塗装するスプレーについて

今度自転車を塗りなおそうと思うのですが、
家にあるニッペのホームペイントスプレー↓
http://www.kendepot-pro.com/common/parts/data/item/04976124055003.jpg
を下地の上から塗って、その上に
もう一層ちがうホワイトを塗ろうと思ってるのですが、
一緒に使って大丈夫でしょうか?

それと塗装のコツなどご存知でしたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

フレームをきれいに塗装する手順は、

 (1) ペイント剥離剤でフレームの塗装を剥がし、きれいに剥がれない
   部分は番手の大きな耐水ペーパーで丁寧に削る。
 (2) 濡れタオルでフレーム表面を拭った後に、乾いた布で水分や油分
   を拭き取る。
 (3) 錆止めペイントで下塗りを施す。
 (4) その上に発色をきれいにするために白又は薄い色で上塗りする。
 (5) 希望するフレーム色を塗装する。

塗装する際のコツですが、
上記(3)(4)(5)とも一度に塗ろうとすると塗膜が厚くなってしまい
きれいに仕上げることができません。
スプレーは少しずつ塗り重ねるようにして吹き付けます。

塗装は段階的に行うようにしましょう。
(3)(4)(5)とも完全に乾かしてから次の塗装工程に進むようにします。
今の時期であれば最低1日はあいだを空けるのが吉です。
見た目に乾いているようでも完全に乾いていない場合があります。
完全に乾燥していない状態で上塗りすると、
あとで塗装が剥がれやすくなったり皺になったりする原因になります。

フレーム色のスプレーはどちらでも構いませんが、
下塗りスプレーは必ず『つや無し』を使うようにしましょう。
錆止めペイントは大抵はつや無しの茶色です。

フレーム色でつやを出したい場合には2通りの方法があります。
1つはつや有りのスプレーを使う方法で、塗料固有のつやが出ます。
もう1つは、スプレー自体はつや無しのものを使い、
その上からクリアラッカーを吹き付ける方法です。
両者の違いは、前者がベッタリしたつやになるのに対して、
後者では透明感の高いクリスタルカラーになります。

ところで、
質問者さんの手持ちのスプレーは浴室用ですから、
フレームの下塗り塗装には適していません。
剥がれの原因になるので使わない方が良いでしょう。

フレーム色を白にするのであれば、
上記(4)の下塗りは白で行う必要があります。
フレーム色が白や薄い色の場合、
どうしても下の層の色が影響してくるからです。

私はこれまでにランドナー、ロードレーサー・MTBのフレーム塗装を
20台以上自分でやった経験があり、
10台ほどこなした頃からプロショップからも評価されるほどになりました。
その経験から言えば、
フレーム塗装はゆっくり丁寧に進めるのが良いと思っています。
噴き付け作業も一度にきれいに塗ろうとせずに
少しずつ塗り重ねていく忍耐力が必要です。

この「少しずつ塗り重ねていく」というのが説明の難しいところです。
例えば、紙の左から右へ50cmほどサーッとスプレーしたとします。
スプレーですから霧状のペイントが吹きかけられるわけですね。
つまり紙の表面には塗料が点々で塗られるわけで、
刷毛で塗ったようにべったりとはいきません。
この点々の部分をきれいに塗ろうとして何度も噴き付けをすると
その辺りだけ塗料が塗り重なってしまって塗膜が分厚くなります。
そうならないようにとゆっくりスプレーすると
今度は全体に塗料が付き過ぎてしまう結果になります。
そうならないためには、
1度左から右へ噴き付けたら吹き付け位置を半分ほど下に(又は上に)
ずらして、今度は右から左に噴き付けるようにすれば良いのです。
実際にはずらす位置も1度目の結果を見て調節していきます。
もし近くに自動車修理工場や塗装工場があれば
噴き付け塗装の作業を少し見学してみることをお勧めします。
そうすれば私の言っている事がより解かり易くなると思います。

以上、ご参考になれば幸いです。

フレームをきれいに塗装する手順は、

 (1) ペイント剥離剤でフレームの塗装を剥がし、きれいに剥がれない
   部分は番手の大きな耐水ペーパーで丁寧に削る。
 (2) 濡れタオルでフレーム表面を拭った後に、乾いた布で水分や油分
   を拭き取る。
 (3) 錆止めペイントで下塗りを施す。
 (4) その上に発色をきれいにするために白又は薄い色で上塗りする。
 (5) 希望するフレーム色を塗装する。

