Jの発音に関して疑問があります。

アルファベットのJはIから作られたのですよね。
イと発音するとカ行がギャ行になりサ行がシャ行になるのでJから派生したIがヤ行の音を表すのは理解できます。

しかしなぜ英語では/dʒ/という発音になるのでしょうか?
調べたところフランス語の綴り方にならったということはわかったのですが、そもそもなぜフランス語ではjeが/ʒə/という発音になるのかがわかりませんでした・・


またスペイン語では/x/になるのも不思議です。

この2点に関してご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

> なぜ英語では /dʒ/ という発音に j をあてたのでしょうか?



ということですね?

まず、英語のアルファベットはラテン語で使用されていたものです。
しかしラテン語にはそもそも /ʒ/ も /v/ も、ありませんでした。
それで、u と v、i と j が異体字として存在し得たのです。
(正確には、位置によって、文字の形を使い分けていた)

さて、そうこうするうちに、フランス語やスペイン語などで発音が変わってきた。
/j/ や /ɡ/ から /ʒ/ が生じた。
つまり、 /j/ が /ʒ/ となった以上、j が /ʒ/ を表すのは自然の道理で、/g/ 由来の /ʒ/ にもそれが広がるのも自然である。

また、英語もそれに倣った。

こうして、j は [ʒ] を表すことになった。



> またスペイン語では/x/になるのも不思議です。

スペイン語では、/ʃ/ /ʒ/ の調音点が少しずつ後ろに下がり、/x/ になりました。
ですから、もとは /ʒ/ だったわけです。
    • good
    • 0

「アルファベットの文字と発音の関係は恣意的なものである」ということに尽きます。


諸外国語を勉強すればすぐにそのことに気づきますね。

以上、参考まで。

この回答への補足

英語において/dʒ/という発音にJが割り当てられた経緯等を質問しています。

失礼ですが「文字と発音の関係は恣意的なものである」というのは回答になっていません。

補足日時:2014/12/30 20:17
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語では/n/の後に/r/が来た場合はどのような発音になるのでしょうか

英語では/n/の後に/r/が来た場合はどのような発音になるのでしょうか。
英語のnは舌先を歯茎の裏側に付ける音で、英語のrは舌先をどこにも付けない音なので、この2つが連続した場合はどのように舌を動かしているのかがわからないです。
初心者向けの解説ではなく専門的なことが知りたいです。

※前回質問文を間違えて送信してしまったため再質問させていただきます。

Aベストアンサー

そのままです。舌先が歯茎の裏について /n/ を発音した後そこを離れ /r/ を発音します。
どちらも有声子音のため舌先が離れた後、/r/ に移るわずかな時間にかすかに母音が入ります。聴いた感じでは「ヌ」(あるいはフランス語の /n/)のようになります。

enroll
http://en.wiktionary.org/wiki/enroll
enriched
http://en.wiktionary.org/wiki/enriched

/n/ は語末にあるとき、/d/,/t/ など調音点が近く続けやすい子音の前にあるときは舌が離れず「ン」と聞こえますが、調音点が離れるとどうしてもわずかの間舌が離れるわけで、離れるほど「ヌ」に近くなります。
摩擦音の /s/ に先立つときは逆に影響を与え /s/ がわずかに /ts/ のようになることもあります。

上記 Wiktionary など発音が聞けるもので unconscious, inside など聞いてみてください。

Q英語で、/n/の後に/s/が来た場合、/n/はどのような発音になるので

英語で、/n/の後に/s/が来た場合、/n/はどのような発音になるのでしょうか。
また、/l/の後に/n/が来た場合はどうなるのでしょうか。
初心者向けの解説ではなく、「/n/の調音位置は変化するのか」などといった専門的なことが知りたいです。

Aベストアンサー

/n/の後に/s/が来た場合
普通に/ns/だと思います。日本語だとnがngになりがちですが、英語ではそうはなりません。一方で、/n/を本気で発音すると舌が上歯茎にしっかりついて、/nts/みたいな音になりそうなものですが、英語ではあまり聞かないですね。ドイツ語だと(insとか)そんな感じがありますけど。

/l/の後に/n/が来た場合
これは/l/がdark Lになり、場合によっては母音化してしまうのではないでしょうか。/n/の方の調音位置はあまり変わらないように思います。

Q/l/と/r/の発音の違いについて教えてください。

 この春からNHKのラジオ英会話入門を始めたものです。久しぶりに英語の勉強をするもので四苦八苦の連続です。とくに発音に難儀しています。
 実は昔から/l/と/r/の発音がよくわからないまま今に至っていました。
 ところで、ラジオ講座では/l/と/r/の発音の練習が取り上げられています。
 それによると、
/l/は舌先を上の歯茎の裏につけて、パッと離しつつ「る」と音を出す。しかし、そういった「明るいエル」に対して「暗いエル」があり
mileなどのように「ウ」「ウー」と聞こえるそうです。
 この「暗いエル」の発音はどうすればよいのでしょうか。
一方、/r/の説明はテキストを読んでもよくわかりません。どう発音するのでしょうか。
 どうぞよろしくご教示ください。

と/r/

Aベストアンサー

「暗いL」の発音の仕方のコツは、舌の先は歯茎の出っ張ったところにつけたままにし、舌の中央は下に下げる感じで、舌の後ろの方は上あごに近づける感じにして出します。舌を横から見ると真ん中が引っ込んだ凹の状態ですね。

ジャイアント馬場さんになった気持ちでapple を発音してみてください。
/l/の音は、最後まで舌先を歯茎につけたままです。どうでしょうか、アポーと聞こえる発音になりましたか?

「明るいL」はイギリス英語で母音の前の/l/の音で、アメリカ英語ではそういうときでも「暗いL」となるようですが、この辺は諸説あるようですし専門的な話ですから省略。

/r/の発音の仕方は、舌の中央を盛り上げながら唇をわずかに丸めて「ル」のような声を出し、すぐに次の母音へと移ります。この際、舌は口の中のどこにも触れないように注意してください。舌先の形は意識しなくていいですから、とにかく舌をどこにも触れないようにすることに気をつけて日本語のラ行の音を言えば十分だと思います。

アメリカ英語の/r/の音は非常にこもった音に聞こえて、あれがいかにも英語らしい感じを漂わせる音かもしれませんね。あの音を出したければさらにコツを。
やり方はいくつかあるようですが、典型的なものとして2つあります。

(1) 舌の先と面を上あご(硬い部分ですね)に近づけるようにして巻き上げ、舌の先端部分で歯茎を「指さす」ようにしてください。このときもやはり舌は口の中のどこにも触れないように。

(2) 舌先は低い位置のままで、舌の中央部分に力を入れてふくらませて(というか、厚くするかんじですかね)上あごの後ろの部分に近づけます。
「上あごの後ろの部分」というのは、上あごを舌で触っていくと歯茎の後ろからは硬い部分が続いていますが、途中からふにゃふにゃの部分に変わりますね。その、硬い部分の終わりの方に近づけると言うことです。

(1)と(2)とはやり方が全然違いますが、音としてはそっくりに聞こえるそうです。ということで、/r/を発音する方法はただ1つというのでは全くないわけでして、要は「舌を口の中のどこにもくっつけない」、これですね。

「暗いL」の発音の仕方のコツは、舌の先は歯茎の出っ張ったところにつけたままにし、舌の中央は下に下げる感じで、舌の後ろの方は上あごに近づける感じにして出します。舌を横から見ると真ん中が引っ込んだ凹の状態ですね。

ジャイアント馬場さんになった気持ちでapple を発音してみてください。
/l/の音は、最後まで舌先を歯茎につけたままです。どうでしょうか、アポーと聞こえる発音になりましたか?

「明るいL」はイギリス英語で母音の前の/l/の音で、アメリカ英語ではそういうときでも「暗いL」と...続きを読む

Qチャールズ皇太子はフランス語圏やドイツ語圏ではどのような綴り字で表記され、どのように発音されるのでしょうか

うろ覚えの知識なのですが、英語圏でマイケルという人はフランス語圏に行くと綴り字は変わらないけれどもミシェルさんと呼ばれ、ドイツ語圏に行くと綴り字は変わらないけれどもミヒャエルさんと呼ばれると聞いたことがあります。
そこで疑問に思ったのですが、英国のチャールズ皇太子はフランスに行ったときやドイツに行ったときは各国のマスコミからはどのような綴りで表記されどのような発音で呼ばれているのでしょうか。普通でしたら英語圏のチャールズさんはフランス語圏では綴り字は変わらないけれどもシャルルさんと呼ばれ、ドイツ語圏では綴り字は変わらないけれどもカールさんと呼ばれると思うのですが、チャールズ皇太子に対しても同じように扱うのでしょうか。

Aベストアンサー

はい、マイケル・ジャクソンはフランスではミシェル・ジャクソンになります。
Charles はフランス人の名前でもそのままシャルルです。例としては元大統領の名前Charles de Gaullesが使われているCDG空港はシャルルドゴール空港として日本でも知っている人が多いと思います。

Prince Charles はプランス・シャルルと、Princess Dianaはプランセス・ディアナと呼ばれていました。
ドイツではDianaはそのままの表記で発音はディアナ、チャールズ皇太子はPrinz Charlesでプリンツ・チャルズと発音されるはずです。

Charlesという英国人の名前はそのままで、カール(独)さんになったりカルロス(スペイン)さんに「なる」わけではなくドイツにはドイツ人のカールさんが、スペインにはスペイン人(またはスペイン語圏の人の名前で)カルロスさんがいるわけです。

同じような例ではJohnに相当するJuan(スペイン語圏のホアン)、Jean (フランス語圏でジャン)、Johann(ドイツ語圏のヨハン)が語源が同じでもそれぞれの国では別々の名前になります。
ヨハン・シュトラオスはスペイン語圏ではつづり字をそのままスペイン語読みしたホアン・ストラウスと発音されますが、CharlesはCarlosとは明らかに違うのでカルロスにはならずにチャルレスと読むはずです。

Georgeはフランス人の名前としてそのままジョルジュ、英国人のGeorgeはドイツなら表記はそのままでもGeorgというドイツ人の名前の読みと同じゲオルグになりそうです。

参考URL:http://de.wikipedia.org/wiki/Charles_Mountbatten-Windsor,_Prince_of_Wales

はい、マイケル・ジャクソンはフランスではミシェル・ジャクソンになります。
Charles はフランス人の名前でもそのままシャルルです。例としては元大統領の名前Charles de Gaullesが使われているCDG空港はシャルルドゴール空港として日本でも知っている人が多いと思います。

Prince Charles はプランス・シャルルと、Princess Dianaはプランセス・ディアナと呼ばれていました。
ドイツではDianaはそのままの表記で発音はディアナ、チャールズ皇太子はPrinz Charlesでプリンツ・チャルズと発音されるはずです...続きを読む

Q綴りと発音の関係

ペプシのCMを見て、ちょっと疑問に思ったので質問します。(このCMを知らなくても大丈夫です。)

“Help me~!”と叫んでるシーンで・・・。
発音が
「ヘルプ・ミー」ではなく、どちらかというと
「ヘルプ・メー」に聞こえます。
これは「Me」のスペルに「e」の音が入っているからですか。英語の発音とはスペルに沿えば、英語らしい発音になるのでしょうか。

もうひとつ、なんと言ったらいいか教えて下さい。
海外のホテルのバッフェで、シェフに
料理の盛り方に対して
「少しでいいですよ。」と言いたいときは何ていうのですか?こういう表現は簡単すぎるのか
「旅の英会話」なる本には載ってないんです。

“Just a little”では変ですか。
“May I have a little?”は合っていますか。
どちらか一つでも構いませんので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

海外に住んでいます。

『英語らしい発音』といっても、南部の英語や北部の英語やイギリス英語など、いろいろ発音がちがってきます。『ヘルプメー』ときこえるのであれば、それは単にその人のなまりなのではないでしょうか。

Just a little.
May I have a little.
で通じますよ。他に
This is fine.(よそってもらっていて、こんなもんだな、って思ったときに)
May I have a small portion?
などもいいですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報