塗装する際のコツですが、
上記(3)(4)(5)とも一度に塗ろうとすると塗膜が厚くなってしまい
きれいに仕...続きを読む

Qロードバイク擦り傷の補修について

昨年購入したGIANTのロードバイクについて、大事に扱ってきましたが、本日一時降車した際、コンクリの壁面に擦ってしまいました。そのため、チェーンステーに6・7箇所、カーボンフォークのGIANTのTの部分に塗装禿げ傷が出来てしまい、少しでも目立たないように補修したいのです。車用でも自転車用でも構いませんが、お奨めの補修剤あるいは改修方法をお教え願えませんでしょうか。

いずれ多少なりとも傷は付くでしょうし、ホンの気の緩みとはいえ、一部荒れたコンクリの地面に、細心の注意を払わず置いてしまった自分のせいなのはわかっていますが、アドバイスお願いいたします。気にしないようにする、というのは承知しておりますが、室内スタンドで常に見える側ですので、少しでも目立たないようにしたいと思います。

Aベストアンサー

初めまして。

車用のは皆さんが書いてらっしゃるので、わたしはちょっと手軽に出来るものを。

まず色あわせが大変なのはご理解いただけると思います。車の専門家でも何万も取って微妙に違うなんてことはざらです。

なのでそこは飛ばします。

面積がそんなに広くないという前提で話します。

私のお薦めはマニキュアです。100円ショップので十分です。マニキュアは乗せたときにやせにくいのです。一般的な塗料はやせてしまい、そこだけ違和感が出てしまいます。マニキュアの場合、すこし多めでも後から目の細かいペーパーでならしてやれば大体うまくいきます。

下地処理はきっちりしてください。この作業が全体の8割と言っても過言ではありません。

擦れていないところはマスキングテープを貼りましょう。

キズとその周辺の3㎜ほどの部分を少し粗めのペーパーで研ぎ、キレイにします。その後油やゴミが付いていないかきっちりチェックしてください。あるなら中性洗剤で洗いましょう。パーツクリーナーはダメです。

そのあとに目立たないところでマニキュアを塗り、違和感がないかテストします。そして塗りましょう。

雨の日はダメです。

こんな感じです。

もしうまくいかないなら、ステッカーを貼るというのも昔からの知恵です(笑)。

ご健闘をお祈りします。

初めまして。

車用のは皆さんが書いてらっしゃるので、わたしはちょっと手軽に出来るものを。

まず色あわせが大変なのはご理解いただけると思います。車の専門家でも何万も取って微妙に違うなんてことはざらです。

なのでそこは飛ばします。

面積がそんなに広くないという前提で話します。

私のお薦めはマニキュアです。100円ショップので十分です。マニキュアは乗せたときにやせにくいのです。一般的な塗料はやせてしまい、そこだけ違和感が出てしまいます。マニキュアの場合、すこし多めでも後か...続きを読む

Q自転車のボディーの色を変えたい

自転車のボディーの色を綺麗に変えたいのですが、どういう所に頼んだら色を塗ってくれますか?
板金やさん? 看板やさん?

教えてください!

Aベストアンサー

1.自転車の塗装だとカドワキコーティングが有名です。
http://www.kadowakicoating.com/kc/category/bicycle/shoplist.html
ちょっと高めですが。

2.自動車向けの業者でもやってくれるところはあるようです。知人が先日やってもらい、出来にかなり満足していました。

3.自転車のビルダーさんに塗装を請け負えるか、業者を紹介してもらえるか聞いてみるのも手です。
ビルダーさんはたとえば↓なんかを手がかりに探すことが出来ます。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/1275/builder/index.html

どこに頼むにせよ、塗装前のパーツ外しが必要で、
それは塗装の業者では請け負っていないのが普通なので、
塗装に出す前にフレーム単体の状態までばらす必要があると思います。
分解、再組付けを自分でやるか自転車店等に頼むかはスキルとやる気次第でしょう。
自転車店やビルダーを通して頼んだらそちらのその辺の作業を工賃を払ってお願いすると良いと思います。

1.自転車の塗装だとカドワキコーティングが有名です。
http://www.kadowakicoating.com/kc/category/bicycle/shoplist.html
ちょっと高めですが。

2.自動車向けの業者でもやってくれるところはあるようです。知人が先日やってもらい、出来にかなり満足していました。

3.自転車のビルダーさんに塗装を請け負えるか、業者を紹介してもらえるか聞いてみるのも手です。
ビルダーさんはたとえば↓なんかを手がかりに探すことが出来ます。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/1275/builder/index.html
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング